ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

姿勢矯正できるバランスボールをゴルフのトレーニングにも

2017.5.8

バランスボールと聞くと、姿勢矯正やダイエットなど美容に関するイメージばかりが出てきます。
しかしバランスボールをトレーニングに採用しているプロゴルファーは非常に多いです。姿勢矯正は身体のゆがみを矯正することになるし、バランスボールを使うことで、腰痛軽減や、ゴルフに最も大切な体幹を鍛えることもできます。
そこでゴルフに役立つバランスボールの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

プロ用クラブと一般的な市販品クラブに違いがある?真実は?

都市伝説の様に語られる事の多い、同じメーカーで見た目は同じでもプロに支給されているクラブと市販され...

キャスコドルフィンクラブ、見た目と性能が口コミで評判上々

キャスコと聞くとボールやグローブのイメージが強いですが、かつてはパワートルネードを発売してユーティリ...

スライスやフックを防止するにはフォーム矯正器具を使おう!

多くのゴルファーが防ぎたいのが、イメージしていないほどのスライスやフックボールです。 その原因...

マルマンゴルフクラブには評価されるべき数々の特徴がある!

皆さんは、どのメーカーのゴルフクラブを使用していますか? 人気どころでいうと「タイトリスト」「テー...

プロが絶賛!ns950軽量スチールシャフトの重さ。日本製は◎

今やメジャーな存在となった日本シャフトですが、唯一の日本国内シャフトメーカーとしてns950軽量シ...

パッティング用の練習器具でレール形状のものは意外と難しい

プロゴルファーのパッティングの練習風景が映された時に、銀色のプレートの上でボールを転がす練習をし...

ヘッドスピードが遅い人が硬いシャフトを使うとどうなる?

ゴルフのクラブにおいて、シャフトの硬さが自分に合っているというのはとても大切なことです。 なぜなら...

ゴルフのマメ知識。練習場のボールは全然違うことが多い!

ゴルフをやっている方は一度は練習場に行ったことがあるでしょう。 練習場で何ヤード飛ぶようになっ...

ネタとして一つあると笑いを取れるゴルフの面白グッズの数々

ゴルフを日々真面目に、そして熱心に頑張ることは良いことです。 しかしラウンド中に時折笑いが起こ...

名器の1本ゼクシオ8ユーティリティなら楽に飛距離が出せる!

ゴルフを簡単に、もっと飛ばしたいと考える年配ゴルファーや、女性ゴルファーから圧倒的な支持を受けるゼ...

あまり違いはない?ヘッドスピード測定器の各社比較について

最近、ヘッドスピードを測定できる機器が数社より発売されていますね。 練習場でも測定器を使っているゴ...

強く叩けるツアーAD_BBシャフトの対応ヘッドスピード

発売から数年経過したにも関わらず、いまだに愛用者の多いツアーADシリーズがBBシャフトです。 ...

フックするドライバーショットはシャフトが合っていない!

ティーショットでフックが出るようになると、安易にグリップの握り方やスイングを修正しようとしますが...

ぶっ飛び!?ロケットボールズのユーティリティを徹底試打!

2012年にぶっ飛びとして話題になったテーラーメイドのロケットボールズフェアウェイウッド。 その同...

タイトリストのアイアンは使える?実際の評価・評判はどう?

玄人評価が高いタイトリストのアイアンですが、特別何が良いのでしょうか。 アベレージゴルファーに...

スポンサーリンク

ゴルフと姿勢の関係

プロゴルファーの歩き姿に注目したことはありますか?

どのプロゴルファーもピンとした姿勢で歩いています。

実はゴルフスイングと姿勢は深く関係しているのです。
ゴルフスイングの時に猫背だと、バックスイングで体を回転させることが難しくなります。

例えば、背筋を伸ばしてまっすぐに立ってみてください。
そして右側へ体をターンさせてみます。

次にまっすぐに立って、今度は猫背にしてみます。
その状態でターンさせてみてください。

最初にやったときよりも回転できないでしょう。

これをゴルフのバックスイングで考えると、猫背で構えることでバックスイングが制限されることになります。
ですからこのように猫背で構えているゴルファーは、バックスイングが小さくなりがちです。

また猫背でバックスイングをすると、体重を右へ移そうとしたときに、上体が起き上がりやすくなります。
このように体が伸びあがると、フェースが開きやすくなるでしょう。

ゆえに、猫背でスイングをする人はスライスボールが出やすくなってしまうのです。

どうしても猫背が直らないと言う人は、バランスボールでの姿勢矯正を試してみましょう!

バランスボールで姿勢矯正

ゴルフスイングと姿勢が関係していることは分かりましたか?

ではバランスボールを使っての姿勢矯正の仕方を紹介します。

きれいな姿勢を取るには、背筋と体の軸を鍛える必要があります。

まずは基本の姿勢として、バランスボールに座ります。
そして足を前に踏み出してボールに仰向けになりましょう。
最後には、肩の辺りでボールに乗っかっている姿勢を取ってください。
ここから足を後戻りさせ、ボールに腰かけた基本の姿勢に戻します。

この動作でのポイントは、なるべく上半身が一直線になるように、腹筋に力を入れる意識を持ってください。
また腰かけた状態に体勢を戻すのは、意外とハードな運動になるので、慣れるまではボールの上を平行に移動するだけでも大丈夫です。

この運動を5回を2~3セット行えば十分でしょう。

運動後のストレッチとして、背中下部にボールがある状態で両手を伸ばし、伸びをしましょう。
これをすることで、こわばった背中が気持ちよくほぐされます。

バランスボールで姿勢の悪さで生まれた歪みを解消

姿勢が悪いことは、ゴルフスイングに影響するだけでなく、体の歪みも生んでしまいます。

人間の身体は元々左右対称ではありません。
手に右利きや左利きがあるように、身体全体も使い方のバランスが違っています。
ですから微妙に左右の肩の高さや脚の長さが違ったりしてきて、身体が歪んでしまうのです。

ゴルフスイングでは、特に利き手や利き足ばかり頼って歪んでしまうと、バランスの取れたスイングができなくなってしまいます。

バランスボールとは、名前の如く、身体のどちらかに力が加わっていたのでは、バランスボールの上に乗ることができません。
身体が歪んでいると、バランスが崩れてしまい転んでしまいます。
そうなると、先にお話ししたバランスボールでの姿勢矯正での基本の姿勢である、バランスボールの上に座ることすらできません。

ですからバランスボールに座って、身体の前後左右のバランスを調整するトレーニングをしましょう。
これを行うことで、平衡感覚を身に付けて歪みを整えることもできます。

正しい姿勢に必要な体幹部をバランスボールで鍛えよう

正しい姿勢に必要なのは、体幹部のインナーマッスルです。
スイングに必要なのは、体幹部の筋肉です。

体幹部のインナーマッスルとは、骨の近くなど体の内側につく補助的な筋肉。
これは普段意識して使うことのない筋肉なので、筋トレなどではなかなか鍛えることができません。

でもバランスボールを使ってのエクササイズをすれば、姿勢に必要なインナーマッスルと、スイングに必要な筋力をつけることができるのです。

また両方を鍛え上げることで、見た目が引き締まり、体内で確実に筋肉量が増加するので基礎代謝も上がります。
そうなると、さらに筋肉の付きもよくなるので、相乗効果抜群です。

ダンベルやバーベルを使っての筋力トレーニングも大事ですが、それらは個人の運動レベルによって大きく差が出てしまいます。
しかしバランスボールであれば、自由に強度を変えることができるので、初心者からプロゴルファーまでどんな人でも使い方次第で行うことができるのです。

バランスボールを使って前傾姿勢を安定させる

ゴルフスイングに必要不可欠なのが、股関節の可動域です。

股関節のストレッチは、打ちっぱなし練習場で100球打つよりもゴルフ上達に効果があると言われています。

その股関節の可動域を広げるストレッチをバランスボールですると、腿を引き上げる腸腰筋も鍛えられるので、前傾姿勢を安定させることができます。

それではスイングでも重要な軸を意識して以下で紹介するバランスボールを使ったトレーニングをしてみましょう。
しかし股関節がだいぶ硬いゴルファーは、バランスボールに座っていることもできません。
そういった人は、最初は空気が少し抜けたくらいのバランスボールで行うと良いでしょう。

まずは背筋を伸ばしてバランスボールに座り、脚を開きます。
この時に手は骨盤に置いてください。

身体の中心部はずらさないで、片脚ずつ膝を地面に近づけます。

同様に反対側の脚も行いましょう。

この際に意識してほしいのは、体の中心をずらさないこと。
このエクササイズ10回を2セット行うようにしてください。

しかし身体が硬い人は最初は難しく、きついかもしれないので5回を2セットでも構いません。
まずは続けることが大切なので、無理のない範囲で行うようにしましょう。

バランスボールで脚力も鍛えられる

姿勢にばかり注目してきましたが、ゴルフには脚力も必要です。
踏ん張れる脚の力がないと、姿勢が良くてもバランスは崩れてしまうからです。

クラブを振り下ろした時に遠心力に負けて、振り遅れてしまう人を良く見かけます。
遠心力に負けないためには、腹筋と脚でふんばる力が必要です。

プロゴルファーも多く取り入れているのが、バランスボールを使って脚力と腹筋を鍛える運動。
きついトレーニングなので、最初は膝を曲げて行うと良いでしょう。

まずは仰向けになって、腕を開いてバランスボールを脚に挟みます。
そのまま脚を上に上げてください。
両手は大の字の形にしますが、腕の力に頼らないように気を付けてください。

脚を伸ばしたまま(最初は膝を曲げてOK)片側に傾けます。
同様に反対側も行います。

プロゴルファーは、高速バージョンとスローバージョンでこれを行っています。
腰を痛めてしまう可能性があるので、十分な筋力がつくまでは、自分がきつくないペースで行うようにしてください。

バランスボールでゴルフに必要な全てを補える

一時期ダイエット等で大ブームを起こしたバランスボール。
ゴルフに必要なトレーニングすべてをバランスボール1個でできます。

家で邪魔になるようなサイズでなくとも小ぶりなものでも十分使えます。
また小ぶりのものであれば、スイング軌道を身に付ける練習にも使えるでしょう。

姿勢、筋力、柔軟性、バランス、スイング軌道。
現在あなたがゴルフに必要なことにバランスボールを上手く使ってみましょう。

 - クラブ・パーツ・用品