ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

飛距離の良く出るドライバー2017年モデル!個人的ランキング

2018.3.19

2017年もたくさんのドライバーが発売したり、注目を浴びたりしていましたよね?

今回は、ティーチングプロライセンス保持者がたくさん試打したドライバーの中で、良く飛距離が出たドライバーをランキング順に紹介します。

ティーチングプロ
・男
・使用クラブ Titleist915D2 9.5度
・シャフト Attas4u 6X
・平均飛距離 270ヤード
・2017年平均スコア 76.3

それでは、飛距離の飛んだ順に紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

フェアウェイウッドで3wだけがスライスする理由と対策法

フェアウェイウッドの中で、なぜか3wだけがスライスすることがあります。 「長いクラブだからスラ...

スリクソンのマッスルバックアイアンは誰でも使いやすい?

松山英樹プロが契約しているダンロップ。 そこのモデル、スリクソンはプロはもちろんアマチュアの間でも...

究極の練習器具アプローチ名人を使えば本当に名人になれる?

アプローチが上達すれば、スコアアップは可能になります。 特にショートアプローチの頻度は、アプロ...

スライスやフックを防止するにはフォーム矯正器具を使おう!

多くのゴルファーが防ぎたいのが、イメージしていないほどのスライスやフックボールです。 その原因...

各ゴルフブランドで皆が持つイメージはどう?同じなの?

ゴルフにはいろいろなブランドがあります。 クラブやウェア、靴などを選ぶ時にそのブランドのイメージ...

スリクソンz545アイアンはとくに初心者からの評価が高い!

国内ゴルファーから人気の高いダンロップのスリクソンクラブですが、z545アイアンはその中でもとくに初...

ゴルフがスコアアップできる練習用の画期的な道具と活用法

ゴルフの練習はスコアアップを願って行うものですが、ただボールを打ってもなかなか上手くならないものです...

強く叩けるツアーAD_BBシャフトの対応ヘッドスピード

発売から数年経過したにも関わらず、いまだに愛用者の多いツアーADシリーズがBBシャフトです。 ...

どう選ぶのがいい?ロフト角で飛距離が変わるユーティリティ

アイアンのようにもウッドのようにもスイングすることができ、扱いやすいと言われるユーティリティ。 メ...

ゴルフ場で使うスコアカードホルダーって本当に必要なの?

ゴルフ場の受付で渡してくれるスコアカードホルダーですが、あれはスコアカードのカバーとして貸してく...

フックするドライバーショットはシャフトが合っていない!

ティーショットでフックが出るようになると、安易にグリップの握り方やスイングを修正しようとしますが...

中古にあるキャロウェイレガシーブラックは初心者も使える?

石川遼選手や上田桃子選手が用具契約をしているクラブメーカー、キャロウェイ。 性能も優れているだけで...

いろいろあるゴルフバッグで練習用とは一体何なのでしょう?

ゴルフショップやネットでゴルフバッグを検索すると、いろいろなタイプのゴルフバッグが出てきます。 大...

ゴルフ仲間に差をつけよう!雨の日でも滑らないオススメ手袋

梅雨の季節が近づくとゴルファーにとってはどんより気分。 雨に濡れると気をつけていても手元が滑っ...

ゴルフボールに書くために生まれたラインマーカー用のペン

プロのツアートーナメントでパッティングシーンは良く流れますが、多くの選手のボールに様々なラインが入っ...

スポンサーリンク

2017飛距離No.1キャロウェイGBB EPIC FORGED ドライバー

こちらのクラブは、2017年10月に発売されたばかりの最新モデルになります。

従来、EPICには、GBB EPIC STARというものが出ており、既にそのモデルの時から飛距離が出るドライバーとして注目を浴びていました。

紹介するモデルはSP-700チタンという素材を使っており、GBB EPIC STARよりも打感に弾く感覚が最高にあり、その弾きで飛距離が出るように作られています。

試打したモデルは、純正のため、以下のスペックになります。

・シャフト Speeder Evolution for GBB 7S
・ロフト角 9.5度
・長さ 45.5インチ

このモデルを試打した結果は、平均飛距離がなんと281ヤードでした。

自分の持っているドライバーよりも10ヤード以上平均飛距離が出ていたので、その場で買ってしまいそうな衝動に狩られましたが、色々なクラブを試打する気持ちを優先し、なんとか抑えました。

打音に関しても、従来のキャロウェイの音に比べて、心地良く、ゴルフ場で良くEPICのドライバーを見かけるのも頷ける商品となっています。

GBB EPIC STARと打ち比べると、なお音の違いが良く分かります。

ドライバーと言えばテーラーメイド?2017年版M2

紹介するM2ドライバーは、2代目の2017年モデルのものとなります。

M2ドライバーの特徴は、ロケットボールズシリーズからしっかり引き継がれている弾きの良さ、ドローが打ちやすいのが健在です。

さらに、この2017年モデルでは、打点が少しズレでも力強くボールを弾いてくれるので、平均的な飛距離アップが見込めるのも特徴です。

M2ドライバーが人気の1つの理由には、2017年マスターズチャンピオンのセルヒオ・ガルシアや、オリンピックゴールドメダリストのジャスティン・ローズが使用しているのもありますね。

M2ドライバーは、ドローが出やすい秘訣として純正シャフトでは、先端側がしなるようにできています。

パワーの無いゴルファーでも、振り切りやすくなっています。

それでは、試打した結果です。

・シャフト 純正 TM1-217S
・ロフト角 9.5度
・長さ 45.75インチ

試打した平均飛距離は、278ヤードを記録しました。

しかし、自分のクラブに比べてややしなりが強い分、左にランディングすることが多かったです。

しかし噂通り、やはり飛距離が出ますね。

打ちなれているせいで飛距離が出る?タイトリスト917D2

続いては、タイトリストです。

上手く色々なメーカーでランキングが分かれていますが、1メーカー1種類を試打したわけではありませんのでご安心ください。

タイトリストで言えば、VG3なども試打していますし、テーラーメイドで言えば、M1やグローレのドライバーも試打しています。

さて、こちらの917D2ですが、2017年発売で、タイトリストの中でも比較的優しいドライバーになっています。

個人的主観にはなりますが、タイトリストの打感が柔らかくてとても気持ち良く、ボールを潰したような感覚で打てます。

何よりタイトリストの特徴は、直進性が高いことです。

従ってスライサーには向かないですが、インテンショナルスライスは打ちやすいのです。

つまりスイング軌道に素直に飛んでいってくれるのが、タイトリストの特徴です。

さて、そんなクラブの試打結果です。

・シャフト 純正Titleist-Speeder517S
・ロフト角 9.5度
・長さ 45.5インチ

このクラブでの平均飛距離は276ヤードを記録。

M2に比べると、純正シャフトがややハードなので、シャフトを変えればまだまだ飛びそうということで、自分と同じAttas4u6Xで再び打ったところ、平均飛距離が279ヤードと伸びました。

シャフトを変えるだけで飛距離が出るとはさすがですね。

しかし、今回のランキングでは、純正シャフト基準で並べているので、ここに記載させていただきました。

反発力抜群ドライバー!PRGR RS 2017ドライバー

このドライバーというか、PRGRのコンセプトとして、常に飛距離を重視し、公式ルールギリッギリの数値で作っているので、当然飛距離が出るドライバーとなります。

反発力がある分、打感、打音も弾きがすごく良く、インパクトした瞬間に飛距離が出るのを実感できるドライバーとなっています。

たまに、ギリギリを極めすぎて、反発性能がルール外になってしまうPRGRですが、今回のモデルはルール内に収められたとのことです。

PRGR独自の研究により、開発されたフェースの広い範囲で反発係数を最大にできる「ダブルクラウン設計」という技術を持って開発しました。

そんなPRGRのRS2017を打った結果がこちらです。

・シャフト RSオリジナルカーボンS
・ロフト角 9.5度
・長さ 45.5インチ

計測した平均飛距離は275ヤード。

しかし、一番バラつきが少なかったです。

割と芯を外してもその分、ランが出るようになっており、総距離の誤差が少なくなっています。

そのため一番飛距離の計算が立ちやすいドライバーという印象です。

毎シリーズ安定感が出る!2017年最後の新モデルXXIO 10

やはり飛距離と言えば、欠かせない存在のXXIOです。

2017年12月10日発売。

これは10にちなんだのでしょうか。

どのクラブよりも高弾道になりやすく、キャリーが伸びます。

芯が広いのはいつも健在で、大体のミスヒットも芯で捉えてると錯覚するほど芯が広いです。

老若男女に人気のXXIOドライバーで、昔は初心者に最適と言われていましたが、最近では、シングルブレーヤーも使っているのを良く見かけます。

やはり飛距離が出ると感じるのではないでしょうか。

残念ながら、今回はシャフトを変えないと、引っ掛けボールが出てしまうくらい、純正のシャフトではしなりが強すぎと感じましたが、それでも打ってきました。

・シャフト ゼクシオMP1000S
・ロフト角 9.5度
・長さ 45.5インチ

少し抑え目に打ったのですが、平均飛距離は266ヤードを記録。

直進性のボールも多く、ゼクシオ特有の高い打音で気持ち良くスイングできました。

残念ながら、シャフトを変えたバージョンの試打がなく、この記録のみですが、シャフトのスペックをもう少しハードにしたら、「距離も伸びたのかな」と感じられる結果でした。

改めて、初心者のゴルファーは皆さんXXIOから始めたら良いのでは?と感じさせるほど、方向性のブレが無かったです。

番外編での飛距離が出るドライバーGelong DCT-315

このドライバーは、ランキング外として、紹介します。

その理由は、長尺ドライバーであり、最高飛距離はすごいのですが、やはり長尺ということで、平均飛距離があまり良くありませんでした。

このクラブの特徴も、PRGRと似ていて、高反発ギリギリの数値です。

さて、このクラブでの数値です。

・シャフト 純正シャフトS
・ロフト角 9度
・長さ 47.75インチ

こちらのクラブの平均飛距離は264ヤードですが、最高飛距離は297ヤードでした。

他のランキング内のクラブの最高飛距離は、286ヤードだったので、大きなすごく飛距離の出るドライバーとなります。

残念ながら、筆者もここまで長いクラブを振り回すことはないので、方向、飛距離共に大きくブレてしまいました。

しかし、最高飛距離はすごいので、ランキング外ではありますが、紹介しました。

ターゲットを限定した2017年隠れNo.1です。

2018年も熱いドライバー業界!

2017年の飛距離が出るドライバー紹介はいかがでしたか?

2018年もテーラーメイドからは、M3、M4、キャロウェイからはROUGE STARなど、ぞくぞくと新しいモデル、シリーズが発売しています。

2018年版もまた紹介できる日が来るのを期待していてください。

 - クラブ・パーツ・用品