ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

レベルアップはショートコースで!大阪で1人OKのコース紹介

2017.9.12

ショートコースでグリーン周りを徹底攻略してスコアアップを目指そう。
と思っても、練習ラウンドのために誰かを誘うのも少し気が引ける時がありますよね。

そこで1人でも気軽に行けるショートコースを今回大阪辺りに絞って紹介します。
1人でこっそり練習をして、アプローチ技術を身につけて、周りををアッと驚かせましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【ゴルフグリップ知識】フィンガーとパームの違いと影響

フィンガーグリップとパームグリップを知っていますか? 自分がどちらの握り方をするかで、ゴルフス...

ゴルフのバンカーショットはコツさえ掴めば驚くほど簡単!

バンカーに入ったらガッカリしてしまうゴルファーの皆さん。 バンカーショットは正しい構え方と打ち...

ゴルフ初心者がまず最初に練習すべきクラブは七番アイアン!

ゴルフではゴルフ練習場(打ちっぱなし)で練習するのが一般的です。 そこである程度打てるようにな...

ゴルフ場によってヤード表示がどこまでかは違っています!

ゴルフではどのくらい飛んであとどれくらい距離が残っているのかを知ることで、自分の飛距離から必要番手を...

ドライバーでゴロを打つにはそれなりの理由と直し方がある

ドライバーでゴロを打つのは恥ずかしいことですが、それよりもなぜ大事なドライバーショットがゴロになっ...

ゴルフを始める時レディースでレフティとなると不利なの?

ゴルフを始める時、日常が左利きだとしたら迷うことが多いです。 ましてレディースであれば、レフテ...

【ゴルフ教えて!】ハザードって何?赤杭は何で立ってる?

ゴルフコースに行くと様々な杭や標識が立っています。 赤杭だけでなく、白、青、黄など様々です。 ...

ゴルフ初心者に絶対に知っていて欲しいウェッジのい・ろ・は

ゴルフ初心者に限らず、全てのゴルファーにとってスコアを大きく左右するのは、アプローチとリカバリー...

ゴルフコンペで耳にする「ベストグロス」とは一体何のこと?

ゴルフコンペに参加すると、優勝者と別に「ベストグロス」が表彰されます。 しかしベストグロスが何な...

ドライバーのスライスを克服してゴルフ上達に一歩前進しよう

初心者の悩み、ベテランゴルファーでも長年悩むのがドライバーでのスライス。 なんとかラフに止まっ...

初心者へ★ゴルフ道具一式を揃える値段は幾らぐらいかかる?

ゴルフを始めようと思うと、ゴルフクラブだけでなく、キャディバック、ウェア、ゴルフシューズの他にボール...

ゴルフで大切なラフからのアプローチ。ミス繰り返してない?

18ホールのゴルフコースの中で、アプローチをすることはかなりの回数ありますよね。 そんなアプロー...

ゴルフでは1ラウンドする目安時間がある。プレーファースト

ゴルフコースに行きますと通常18ホール回ります。 これが1ラウンドといいます。 1ラウン...

ゴルフの悩みを共有!アイアンのスライスの直し方を考える

ゴルフで初心者が必ず通る道、それはアイアンに限らずスライスするという事ですよね。 では、どうし...

ゴルフのレッスンは安いとほとんど教えてくれないの?

ゴルフのレッスンやスクールは高いイメージがあるようです。 一回60分いくらといったものから、回...

スポンサーリンク

ショートコースとは

ショートコースとは、基本的にパー3のホールだけでできているコースのことです。
そのほとんどが通常ホール数の半分の9ホールになっています。
場所によってはパー4があったり、12ホール、18ホールのコースもあります。
またピンまでの距離も100ヤード前後と短いのが一般的です。

練習用とは言いますが、本コースと変わりない設計になっているところも多いので、コースデビューの前にコースの雰囲気を味わうこともできるのがオススメポイントです。

何と言っても打ちっぱなし練習場では練習できない高低差やライの悪いところでのショット、バンカーやアプローチ、パターなどを本芝で練習できるのが魅力です。
そして本コースよりも安価で回ることができるのが大きな魅力です。

本コースであれば、休日料金でも平均1万円前後ですが、ショートコースであれば2ラウンドしても5千円以下です。
そして初心者に持って来いなのが、本コースのように服装規定も厳しくないので、ゴルフウェアを購入する前であってもカジュアルな服装でプレーできるところも多いことです。
また予約不要なコースも多々あるので、急に予定が空いたときなども気軽にプレーすることができます。

そんな魅力満載のショートコース、思い立って1人でも回れるところを大阪に拠点を絞って紹介していきます。

1人で利用できるショートコース(大阪府四條畷市)

まずは大阪府四條畷市にある1人で利用できるショートコースを紹介します。

それは「阪奈ゴルフショートコース」です。

このショートコースは、最長84ヤードの9ホールになっています。

ゴルフでスコアアップを目指すのであれば、100ヤード以内のショットを極めることは必須です。
特に100切りを目指しているゴルファーには100ヤード以内のアプローチ練習をするのに絶対通ってほしいショートコースです。

1周目9ホールは2000円で、追加2周目以降はプラス1000円で回ることができます。
早朝からガッツリ練習したい方は、3000円で回り放題のメニューもあり、平日限定で女性は2000円で回り放題になっています。

驚きなのが、ナイター営業もあり、最終受付22時で閉場が23時と、うれしいことに仕事後にも行けてしまいます。

またショートコースと併設して打ちっぱなし練習場もあり、コースセット3240円で9ホール2周と打球練習100球付きというのもあります。

より練習熱心な方であれば、平日限定で回り放題+打ち放題5時間が4000円もいいですね。

ここに通えばゴルフ漬けの日々を送れ、レベルアップ間違いなしです!

1人でも楽しいショートコース(大阪府枚方市)

次に紹介するのは大阪府枚方市にある枚方カントリー倶楽部内にあるショートコース「枚方カントリーゴルフアベニュー」です。

こちらはショートコースと言ってもなんと18ホールからなる本格的なものです。
最大167ヤードのホールがあるので、アプローチ練習だけでなく、ミドルアイアンやUTなどのティーアップショットの練習にもなります。

本格的なので池越えのコースなどもあり、技術的な部分だけでなく、精神的にも鍛えることができます。

1人でも割り増し料金なしでラウンドできるのも嬉しいポイントです。
料金は、平日9ホール2200円、18ホール4000円、土日祝日が9ホール2700円、18ホール4700円になっています。

入会金男性2000円、女性1500円、そして年会費1000円を支払ってアベニュー会員になるとさらにお得に回ることができます。
会員価格では平日限定で3200円で回り放題、9ホールが1800円、土日祝日は9ホール2200円、18ホールが4000円となります。

またこちらのショートコースもナイター営業を行っており、20時スタートまでの24時閉場です。

初心者でも気軽に利用できるショートコース(大阪府泉佐野市)

初心者や女性ゴルファーにオススメの大阪府泉佐野市にあるショートコースを紹介します。

「日根野ゴルフクラブ」です。

こちらは初心者や女性ゴルファーが楽しめる雰囲気作りに力を入れているショートコースです。

ショートコースでは珍しく、シャワー室やパウダールームを完備しているので、汗を流す夏などは女性に限らずありがたい設備です。

最大193ヤードと距離のあるホールもあるので、一般的なショートコースではなかなか練習できないフェアウェイウッドの練習もできます。
また全9ホールですが、変化に富んでおり、攻略しがいのあるコースレイアウトになっています。

コース経験のない初心者がここで練習をし、コースマネジメントを学べば、本コースデビューの際も動じることなくラウンドに挑めるようになっているでしょう。

料金は回り放題のみで平日3000円、土日祝日4000円となっています。
1人で回ることができますが、土日祝日で混雑している場合は他のメンバーと一緒になるので注意してください。

こちらの営業は日没までとなっているので仕事終了後に行くことはできません。
ですから休みの日にガッツリと回り放題でスキルアップを目指しましょう!

ジュニア1人がお得になるショートコース(大阪府貝塚市)

最後に紹介するショートコースは大阪府貝塚市にある「水間ゴルフクラブ」です。

最大97ヤードと100ヤード以内のアプローチを練習するのに最適のショートコースです。
また最小が29ヤードとなっているので、アプローチの練習をメインにしたい方にオススメです。
コースはベント芝なので、パター練習や本番を想定したアプローチ練習には持って来いでしょう。

料金は平日9ホール1700円、18ホール2000円、土日祝日9ホール1800円、18ホール2100円と格安です。

また小学生は親同伴の場合のみ1人無料、小学生以外の学生であれば9ホール料金で回り放題なので、ジュニアゴルファーを育てたいご両親にはうれしい限りです。

また大人でも火曜日限定で1日1700円で回り放題ができます。
ナイター営業を行っているので、1日回り放題を満喫できます。

このコースはアンジュレーションが大きいので、ここで練習を積めば、本コースへ行った際に多少アンジュレーションがあっても容易に感じるかもしれません。

ショートコースでもマナーを守るのを忘れないように!

ここまで読んで、大阪にあるショートコースへ1人でも行きたくなったのではないでしょうか?

そんなショートコースであっても初めてであればドキドキするかもしれませんが、練習場と思って気軽に通うことで本コースへの準備ができます。

しかし練習場と思ってしまうがために、プレー進行が遅れ気味になってしまうのをよく見かけます。
多くの初心者が通うので、多少は仕方がないこととはコースのスタッフも承知しているでしょう。

しかしゴルフの基本はプレーファストです。
練習熱心になるのは良いですが、プレー中の移動やホールアウトなどは速やかに行うのがマナーです。

ショートコースで守れないことを本コースで守れるはずがありません。
ショートコースではゴルフの技術を上げていくだけでなく、マナーの向上にも努めるようにしましょう。

これらの点を踏まえてプレーをすれば、多少の遅れは容認してくれるのがショートコースです。

初めはみんな初心者なので、ショートコースを活用して、本コースデビューまでのゴルフ経験を積みましょう。
また初心者に限らずベテランゴルファーでも同様のことが言えるので気を付けるようにしましょう!
そしてアプローチテクニックに磨きをかけましょう。

自然を相手にするからこそ上手くなる

打ちっぱなし練習場へ行くのも大切ですが、たまにはショートコースへ足を運ぶことも大切です。

パターマットが自宅にあるのでパターの練習は十分できていると思うかもしれませんが、そこはやはり自然を相手に練習した方が何倍も技術はアップできます。

アプローチもしかりです。

ゴルフは1日にしてならず!

打ちっぱなし練習場とショートコース、本コースを上手く組み合わせてゴルフ上達につなげていきましょう!

 - 初心者 入門