ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ロフトが寝ているユーティリティはスライスしない確率が高い

2018.7.19

今や多くのゴルファーのお助けクラブとして、ユーティリティは当たり前になりました。

難しいロングアイアンは捨てて、ユーティリティでやさしく飛ばすゴルファーが多くなりました。

ボールの進化と相まって、ユーティリティクラブで打ったボールはグリーンに止まりやすくなったのも理由のひとつでしょう。

距離の長いショットでもユーティリティクラブはロフトが寝ている分、スライスしないボールが打ててその分真っ直ぐ飛んでくれる確率が高いと言えます。

では、なぜスライスしないのでしょうか。

それでは今回は、ユーティリティクラブの特性や打ちやすさについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

各ゴルフブランドで皆が持つイメージはどう?同じなの?

ゴルフにはいろいろなブランドがあります。 クラブやウェア、靴などを選ぶ時にそのブランドのイメージ...

S300とS200の違いを見分けられるゴルファーはいるのか?

ダイナミックゴールド社のS300とS200シャフトは、カタログの仕様上重量がたった1グラムの違いが...

ゴルフクラブは20年前のモデルでも現役として使えるのか?

いざゴルフクラブを購入しようとなっても、高額なのでなかなかすぐにというわけにはいきません。 初...

どう選ぶのがいい?ロフト角で飛距離が変わるユーティリティ

アイアンのようにもウッドのようにもスイングすることができ、扱いやすいと言われるユーティリティ。 メ...

ゴルフボールにオリジナルマークをつけられる転写シールとは

ゴルフボールにオウンネームやオウンマークのような、自分で加工できるシールが販売されています。 また...

指先から手首までがグローブサイズ?サイズに悩む男性必見!

ゴルフグローブのサイズと聞いて、指先から手首の付け根までの大きさがゴルフグローブのサイズだと思ってい...

MP史上最も易しいと言われるミズノのMP54を試打してみよう

ミズノのMPは上級者向けや難しいといったイメージが強いですが、そんなMP史上最も易しいと言われている...

ゴルフクラブブランド。その特徴と人気メーカーを一挙紹介!

ゴルフクラブのブランドって沢山ありますよね。 メーカー名がそのままブランドになっていたり、同じ...

いつ訪れるか不安な雨の日のゴルフでおすすめのレインウェア

雨の日のゴルフは、普段よりも重ね着するため身体の動きが悪くなります。 しかしレインウェアを着て...

複雑過ぎて悩んでしまうアプローチウェッジを選ぶポイント

アプローチウェッジは「○○°」と表現されているものもあり、どのようなクラブなのか、またどのくらい飛...

ゴルフグリップをエアーで簡単装着できてすぐに使用可能!

ゴルフグリップの交換を頼むと長ければ数日、早ければ当日加工です。 それでも完全接着するまで、す...

ゴルフ場で残り100ヤードの距離を出せるクラブってあるの?

ゴルフスイングを調整したショットは難しいものです。 グリーンまでが残り100ヤードであれば、ぴ...

ユーティリティの魁、キャスコパワートルネードその評価は?

やさしいクラブを使うのはプロとしては恥ずかしい、そんな風潮が色濃く残っていた頃プロのこだわりを変えた...

話題沸騰の地クラブブランドのエポンゴルフを試打してみよう

エポンゴルフって聞いたことありますか? 地クラブブランドで大手メーカーのような知名度はないです...

プロにも人気のつるやゴルフのドライバーの試打の評価とは?

日本ゴルフブランドでは、ゼクシオやミズノ、ホンマなどが頭に浮かびます。 でも「つるやゴルフ」がすぐ...

スポンサーリンク

ユーティリティは打ちやすくスライスしないので距離が稼げる

ロングアイアンやミドルアイアンはある程度距離も出したいクラブですよね。

しかし、アイアンショットはインパクトもシビアで、少しでもミスヒットすると大きく距離をロスしてしまうものです。

その点、ユーティリティクラブは多少手前から入ってもソールが厚い分、ヘッドが滑ってくれて飛距離のロスが少なくなります。

アイアンとの違いはここにあります。

ミスショットする確率が下がる分、安心してボールを打つ事ができるのもユーティリティクラブの強みと言えます。

ゴルフスイングは気持ちが即スイングに現れるスポーツなので、安心感というのは大きなアドバンテージになります。

また、ユーティリティは普通にスイングすればスライスしないボールを打つ事ができるクラブです。

こすり球が少なくなる分、遠くに飛ばす事が可能になります。

スライスボールは飛ばないので好まれませんが、スライスしないユーティリティはインパクトが安定しないゴルファーにとって強い味方となってくれる事間違いなしです。

スライスしない打ち方はユーティリティ以外でも必要

基本的にスライサーはボールがつかまらず、狙った所にボールを運べません。

ターゲットに対して正確にボールを運ぶ、打つ技術と言うのはユーティリティに限らずすべてのショットに必要な技術です。

ではスライスしない打ち方とはどの様なものなのでしょうか。

これはスライスする打ち方を考えてみると分かりやすいかもしれません。

スライスというのは、右打ちならボールに強烈な右回転がかかって、打球は右方向へと飛んでいきます。

インパクトで多少ヘッドがかぶると、飛び出しは左に出ますが、右に帰ってきて更に右に曲がります。

こうしたボールを打つゴルファーの特徴としては、インパクト以降左肘が抜ける事です。

ダウンスイングで右肩が出て窮屈になったインパクトを回避する為に左肘が抜けます。

そうするとボールの外から入ったヘッドが内側に入ってくるので、ボールに右回転を与えます。

これがスライスする原因と考えられます。

スライスしない打ち方というのは、ダウンスイング時の腕の動きがスライスのそれとは全く違うのです。

ダウンスイングで腕がインサイドに降りればボールを捕まえる事ができ、球筋が安定します。

こうした打ち方は全てのクラブに必要な技術となります。

ユーティリティクラブでスライスしないのは正しいスイングをしているから

ユーティリティクラブはロフトが寝ていてソールが厚いので、スライスしない、しにくいクラブと言えます。

ただ、そんなユーティリティでもアウトサイドインで振れば当然スライスします。

しかしアウトサイドインではなく、インサイドインで振れればスライスはしません。

つまりユーティリティでスライスしないというのは、正しいスイングをしているからとも言えます。

ドライバーなどの長いクラブはボールが捕まりにくく、その分スライスしやすいのですが、インサイドインで振れれば大きく曲がる事はありません。

このスイング軌道であれば、ストレートボールになり、狙った所に真っ直ぐ飛ばす事ができるでしょう。

ユーティリティでスライスしない状態になったら、あとは他のクラブでも同じ振り方ができれば良いという事になります。

その為には腕の力ではなく、体の力、特に下半身の力を使ってスイングする事が必要です。

腕の力や上半身主導のスイングでは曲がりを抑える事はできないでしょう。

ユーティリティでスライスしない捕まったボールを打つと気持ち良い

ユーティリティクラブの芯で捉えたボールの感触は気持ちが良いものです。

このクラブはヘッドに厚みがあるので、スライスしないショット、左腕から伝わってくるインパクトの感触というのは他のクラブと比べても非常に良い感触と言えます。

特にドローボールが打てると、インパクトのフェースローテーションが正しく行われる為、感触と球筋両方がすばらしいものとなります。

ゴルフを辞めてしまうゴルファーの多くが、こうしたインパクトの気持ち良さを体感することができなかったのでしょう。

ゴルフショット、正しいインパクトの感触というのは他の何物にも代えがたいと言えます。

ユーティリティでの正しいインパクトから伝わる感触は、アイアンとは違った厚みのあるやや重い感触となります。

フェースでボールを押すイメージと言ったら良いでしょうか。

ただユーティリティでもターフを取る様なヘッドを上からボールに入れるスイングだと、アイアンに近いような感覚となります。

いずれにしても、こうした正しいインパクトの感触はゴルフを楽しいものにしてくれるのは間違いありません。

飛んで止まるユーティリティクラブを使いこなす

ユーティリティクラブはアイアンよりもやさしく、ボールもグリーンに止まりやすいと言えます。

一般的に飛距離が出るボールは止まりにくいとされていますが、今ではボールの進化と共にそうした過去の常識は言われなくなりました。

特に女子プロゴルファーのクラブセッティングに顕著で、5番アイアン以上のクラブは全てユーティリティというのも珍しくなったほどです。

プロの速くて硬いグリーン面でもユーティリティで放ったボールはしっかり止まる事が多くなりました。

またユーティリティなら高いボールを打つ事もそう難しくない為、グリーン上からしっかり落とすショットもやりやすいと言えます。

難しいクラブを使うよりもやさしいクラブを使ってスコアを縮めるのは良い方法ですね。

また、長いクラブを使っても、ユーティリティならスライスしない、コントロールされたボールを打ちやすいので、スコアアップにつなげる事ができます。

ボールの進化とクラブの進化がゴルフをやさしくします。

ユーティリティに限らずスライスしない、させない技術を身につける

スライスしない打ち方はダウンスイング時の腕の動きに触れましたが、スライスしない打ち方で一番大切な点は右肩の動きを意識する事です。

ユーティリティクラブでも良いので、ダウンスイングの時に右肩が出ない様に意識してスイングしてみましょう。

クラブヘッドが外から降りてくるのがスライスの原因ですので、右肩の動きを我慢する事で手が前に出ず、ヘッドも外側に動く事もなくなります。

この動きが野球のバッティングと異なる点なのですが、野球は肩の開きがあってもボールを強く叩く事ができます。

しかしゴルフでは早く肩が動いて開いてインパクトを迎えると、どスライスにしかなりません。

プロ野球選手がゴルフ番組のティーショットでとんでもなく飛ぶにも関わらず、ひどいスライスといった場面を見る事があると思います。

これは肩が開いて当たっているからなのですが、野球打ちではこうしかなりません。

ですので、ダウンスイング時の肩の動きを我慢する事ができれば、スライスしない打ち方ができる様になります。

ユーティリティを使ってスコアアップを図ろう

現代ゴルフはロングアイアンなどの難しいクラブを使ってスコアメイクする時代ではなくなりました。

クラブがボールを飛ばしてくれ、かつグリーン面にもしっかりと止まってくれるショットを打つ事ができる様になったからです。

ユーティリティクラブはそうした現代ゴルフにマッチしたクラブです。

多少のミスもカバーしてくれるので、ショットの怪我につながりにくい事も挙げられます。

今は振りやすく扱いやすいユーティリティクラブが多く発売されていますので、クラブセッティングを見直してみても良いかもしれません。

 - クラブ・パーツ・用品