ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

ドライバーのトップでゴロが多発する原因とはいったい何か?

      2017/04/27

ドライバーのトップでゴロが多発する原因とはいったい何か?

朝一のドライバーでのティーショットは、緊張と気合が入り交ざる瞬間ですよね。

前日から十分なイメトレをして、高い弾道で遥か彼方へ飛んでいくショットを打つ気満々で望みます。
が、気合が空回りして「ゴロ」と言う経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

そうならない為にも原因をしっかりと追求して改善していきましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000983-1.jpg
ゴルフ場の距離表示の正しい見方と使い方を知り情報活用を!

ラウンドをする際に、ゴルフ場にはプレーをする上で必要な様々...

glb0000982-1.jpg
気になるゴルフのレッスンプロの人気ランキングを紹介!

ゴルフが上手くなりたい!と思っても誰に習えば良いのか考えま...

glb0000981-1.jpg
ゴルフコンペで耳にする「ベストグロス」とは一体何のこと?

ゴルフコンペに参加すると、優勝者と別に「ベストグロス」が表...

glb0000980-1.jpg
安全にゴルフをするためにすぐに叫ぼう「ファー!」

ゴルフ場にいるとたまに…よく聞こえるのが「ファー!」です。...

glb0000979-1.jpg
ゴルフスコアを大きく左右する正しいパターの打ち方を学ぼう

アマチュアゴルファーのゴルフの練習で一番足りないと言われて...

glb0000978-1.jpg
グリーンコンディションによる速さの単位とその計測方法とは

ゴルフ場へ行くと、スタート室前などにグリーンの速さを表記し...

glb0000977-1.jpg
インパクトで左手を止めるだけ!飛距離アップが期待できる?

インパクトのときに左手を止める練習をすると結果的に飛距離ア...

glb0000976-1.jpg
アイアンスイング、できるだけ右手を使わないための練習方法

ゴルフのスイングでのミスといえばチーピン、フック、スライス...

glb0000975-1.jpg
谷将貴のスイングレッスンはドライバーショットもシンプル!

レッスンプロ谷将貴のスイングは一言でシンプルと言えます。 ...

glb0000974-1.jpg
賞金王、片山晋呉プロの素晴らしいスイングを後方から見る

狙った所へボールを運ぶ、ショットメーカー片山晋呉プロのスイ...

glb0000973-1.jpg
ゴルフ中継に欠かせない存在、戸張捷と丸山茂樹のアナウンス

戸張捷。 ゴルフ中継を見ると、その人の事は知らなくても声は...

glb0000972-1.jpg
独特!長身ミシェルウィーのパタースタイルを画像で見てみる

ミシェルウィーのパタースタイルは独特な事が画像で分かります...

glb0000966-1.jpg
フェースを開くとシャンクが出やすい。その仕組みを理解する

『シャンク』。 ゴルフスイングでこれ程恐ろしい病はパター...

glb0000965-1.jpg
あまり見かけないシャフトのフレックスmは誰が使うのか?

ゴルファーなら誰もが知っているシャフトの硬さ、フレックスを...

glb0000964-1.jpg
クラブのグリップ交換で使うパーツクリーナーはどんな役目?

ゴルフクラブのグリップ交換をゴルフショップに頼むと結構お金...

glb0000145-1.jpg
gdoは面白い!松山英樹の過去のスイングをスローで再生!

gdo(ゴルフダイジェスト・オンライン)ではプロゴルファーの...

glb0000652-1.jpg
世界で活躍している松山英樹選手のスイングを全て解析しよう

キャディが見ていて辛くなると言うほど自分に厳しい松山英樹選手...

glb0000792-1.jpg
メジャーで活躍!松山英樹のパワースイングをスローで見る

今や世界ランク4位にまで上り詰めた松山英樹プロですが、彼のバ...

glb0000963-1.jpg
凝視は駄目!?ではアイアンはボールのどこを見るのが正解?

ゴルフ初心者にとってボールのどこを見ると良いスイングができ...

glb0000962-1.jpg
プロが絶賛!ns950軽量スチールシャフトの重さ。日本製は◎

今やメジャーな存在となった日本シャフトですが、唯一の日本国...

スポンサーリンク


ドライバーのゴロはちょっぴり恥ずかしい

大きなコンペになると、朝一のティーショットには参加者が集まります。

プロゴルファーであればそんな状況も慣れっこかもしれませんが、アマチュアゴルファーにとっては特別な瞬間ですよね。

ティーを刺す指が震えたり、過呼吸で視界が白く霞んだり、汗でグリップが滑ったりするほど緊張するのも無理はありません。

「一打目だし、思いっきり軽く打とう!

練習場ではいつもマン振りですが、今日のティーショットは、リスクを避けて当てにいくくらいの気持で…。
軽くグリップし、テークバックも緩く、いつもの1/3の力でドライバーをゆるゆるに振り切りました。

結果はどうでしょう。

レディースティーまで届くか届かないかのゴロショット。

仲間内のコンペであれば、いじられたりしておちゃらけて終われるものの、知らない人もいるコンペだと、微妙な空気が流れてしまい、ゴロした自分の対応に困ってしまいますよね。
そんな経験を味わったことがある人は多いのではないですか?

それが続くとドライバーでの緊張感はより増してしまいます。
そこからイップスに陥る人も少なくありません。

そんなドライバーでゴロしてしまう原因とはいったい何なのでしょうか。

ドライバーでゴロが出る原因はアドレスの距離感

練習場ではバンバンドライバーを飛ばしているのに、実際にティーグラウンドでドライバーを振るとゴロになってしまうことほど悲しいことはありません。

そんな悲しいことがないように、原因をしっかりと追究していきましょう。

ドライバーをちゃんと振っているつもりなのに、ドライバーの下にボールがあたりゴロが出てしまう人。

まずは、アドレス時に体とクラブ(腕)が離れすぎていないか確認してください。
通常、ドライバーの場合は体とクラブ(腕)の距離は拳1個半から2個くらいが正しいといわれてます。
しかし大きなスイングをしようと意識しすぎると、いつの間にか拳3~4個分くらい距離が開いてしまうことがあるのです。
アドレス時に体とクラブが離れすぎていると、ダウンスイングでその距離を維持するのが難しいでしょう。

その結果自然と体の近くでスイングしようとする為、ボールに届かなくなりドライバーの先や下の部分に当たりやすくなってしまうのです。

ゴルフスインングの癖は簡単には変えられません。

ラウンド中に急にドライバーが当たらなくなったら、スイングを修正しようと考えずに、まずは正しくアドレスできているかを確認するようにしましょう。

頭の位置のずれがドライバーでゴロの出る原因

次に考えられるドライバーでゴロする主な原因は、頭が動きすぎることにあります。

その理由として一番多いのが、ヘッドアップしてしまうこと。
これはドライバーに限らず、多くのゴルファーが最初に悩むことです。

ボールを打ち終わる前に飛球線方向を見てしまうため、体が起き上がってしまい、ボールの上っ面を叩いてしまっているのです。

無意識に自分が打った球がどうなっているのかが気になってしまっているからでしょう。
打ち終わった後にボールを追いかけなくても、ボールの行方を確認することはできます。グッと我慢してインパクトを凝視するくらいの気持で打ちましょう。

次に、上からボールを叩きつけてしまうことです。
打ち急ぎのため、上半身の動きが先行し、頭の位置がアドレスのときよりも左側にずれてしまいます。
ですから上からボールを叩きつけるようなスイングになってしまうのです。

ドライバーのゴロを避けるためには、打ち終わるまで顔を上げないこと、ボールよりも右側に頭の位置を残すと言う2点を意識してみましょう。

そうすることで肩の回転が正しいものとなります。

原因が分かったら改善するための練習方法

ドライバーでゴロをしてしまう原因が分かったら、改善する為の練習をしましょう!

ドライバーを練習するときは、マン振りすると気持ち良いですよね。
しっかりと芯を捉えたナイスショットであればの話ですが…。

実は初心者ゴルファーは、フルスイングで繰り返し練習をしても、下手を固めていくだけです。
必ず、ハーフスイングの反復練習をしてください。

アイアンのハーフスイングでの練習をする方は結構いるのですが、ドライバーでする人が少ないでしょう。

この際に、低いボールを打つイメージで行ってください。
低く、ドロー気味の回転がかかったショットが10球連続打てるようになるまでフルスイングでの練習を我慢して、ハーフスイングの練習に徹しましょう。

ハーフスイングでの練習だと、アドレスやヘッドアップ、上からボールを叩きつけることなどいろいろな部分を意識して練習することができます。

またハーフスウイング練習の時に、ゆっくり振ってみたり、全身鏡で自分のスイングを確認したりしてみるのも良いでしょう。
自分のスイングを客観的に見ることがスイング改善には一番効果的です!

技術的なことよりもメンタルが原因

ラウンドでしかゴロが出ないと言う人は、スイングの技術的なことでなくメンタルが原因の可能性が大きいです。

ゴルフとはメンタルのスポーツと言われています。
初めてのラウンドであったり、月1ゴルファーにとって、朝一のティーショットはかなり緊張するものです。

「緊張」とは、人間に備わった本能的な対応です。
ですからその緊張と上手く付き合っていくようにしなければなりません。

もちろん緊張の度合いは人それぞれ違います。
まずは緊張してる自分を客観的に見てみるようにしましょう。

そして緊張した状態をどうにかしようと考えるのではなく、緊張した状態を受け入れるも大切です。

緊張していることを受け入れるようにすると、緊張した状態に慣れてくるようになります。
そうなればもう朝一のドライバーショットでも、コンペで注目を浴びても、1mmも動揺することはなくなるでしょう。

それだけでなく「緊張」を克服すると、ゴルフに限らず、ビジネスなどいろいろな場面で、自分のポテンシャルを安定して発揮させられるようになります。

道具に頼るのも1つの手段

ドライバーショットでゴロが出ると言うことは、ボールが上がらないと言うことにもなります。

アイアンは上手くいくのにドライバーだけ上手く打てない人の原因は、もしかすると、「ボールが上が上がりにくいドライバー」を使っているのかもしれません。

一般的に、キックポイントが「元(手元調子)」にあるシャフトより、「先(先調子)」にキックポイントがあるシャフトの方が、球がつかまりやすくボールが上がりやすいです。
ゴルフスイングの基本とは、どのクラブも同じスイングをすることです。

どうやってもボールが上がらない(ゴロしてしまう)場合は、自分が使っているドライバーのシャフトの特性を確認してみましょう。
もしかすると、わざわざボールが上がりにくいドライバーを使い、一生懸命ボールを上げようと無駄な努力をしているかもしれません。

打ち込むスイングで、しならないドライバーを使っている場合は、どちらを変える方が効率が良いのかを考えると簡単に答えが出ます。

ドライバーでボールが上がらないゴルファーは「先(先調子)」にキックポイントがあるシャフトのドライバーを使うべきなのです。

ゴルフは地道なステップを踏むのが大事

憧れのプロゴルファーやゴルフ上手な先輩を参考に練習をすることは大事です。
しかしそれはしっかりと基本が出来るようになってからでも遅くはありません。

上手い人を真似て練習していると気づかないうちに変な癖が付いてしまいます。
自分では似せているつもりでも、動画で確認すると変なスイングだったり、いつまでたっても上手く打てなかったりします。

自分のレベルをしっかりと理解して、基本から1つずつしっかりと身につけていくように心がけましょう。

 - 初心者 入門