ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

「 スイング ポイント 」 一覧

glb0000071-1.jpg

ゴルフではライ角の維持が上達に左右する!手首がポイント!

  2016/11/08    スイング ポイント

ゴルフでライ角と聞けば、クラブのライ角のことが頭をよぎると思いますが、それ以外にも手首のライ角というものがあります。 手首のライ角を維持するかしないかを意識することで何が変わってくるのでしょうか...

glb0000069-1.jpg

【ゴルフ上達】ドライバーのヘッド軌道をイメージすること

  2016/11/07    スイング ポイント

ゴルフにおいてドライバーを真っすぐ遠くへ飛ばすのは究極の理想です。 その理想の球筋を実現するにはヘッドがどのように動くのかに影響するスイング軌道がキーポイントになります。 皆さんご自身のヘ...

glb0000064-1.jpg

【ゴルフ上達】ドライバーがまっすぐ飛んだらスコアアップ!

  2016/11/06    スイング ポイント

ゴルフをやっていると誰もが目指すドライバーをまっすぐ遠くへ安定して飛ばすということ。 これが出来るようになったら、どれだけスコアが縮められるのでしょうか? ドライバーが曲がるとセカンドショ...

glb0000063-1.jpg

【ゴルフ上達】ダウンスイングのときに右足粘りを意識しよう

  2016/11/05    スイング ポイント

ゴルフにおいてダウンスイング時の右足粘り=右足かかとを浮かさない方が良いという理論があります。 右足のかかとはどうして浮かない方が良いのか知ると納得いくのではないでしょうか。 今回はダウン...

glb0000062-1.jpg

【ゴルフ上達】ダウンスイングはゆっくりリズムで飛ばそう

  2016/11/05    スイング ポイント

ゴルフのダウンスイングには上達へのポイントが沢山詰まっています。 ゆっくりスイングを心がけるだけでオンプレーンに乗せやすく、トップで溜まったエネルギーをボールに伝えやすくなります。 誰が見...

glb0000058-1.jpg

ゴルフではアプローチの腕を磨こう!オススメ練習方法を紹介

  2016/11/04    スイング ポイント

ゴルフでスコアアップを目指すなら、やっぱりアプローチとパッティング。 アプローチで寄らず、パッティングで行ったり来たりじゃ、打数がかさむだけです。 上手な人ほどアプローチの練習に時間を費や...

glb0000057-1.jpg

【ゴルフ上達】アイアンの打ち方はウッドと変える必要ある?

  2016/11/03    スイング ポイント

ゴルフの基礎であるクラブを振るということはウッドもアイアンも共通です。 ただし求める弾道が違いますから、厳密に言えば違う打ち方を求められることになります。 長さも重さも違います。 だ...

glb0000048-1.jpg

ドライバーの打ち方。体重移動は本当に必要なのか!?

  2016/10/31    スイング ポイント

ドライバーでは体重移動をしっかりとすることで飛ばせると言います。 でも最近は体重移動をほとんどしない回転重視の考え方も出てきています。 ところで実際どちらが正しい打ち方なのでしょうか? ...

glb0000038-1.jpg

【ゴルフ上達】体重移動の際、足裏を意識出来ていますか?

  2016/10/28    スイング ポイント

ゴルフにおいて体重移動は必要なことです。 積極的にやるか、なるべく動かないようにするか様々な意見がありますが、体重移動は必ず起こってしまう現象です。 皆さんは体重移動を意識するときどこにポ...

glb0000022-1.jpg

【ゴルフ上達】ダウンスイングは落下を待つと再現性が高い

  2016/10/23    スイング ポイント

ゴルフ上達には様々な理論を理解する必要があります。 必要なことはスイングの再現性。再現性が高ければ、球筋が安定します。 川の流れに逆らうのは大変ですが、流れに乗るのは簡単です。 同じ...

glb0000018-1.jpg

【ゴルフ上達】シングルハンデの方のスイングを見てみよう

  2016/10/21    スイング ポイント

ゴルフで言えばシングルとはほんの一握りの方しか到達できない称号です。 そんなシングルの方のスイングはどうやって身に付けたのでしょう? プロよりも練習量が少ない中、上達するためにやっているこ...

glb0000003-1.jpg

ゴルフにおいてインパクトの時に左肘は伸ばすべきか

  2016/10/16    スイング ポイント

ゴルフの理論では昔から左肘は曲げないことが前提でした。 ただ最近は少し変わって来て左肘がインパクトで曲がっても良いという考え方が出てきました。 それはジョーダン・スピースの活躍によるものか...