ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

「 スイング ポイント 」 一覧

glb0001078-1.jpg

正しいアイアンスイングは後方から見る事が◎!すぐチェック

  2017/09/19    スイング ポイント

アイアンスイングの基本はダウンブローです。 ボールを打った後にターフが取れるのが正しいインパクトと言えます。 しかし、多くのアマチュゴルファーはヘッドがボール手前の芝に先にコンタクトしてしまいます...

glb0001072-1.jpg

岡本綾子プロの奥の深いシンプルなスイング理論を探求

  2017/09/15    スイング ポイント

米国を中心に活躍した岡本綾子プロと言えば「シンプルなゴルフ」や「スクエアなスイング」が有名で、一般ゴルファーはもちろんのこと、プロゴルファーの中でもそのスイング理論を参考にした人が多いようです。 ...

glb0001071-1.jpg

引退を迎える宮里藍プロのスイングを連続写真で分析

  2017/09/14    スイング ポイント

小柄な宮里藍選手はゆったりとしたスイングですが飛距離は男性並み、250ヤードと言えばもしかするとそれ以上飛んでいるかもしれません。 そこで飛距離の秘密について連続写真を参考に、小柄であっても遠くに...

glb0001070-1.jpg

古閑美保はどんな状況でもスイングのテンポを大事にする

  2017/09/14    スイング ポイント

引退してからしばらくはゴルフから離れていた古閑美保。 彼女がスイングで大事にしていることは、現役の時も今も変わらず「テンポ」です。 そんな彼女はゴルフから離れていたことでアマチュアゴルファーの悩...

glb0001061-1.jpg

アイアンのトップブレードの合わせ方と合わせる時の注意点

  2017/09/11    スイング ポイント

アイアンショットでのアドレスでは、フェースのリーディングエッジをボールの向きに対して直角に合わせるゴルファーと、トップブレードをボールの向きに対して直角に合わせるゴルファーがいます。 どちらも間違...

glb0001052-1.jpg

マムシと呼ばれた男 今は亡き杉原輝雄のシンプルなスイング

  2017/09/08    スイング ポイント

杉原輝雄のスイングは当時であっても独特なフォームでしたが、身長160センチで70歳近くまで現役選手としてトーナメントで活躍できたのも、そのシンプルなスイングがあったからと言われています。 そこから...

glb0001044-1.jpg

ショットメーカー、藤田寛之のスイングを分析して生かすには

  2017/09/06    スイング ポイント

賞金王にもなった事のある藤田寛之プロですが、そのスイングの正確さには定評があります。 ただ、スイング自体はどちらかと言うと、独特ですよね。 特にフォローでのハイフィニッシュは藤田寛之プロの特徴と言...

glb0001043-1.jpg

スイング成功の鍵は股関節の位置の前からのテークバック

  2017/09/06    スイング ポイント

スイングの状態を手首や肩、もしくは頭の動きなどでチェックすることが多いと思いますが、実は最初に構えたときにそのスイングの良し悪しの大半は決まっているのです。 グリップを左の股関節の前の位置に合わせ...

glb0001037-1.jpg

女子プロのスイングがスローなのに飛距離が増す理由とは

  2017/09/04    スイング ポイント

女子プロのスイングがとてもスローに振っているように見えるのに、一般男性の飛距離以上に飛ぶのはなぜでしょう? ゆっくりしたスイングにその秘密が隠されています。 ここで女子プロのスイングをポイントごと...

glb0001018-1.jpg

理想のゴルフスイングのために正しいバックスイングの軌道を

  2017/08/30    スイング ポイント

ゴルフスイングが安定しない人は正しいバックスイングができていない人です。 バックスイングの軌道が正しければほとんど狂うことはありません。 ただ多くのゴルファーは、インパクトやフォロー、フィニッシュ...

glb0001021-1.jpg

ティーショットでアイアンを使うときの気をつける打ち方とは

  2017/08/29    スイング ポイント

ティーショットでアイアンを使うとき、ティーアップしたボールを打つことになると思います。 普段の練習でもティーアップしたボールを打つ機会は少ないので、ぎこちない打ち方をしている人が多いようです。 ...

glb0001015-1.jpg

アイアンの精度が変わる!トップブレードで向きを決めること

  2017/08/28    スイング ポイント

アイアンを構えるときトップブレードで合わせると、フェースの向きがフックフェースに見えます。 アマチュアゴルファーの8割がスライスに悩みを持っているそうなので、フックフェースで構えるほうが安心感を持...

glb0001003-1.jpg

ダウンスイングでの左肩甲骨の動きが左肩の外転の元になる

  2017/08/25    スイング ポイント

スイングでもっと大事なことはインパクトの瞬間です。 その良いインパクトを迎えるために重要なのはダウンスイングになります。 上手にダウンスイングをするためには左肩甲骨を動かして、左肩を外転させる捻転...

no image

憧れのスイングを見せるプロのゴルフスタイルに近づける

  2017/08/25    スイング ポイント

憧れのスイングを見せてくれるプロゴルファーですが、自分で真似をしてもなかなか同じようなスタイルにはならないようです。 プロの試合や練習などからゴルフに対する考え方と、自分自身が上達するために参考と...

glb0001001-1.jpg

アイアンのスイング始動でヘッドを後ろに引くとミスに繋がる

  2017/08/25    スイング ポイント

ピンポイントを狙うアイアンの場合、ムラのないスイングが大切です。 1回ごとに違うスイングをするとミスにつながることになり、またインパクトの確実性を高めようとヘッドを後ろに引くこともミスにつながって...

glb0000997-1.jpg

ドライバーのスピン量を減らすドリルで今より飛距離を伸ばす

  2017/08/23    スイング ポイント

ドライバーショットでスピン量を減らすと飛距離が伸びると言われています。 最近ではスピン量をコントロールできるドライバーも販売されていますが、調整機能を活用したとしても調整できるスピン量は300~5...

glb0000994-1.jpg

ドライバーの飛距離アップは基本から。女子でも飛ばせる秘訣

  2017/08/22    スイング ポイント

女子は体も男子よりは小さく力がないので飛距離が出ないと思っていませんか? それは確かにある意味正しいのですが、実はおもしろい統計があります。 女子プロゴルファーのヘッドスピードと男子アマチュアゴル...

glb0000989-1.jpg

飛距離UPと方向性を定めるインパクトのコック維持の重要性

  2017/08/21    スイング ポイント

ゴルフでインパクトの時のコック維持は飛距離を伸ばすため、そしてまっすぐ飛ばすためにとても重要です。 コックは意識しようとしてもなかなかできるものではありませんので、正しい知識と練習が必要です。 ...

glb0000977-1.jpg

インパクトで左手を止めるだけ!飛距離アップが期待できる?

  2017/08/17    スイング ポイント

インパクトのときに左手を止める練習をすると結果的に飛距離アップにつながります。 インパクトはゴルフの実力向上の上で大切なポイントになりますので、今回はその原理と練習方法をまとめてみました。 ...

glb0000976-1.jpg

アイアンスイング、できるだけ右手を使わないための練習方法

  2017/08/16    スイング ポイント

ゴルフのスイングでのミスといえばチーピン、フック、スライス、ダフリ、トップです。 これらすべてのミスの原因のほとんどが、実は右手を使い過ぎることによって起こっているのです。 でも右手を使わないよう...