ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

話題のエポンゴルフって知ってる?口コミで広がる高評価の嵐

2017.2.3

地クラブブランドが人気となってきている現在、興味をもたれているゴルファーはエポンゴルフの名前を聞いたことがあると思います。

アマチュアゴルファーの間で多くの口コミを得ているエポンゴルフ、知らない人も多いかもしれませんが、実はほとんどのゴルファーと関係があったりします。

そういったエポンゴルフのことをお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【ゴルフ教えて!】3wと5wはどれくらい飛べば大丈夫?

ゴルフクラブの中で3wと5wの飛距離をしっかりと打ち分けられるようになるには、かなりの練習が必要にな...

ミズノは上級者だけでなく初心者こそミズノのドライバー!

ミズノはMPシリーズが代表的なので上級者というイメージがあります。 しかしミズノは初心者向けの...

国産クラブのライ角は身長180cmのプレイヤーに合わない!

ゴルフクラブのライ角が合わないとナイススイングでも方向性の悪いショットになってしまいます。 身長...

ゼクシオ7アイアンの特長はなんと言ってもシャフトへの拘り

2000年の発売以降、不動の人気を誇るゼクシオアイアン。 その中でもゼクシオ7アイアンは、「も...

意外に打ちやすい!プロギアアイアンを試打してみて感じた事

使用しているゴルファーがあまりいないせいか、プロギアのアイアンを打つ機会が多くない様に感じられます...

ドライバー、ヘッドの大きさの違いをゴルフの腕前から考える

ゴルフでドライバーのヘッドの大きさの違いはショットにどの様な影響が出るのでしょうか。 自分のゴ...

中古にあるキャロウェイレガシーブラックは初心者も使える?

石川遼選手や上田桃子選手が用具契約をしているクラブメーカー、キャロウェイ。 性能も優れているだけで...

人気シリーズの8代目となるゼクシオ8アイアンの評価も高い?

2000年に初めて登場したゼクシオモデル。 2年に1度しかモデルチェンジしないシリーズですが、現在...

S300とS200の違いを見分けられるゴルファーはいるのか?

ダイナミックゴールド社のS300とS200シャフトは、カタログの仕様上重量がたった1グラムの違いが...

キャスコドルフィンクラブ、見た目と性能が口コミで評判上々

キャスコと聞くとボールやグローブのイメージが強いですが、かつてはパワートルネードを発売してユーティリ...

【ゴルフ教えて!】3wが当たらないけどホントに必要?

ゴルフクラブの中で難しいと言われるのが長くてロフト角が少ないクラブです。 1wはティーアップし...

スリクソンのマッスルバックアイアンは誰でも使いやすい?

松山英樹プロが契約しているダンロップ。 そこのモデル、スリクソンはプロはもちろんアマチュアの間でも...

エポンのドライバーと言えば飛距離が売りですが実際はどう?

エポンのドライバーと言えば飛距離に定評があります。 様々なモデルのエポンドライバーでのコメント...

最近気になること。miyazakiシャフトの評価ってどうなの?

miyazakiシャフト、目にしたことがある人も多いはずです。 プロやアマチュアゴルファーの間...

現在市場に出ているのが最後!ナイキのクラブは評価が高い?

ナイキというとマイケル・ジョーダンを思い浮かべる人も多いでしょう。 ですが、ゴルフ部門でもタイ...

スポンサーリンク

そもそもエポンゴルフって何?

地クラブが少しずつブームになっている、口コミが多いといっても、エポンゴルフを知らないゴルファーも多いと思います。

実はこのエポンゴルフ、結構歴史があるのです。

エポンゴルフは、ステンレス製品や鍛造部品等の製造販売している新潟県にある、株式会社遠藤製作所の子会社(自社ブランド)です。
設立は昭和52年と非常に歴史のあるゴルフブランドなのです。

現在のチタンウッドのはるか前、パーシモンウッドの時代から、クラブ製作をしています。

ここまで長い期間続いているのも、ゴルファーに支持されている証だと思います。

鍛造部品の製造を行っていることから、鍛造技術には確かな力を持っていますし、数値だけでは捉えられないゴルファーの感性の部分を、職人の技術や高精度なCADモデリングを駆使し、ひとつひとつの原型となるマスターモデルを製作しています。

打感や音にも非常にこだわりが強く、クラブすべての面で高品質といえるのがエポンゴルフの口コミの多さの証拠といえるでしょう。

 

実は皆さんもお世話になっているかも!

高品質のクラブで、良い口コミが多いエポンゴルフですが、認知度はそこまで高くありません。

ですが、皆さんが使用しているゴルフクラブにも関わっている可能性があるのです。

実は、このエポンゴルフの親会社、遠藤製作所は多くの有名メーカーのクラブ製作に関わっています。

実際のところ、各メーカーで自社工場を持っているところは少なく、ほとんどが宣伝や販売のみで、製造は外注といった状況なのです。

自社工場を持っているところでいうと、ミズノ本間ゴルフが有名です。
大手のキャロウェイヤマハブリヂストン等は外注している商品がほとんどです。

この外注先の多くが、遠藤製作所ということ。
遠藤製作所が得意としている高性能のクラブ製作技術が大手メーカーに評価されているからこそ、これほどの大手メーカーに支持されています。

このように、大手メーカーが委託先としている遠藤製作所、もしかしたら現在お使いのクラブも遠藤製作所製かもしれませんよ。

 

口コミが多い理由は、製造方法にあり!

大手メーカーからも絶大な支持を受けている遠藤製作所(エポンゴルフ)、そこが製作しているゴルフクラブも、その製法が多くの口コミの理由のひとつです。

まずはウッド系。フェース部分にはFEMシミュレーションを駆使し、反発やたわみのエリアが拡大されるように設計された偏肉構造を実現し、ソールやクラウンには1ミリ以下の板材を精密プレス製法により成形し、ケミカルミーリングにより部分的な薄肉化加工をしています。

これらによって、スイートスポットの拡大や飛距離向上を実現しているのです。

次にアイアンです。

エポンのアイアンは軟鉄の良さを最大限に引き出すように製造しています。
粗鍛造から仕上げ鍛造まで数工程をかけて鍛造し、打感の良さを追求しているのが特徴。そして多くの製造ノウハウから、打感だけでなく、構えやすさもしっかり追求しています。

アイアンもタイプ別に製造法を変え、飛距離に特化したモデルでは、高反発素材を用いたり、ウェッジにおいては軟鉄鍛造製法だけでなく、表面仕上げにもこだわっています。

非常に細かな製法で作られているエポンのゴルフクラブ、口コミが多いことが分かります。

 

バリエーションが豊富なことも口コミが多い理由です

これだけ多くの製造工程があるのなら、モデルはそこまで多くないのではと感じるかもしれません。

ですがエポンゴルフは、大手メーカーに引けをとらないバリエーションを製作しています。

現在製作しているドライバーはなんと6種類モデルがあります。
ヘッドの形状も非常に様々で、様々なゴルファーの傾向に合わせたモデルを製作しています。

なんと最近流行している可変式ドライバーも製作しているのです。

フェアウェイウッドも3~7wまで製作しているモデルもあり、ユーティリティ、アイアン型ユーティリティと製作しています。

アイアンもマッスルバック等、現在では6種類モデルがあります。

グースの多さや、ヘッドの大きさ等、細かな部分で分類され、打感は抜群といったように、多くのゴルファーに好かれるモデルばかりです。

ウェッジでも4種類、パターも4種類といったように多くのモデルが販売されています。

その他キャディバッグや小物も豊富ですし、ヘッドカバーは有名ブランド『コモコーメ』とのコラボ商品がある等、クラブ製造以外にも力を入れています。

 

上級者ゴルファーにはエポンゴルフユーザーが多い!

ゴルフ場に行ってみると、様々なクラブを使用しているゴルファーを目にします。

その中で、エポンゴルフなどの地クラブはあまり見ないかもしれません。
ですが、アマチュアの競技に行ってみると、エポンユーザーは非常に多いのをご存じですか?

上級者ゴルファーとなると、クラブにこだわりを持っていると思います。
そうなると、地クラブブランドを使用したいといったゴルファーが増えるといえます。

細かな製法で、高品質なエポンが人気が出ることは納得できることです。
そして実際に使ってみると、打ちやすいといったことから口コミが増えているのではないでしょうか。

上級者に人気があるといっても、初心者やアベレージゴルファーが使いにくいモデルしかないのかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

上級者とはいえ、クラブにはやさしさを求めています。

そんな中で口コミが多いのですから、十分なやさしさを持ったクラブがあります。

バリエーションも豊富なので、イメージにとらわれずに、高品質のエポンゴルフを使ってみてください。

 

口コミが話題のエポンゴルフ、取扱店は?

エポンゴルフは地クラブブランドなので、取扱店は非常に少ないのが現状です。

少ない状況ですが、正規取扱店では保証やアフターサービスも充実しているので、安心して購入することができます。

中古で購入といっても、現状ではそこまで多く流通しておりません。
ですが、中古ショップも現在の地クラブブームの流れを受けて、地クラブコーナーを作るといった店舗もあります。

スタッフもエポンゴルフの口コミは把握していると思いますので、仕入れたいと思っているはずです。

中古ショップに行った際には、地クラブコーナーを探してみてください。
そこにエポンのクラブが眠っているかもしれません。

また、エポンゴルフには直営店が存在します。
本社のある新潟県のみではありますが、ここでは経験豊富なフィッターやクラフトマンが在籍し、ゴルファーに合わせたクラブを組立、調整をしてくれます。

また、試打スペースや限定グッズの販売もあるので、新潟県に在住のゴルファーは1度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

意外と身近なエポンゴルフ、クラブも使ってみて!

多くのメーカー製品を手がけているエポンゴルフ、説明してきたように、製造技術は確かです。

そこが作っている自社ブランドエポンも他メーカーに引けをとらない、もしくはそれ以上の性能やバリエーションです。

「皆と同じものはちょっと」、「かっこいいモデルがほしい」といった思いがあるのならエポンゴルフはオススメです。

口コミの多さから、性能は高いことが分かりますので、多くのゴルファーが満足できると思います。

ホームページも充実しているので、エポンゴルフで検索してみてください。

 - クラブ 用品