ゴルフコンペの服装に不安があればジャケットを準備しよう!

初めて参加するゴルフコンペの服装で、ジャケットを着用した方が良いのか不安に思うことがあるものです。

ゴルフコンペと言っても、オープンコンペや社用コンペなど、さまざまな形態があるので当日の服装に決まりはありません。

そこで一般的なコンペの例を挙げて、適した服装について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ公式競技で使用不可!ドライバーのルール不適合モデル

多くのゴルファーの望みは「飛距離を伸ばすこと」です。どんなに飛んでいても、更に…そしてまた更にと...

ゴルフ場のルールによってヤード杭の処理には違いがある!

ゴルフのルールには、ヤード杭を設置しなければならないとは書かれていません。つまりゴルフ場がプ...

ゴルフルールに定められた青杭はドロップしないとダメ?

ゴルフのルールによると、修理地は青杭または白線でその境界を明示しています。いわゆるノーペナで...

紫外線対策のゴルフキャップ、おしゃれな物をオススメします

ゴルフで着用するゴルフキャップ。安全性や紫外線対策を目的に着用します。でもせっかく被るの...

ゴルフ場で受付する時、服装がスーツだったらダメなの?

ゴルフ場の受付する時に、ドレスコードが定められていたら、迷うことなくその指定された服装をすれば問...

ゴルフカート転落事故に遭遇する原因と起さないための対策

ゴルフ場でのカートの転落は重大事故につながる恐れがあります。カートから転落する、カート自体が...

ゴルフのホールカップの大きさを知ること。それは興味深い!

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていて、その理由の1つにパターの難しさが入っています。そこでア...

ゴルフ場でのキャップの正しいかぶり方って本当に必要なの?

昔は「ゴルフコースに出るときはキャップを着用すること」と、先輩諸氏から教えられたものですが、最近...

ゴルフの試合で使うスコアカードの書き方とマーカーの仕事

ゴルフの試合で使うスコアカードは、通常のカードと違うサイズのものです。もちろんプライベートコ...

ゴルフカートのオススメは自走式?リモコンや手引きカート?

ゴルフにおけるラウンドと言えば、昔はキャディーさんと歩きのラウンドが一般的でした。しかし現在...

女子ゴルフツアーで憧れのプロからサインを貰う方法教えます

ここ数年人気が上がっている女子ゴルフツアー。観戦目的は、彼女たちの素晴らしいプレーを間近に見...

外国発祥のゴルフは日本の常識と世界のマナーに違いがある

紳士淑女のスポーツが常識といわれるゴルフですが、本当にマナーやエチケットを理解している人は少ないか...

意外と多いゴルフのバンカーに科せられるペナルティの数々

バンカーはゴルフコースに設置されたハザードの一つです。実はバンカーからボールを打つ場合、きち...

ゴルフは雨でも楽しもう!格好や準備、ラウンド決行判断基準

雨の日のラウンドを苦手とする人は結構いるでしょう。プライベートなラウンドであればキャンセルも...

ゴルフズボン丈、気にしている?ドレスコードが厳しいと×!

ゴルフは紳士のスポーツと言われていて、服装に対して決まりがあります。これをドレスコードと言い...

スポンサーリンク

仲間のゴルフコンペでも受付はジャケットで服装を整えよう

ゴルフコンペの時はジャケットなど、ゴルフ場に合わせた服装をしたほうが良いか迷うことがあるものです。

ゴルフ場の受付をする時に、ジャケット着用を義務付けているところがあります。

いわゆるドレスコードを設定しているゴルフ場では、例外なくすべての利用者はそのドレスコードに合わせなくてはいけません。

他の利用者がジャケットを着ずに受付をしていると、「不快に感じる」という理由がドレスコードにはあります。

不特定多数の人達に、不快な思いをさせないことがマナーであり、ゴルフ場を利用する人はマナーを守る義務があるのです。

もしもプライベートでゴルフコンペを開催していて、別テーブルで受付をする場合でも、このドレスコードは守らなくてはいけません。

気心の知れた仲間はジャケットを着ていなくても、不快な思いをすることはないとしても、やはりゴルフ場が定めた服装の規定は守らなくてはいけないのです。

ドレスコードを設定している場合は、利用者に対する強制的な決まりでもあるので、守れなければ受付をすることを認めないということになります。

名門ゴルフ場のゴルフコンペの服装はジャケットを準備しよう

名門ゴルフ場の中には、ドレスコードを設定していないところがあります。

ドレスコードがないのだから「自由な服装でも大丈夫!」と思ってはいけません。

ドレスコードがあれば、その服装をすればなんの問題もありませんが、自分だけが周囲から浮いていることは避けたいものです。

予約するだけでも大変な名門コースで、ゴルフコンペが開催されることになり、記念のつもりで参加するなんてことがあるかもしれません。

このような場合は、コンペの主催者から、服装についての注意事項のようなものがインフォメーションされるものです。

名門と名が付いていれば、ジャケット着用で受付を済ませるのが無難だと思います。

季節や天候などで、ジャケットがふさわしくない場合もあるかもしれませんが、一応着なくてもジャッケットを持参しておけば安心できます。

ちなみに『本当』の名門ゴルフ場であれば、お客様がジャケットを着ていなくても注意を受けることはないはずです。

ただ着ていないことが恥ずかしいと思う、そんな雰囲気にさせるので、ドレスコードがなくても準備だけはしておきましょう。

社用ゴルフコンペでのジャケット着用は会社を代表する服装!

最近は社用のゴルフコンペがめっきり減ってしまい、豪勢な賞品を見る機会もなくなってきましたが、仕事の延長線上のゴルフコンペはジャケット着用が必須です。

ゴルフというツールを使っているだけで、ゴルフ場は応接室や会議室と同等と考えるのが無難です。

ビジネスの世界では「今日は無礼講で行きましょう」と、リラックスした雰囲気を与えるためのリップサービスがあります。

真に受けて無礼講を実践したら大変なことになるのは、すでに経験済みかもしれませんが、社用のゴルフの場合はキチっとした服装で受付を済ませることが大切です。

またジャケットだけではなく、左襟には社章をつけて受付には名刺を置くのが礼儀です。

コンペの表彰式で、幹事役は簡略した会社名やコンペ参加者名しか分からなくても、名刺をもらえば正しい肩書きで紹介してくれるものです。

また名刺を先渡ししておくことで、表彰式が始まる前には、先方から名刺交換のご挨拶をいただけるはずです。

顔を覚えてもらうこと・会話するチャンスを得ること。この2つが社用ゴルフコンペでの最大のミッションのはずです。

服装自由のゴルフコンペでも優勝したらジャケットは必要?

しがらみがなく純然たるプレーを楽しむためのゴルフコンペの場合には、ジャケットが必要かどうかはゴルフ場によって決まります。

このご時世ですから、名門ゴルフ場から大衆ゴルフ場まで、1人でも参加できるオープンコンペが開催されています。

初めて行くゴルフ場がどのくらいのグレードなのかをイチイチ調べるのも面倒と言うのであれば、ジャケットを用意していきましょう。

ジャケットを着て丁度良い気候であれば着用し、暑いようであれば腕にかけて受付をすれば何も問題はありません。

また大衆コースでジャケットが必要なければ、ボストンバッグと一緒に置いておけば、こちらも問題ないはずです。

ただし表彰式の時には、やはりジャケットが必要です。

ゴルフ場やメーカーが主催するオープンコンペの場合は、受賞の時に写真撮影するのが一般的だからです。

優勝者以外でも撮影するので、それなりの服装は用意しておきたいものです。

また表彰された時は、服装を整えてジャケットのボタンを留めるようしましょう。

前が開いた状態で表彰を受けるのは失礼にあたりますので、せっかくジャケットを着用したのであれば最後までスマートな立ち居振る舞いをしたいものです。

ジャケットを着なくてもゴルフコンペの表彰式は服装を整える

最近では服装について寛容なゴルフ場が増えてきています。

昔は大衆コースのゴルフ場でしか自由な服装を認めていませんでした。

これは服装規定と言うよりも、物理的な問題でゴルフ場でのジャケット着用ができなかったことが始まりとされています。

初期のゴルフ場では、ハウスにロッカー室が設置されていないため、もしくはお風呂やレストランがないために、ジャケット着用の決まりを設けなかったところがありました。

その後、何度かのゴルフブームやバブル経済などで立派なハウスはできましたが、服装の自由については変更されずに、庶民派とか大衆コースとして運営されてきた歴史があります。

また高級コースの中にも、バブル経済の崩壊によって経費節減のためにセルフ化して、アメリカンタイプのコースとしてジャケット着用の規定が外されたところもあります。

内情はどうであれ、「自由な服装」と謳っているゴルフ場では、ジャケットの着用は必要ありません。

この場合はゴルフコンペの表彰式であっても、プレーしたウエアのままで問題ありませんが、汗や雨でぐしょ濡れであれば着替えておく心配りが必要です。

ゴルフコンペの服装が気になる時はジャケットを準備する

名前の通ったコースであれば、服装についても想像はつくと思います。

もしあまり知らないゴルフ場であればゴルフコンペに応募する時に、メンバーコースかパブリップコースかを調べてみましょう。

料金設定で「会員料金」が設定していればメンバーコースです。

比較的に倶楽部の影響力が強いコースでは、服装規定が設けられていることが多いので、一応ジャケットは用意しておくと良いでしょう。

もちろん初めてのコースであれば、倶楽部の影響力を知りえることはできません。

必要がなければ、着なければ良いだけですから、準備をしておくだけで安心できるはずです。

対して料金設定に「会員料金」がなければパブリップコースです。

この場合はゴルフ場を運営する会社が服装規定を決めているので、自由なところと厳しいところがあります。

一応、プレー料金を目安にして、高めのコースはハイグレードを演出するために、ドレスコードを設定している場合があるでしょう。

マナーの観点からすると、決められた服装で受付をするのが当然ですが、ジャケットを着ていないと受付をしないというのも、「接客マナーとしていかがなものか」と言う意見もあるかもしれません。

プレーをする前にトラブルが起きないように、わずか1枚のジャケットですから、準備しておくと問題はないはずです。

ゴルフコンペの服装で不安があればジャケットを用意しよう

初めて参加するゴルフコンペで、受付時の服装や表彰式での服装は気になるものです。

不安に思うようであればジャケットを用意して、必要があれば着用し、雰囲気をみて必要がなければボストンバッグと一緒に持ち運べば良いのではないでしょうか。