ゴルフ用品も小物も全部自分スタイルにカスタマイズしよう!

ゴルフ場で一際目立つお洒落ゴルファー。
ゴルフ用品から小物まで全部自分用にかわいく、そして格好良くカスタマイズ!

私もお洒落番長として負けていられない!と思うけど、いったいどこでどうやってカスタマイズしているのでしょう。

そんなお洒落にこだわるゴルファーのためにカスタマイズの様々な方法を教えます!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフボールはUSモデルと日本モデルにどれだけ違いがある?

ゴルフ用品に関しては、基本的にメーカーが同じでもUSモデルと日本モデルで違いがあることが多いです。...

テーラーメイドのパターラインナップのtpシリーズとは一体?

皆さんは、どんなパターを使っていますか?やはりパターで有名メーカーと言えば、オデッセイ、PIN...

MP史上最も易しいと言われるミズノのMP54を試打してみよう

ミズノのMPは上級者向けや難しいといったイメージが強いですが、そんなMP史上最も易しいと言われている...

スコア作りの要、アイアンで90台が出せるおすすめのクラブ

ゴルフスコアで100切りは、多くのアマチュアゴルファーにとって一つの目標ではないでしょうか。...

rシャフトでヘッドスピードが速ければ300ヤード飛ばせる

ゴルファーのヘッドスピードからシャフトの硬さ(フレックス)を選びますが、rシャフトで300ヤード飛ば...

【ゴルフ】ドライバー体積400CC以下ならヘッド動作が多い

ゴルフクラブでドライバーのヘッド体積は年々大きくなり、今や460㏄クラスが普通になりました。...

ヤマハのリミックスを試打してみた。凄く評判が良いらしい。

ヤマハのリミックスシリーズは初代から好評ですよね。最新モデルはさらに進化を続けています。...

老若男女に人気だった先代ゼクシオ8ドライバーの評価とは

老若男女と幅広い層に絶大な人気を誇るダンロップのゼクシオ。好きな人はモデルチェンジごとにクラ...

長く愛用する人が多いヤマハゴルフのドライバーその評価は?

ゴルフクラブのメーカーと聞いて一番にヤマハと答える人は多くないかもしれません。けれどその飛距...

ウィルソンのゴルフクラブの評判。初心者、女性、男性まで。

皆さんウィルソンというゴルフメーカーを聞いたことはありますか?実はかなり歴史の古いメーカーな...

タイトリストが造る優しいアスリートモデルAP2の710

以前は上級者限定のアスリートブランドとして孤高の存在であったタイトリスト。しかし時代の要請か20...

多くのゴルファーも愛用してるツアースティックの使い方

プロゴルファーの練習風景を見ていると、キャディバッグの中にシャフトと似た長さの棒が挿さっているのを見...

ウェッジを選ぶときはセットと単品でショットの精度が変わる

ウェッジを選ぶ場合は、セットの中の1本として揃えるのか、使用目的に合わせて単品で揃えるのかは迷うとこ...

ゴルフ用ボストンバックの人気の理由。ゴルフ以外で使える?

ゴルフコースに行くときの持ち物は以外と多いものです。靴やウェア、サンバイザーの他にもティーやボー...

ゴルフラウンドが雨でも問題なし!ファッション楽しもう!

ゴルフラウンド前は何度行っていてもウキウキドキドキします。しかし天気予報をチェックすると、ど...

スポンサーリンク

オリジナルにカスタマイズすることのメリット

ゴルフは中年男性のスポーツと言うイメージが強いです。

しかし最近では日本女子プロの活躍や華やかなイメージから若い女性ゴルファーも増えつつあります。

昔と違って、ゴルフウェアもアパレルメーカーの参入もあり、大変お洒落なものが増え、洋服1つ取っても選択肢の幅か広がりました。

そんな中、ゴルフウェアだけでなく、クラブやゴルフ用品、小物などを更に本格的かつお洒落にカスタマイズする人も出てきています。
頭からつま先まで全部自分用にオリジナルにすることで、お洒落感が増すだけでなく、たくさんのメリットが生まれてくることもあります。

体格やスイング技術、生まれつき持った身体の癖によって、クラブをカスタマイズすることで、数あるゴルフクラブでもなし得ない、自分だけに合うクラブでゴルフ上達も著しく上がるのです。

また、キャディバッグやヘッドカバーを自分用にカスタマイズすると、ゴルフ場で同じタイプのものがあってもすぐに見つけることができるし、紛失も防ぐことができます。

キャディさんやゴルフ場のスタッフに特徴を伝えやすくなることで、プレーもその前後もスムーズになること間違いなしです。

 

全部自分仕様にカスタマイズ【ゴルフクラブ】

ゴルフクラブを全部自分仕様にカスタマイズするのは、結構一般的です。

ゴルフショップへ行くと、数えきれないほどのゴルフクラブが整然と並んでいますよね。
だからといって必ずしもその中に自分にピタリと合うクラブがあるとは限りません。

ドライバーであれば、最近はヘッドとシャフトを別々に選んで購入できるものも増えてきています。

シャフト1つ取っても、その人のによって大きく変わるのでカスタマイズすることは大きな要素です。

またアイアンであっても、メーカーによっては完全なフィッティングシステムを取っていて、シャフトやグリップ、ヘッドまで自分だけに合った完全オリジナルクラブを作ることができます。

メーカーによっては限られたお店でしかフィッティングをしていないところもあるので、ホームページなどで取り扱い店を確認して一度足を運んでみると良いでしょう。

フィッティングすることで、自分使用のクラブを手にすることができるだけでなく、自分のスイングをデータ化して客観的に見ることもできるからです。

 

全部自分用にフィッティング【パター】

パターも全部自分スタイルにカスタマイズできます。

パターは技術的な面とオリジナル感を出すお洒落面と両方カスタマイズできます。

技術的なメーカーでは、大型のゴルフショップでは行っていないところもありますが、ゴルフ工房であればできます。
またパターのカスタマイズ専門のゴルフ工房もあるのでネット等で探すと良いでしょう。
シャフトの長さやグリップはもちろんですが、シャフトの位置をセンターシャフトにしたり、ヘッドの重量を変えたり、ソールのスリットラインを加工したりとあなたのパッティングスタイルに合わせて完全カスタマイズしてもらえます。

「Putt is the money」と言われるほどにゴルフでは重要視されるパターを自分に合わせることができれば、もう怖いものなしですね!

お洒落面で言うと、「LOVE GOLF」と言う番組でマダム信子さんがパターをお洒落にカスタマイズしているのが参考になります。

パターのトップ部分にストーンを散りばめてかわいく仕上げています。
トップ部分であれば、バッティングに支障はないので大丈夫です。

彼女はスワロフスキーで大好きなピンクのヒョウ柄にカスタマイズしています。
一度見てみるといいですよ。

 

全部自分で作れてしまう【ヘッドカバー】

カスタマイズの王道と言えば、ヘッドカバーです。

ヘッドカバーはカスタマイズしなくとも色々な種類の物があります。

アニメのキャラクターやゴルフメーカーのキャラクター、アパレルメーカーが出しているものだけでもかなりの数の種類があります。

ではヘッドカバーを全部自分スタイルにするにはどうすればよいのでしょう。

一番簡単なのは、ゴルフショップやネットでオーダーできるオウンネームです。
刺繍やプリントで自分の好きなフォントや似顔絵、マークなどを施してくれます。

次に自分で作ることです。
時には仲良くなった器用なキャディさんが作ってプレゼントしてくれることもあります。
大きめの毛糸で編むとオリジナルのヘッドカバーを手編みして作ることができます。

解説付で手編みヘッドカバーの作り方が載せているサイトもあります。
最初は時間もかかりなかなか上手くいかないかもしれませんが、慣れてくると楽しくなってくるでしょう。

また手間隙掛けたオリジナルのヘッドカバーだとテンションも上がるし、クラブをより大切に扱うようになるのではないでしょうか。

 

全部自分スタイルにデコる【マーカー・グリーンフォーク】

最強のお洒落こだわりの方にオススメなのが、マーカーやグリーンフォークを全部自分スタイルにカスタマイズすることです。

これらも最近は、キャラクターものであったり、メーカー自体がお洒落なデザインのものを出しています。

しかし、オリジナルの物をグリーン上でサッと出して、マークしたりディボットを直したりすれば、かなりクールに感じます。
しっかりとマナーを守っている上に、道具にまでこだわりを!?となると、同伴競技者は間違いなく「おっ!?」と思うはずです。

マーカーは、まずはシンプルな物をベースとして購入します。
そこからラインストーンやスワロフスキーなどを自分の好きなデザインにデコレーションしていくだけです。

キャップやサンバイザーに付けると、太陽の光で反射してキラキラするのでかなり存在感があるでしょう。

グリーンフォークのカスタマイズは、専門でカスタマイズしてくれるお店がネットであります。
またグリーンフォークもマーカー同様、ラインストーンやスワロフスキーでデコレーションして完全オリジナルにすることもできます。

ストーンを散りばめると、持つ部分の滑り止めにもなって使いやすくもなるのでオススメです!

 

全部自分好みのデザインで作る【ボール】

最後に紹介するカスタマイズは、ボールです。

ボールをカスタマイズと言っても自分の打ちやすいようにボールを作るのではなく、オウンネームしたり、似顔絵を入れたりすることです。

これには他の人の打球との打ち間違えを避けると言う効果もあります。
同じメーカー、同じ番号のボールを使うなんてよくあることです。
万が一近くにボールが落ちた場合、どちらのボールか分からなくなったら困りますよね。
でもはっきり自分のボールと分かればそんな問題は発生しません。

プロゴルファーで言うと、イ・ボミ選手がハートのマークを入れているのは有名です。

トーナメントコースに行くと、クラブハウスにプロゴルファーたちのボールが飾られているところがあるので、各選手がどのようにカスタマイズしているか見てみると良いでしょう。

ボールにデザインを施してくれるところはたくさんあります。
ゴルフショップだと、1ダース購入でのカスタマイズサービスをしているところはたくさんあります。
ネットでも専門のショップがたくさんあるでしょう。

自身のカスタマイズでも良いですが、父の日やホールインワンの記念、コンペの賞品などに使用するのもオススメです。

これで全部がカスタマイズできそうですね。

 

ゴルフを楽しむエッセンス

全部を自分スタイルにカスタマイズすることについてお話してきましたが、ご想像の通り、お金はかかります。

ですから、もちろんクラブやパターをカスタマイズするのはある程度ゴルフが上手になってからでも良いでしょう。

スコアアップのご褒美に!と目標にするのもモチベーションになります。

用品や小物をカスタマイズするのはゴルフをより楽しむための1つの手段と考えてください。
一気にではなく、徐々に自分らしさを作っていくのも是非楽しんでください。