ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフが簡単になる!コースマネジメントの基本と考え方

2018.5.4

ゴルフでスコアアップしない、大叩きして崩れると悩みがあるようなら、コースマネジメントを取り入れてみてはいかがでしょう。

もっとも安全な箇所から次のショットを行うのが上達の基本です。

ゴルフが簡単に上手くなるための、マネジメントについて紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフラウンドでの服装や持ち物で夏だから注意することとは

夏のゴルフは、青い空の下、緑の木々とぴかぴかの青い芝に包まれてのプレーです。 最高に気持ちが良いで...

左手薬指の指輪をゴルフのとき外しますか?外しませんか?

左手の薬指に付けている指輪と言えば結婚指輪でしょう。 それをゴルフのためとはいえ外すことに躊躇す...

アプローチを楽しくゴルフ場で習得!初心者が練習すべき方法

練習場ではフルショットの練習ばかりになっているゴルファーは是非、アプローチも同じくらい練習しまし...

ゴルフ練習場で打ち込んでいるとフックするのはなぜ?

ゴルフ練習場で打ち込んでいると、なぜかフックしはじめることがあります。 それはもしかしたらコー...

安全性が高く簡単な7番アイアンを使ったアプローチとは

グリーン周りになると「トップやダフリが心配」というゴルファーは意外の多いものです。 そこで7番...

ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行いが良いと天気にも恵まれますね~」とかなん...

ゴルフで上達するには自作の傾斜ショットマットが効果的

ゴルフの練習場では基本的に、ゴルフ場のようなアンジュレーションを練習することはできません。 で...

ゴルフで意外と大切なバンカーショットでの正しいボール位置

ゴルファーの皆さん、バンカーショットでボール位置を意識していますか? バンカーショットを苦手と...

【ゴルフ上達】少ししか進めないチョロの原因をなくそう!

ゴルフでのミスはどれも悔しいことばかりですが、ミスには必ず原因があります。 みなさんは打っても...

初心者のパターのグリップ、右手人差し指を伸ばしてみよう!

スコアアップを目指すためにはもちろん飛距離を伸ばすことも大切ですが、グリーン周りでモタモタするとも...

【ゴルフグリップ知識】フィンガーとパームの違いと影響

フィンガーグリップとパームグリップを知っていますか? 自分がどちらの握り方をするかで、ゴルフス...

正しいゴルフスイングでもドライバーショットがスライスする

正しいゴルフスイングでドライバーを使うと、なぜかボールはスライスします。 そんな経験があるのな...

アプローチ用クラブになるのはウェッジだけとは限らない?!

皆さんはアプローチをする際、必ずウェッジを使用しなければいけないと思っていませんか? 実はそんな...

ゴルフにつきものの風、飛距離を上手くコントロールするには

ゴルフラウンドで無風の中でショットができることはかなり少ないものです。 またその風の強さは、瞬...

ゴルフの打ちっぱなし練習場にもファッションの決まりがある

ゴルフの打ちっぱなし練習場へ行くと、ジャージや会社帰りのスーツ、Tシャツと実に様々なファッション...

スポンサーリンク

ゴルフ上達のカギはコースマネジメントのリスク回避が基本

ゴルフでベストスコアを狙うなら、飛距離のあるドライバーショット、正確なアイアンショット、ライン通りのパッティング、この3拍子が揃えば確実に達成できると考えるのではないでしょうか。

実際にはドライバーで飛距離を狙うと、スライスやフックが出たりと方向性が不安定になことがあります。

またアイアンはライの状況によって精度に違いがあり、特に深いラフなどではミスショットとなるトップやダフリの可能性もあります。

さらにパッティングは、タッチが合わないと最後まで「寄らず入らず」と言うこともあるものです。

つまり、ゴルフに「確実」はありません。

確実がないからこそ、少しでもグリーンに近づけるようにドライバーを振り、アイアンでピンをデッドに狙うわけです。

ところが、そのプレースタイルが空回りすると、大叩きの原因へと繋がります。

そのためスコアをアップさせるためには、リスク回避が基本と言われています。

ミスショットを減らすこと、つまりコースマネジメントこそが大事だと言うことです。

ゴルフ場の基本的なコースマネジメントの組み立て方法

ゴルフコースをスタートする時のファーストショットは、ほかのどのショットよりも緊張するものです。

そんな中、豪快なドライバーショットが出ると、その日のラウンドが楽しくなります。

一方で、曲がらないようにとコントロールショットしたつもりが、右に打ち出してさらにスライスしてしまうこともあります。

こうしたトラブルショットから始まるスタートホールでは、テンションも下がってしまうのではないでしょうか。

緊張で身体がスムーズに動かない時や、力が入りすぎている時は、ミスショットになる可能性が高くなります。

そんな場面でコースマネジメントを組み立てて、リスクを最大限回避した攻め方をしたいものです。

コースマネジメントの基本は、最後のパッティングから逆算してくることです。

グリーン上を規定の2パットとした時に、残りの距離に対して、もっともリスクのないクラブを選択することが大切です。

このクラブ選択は、プレイヤーによって違います。

7番アイアンの得意な人がいれば、ピッチングウェッジが得意な人もいるはずです。

とにかく得意なクラブをフルショットできる位置に、ティーショットでボールを運ぶことがコースマネジメントなのです。

コースマネジメントの基本はゴルフの技量に合わせること

最初にアプローチポイントを決めてしまうと、あとは距離を合わせるだけです。

基本的にプレイヤーは、それぞれに得意な距離は違うものです。

まずは正確に距離が出せるところまで運び、楽にピンを攻められる位置からアプローチができるようにします。

仮に380ヤードでパー4のホールとして、プレイヤーの得意なゴルフクラブは110ヤードの飛距離を持つピッチングとします。

前長380ヤードに対して、グリーンの中心からエッジまでの長さを差し引くと、ティーグラウンドからグリーンエッジまでの距離が出ます。

ここではグリーンの中心からエッジまでを20ヤードとします。

そうするとグリーンエッジまでの距離は、およそ360ヤードのホールと言うことになるでしょう。

この360ヤードからピッチングの飛距離110ヤードを引くと、250ヤードのドライバーショットが必要になる計算ができます。

つまり250ヤードを狙えばパーで上がる確率は増えますが、コースマネジメントで大事なことはリスク回避です。

250ヤードを狙うことで、ラフや林の中、もしくはOBやハザードの危険が増えるので、あえてパー5として設定してみてください。

このパー4のホールは、ボギー狙いに変更して、リスク回避をすることにします。

ゴルフの基本コースマネジメントはリカバリーの安心感が必要

ゴルフプレーで目指すところはパーで回ることですが、実際に72ストロークでラウンドできる人は極わずかです。

18ホールの中でパーを狙うホール、ボギー狙いだけど上手くいけばパーのホール、確実なボギー狙いでダブルボギーを避けるホールなど、自分の技量に合わせてコースマネジメントを組み立てます。

この時カギとなるのは、アプローチの確実性です。

できればワンパット圏内に寄せる確率が高く、最低限でもグリーンオンができる距離に運ぶことが重要です。

そのためには寄せワンができる技量も必要です。

ゴルフプレーには「絶対」はありません。

ピンそばを狙ってアプローチしても、グリーンからこぼれることもありますし、ダフってチョロなんてこともあり得ます。

そんな時に、寄せワンのアプローチができれば大叩きを防ぐことができます。

コースマネジメントの基本は、リスクのあるプレーを減らして、ミスショットをカバーできる技量を身につけることです。

ゴルフコースの真ん中を進むのがコースマネジメントの基本

アプローチでは「ピンそば」につけたいところです。

「ピンそば」とは、目を閉じても入るくらいの距離のことです。

どんなホールでもピンそばに寄せることができれば、スコアアップは可能でしょうが、実際にはプロゴルファーでもそんなに上手くはいきません。

だからこそ、少しでもグリーンに近づけられるように、ティーショットをかっ飛ばし、セカンドショットでグリーンを狙うわけです。

ただ、この攻めのパターンを続けていても、上手くはなりません。

かっ飛ばすティーショットにはラフやハザード、OBなどのリスクが伴いますし、何よりも距離を合わせるアプローチのほうが難しい場合があります。

そこで、安全策でボールを進めていくのがコースマネジメントなので、基本的にはフェウェイの真ん中を狙っていきます。

ラフから攻めたほうがピンに近づく場合でも、リスクを負わないように良いライからのショットを選択します。

ゴルフ場のレイアウトの把握がコースマネジメントの基本

ハザードやOBを避けるのはもちろんですが、コースマネジメントで必要なことは、ゴルフ場のホール毎に設定する独自の規定打数を確実に実行していくことです。

技量に応じたスコアを目指す時の考え方は、すべてがボギーなら90打でラウンドできますが、その18ホールで1ホールだけパーなら80台になるということです。

さらにパー4のホールでは、最初から3オンで刻んで2パットで沈めるボギーを狙うことで、大叩きを避けて80台のスコアが可能になります。

「もしも」で考えるなら、ハーフで3ホールずつパーが取れるようになると、夢のシングルは目の前です。

そのためにはティーグラウンドで勇気を持って、アイアンやユーティリティーを選択することです。

まずは方向性の高いクラブを選択し、次に距離を合わせて池やバンカーのリスクを避けるために、届かないクラブや越えるクラブを選択します。

コースマネジメントの基本は、事前にボールをコントロールする技術を持つこと、そしてもっとも安全な箇所から次のショットが打てるようにコースレイアウトを把握することです。

コースマネジメントの基本はゴルフ場の情報分析と活かす技量

ゴルフ場のレイアウトを知らないと、コースマネジメントを組み立てることすらできません。

以前は練習ラウンドなどで下調べしたものですが、現在はネット社会ですから、スマホやパソコンである程度の情報を得ることができます。

ボール運びの基本は、得た情報からもっとも安全な箇所を選択できる知力と、それを裏付ける技量にあります。

 - 初心者 入門