ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

「 スイング ポイント 」 一覧

glb0000809-1.jpg

ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

  2017/06/24    スイング ポイント

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボールが出やすくなります。 そのためなるべく早く修正したいところですね。 左肩が上がっているのであれば、まずは大急ぎで手当てが必要!  そのとき...

glb0000807-1.jpg

ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

  2017/06/23    スイング ポイント

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつけなければならないポイントは数多くあります。 そんなポイントの中でも重要なのが肘の向きです。 肘の位置や向きが間違っているとその後のスイン...

glb0000804-1.jpg

ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

  2017/06/23    スイング ポイント

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標方向よりも左を向いた状態になります。 ストレートフェースを使っていたゴルファーには最初違和感がありますし、構え方がいまいち分からなかったり...

glb0000796-1.jpg

ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

  2017/06/20    スイング ポイント

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージでクラブを振るでしょうか。 恐らく、ほとんどのゴルファーがダウンスイングを手で下ろしてくるのではないかと思われます。 しかし、ゴルフスイング...

glb0000793-1.jpg

クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

  2017/06/20    スイング ポイント

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは少なくないと言われています。 確かに、ゴルフレッスン誌や100打を切るためのDVDなど、ゴルフに関する情報は溢れている状況です。 そこでゴ...

glb0000786-1.jpg

インパクトのときに左肩を開くのには4つの理由がある!

  2017/06/16    スイング ポイント

インパクトで左肩を開くのはなぜか、そしてなぜ悪いのか。知っているようで知らない「左肩を開く」ことの意味とそして対処法や練習方法。 またインパクトで左肩を開くことがないような意識の持ち続け方なども確認...

glb0000784-1.jpg

手本にしたい!引退した古閑美保のゴルフスイングはきれい!

  2017/06/15    スイング ポイント

若い人には古閑美保=プロゴルファーと言うイメージを持つ人は少ないかもしれません。 今は恋愛事情や酒豪、バラエティ番組のイメージが強いですよね。 しかしプロゴルファー時代の彼女は本当にすごかったので...

glb0000783-1.jpg

全美貞、華麗なアイアンショットの素晴らしさとその強さの訳

  2017/06/15    スイング ポイント

全美貞を知っている人は知っているし、知らない人は知らないかもしれないですね。 1982年11月1日生まれの34歳、2005年から日本の女子ゴルフツアーに参戦している韓国生まれの女子ゴルファーです。...

glb0000780-1.jpg

ゴルフのスイングに最適なリズムを持った音楽はあるのか?

  2017/06/14    スイング ポイント

ツアー中でのプロゴルファーの練習風景を見ると、イヤホンを付けている選手を良く見かけます。 もちろん良いイメージや集中力を高めるために、好きな音楽を聴いている選手もいるでしょう。 しかし中には、ゴ...

glb0000778-1.jpg

テークバックでヘッドを真っ直ぐ引いてはいけない3つの理由

  2017/06/13    スイング ポイント

テークバックでクラブヘッドを真っ直ぐ引いてはいけない理由は3つありますが、その理由よりも大事なことは「なぜ真っ直ぐ引くことを選んだか」です。 ゴルファーにとって、本来のゴルフスイングから離れてでも...

glb0000777-1.jpg

ティーアップの高さはフェース厚によって常に一定が良いのか

  2017/06/13    スイング ポイント

ドライバーショットを打つ時、ティーアップの高さは悩みますよね。 飛ばしたいのなら、もちろん高めにティーアップしたいですし、方向性重視ならティーアップは低めに抑えたスイングで打ちたいところです。 そ...

glb0000769-1.jpg

テークバックで左肩が下がるのは理想のスイングを求めた結果

  2017/06/10    スイング ポイント

なぜかトップやダフってしまう…… テークバックできっちり肩を回しているのに、ヘッドの位置が安定しないのは左肩が下がるからすね。 テークバックで左肩が下がることのない、簡単なスイング練習法を試して...

no image

ゴルフのテークバックとスイング軌道の関係を知れば変わる!

  2017/06/09    スイング ポイント

ゴルフスイングでは、”アドレスとテークバックで弾道はおおよそ決定する”と、言われています。 正しい始動を身に付けることが、ゴルフのスイング軌道の安定につながります。 その始動から、何通りものスイン...

glb0000758-1.jpg

インサイドアウトにスイングする為に、クラブをスローで振る

  2017/06/06    スイング ポイント

多くのゴルファーはスライス系のボールを打ちます。 一体何故なのでしょう。 それは、ダウンスイングでクラブをインサイドに入れる事が難しいからなのです。 普通、ゴルフクラブに限らず、野球...

glb0000755-1.jpg

ダウンスイングのコツ。股関節の位置を戻すイメージで体移動

  2017/06/05    スイング ポイント

ゴルフスイングは上半身よりも、下半身の方へ意識を持つ方がスイングが安定すると言えます。 ダウンスイングでクラブをオンプレーンに乗せる為には、下半身特に左サイドのリードが必要になります。 また、下...

glb0000753-1.jpg

テークバックを真っ直ぐ引き過ぎるとアウトサイドに上がる

  2017/06/05    スイング ポイント

ゴルフレッスンでよく言われる事に、テークバックはクラブヘッドを真っ直ぐ後ろに上げるというものがありますよね。 しかし実際にテークバックで真っ直ぐ後ろに上げてみると、ヘッドはアウトサイドに上がる事が...

glb0000750-1.jpg

スライスの原因!インパクト時に左肩が開くのはダメ動作だ!

  2017/06/04    スイング ポイント

多くのゴルファーはスライスに悩む、いわばスライサーなのですが、共通する動きとしてインパクトで左肩が開く事が挙げられます。 インパクトで左肩が開くと、ボールを捕まえる事ができずにこすり球となって飛ん...

glb0000749-1.jpg

アイアン、ソールの傷のつき方で分かるその人のゴルフの腕前

  2017/06/03    スイング ポイント

ゴルフクラブも使い続けると、アイアンのソールに沢山の傷がつきますよね。 特にショートアイアンはターフが深めに取れる為、その分ソールに傷がつきやすいと言えます。 実は、このアイアンのソールの傷のつき...

glb0000739-1.jpg

プロゴルファーのようにスイングのフォローで左手を伸ばす

  2017/05/31    スイング ポイント

プロゴルファーのスイングを見ていると、スイングのフォローで目標方向に左手がきれいに伸びています。 誰しもその伸ばすスイングの形を理想としているのではないでしょうか。 しかしアマチュアゴルファーに多...

glb0000737-1.jpg

横峯さくらのスイングの形は変則だけど問題ないのはなぜ?

  2017/05/30    スイング ポイント

プロゴルファー横峯さくらのスイングを見て、変だなぁと思ったことがある方は結構いるのではないでしょうか。 独特なスイングですが、十分な飛距離も出る安定したショットですよね。 スイングの形はショット...