ゴルフの服装マナーでスキニーパンツの着用は大丈夫なのか

ゴルフを始めたばかりの時に気になるのが服装のマナーです。

厳格なゴルフ場になると服装マナーを違反するとプレーできなかったり、ゴルフ場自体に入れなかったりします。

服装マナーでOKなのか、NGなのか、悩むラインにあるのが「スキニーパンツ」です。

果たしてゴルフの服装マナーでスキニーパンツは認められているのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【ゴルフ教えて!】知って得するゴルフルール!赤杭の対処法

ゴルフのプレー中、バンカーや池などのハザードにボールを入れてしまったら、冷静な判断ができにくくなって...

ゴルフの服装でインナー着用のレイヤードスタイルはあり?

いまやゴルフの服装でも定番となりつつある「レイヤードスタイル」。レイヤードスタイルとは重ね着...

バンカーへのレーキ持ち込みはOK?それともルール違反?

日本ゴルフ協会が発行している「ゴルフ規則」を見たことがありますか?2年に1度改定され読むのも気が...

ゴルフ規則にあるワンペナとツーペナを分ける重大な違反とは

ゴルフのルールはかなり難しいものです。そもそも審判がいない競技なのでルールが複雑になっています...

ゴルフ正しい知識を生かすルール、アンプレアブルについて

2017年の全英オープン、優勝したジョーダンスピースが13番ホールで頭を抱える程右に曲げたショット...

知らなければダメ!ゴルフルール上の1ペナの注意点と数え方

ゴルフのルールの中で、1ペナと2ペナの2つの罰があります。スコアメイクを考えれば1つでも罰を減...

ゴルフラウンド後の風呂上がりの服装にドレスコードはある?

ゴルフ場によって違いますが、入場時の服装にドレスコードがあります。緩いところであれば、ゴルフ...

ゴルフの正式ルールにないオール6インチで本当に大丈夫?

ゴルフのルールでオール6インチ・リプレースというのを聞いたことがありますか?約15センチ以内...

ゴルフで最大の悩みイップスを助けた長尺パターの今

一時はゴルフ界で大流行だった長尺パターですが、最近はほぼ見なくなりました。その理由としてルー...

各ゴルフ場で行われる月例杯や競技会でのスコアカード書き方

ゴルフ場の会員になると参加できる月例杯や月例競技会があります。これは毎月ゴルフ場主催で開催さ...

ゴルフボールに印字されている番号は意味あるようでなし?

ゴルフボールの番号の意味を知っていますか?数字が大きいと性能が上がるとか、番号の色によって硬さ...

ゴルフのコンペで獲りたいドラコン、一体どういう意味?

ゴルフのコンペに参加すると、今度のドラコンは誰が獲得したなどということが話題になることが少なくあ...

ゴルフ場では帽子が必要か?ルール・マナーは実は関係なし!

ゴルフ場でプレーする際に帽子やバイザーなどの着用がマナーだと以前聞いたことがあります。打球が...

ゴルフ場で雷警報が聞こえたら乗用カートで逃げても大丈夫?

ゴルフ場でラウンド中に雷の警報が鳴った時、逃げるか隠れることになりますが、どこまで逃げれば良いの...

【ゴルフルール規則】使えるクラブの本数は最高14本まで

ゴルフルール規則でコースに持っていけるゴルフクラブの本数は、14本までと決まっています。もちろん...

スポンサーリンク

ゴルフ場での服装マナーの基本

ゴルフはどんなスポーツよりも服装や身だしなみ、マナーに厳しいスポーツです。

近年では幅広い層に親しまれているスポーツですが、昔は限られた人たちが楽しむスポーツでした。

と言うのも昔のゴルフ場は会員制で、会員のみ、もしくは会員同伴でなければプレーすることができませんでした。

今でも名門と言われるゴルフ場では、会員でないとプレーできない所も沢山あります。

会員制が主流だったときは、プレーヤー全てがプライドや意識を高く持ってゴルフを楽しんでいました。

それもあって服装や身だしなみ、マナーに厳しかったのです。

近年はビジターとして誰でもプレーできるようになった所も多く、以前よりは緩和されたように思います。

そのせいか、服装の乱れやマナー違反が目立つようになってきているのも事実です。

服装に関しては、高い服や畏まった服を着ると言うわけではなく、ゴルフ場に相応しい服装をすることが大切です。

ところで、ゴルフ場に相応しい服装にスキニーパンツは果たして含まれているのでしょうか。

ゴルフ場での服装でスキニーパンツは大丈夫?

ゴルフ場に相応しい服装とはいったいどのような服装なのでしょうか。

トップスは基本的に襟付きであれば問題ありません。

ゴルフ場によっては襟の高さを示しているので気をつけましょう。

もちろんそれは女性でも同じとなり、Tシャツのような丸襟は認められていません。

冬に着用するハイネックやタートルネックでもOKです。

ボトムスでNGなのは、ジーンズやカーゴパンツ、スポーツ用ジャージとなります。

女性はホットパンツや極端に短いミニスカートはOKな所もありますが、マナーとしてNGにしているところもあるので気をつけましょう。

上記がゴルフ場に相応しい服装となっているので、スキニーパンツは結果OKと言うことになります。

当然デザインによって変わりますが、カモフラ柄やデニム風のようなカジュアル志向の強いものはゴルフ場に相応しいとは言い難いです。

またスキニーパンツは体にフィットした作りになっているので、スイング等に支障の無いストレッチ性の高いものを選ぶと良いでしょう。

ゴルフにオススメのスキニーパンツ①

スキニーパンツはゴルフウェアに限らず、普段の服でもお洒落度が高まります。

ゴルフの服装に取り入れたい人も少なくはないでしょう。

しかしゴルフを始めたばかりの時は、ゴルフクラブやゴルフシューズなどゴルフグッズにお金が掛かるのでなるべくゴルフウェアのお金は抑えたい人もいます。

そんな人にオススメのスキニーパンツは、ユニクロのウルトラストレッチスキニーチノです。

ユニクロは普段着でもお手頃価格で販売されているので人気なのですが、ゴルフウェアとしても人気があります。

アダム・スコットと共同開発したウェアを発売していることもあり、ゴルフとしての機能性も決して低くはありません。

今回紹介するウルトラストレッチスキニーチノもストレッチ性がとても高く大変動きやすいです。

『ユニクロ=カジュアル』と言うイメージが強いと思いますが、襟付きのトップスと合わせて着るだけで十分ゴルフに相応しい服装となるものです。

価格も3千円程度と安価でカラーも6色ほどあるので、自宅にあるトップスに合わせて選ぶことが可能です。

ゴルフにオススメのスキニーパンツ②

次に紹介するゴルフにオススメのスキニーパンツは、BEAMS GOLFのスキニーパンツ(チノパンツ)です。

BEAMSはアパレルメーカーですが、ゴルフ業界にも参入しており、たくさんのゴルフウェアを取り扱っています。

アメカジやアウトドアのテイストを取り入れたカジュアルウェアを展開するメーカーなので、服装マナーに厳しいゴルフ場ではNGになるデザインの物もあるかもしれません。

しかしここで紹介するスキニーパンツは無地なので、どのゴルフ場へ着て行っても問題はありません。

カラーもグレー・ブルー・ブラック・レッドと4色あり、どれもトップスを選ばない定番のカラーになっているので、1枚あれば組み合せを変えるだけで着回しができます。

またデザインだけでなく、機能性も高く、スキニーパンツで体にしっかりとフィットするのですが、ストレッチが効いているのでゴルフをプレーするのに向いています。

またジーンズメーカーLeeとのコラボ商品となっており、ポンチ素材を使っていることで穿きやすさへの評価が高いです。

ゴルフにオススメのスキニーパンツ③

最後に紹介するゴルフにオススメのスキニーパンツは、ミズノのスキニーパンツです。

ミズノのゴルフウェアは、ゴルフの服装の定番を取り扱っているイメージが強くありませんか。

確かにノータックやタック入りのスラックスや、シンプルなデザインのトップスを多く取り扱っています。

総合スポーツブランドとして長年ゴルフウェアを販売しているメーカーとして老若男女全てを顧客としているので、そのようなデザインがメインとなっているのは事実です。

当然それだけ長く、そして大きなゴルフメーカーなので、時代の流れを掴まないはずがありません。

また上記に紹介した商品はアパレルメーカーが出しているゴルフウェアなのに対し、ゴルフメーカーが出しているゴルフウェアと言うのもあり、ゴルフに特化した性能が高いです。

カラーはホワイト・ブラック・グレーと若干地味目のものしかありませんが、トップスにカラフルなものを持ってきても合わせやすいので重宝するでしょう。

プロゴルファーの服装を真似るのは危ないときもある

スキニーパンツ以外にもゴルフの服装に相応しいのか、またマナーとしてOKなのか悩むときがあるでしょう。

その際に「プロゴルファーが着ているのだから大丈夫!」という判断は危険です。

と言うのもプロゴルファーが着用しているゴルフウェアは、スポンサー契約をしていることもあり、メーカーがゴルフウェアとして販売しているものであればOKとされています。

しかし中にはゴルフ場ではNGとされるゴルフウェアをプロゴルファーが着用している場合もあります。

例えば短めの丈のトップスで、スイングのフィニッシュでお腹が出るようなデザインのレディースウェア。

着ているプロゴルファーは少なくありませんが、アマチュアゴルファーはマナー上は良いとは決して言えません。

また襟無しのゴルウェアを出しているメーカーもあり、当然スポンサー契約をしているゴルファーはツアーで着用しています。

それを一般のゴルファーが着てしまうと、入場拒否される可能性もあるので気をつけましょう。

お洒落を楽しめるのもゴルフの醍醐味の一つ

近年は多くのアパレルメーカーがゴルフ界に参入していることもあり、ゴルフウェアのデザインがかなり豊富になっています。

クールなデザインのものから、かわいい系のもの、カラフルでスタイリッシュなものなど選ぶのに悩むくらいです。

また小物の種類も増えており、ゴルフウェアとのコーディネートも楽しめます。

ラウンドで気持ちも高まるお洒落なゴルフウェアを思い切り楽しみましょう。