ゴルフ場の服装マナーではスニーカーはOKなのかNGなのか

ゴルフ場への入退場時やプレー時に服装のマナーがあることを知っている人は多いでしょう。

最近はカジュアル思考のゴルフ場も増え、昔ほど厳格なゴルフ場は減っています。

そこで悩むのが靴に関するマナーです。

スニーカーは履いて行っても大丈夫なのか、プレーで履いても大丈夫なのかです。

ゴルフ場での入退場も認められている昨今のゴルフ場であれば問題ないと捉えている人の方が多いかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフのルールによるワンクラブの測り方を知っていますか?

ゴルフのルールでは、長さを測る尺度をレングスと言い、その道具はクラブを使用します。ワンクラブ...

ゴルフコンペで使うスコアカードで作った旗はあり?

ゴルフコースのスタートホールで、コンペでなくてもゴルフ仲間が集まると、ドライビングやニアピンのコ...

ゴルフマナー。練習場にはどんな服装で行くべきなの!?

ゴルフは紳士のスポーツと言われマナーが大切です。プレー上の服装など様々なマナーがあり、覚える...

ゴルフ規則にあるワンペナとツーペナを分ける重大な違反とは

ゴルフのルールはかなり難しいものです。そもそも審判がいない競技なのでルールが複雑になっています...

ゴルフ場受付時のマナーと言われるジャケット着用の是非

ゴルフ場でのマナーとされるジャケット着用ですが、実際に着ていないで受付をするとマナー違反なのでし...

ゴルフ場で突然雨が降っても事前の対策で困ることはない!

楽しみにしていたゴルフで、突然の雨に見舞われたら、多くのゴルファーは慌てることになるでしょう。...

ホールインワン達成後の記念品の相場とは。保険は必須か!?

一生に一度あるかないかのホールインワン。喜びも束の間、その後のお祝いや記念品などにお金が必要にな...

ゴルフコンペの案内状で8月開催は内容と回収率に注意が必要

ゴルフコンペの案内状は通常1か月前には発送し、2週間前には出欠の確認を取れるようにします。し...

外国発祥のゴルフは日本の常識と世界のマナーに違いがある

紳士淑女のスポーツが常識といわれるゴルフですが、本当にマナーやエチケットを理解している人は少ないか...

ゴルフ公式競技で使用不可!ドライバーのルール不適合モデル

多くのゴルファーの望みは「飛距離を伸ばすこと」です。どんなに飛んでいても、更に…そしてまた更にと...

まさかの場合に備えよう”ホールインワンの記念品とお礼状

一生に一度あるかないかと言われるホールインワン。しかし絶対ないとも言えないホールインワン。夢...

ゴルフコンペで挨拶を求められても大丈夫な初参加の心構え

ゴルフコンペでの挨拶は、笑いがあったり感謝したりと、工夫を凝らした内容のものが多いものです。...

ゴルフカートのオススメは自走式?リモコンや手引きカート?

ゴルフにおけるラウンドと言えば、昔はキャディーさんと歩きのラウンドが一般的でした。しかし現在...

ゴルフルールに定められた青杭はドロップしないとダメ?

ゴルフのルールによると、修理地は青杭または白線でその境界を明示しています。いわゆるノーペナで...

ゴルフ場でこだまする「ファー」の意味と対処法について

ゴルフのプレイヤーの中では、「ファー」という掛け声がキャディの仕事のように思っている人がいますが、...

スポンサーリンク

ゴルフ場への入退場時での服装でのスニーカーは

男女共にゴルフ場への入退場時の服装としてスニーカーや運動靴の着用は、認めている所と禁止している所があります。

厳格なゴルフ場であれば、入退場時のドレスコードとしてスニーカーは禁止と明記している所もあります。

しかし悩ましいのが、スニーカーについて全く言及していないゴルフ場です。

言及していないからOKとは限らず、周知の服装マナーだから言及する必要がないと考えているゴルフ場もあるからです。

ですからラウンド前にゴルフ場のホームページでドレスコードの記載があるかをまず確認し、高級コースや名門コースなどドレスコードに厳しいようなゴルフ場に記載がない場合は、ゴルフ場に問い合わせると良いでしょう。

厳しいところになるとスニーカーを履いていることで入場を拒否される場合もあります。

かと言ってそのようなゴルフ場では当然ゴルフシューズでの入場も禁じているはずですので、革靴がないばかりにプレーどころか入場もできないと言う最悪の事態に見舞われてしまう可能性もあります。

ゴルフ場での基本的な服装や靴に関するマナー

ある調査によると、『ドレスコードがある』と答えた日本のゴルフ場は全体の80%のようです。

ですからほとんどのゴルフ場にドレスコード自体は存在していると言うことになります。

つまりホームページ等に記載がなかったとしても、ドレスコードを設けている所はあると言うことです。

ですから靴は基本的に革靴か革靴タイプの物を履いて行けば問題ありません。

頑なにスニーカーを履く必要もないのではないでしょうか。

『郷に入っては郷に従え!』

近年カジュアル化してきたと言ってもゴルフ場の服装マナーとして、スニーカーなどの運動靴の着用は基本的に認められていません。

そのためトラブルを防ぐためにはスニーカーは避けておいた方が賢明です。

女性の場合は低めのヒールでも問題ありません。

ただしサンダルやスリッパ、下駄などは言語道断なので気をつけてください。

また特に女性は革製のミュールやサンダルがNGの場合があるので気をつけてください。

服装も靴も、高級レストランや高級ホテルに行くようなイメージで行けば、どこのゴルフ場へ行っても絶対に間違いはありません。

ゴルフ場でプレーをする際の服装でのスニーカーは

次にゴルフ場でプレーををする際にスニーカーの着用は認められているのかです。

その答えとして、ほぼ全てのゴルフ場においてスニーカーでのプレーは認められていません。

それは服装のマナーと言うだけでなく、危険防止の意味も兼ねているようです。

ゴルフシューズにはスニーカータイプと革靴タイプの2種類があり、スニーカータイプの物でスパイクレスの物もあります。

一見ゴルフシューズに見えないようなものもありますが、濡れた芝の上などで滑りにくいような作りになっているはずです。

やはり似ていても一般のスニーカーはゴルフをプレーする際には足の踏ん張りも効きませんし、雨の日など滑りやすい作りとなっているので大変危険です。

そのようなこともあり、多くのゴルフ場がゴルフシューズの着用を義務づけています。

最近はスニーカータイプのゴルフシューズでも一般のスニーカーと見分けのつかない物が多々あります。

また最近話題に上がったハイカットのゴルフシューズは、厳格なゴルフ場ではゴルフシューズであってもメンバーの人から苦情が出る可能性があります。

そのため厳格なゴルフ場でプレーをする際は避けた方が無難かもしれません。

スニーカーの着用はグレーゾーンのゴルフ場が多い

実際のところゴルフ場への入退場やプレー中のスニーカーの着用に関して、グレーゾーンにしている所が多いです。

コースや地域性によって事情は異なりますが、スニーカーで行っても問題のない場合が多いのかもしれません。

もちろんドレスコードに厳格なゴルフ場もたくさんあるのは事実です。

しかしそのようなゴルフ場以外であれば、スニーカーを履いて行っても問題のないことの方が多いでしょう。

その証拠として、先ほど挙げた調査でドレスコードがあると答えた80%のゴルフ場のうち約50%のゴルフ場は、ドレスコードを守っていない人へ注意をしない、またはあまり注意をしないと回答しています。

昔からゴルフをされている方には信じがたいことかもしれませんが、時代によって服装のマナーも少しずつ変わりつつあるようです。

入退場に関しては大丈夫かなと不安に感じながら履いていく場合は避け、大丈夫と思うのであれば履いて行っても問題ありません。

しかしプレーに関しては、マナー以前に身を守るためにスニーカーの着用は避けた方が良いでしょう。

ゴルフシューズでの入退場は厳禁!

ゴルフ場への入退場時のスニーカー着用はグレーゾーンかもしれませんが、ゴルフシューズでの入退場は厳禁です。

これは服装に関するマナーではありません。

ゴルフ場の芝を保護するためのゴルファーとしての意識です。

ゴルフ場の芝はグリーンキーパーの手厚いケアの元、皆さんが気持ち良くプレーできるように日々しっかりと管理しています。

ゴルフ場以外の地面を踏んだゴルフシューズでその芝の上を歩くと、芝に悪い菌が付着してしまう場合があるかもしれません。

ゴルフ場の芝はわずかでも悪い菌が腐食してしまうと一気に病気になってしまいます。

ですからゴルフ場の芝を守るためにもゴルファーとしてゴルフシューズを履いての入退場は避けるべきなのです。

またプレーをした後も、ゴルフシューズのスパイク部分を綺麗に洗っておくことも大切です。

次にプレーする際に余計な菌を他のゴルフ場へ運び込んでしまうことを避けるためです。

皆さんが気持ち良くプレーするためゴルファー一人ひとりの意識が大切なのです。

練習場には服装の決まりはほとんどない

ここまでお話したようにゴルフ場への入退場やプレーには服装の決まりがありますが、練習場への入退場やプレーには服装の決まりはありません。

服装に関しては動きやすい服装であれば、ジャージやジーンズ等でも全く問題ありません。

しかし女性の場合は、周りの目もあるので露出の多い服装は避けた方が良いでしょう。

また靴に関しても入退場はスニーカーでもサンダルでも下駄でも問題ありません。

ただし練習をする際は危険防止のためゴルフシューズに履き替えるようにしましょう。

ゴルフシューズに履き替えるのは危険防止のためであって、練習場でのドレスコードではないので、スニーカーで練習している人も少なくはありません。

特にアプローチの練習のようなあまり足を踏ん張る必要のない練習をメインにする人はスニーカーで練習する場合があります。

とは言っても練習でもラウンドと同じ状態でプレーする方が良いので、できる限りゴルフシューズに履き替えた練習することをおすすめします。

練習場でもゴルファーとしての意識を持って行動するようにしましょう。

時代錯誤と言われてもメンバー中心なのがゴルフ場

近年ゴルフをプレーする際の服装等に関して時代錯誤と言われることが良くあります。

特にレイヤードスタイルに関しては機能性インナーを下着と見るのは可笑しいなどと言われています。

しかし忘れてはならないのが、メンバー制のゴルフ場ではメンバーによってゴルフ場が成り立っているということ。

つまりゴルフ場のマナーはメンバーの判断で決められているので、ゴルフ場では判断しかねています。

納得いかないのであればメンバーになるか、ほかのゴルフ場でプレーするかの2択しかありません。