三菱レイヨンディアマナシャフトカイリの特性について考える

三菱レイヨン社製ディアマナシャフトシリーズを装着するユーザーは非常に多いのではないでしょうか。

その歴代ディアマナシリーズの中で比較的クセのないと言われる青いカイリシャフトについてみていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アイアンでスチールシャフトに挑戦!硬さはどう選ぶ?

ヘッドスピードが遅い、力がないという理由だけでカーボンシャフトを使っているゴルファーは多いかもし...

【ゴルフ】ドライバー体積400CC以下ならヘッド動作が多い

ゴルフクラブでドライバーのヘッド体積は年々大きくなり、今や460㏄クラスが普通になりました。...

ゴルフラウンドで必需品といえるゴルフナビのおすすめを紹介

現在GPSゴルフナビも様々な機種があります。腕時計型や音声ナビなどプレーに負担のかからないも...

ウェッジ64度のロフト角を選ぶ場合は飛距離を重視する

世界のトッププロが使うロブショットのためのウェッジですが、フィル・ミケルソンが64度を使ったこと...

インパクトの音と打感。各メーカーを試打比較してみましょう。

クラブを選ぶ基準として振りやすさと計測データが大切ですが、ボールが当たった瞬間の音や打感も非常に大切...

複雑過ぎて悩んでしまうアプローチウェッジを選ぶポイント

アプローチウェッジは「○○°」と表現されているものもあり、どのようなクラブなのか、またどのくらい飛...

オノフアイアン赤2016試打で感じたクラブの進化について

アベレージゴルファーにも優しいオノフアイアンですが、赤2016試打してみた感想は、やさしくまっすぐ...

fw5の飛距離は現在のゴルフスタイルに合っているのか?

最近のフェアウェイウッドでは、fw4を外してfw5に変えているのが、スタンダードなセットになって...

競技志向ゴルファーに人気のロマロのアイアンray-vタイプr

ゴルフ好きの間ではじわじわと浸透しつつある地クラブですが、やはり大手メーカーにくらべるとまだまだ知ら...

ピッチング以下のウェッジをロフト角の観点から考える

攻めのゴルフをしたいと、ピッチング以下のウェッジをキャディーバッグに入れているゴルファーが増えていま...

軟鉄鍛造アイアンと言えばミズノ!?mp-15を試打してみよう!

ミズノの軟鉄鍛造アイアンを使うことを夢見るゴルファーは多いのではないでしょうか。そのなかでもmp...

多くのプロが愛用しているパッティングチューターの使い方

Drive for the show, putt for the money.ゴルフにおいて...

タイトリストap2は初代、710、712、714。そして716へ進化!

タイトリストは昔からアスリートをターゲットにしたメーカーで、シニアや女性は全くターゲットにしていませ...

ウェッジの選び方のポイント!たくさんのロフト角を持つこと

市場にはたくさんのウェッジが出ていますが、すべてを持つわけにはいきません。その選び方の基準は...

miyazakiシャフトは面白い!種類を氷・霙・水・霧で細分化!

皆さんはmiyazakiシャフトをご存じですか?ダンロップのゼクシオやスリクソンのカスタムシ...

スポンサーリンク

三菱レイヨンの人気シャフトディアマナシリーズの良さについて

三菱レイヨンというと何種類かのカーボンシャフトを販売していますね。
その中でもディアマナシリーズは昔からプロアマ問わず多くのゴルファーに支持されているシャフトです。

超強度炭素繊維を使い、薄く強度の高いカーボンシャフトに仕上げられています。

ディアマナシリーズシャフトは、全体的にしっかりとしたシャフトになっており、ハードヒッターが振っても暴れないシャフトがほとんどです。
安心して叩けるという表現がぴったりのシャフトと言えますね。

そのディアマナの種類の1つであるカイリシャフトについては、全体的にクセのない素直なシャフトと言えると思います。
クセがないシャフトと言うと、中調子系のシャフトが多くなるのですが、カイリもほとんど中調子シャフトになっており、ゆったりと振るタイプのゴルファーには相性がよいと言えそうですね。

スコアを安定させる方法として、ご自身のクラブをディアマナカイリにリシャフトするのも手かもしれませんよ。

三菱レイヨンディアマナカイリを実際に使ってみた感想

三菱レイヨン社のディアマナカイリが装着されているクラブを実際に使ってみた感想をまとめます。

まず自分のヘッドスピードが平均45m/sで、飛距離は他社のクラブを使用していた時とあまり変わらず260~270ヤード程ですが、時々出る右への押し出しボールが出なくなりました。
恐らく、シャフトにクセがない為、気持ちゆっくりめに振れている為、インパクト時の上半身の開きが抑えられている事が理由と思われます。

普段使用しているシャフトも中調子なのですが、そのクラブよりも左右へのブレが少ないと感じられるシャフトです。

カイリシャフト70Sを使用したのですが、さほど重いと感じる事もなく、切り返しのタイミングの取り方を急がなければややドロー系のまっすぐとしたボールを飛ばす事ができます。

この辺、クセのないシャフトは扱いやすいという事になるのかもしれませんね。

ただし、クセがない分スイングミスをカバーしてくれるシャフトではない為、スイングをしっかり作り上げる必要はありそうです。

三菱レイヨンディアマナカイリシャフトのスペックについて

三菱レイヨンディアマナカイリのシャフトスペックについて、硬さはRからXまで、重量は60グラム台から80グラム台まで、トルクは2.8から3.4までと結構幅が広く取られたスペックと言えます。

アベレージゴルファー向けの柔らかいシャフトはトルクが多めになっていますが、上級者やハードヒッター向けの硬いシャフトのトルクは低めに設定されている為、結構しっかり振れるシャフトと言えそうです。

60グラム台でSシャフトのトルクが結構大きめですので、しっかり振れるゴルファーには合わないかも知れません。
トルクが大きいとその分シャフトがねじれる為、インパクト時にヘッドが戻りきらない可能性が出てきます。

これが70グラム台のSシャフトだとトルクが下がる為、結構しっかり振っても大丈夫な感じがしますね。

さらに上のハードヒッターにも80グラム台のXシャフトの設定があり、トルクも2.8°と小さめなのでハードにしっかり振り切ってもシャフトの特性を生かしたボールを打つ事ができそうです。

全体的なスペックから見ると、ディアマナカイリシャフトは平均的なゴルファーに合わせたセッティングになっている為、クセのないシャフト特性から誰が振っても合うような感じのシャフトと言えそうです。

三菱レイヨンディアマナカイリの価格について

三菱レイヨンディアマナカイリの価格は税込み42,000円となっております。

三菱レイヨンディアマナカイリに限らず、市販品の平均的なウッド用カーボンシャフトの価格は大体同程度の価格となっていますので、高くもなく、安くもないといった感じでしょうか。

元々カーボンシャフトは製造に高い技術が求められる為、以前から価格もそれなりにしますよね。
シャフト単体で捉えると高いと感じるゴルファーも多いのではないでしょうか。

それでも、現在お使いのシャフトからリシャフトする事によってスコアが上がるのであればコストメリットはありますよね。
とくに三菱レイヨンディアマナカイリはクセのない振りやすいシャフトの為、ドライバーショットが安定しないゴルファーには良いシャフトと言えるかもしれません。

もちろん、自分のスイングと相性がありますので、必ず良くなるとは言いきれないのですが、ネットの掲示板にも多く掲載されている様に、悪い評価の少ないシャフトです。

42,000円が高いか、安いのか。
一度試してみる価値はありそうな、三菱レイヨンディアマナカイリです。

ただしご注意いただきたいのが、実はこのシャフトもう廃番なのです。
ですからもし手に入れようとする場合は、在庫を持っているショップを探すしかありません。
もしくは装着されている中古クラブを購入するという選択肢です。

運よく在庫処分となりお手頃価格となったディアマナカイリに出逢えることもあるかもしれません。
興味が湧いたら探してみてください。

ディアマナカイリは最先端航空機の素材と同じなのです

三菱レイヨンディアマナカイリシャフトの素材、実は最先端航空機であるボーイング787に使用されているボディ素材と同じなのです。
ご存知でしたでしょうか。

炭素繊維という素材なのですが、この炭素繊維、鉄よりも強く、アルミよりも軽いのが大きな特徴です。

三菱レイヨンディアマナカイリなどゴルフクラブやテニスのラケット、釣り竿なんかには以前から使用されていたのですが、今では航空機の素材や車のボディにまで用途が広がっております。

軽くて強い素材の為、軽量化が図れ省エネに優れる乗り物を作る事が可能になります。

ただし、先の価格の所でも触れましたが、安定して作るには高度な技術を要する為、価格がネックになります。
繊維を樹脂で巻くカーボンシャフトも常に安定した品質を出すために、必要な技術や製品検査が必要になります。

今後、炭素繊維が利用される製品は増えてくるものと思われますが、製品を安定させる為の技術の進化により価格が下がってくる事もあるかもしれません。

我々ゴルファーにとっては待ち遠しい事ですね。

三菱レイヨンのシャフトはカイリだけでなくよいものばかりです

三菱レイヨン社はディアマナカイリだけでなく、他にもフブキやバサラといった有名なシャフトシリーズがありますね。
どのシャフトもゴルファーの上達の為に開発されたものばかりの為、幅広いゴルファーに対応するスペックとなっております。

この様に多様なシリーズのある三菱レイヨン社のシャフトですが、その中でもディアマナカイリに見られるように、ディアマナシリーズはとくに人気のあるブランドです。
シャフトのデザインも凝ってあり、クラブに装着すれば高級感を感じられるのではないでしょうか。

ディアマナカイリはオーソドックスな青色のシャフトなのですが、落ち着きがあり構えた時に安心感が得られると思います。
デザインに凝ったシャフトもよいのですが、上級者向けのクラブ、シャフトは落ち着き感も必要です。

そういった意味で、ディアマナカイリは相性がよさそうです。

三菱レイヨンディアマナカイリは良いシャフトと言えます

三菱レイヨンディアマナカイリシャフトはクセのないシャフトの為、様々なタイプのゴルファーにマッチするシャフトです。

アベレージゴルファーから上級者までに対応したラインナップで、ご自分のスイングに応じたシャフトを選択する事ができます。

逆に、クセがない分自分のスイングの結果がモロに出てしまう為、スイングを安定させる必要もあります。

そんなディアマナカイリで安定したゴルフスイングを完成させましょう。