オノフアイアン赤2016試打で感じたクラブの進化について

アベレージゴルファーにも優しいオノフアイアンですが、赤2016試打してみた感想は、やさしくまっすぐ飛ぶクラブだという事です。

ソールがワイドの為、素直に上げて下ろすイメージのスイングにぴったりで、クラブコントロールを重視するゴルファーには向かないと言えそうです。

しかし、体力の衰えを感じているシニアゴルファーや、普通に振って飛ばす、狙うゴルファーには使いやすいクラブです。

ではオノフアイアン赤2016モデルを試打をしてみて感じた事やクラブの特性を見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性に大人気!多くの人が虜になった6ブランドを厳選紹介!

ゴルフにはたくさんのメーカーが参入しており、ブランドは多岐に渡ります。クラブ専門であったりア...

ゼクシオ7アイアンの特長はなんと言ってもシャフトへの拘り

2000年の発売以降、不動の人気を誇るゼクシオアイアン。その中でもゼクシオ7アイアンは、「も...

飛距離重視のアイアンとは?通称『ぶっ飛び系』アイアン!

アイアンは基本的に、方向性や精度を求めるという概念が多いのが主流です。しかし、年齢的に飛距離...

ゴルフ用品も小物も全部自分スタイルにカスタマイズしよう!

ゴルフ場で一際目立つお洒落ゴルファー。ゴルフ用品から小物まで全部自分用にかわいく、そして格好良く...

優しすぎないロマロRay-Vアイアンを試打してみませんか?

ロマロのアイアンと言うと、バリバリの上級者向けなイメージです。実際は適度に優しさと操作性を備...

重量スチールモーダス3_125を使いこなすヘッドスピード

NSPROシャフトの中でも重量級のスペックであるモーダス3ツアー125シャフトは、手元部分の剛性...

ゴルフ専用ナビを使ってグリーンの傾斜は読むことができる?

最近のゴルフ事情において、ラウンド中にGPSナビを使用するということが非常に増えてきました。もち...

三浦技研のアイアン、MB-5005の凄み!一体どんなクラブか?

三浦技研のアイアンはその打感や美しさに定評があり、高額なものが多いです。鍛造アイアンのヘッド...

ゴルフがスコアアップできる練習用の画期的な道具と活用法

ゴルフの練習はスコアアップを願って行うものですが、ただボールを打ってもなかなか上手くならないものです...

ヘッドスピード42のときに適合するアイアンのシャフトは?

一般プレイヤーのヘッドスピードは38~42の間と言われています。ドライバーと違いアイアンはスイ...

ゴルフクラブのシャフトフレックス「uni」って何?誰用なの

ゴルフクラブにはシャフトの硬さを表すフレックスがあります。一般的な表記ではL→A→R→SR→...

ウェッジ64度のロフト角を選ぶ場合は飛距離を重視する

世界のトッププロが使うロブショットのためのウェッジですが、フィル・ミケルソンが64度を使ったこと...

パターの練習を自宅でするときにおすすめのグッズと練習方法

パターの練習を自宅ですると、ゴルフのレベルアップに繋がります。しかしながら気の向いたときにカ...

ヤフオクのゴルフグッズの偽物販売を撲滅させましょう!

インターネットで、「ヤフオク ゴルフ」と入れるとサジェストで、「偽物」と出ます。それだけヤフオクでは...

ドライバーのロフト角度は9.5度にすれば飛距離が伸びる?

ドライバーの飛距離を伸ばしたいと考えたときに、ロフトの角度を変えるゴルファーがいます。例えば...

スポンサーリンク

オノフアイアン赤2016試打して優しいクラブという事を感じる

アマチュアゴルファーにとってやさしく飛ばすイメージのオノフアイアンですが、赤2016試打してみて、このアイアンはやはりやさしいクラブだという事が分かります。

ワイドソールにポケットキャビティ、かつ複合素材と、オフセンターヒットにも強く芯を外しても飛距離のロスが少ない仕様のアイアンです。
特に複合素材は今やアマチュアゴルファーのゴルフをやさしくする為に、各メーカーがこぞってその開発にしのぎを削る技術と言えます。

ヘッドの素材をタングステンや他の金属と複合化する事によって、毎回打点がばらつくアマチュアゴルファーの飛距離ロスを極限まで抑えています。
つまりいつも芯で捉える事のできるゴルファーなら、一段上のクラブが使えると言えますね。

全体的にオノフアイアンはやさしくゴルフをしたい人向けのクラブ仕様の為、この赤2016の試打を通してもその事が十分に感じれるアイアンと言えます。
高弾道で素直な球筋で飛んでいく為、特に難しい事を意識しなくても、普通に飛ばせるクラブ仕様となっています。

オノフアイアンでNSPRO装着の赤2016試打してみて感じた事

オノフアイアン、赤2016試打クラブの中で、NSPROのSシャフトを振ってみて感じた事は、ヘッドが大きめの為、Sでも十分に振れるという事です。

スチールシャフトにするとクラブが重くなる為、ある程度力がないと振りきれないイメージがありますが、オノフアイアン赤2016試打をしてみてヘッドが大きめの為、その重さで振る事ができます。
NSPROスチールシャフトの為、インパクト時の打感もよく、程よく粘りを感じれる仕様となっております。

また、スイングリズムはやや遅めの方が、しっかりと当てられるクラブと言えそうです。スイングリズムが早いと、ヘッドが効いている分暴れる可能性のあるクラブです。
ただし、オノフアイアンはバランス等仕様がしっかりしている為、余程の事が無い限り大きく暴れる様な事は少ないと思われます。

しっかり振りきれ、粘りも感じる事ができるNSPROとオノフアイアン赤2016の愛称はよいですね。
アマチュアゴルファーでも簡単に扱う事のできるアイアンクラブと言えそうです。

オノフアイアン赤2016試打クラブはボールが上がりやすい

オノフアイアン赤2016試打クラブについて、実際にボールを打ってみると非常にボールが上がりやすいクラブと言えます。

赤2016試打クラブで、7番アイアンを使用してみたのですが、飛距離もしっかり160ヤードは出るので、短いクラブでピンをしっかり狙う事の出来るクラブです。
この飛距離ならミドルホールで活躍するアイアンと言えそうですね。
ボールが上がりやすい為、無理に上げようとしなくても、普通に振ればインパクト以降クラブがボールを運んでくれます。

オノフアイアン赤2016試打クラブは、ヘッドが複合素材の為インパクト以降ドーンとボールを押してくれる感じがします。
これが、無理に上げたり、飛ばそうとしたりする必要のないアイアンに感じられる理由なのですが、逆にボールを曲げたり低く出したりといった特殊な打ち方には向いていないと言えます。

こういった部分は、メーカーがクラブのコンセプトを決めて開発と販売を行う為、自分のレベルやタイプでアイアンを選択する必要がありますね。
そして、オノフ赤2016試打アイアンは、素直なスイングをするゴルファー向きと言えます。

オノフアイアン赤2016試打クラブのワイドソールはよくすべってくれる

オノフアイアン赤2016試打クラブのソールは、非常にワイドソールの為、ボール手前からソールがよく滑ってくれます。
多少手前からヘッドが入っても、飛距離ロスせずボールが飛んでくれるでしょう。

もちろん、毎回ヘッドが手前に入らず、きっちりと打ちたい所ですが、ゴルフは必ずミスをするスポーツの為、ミスした時のカバーをしてくれるこういったクラブは力強い味方となります。
そして、ワイドソールの良さもさることながら、ソールもかなりの面積が複合素材であり、ミスショットのカバーを技術的にカバーしてくれる仕様となっています。

ソールの複合素材は、クラブの重心位置を下げる働きがあり、ボールを上げやすくかつヘッドの抜けを助けてくれます。
タングステンがその素材として用いられているのは、硬い金属で比重が重く、クラブの重心位置を調整しやすいからなのですね。

タングステンは他のメーカーのワイドソールアイアンにもよく使われており、その言葉はゴルファーの中では一般的と言えるでしょう。
タングステン複合素材の安心感がオノフアイアン赤2016試打クラブにはありました。

オノフアイアン赤2016試打クラブはよいのだがゴミやホコリがたまり易い

オノフアイアン赤2016試打クラブは、打ちやすく距離も出る為力のないアマチュアゴルファー向きと言えるのですが、ポケットキャビティとなっている為、ゴミがたまり易いのがデメリットかもしれませんね。
スイングした後、芝のカスもポケットに入り込みやすくなる為、キャディバックの中に入りやすいとも言えます。

また、雨の時もこのポケット部に水が入る可能性があり、この部分を拭く事ができない為、錆が発生しやすくなります。
しかも、このポケット内に一旦錆が発生するとなかなか取るのは難しい構造です。

打ちやすい仕様のポケットキャビティなのですが、長く綺麗に使用し続ける為には少しメンテナンスに手間がかかるクラブと言えそうです。

ラウンド終了後、ゴルフ場のエアーシューズクリーナーでゴミを吹き飛ばしてから収納することをオススメします。

自宅では、市販されているパソコンキーボードのホコリ取り用エアーブローを購入して、ポケット部分に吹きかけるとよいでしょう。

オノフアイアン赤2016試打クラブはボールを上からは打ちにくいクラブ

インパクトゾーンでは、滑らすように打つとよいオノフアイアン赤2016試打クラブですが、ボールを上からしっかり捉えて打つには向かないアイアンです。

それは、ソールがワイドソールでかつアイアンフェースの重心位置が低い為、上から打ち込む、すなわち入射角度が鋭角だと、スイートスポットにボールが当たりにくいことと、ワイドソールでターフを取りにくい仕様となっている為です。

ボールを打った後、しっかりとターフを取る様なダウンブロースイングのゴルファーには、逆に難しいクラブとなるでしょう。
しっかり打ち込むと、かなりの確率でボールの回転数が多過ぎてフケ球になると思います。

オノフアイアン赤2016試打クラブにロングアイアンが無い為、試打出来ないのですが、このアイアン、ロングアイアンは打ちやすいのではないでしょうか。
その理由、ロングアイアンなら入射角度が緩やかになる為です。

しかし、ダウンブロー軌道のゴルファーはロングアイアンも比較的上からボールを捉えますので、このアイアンではグリーンオンさせられてもボールをグリーン上で止める事は難しくなってしまうかもしれません。

オノフアイアン赤2016はアベレージゴルファー向きのクラブ

誰にでもやさしいクラブというのは存在しないと考えられます。
それは、ゴルフはその人のレベルによって、打ち方やリズム、タイミングが異なるからです。

そういった意味で、オノフアイアン赤2016はアベレージゴルファー向きのクラブと言えます。

ゴルフをやさしく、遠くへ飛ばしたいゴルファーがこのアイアンを使うと、ゴルフをやさしくプレーできるに違いありません。
レベルが上がってクラブが合わなくなれば、一段上のクラブに変更しましょう。