ゴルフ初心者がフルセットのレフティ用クラブを探す方法

ゴルフ初心者がゴルフライフをスタートするうえで必要なのは、自分のゴルフクラブです。

単品購入もできますが、フルセットで購入することが多いようです。

ただしレフティの場合は、店頭に並ぶ取り扱い数がかなり限られていて、手にとって選べないことが多々あります。

そこで今回は、レフティ初心者ゴルファーのクラブ購入方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アプローチで失敗!グリーン手前のダフリの原因と改善策

グリーン手前まで来て、「ピンそばに……」とアプローチをしたら、ザックリでグリーンオンできずにガッカ...

【ゴルフ教えて!】ショットでターフを取るってどういう事?

TVなどでプロのアイアンショット、とくにショートアイアンやウェッジでのショットでは打った後に芝が前方...

ゴルフクラブを『9本にして』ラウンドするメリットとは?

ゴルフのラウンドで、ミスが続いて大叩きした経験はありませんか?そんな方には、ゴルフクラブの本...

初心者ゴルファーは必見!ハンデの計算方法を知ればハマる!

ゴルフにおいて自分のレベルを公表するために使えるものにハンディキャップというものがあります。...

【ゴルフ教えて!】2bの意味は何ですか?何がいいの?

楽天GORAやGDOなどのゴルフ場予約サイトで2bや2サム保証などの選択肢があります。これは...

初心者ゴルファー必見!ボールを捕まえるための効果的ドリル

ショットの際にボールを捕まえると飛距離が伸びます。多くの初心者ゴルファーは飛距離やショットの...

グリップの握り方でインターロッキングでの左人差し指の役目

グリップは、プレーヤーとクラブを繋ぐただ1つの接点です。ですからグリップの握り方とは、スイングを...

ドライバーショットがゴロばっかりのゴルファーの理由は何か

ゴルフを始めて間もない方や、スイングが安定しない方、はたまたドライバーを飛ばそうとし過ぎる方に多く見...

重心距離の短いドライバーと長いドライバーの違いについて

重心距離が長いボールの捕まりが良く、短いと球離れが良いと言われています。ところが現在のドライバ...

ゴルフ練習場の持ち物リストに入れておきたい上達グッズ

ゴルフの練習をする目的は「上手になりたい」または「運動不足解消」、ひょっとすると「ストレス発散」...

【ゴルフ上達】グリップが緩むのは力み過ぎが原因!

ゴルフをしている方の悩みの一つ。グリップが緩むからもっと強く握る。こんな悪循環に陥ってません...

答え!ゴルフのバックスイングでは手の上げ方をこう考える!

ゴルフのスイングはどこにポイントを置くのかで表現方法が全然違います。言っていることは同じでも...

苦手なゴルファー必読!誰でも簡単にできるバンカー練習方法

バンカーが苦手なゴルファーは多いです。そんな人はショットがバンカーに入った瞬間、すぐに肩を落...

スライスとフェード、フックとドローの違い!同じではない!

ゴルフで代表的なミスと言えば、スライスとフックです。初心者ゴルファーが混乱しがちなのが、スラ...

ゴルフのグリーン上でのマークの仕方にはルールとマナーあり

ゴルフのグリーン上ではマナーに気を使う人は多いですが、ルールに関してはあまり考えず何となくプレーを...

スポンサーリンク

ゴルフクラブのレフティ用フルセットは希少価値?

ゴルフを始める時は、まずは練習場で十分に打ち込んで、ルールとマナーを覚えて、それからコースデビューすると言うのが一般的です。

そこで最初に練習を始めるためには、使えるクラブを購入しなくてはいけません。

しかし全くの未経験者のゴルフクラブ選びは、かなりハードルが高いものです。

どんなタイプが良いのか、価格帯はいくらぐらいが適正なのか、なによりどんなクラブが必要なのかが分かりません。

また知っていたとしても、自分にマッチングしているクラブを選ぶことができず、本来必要のないはずのクラブを買ってしまう可能性もあります。

そんな不安を解消してくれるのが、フルセットで選べる量販店です。

フルセットであれば、大きくセッティングが外れることはありませんし、なによりも全部を揃える初心者にとっては、お得感のあるプライスが打ち出されているはずです。

それからゴルフ用品に限りませんが、すべてをワンセットにすると1本あたりで購入する時と比べると格段に安くしているはずです。

このように確かに選ぶのに便利でしかもお得なフルセットですが、レフティ用となると選択肢が少なくなる時があるでしょう。

レフティのゴルフ初心者がフルセットを購入できる店とは

初心者が自分の知識だけでゴルフクラブを選んでも、良い品を購入できるとは限りません。

なぜならゴルフクラブは同じ形をしていても性能が違うことがあるからです。

クラブヘッドのフェース面の傾きであるロフト角、シャフトの傾きを示すライ角、シャフトの硬さを表すフレックス、クラブの長さを表すインチなど、さまざまな項目から選ばなくてはいけません。

またゴルフクラブには、初心者が扱いやすいタイプと、上級者にオススメのタイプがあります。

普段どおりにインパクトした時、初心者はボールのつかまりが良いタイプを好みます。

ところが上級者は球離れが良く、ヘッドコントロールのできるタイプを好みます。

この球離れの良いヘッドを初心者が使うと、右に左にと球筋が安定しません。

一方で上級者がつかまりの良いヘッドを使うと、くっついてフックするような気がするのです。

このような違いを見極めることができるのは、販売してる専門スタッフです。

初心者であることを告げれば、選択肢の少ないレフティのフルセットでも、ピッタリ合ったものを探してくれるはずです。

レフティは個別にゴルフクラブを選んでフルセットにしよう

レフティのゴルファーが増えてきていますが、それでも他のスポーツに比べると少ないはずです。

野球選手と比べると、ゴルフのレフティは圧倒的に少なく、練習環境をみると打席数は極わずかしかないのが現状です。

相対的なレフティの人数が少ないわけですから、販売するゴルフクラブの種類も少ないのは当たり前のことです。

ましてお得なフルセットは、さらに限られた数しかありません。

そのためレフティが自分にピッタリ合ったものを探そうとするなら、フルセットをそのまま選ぶよりも、カスタマイズして自分でセットを組んだほうが良いかもしれません。

限定商品の中から選べるタイプや、追加料金で限定以外の商品と入れ替えることができる場合があります。

また店頭には並んでいませんが、取り寄せで対応してくれる場合もあります。

ただし、この場合は試打することはできず、カタログだけで注文することになるので、キャンセルができるか、もしくは同型モデルでスペックの違うものを取り寄せてもらって選べるかが重要になります。

ゴルクラブを選ぶ時は、実際に手にして素振りくらいはしてから、決めるようにしましょう。

数が少ないレフティ市場でフルセットのゴルフクラブを探す

レフティのゴルフクラブを市場全体でみた時に、そのシェアは数パーセントしかありません。

ゴルフ練習場の打席でも1列で1~2打席程度あれば良いほうで、練習場全体で1打席ということもあります。

これからゴルフを始めようと量販店でクラブを購入する時、現物を見て触りながら選ぶことができず、カタログから選ぶことが多いでしょう。

ところが中古ショップでは、現物の中から選ぶことができます。

基本的に中古ショップの商品は、現物のみを販売しているので、「出ている物」の中から選びます。

一般的に中古品を想像すると、使わなくなった古くて傷だらけのクラブを想像しますが、そのグレードだと誰も買いません。

いわゆる「年落ち」程度のもので、1シーズン使ってみたけれど合わない、中には数回使って売ってしまうこともあります。

しかも、販売前に中古ショップがリメイクしていることもあって、レフティのフルセットにも掘り出し物があるはずです。

現物を触って選べること、なによりも中古品は価格が安いので、初心者にとって中古ショップでの購入はメリットが大きいと考えられます。

フルセットのレフティ用ゴルフクラブの選び方

中古のゴルフクラブでレフティのフルセットを探すのであれば、カスタマイズしたほうが良いものを選べるはずです。

まずはアイアンセットを選び、次にドライバーなどのウッドやユーティリティーを選び、最後にパターを選びます。

通常、量販店ではこのすべてがセットされたものに、キャディバッグがついてフルセットとして販売していることが多いと思いますが、中古ショップはすべて「自分が欲しいもの」から選ぶことになります。

キャディバッグの中に入れられるクラブの本数は最大14本です。

ドライバーとサンドウェッジとパターは必須なので残りは11本となります。

この11本を自分で選ぶことができて喜べるのは経験者であって、初心者の場合は何を選んで良いのか分からないはずです。

もちろん在庫の関係があるので、ショップの販売員に相談しながら決めることになりますが、基本的にアイアンセットは5番からピッチングウェッジまでの6本セットを選びます。

残りの5本は、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アプローチウェッジから選びましょう。

しかも、後日「買い足す」ことができるので、最初から無理にフルセットを用意する必要はありません。

最初のレフティ用フルセットのゴルフクラブは使い捨て?

レフティのクラブ探しは、意外に大変なものです。

全体的な数が限られているため、中古ショップでフルセットのすべてを揃えられないこともあります。

そんな時に頼りになるのがネット販売です。

全国から中古のゴルフショップが掲載していますし、個人が出品する中古オークションなどもあるので、目的の品を探すことができるはずです。

ただし中古品の場合は、「返品不可」を条件にしていることが多いので、掲載写真や掲示している商品説明をしっかり理解した上で購入しなければなりません。

初心者のゴルファーにとっては、少しハードルが高いと思いますので、最初に中古ショップで自分に合ったクラブを選んでもらい、足りない分だけネット購入すると失敗は少ないはずです。

またパターは数年に1度は交換すると思ったほうが良いので、最初は扱いやすいヘッドか大きめのタイプを選びましょう。

もちろん、次のパターに移行したらヘッドの大きなパターを中古市場で売却することもできます。

ただし初心者の場合、パター以外のクラブは打ち損じなどでボロボロになってしまうことが多いので、転売することは叶わないかもしれません。

そういった理由から、クラブの傷を気にせずに打ち込める中古クラブが初心者にはオススメです。

ゴルフ初心者のレフティにお得なフルセットの購入先?

レフティのゴルフ初心者がフルセットを購入する時、中古市場のほうが現物を見ながら選ぶことができる場合があります。

また市場価格の半額程度の品もたくさんあるので、お得感も高いはずです。

一方で新品を扱う量販店は、キャディバッグやシューズなども含めたセット販売も行っています。

しかもポイント還元でゴルフボールやグローブなどを同時購入できるので、どちらがお得なのか実際に店舗に通ってみたほうが良いでしょう。