ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

オノフアイアン赤2016試打で感じたクラブの進化について

      2017/06/05

オノフアイアン赤2016試打で感じたクラブの進化について

アベレージゴルファーにも優しいオノフアイアンですが、赤2016試打してみた感想は、やさしくまっすぐ飛ぶクラブだという事です。

ソールがワイドの為、素直に上げて下ろすイメージのスイングにぴったりで、クラブコントロールを重視するゴルファーには向かないと言えそうです。

しかし、体力の衰えを感じているシニアゴルファーや、普通に振って飛ばす、狙うゴルファーには使いやすいクラブです。

ではオノフアイアン赤2016モデルを試打をしてみて感じた事やクラブの特性を見ていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

glb0000803-1.jpg
ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行い...

glb0000802-1.jpg
イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイン...

glb0000797-1.jpg
気になるドライバーヘッドの塗装剥がれをきれいに直そう!

ゴルフクラブを大事に使っていても、何故か気づいたら傷が付い...

glb0000799-1.jpg
膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はあ...

glb0000798-1.jpg
ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標に...

glb0000796-1.jpg
ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージで...

glb0000793-1.jpg
クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは...

glb0000795-1.jpg
シャフトバリエーションが増えたので好きなのを選びやすい!

最近のゴルフクラブには、メーカー純正のクラブよりもシャフト...

glb0000794-1.jpg
ゴルフの肝!ドライバーのシャフト交換で理想のショットを!

ゴルフは絶対飛距離にこだわりたい! 同伴者に20ヤードも置...

glb0000791-1.jpg
ゴルフのプレーでショットガン方式は洋式だが効率的である!

日本国内のゴルフ場ではほとんどないプレー形式であるショット...

スポンサーリンク


オノフアイアン赤2016試打して優しいクラブという事を感じる

アマチュアゴルファーにとってやさしく飛ばすイメージのオノフアイアンですが、赤2016試打してみて、このアイアンはやはりやさしいクラブだという事が分かります。

ワイドソールにポケットキャビティ、かつ複合素材と、オフセンターヒットにも強く芯を外しても飛距離のロスが少ない仕様のアイアンです。
特に複合素材は今やアマチュアゴルファーのゴルフをやさしくする為に、各メーカーがこぞってその開発にしのぎを削る技術と言えます。

ヘッドの素材をタングステンや他の金属と複合化する事によって、毎回打点がばらつくアマチュアゴルファーの飛距離ロスを極限まで抑えています。
つまりいつも芯で捉える事のできるゴルファーなら、一段上のクラブが使えると言えますね。

全体的にオノフアイアンはやさしくゴルフをしたい人向けのクラブ仕様の為、この赤2016の試打を通してもその事が十分に感じれるアイアンと言えます。
高弾道で素直な球筋で飛んでいく為、特に難しい事を意識しなくても、普通に飛ばせるクラブ仕様となっています。

オノフアイアンでNSPRO装着の赤2016試打してみて感じた事

オノフアイアン、赤2016試打クラブの中で、NSPROのSシャフトを振ってみて感じた事は、ヘッドが大きめの為、Sでも十分に振れるという事です。

スチールシャフトにするとクラブが重くなる為、ある程度力がないと振りきれないイメージがありますが、オノフアイアン赤2016試打をしてみてヘッドが大きめの為、その重さで振る事ができます。
NSPROスチールシャフトの為、インパクト時の打感もよく、程よく粘りを感じれる仕様となっております。

また、スイングリズムはやや遅めの方が、しっかりと当てられるクラブと言えそうです。スイングリズムが早いと、ヘッドが効いている分暴れる可能性のあるクラブです。
ただし、オノフアイアンはバランス等仕様がしっかりしている為、余程の事が無い限り大きく暴れる様な事は少ないと思われます。

しっかり振りきれ、粘りも感じる事ができるNSPROとオノフアイアン赤2016の愛称はよいですね。
アマチュアゴルファーでも簡単に扱う事のできるアイアンクラブと言えそうです。

オノフアイアン赤2016試打クラブはボールが上がりやすい

オノフアイアン赤2016試打クラブについて、実際にボールを打ってみると非常にボールが上がりやすいクラブと言えます。

赤2016試打クラブで、7番アイアンを使用してみたのですが、飛距離もしっかり160ヤードは出るので、短いクラブでピンをしっかり狙う事の出来るクラブです。
この飛距離ならミドルホールで活躍するアイアンと言えそうですね。
ボールが上がりやすい為、無理に上げようとしなくても、普通に振ればインパクト以降クラブがボールを運んでくれます。

オノフアイアン赤2016試打クラブは、ヘッドが複合素材の為インパクト以降ドーンとボールを押してくれる感じがします。
これが、無理に上げたり、飛ばそうとしたりする必要のないアイアンに感じられる理由なのですが、逆にボールを曲げたり低く出したりといった特殊な打ち方には向いていないと言えます。

こういった部分は、メーカーがクラブのコンセプトを決めて開発と販売を行う為、自分のレベルやタイプでアイアンを選択する必要がありますね。
そして、オノフ赤2016試打アイアンは、素直なスイングをするゴルファー向きと言えます。

オノフアイアン赤2016試打クラブのワイドソールはよくすべってくれる

オノフアイアン赤2016試打クラブのソールは、非常にワイドソールの為、ボール手前からソールがよく滑ってくれます。
多少手前からヘッドが入っても、飛距離ロスせずボールが飛んでくれるでしょう。

もちろん、毎回ヘッドが手前に入らず、きっちりと打ちたい所ですが、ゴルフは必ずミスをするスポーツの為、ミスした時のカバーをしてくれるこういったクラブは力強い味方となります。
そして、ワイドソールの良さもさることながら、ソールもかなりの面積が複合素材であり、ミスショットのカバーを技術的にカバーしてくれる仕様となっています。

ソールの複合素材は、クラブの重心位置を下げる働きがあり、ボールを上げやすくかつヘッドの抜けを助けてくれます。
タングステンがその素材として用いられているのは、硬い金属で比重が重く、クラブの重心位置を調整しやすいからなのですね。

タングステンは他のメーカーのワイドソールアイアンにもよく使われており、その言葉はゴルファーの中では一般的と言えるでしょう。
タングステン複合素材の安心感がオノフアイアン赤2016試打クラブにはありました。

オノフアイアン赤2016試打クラブはよいのだがゴミやホコリがたまり易い

オノフアイアン赤2016試打クラブは、打ちやすく距離も出る為力のないアマチュアゴルファー向きと言えるのですが、ポケットキャビティとなっている為、ゴミがたまり易いのがデメリットかもしれませんね。
スイングした後、芝のカスもポケットに入り込みやすくなる為、キャディバックの中に入りやすいとも言えます。

また、雨の時もこのポケット部に水が入る可能性があり、この部分を拭く事ができない為、錆が発生しやすくなります。
しかも、このポケット内に一旦錆が発生するとなかなか取るのは難しい構造です。

打ちやすい仕様のポケットキャビティなのですが、長く綺麗に使用し続ける為には少しメンテナンスに手間がかかるクラブと言えそうです。

ラウンド終了後、ゴルフ場のエアーシューズクリーナーでゴミを吹き飛ばしてから収納することをオススメします。

自宅では、市販されているパソコンキーボードのホコリ取り用エアーブローを購入して、ポケット部分に吹きかけるとよいでしょう。

オノフアイアン赤2016試打クラブはボールを上からは打ちにくいクラブ

インパクトゾーンでは、滑らすように打つとよいオノフアイアン赤2016試打クラブですが、ボールを上からしっかり捉えて打つには向かないアイアンです。

それは、ソールがワイドソールでかつアイアンフェースの重心位置が低い為、上から打ち込む、すなわち入射角度が鋭角だと、スイートスポットにボールが当たりにくいことと、ワイドソールでターフを取りにくい仕様となっている為です。

ボールを打った後、しっかりとターフを取る様なダウンブロースイングのゴルファーには、逆に難しいクラブとなるでしょう。
しっかり打ち込むと、かなりの確率でボールの回転数が多過ぎてフケ球になると思います。

オノフアイアン赤2016試打クラブにロングアイアンが無い為、試打出来ないのですが、このアイアン、ロングアイアンは打ちやすいのではないでしょうか。
その理由、ロングアイアンなら入射角度が緩やかになる為です。

しかし、ダウンブロー軌道のゴルファーはロングアイアンも比較的上からボールを捉えますので、このアイアンではグリーンオンさせられてもボールをグリーン上で止める事は難しくなってしまうかもしれません。

オノフアイアン赤2016はアベレージゴルファー向きのクラブ

誰にでもやさしいクラブというのは存在しないと考えられます。
それは、ゴルフはその人のレベルによって、打ち方やリズム、タイミングが異なるからです。

そういった意味で、オノフアイアン赤2016はアベレージゴルファー向きのクラブと言えます。

ゴルフをやさしく、遠くへ飛ばしたいゴルファーがこのアイアンを使うと、ゴルフをやさしくプレーできるに違いありません。
レベルが上がってクラブが合わなくなれば、一段上のクラブに変更しましょう。

 - クラブ 用品