ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフは服装でスコアが変わる!?レディースの心得とマナー

2016.12.27

ゴルフは服装のマナーを考慮しながら、ファッションを楽しむことが出来るスポーツになりました。

今や様々なファッションブランドがゴルフウェア業界に参入しております。

レディースゴルファーでスコアだけでなくファッション選びにも比重を置いている方も多いのではないでしょうか?

今回はこれからゴルフを始めるオシャレ女子のためにゴルフウェアについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフで半ズボン着用時はロングソックスがマナーって本当?

夏の暑いゴルフ場で半ズボンにしようとしたら、「ロングソックスを履くのがマナー」と言われることが良...

名門ゴルフ場を利用する時に準備しなければならない服装

名門のゴルフ場を運良く予約できたら、まずは服装について確かめておきたいものです。 名門と呼ばれ...

ゴルフ場で受付をするときの服装規定って必要ないかも?

ゴルフ場の受付では、ジャケットなどの服装で身を整えることがマナーだと言われていますが本当にそうで...

ゴルフルールの改正で池の処置は大幅に変わるのか? 

ゴルフ場の池に入ると、現行のルールでは1罰打のペナルティでドロップすることになります。 201...

ゴルフが発展したのは厳正なルールと公平なハンデのお陰?

ゴルフ競技は、厳正なルールのもとに勝敗を決するところに楽しさがあります。 技量の違う多くのプレ...

ゴルフ場のホール毎にハンデがついているのを知っている?

ゴルフコースを何度かラウンドされた方は、スコアカードの隅にホール毎のハンデ(HANDICAP)と...

【ゴルフ教えて!】ゴルフ場でのカート運転には免許は必要?

ゴルフ場に行くと各ホールをラウンドするためにゴルフ用の乗用カートで移動するのが普通です。 基本...

ゴルフ場でこだまする「ファー」の意味と対処法について

ゴルフのプレイヤーの中では、「ファー」という掛け声がキャディの仕事のように思っている人がいますが、...

キャディバッグの中のゴルフクラブは何本まで入れている?

ゴルフクラブは何本まで持てるかご存知でしょうか。 キャディバッグに入れられる上限はほとんどのゴ...

日本独特のゴルフルールだと知ってた?6インチリプレイス

ゴルフの6インチリプレイスというルールは、日本独特のタッチプレールールと言われています。 そこで...

ゴルフ番組でストロークと言うけれど、どういう意味?

ゴルフのテレビ番組を見ていると「あの新人はトップと5ストローク差で、予想以上に健闘している」と報...

ゴルフでダメなのに練習場ではジーパンが認められる理由

ゴルフ場ではドレスコードを設定しているところもあり、服装に関する視線が厳しめのところがあります。...

ゴルフは服装に厳しいと若者が敬遠してるが実はそうでもない

ゴルフの人気低迷の理由の一つに、服装のマナーが厳しいと言うのがあります。 特に若者たちは自由な...

【ゴルフの豆知識】正しいバンカーならしの方法とそのルール

バンカーショットが苦手な人は多いです。 『バンカー=ハザード』なので当然と言えば当然です。 ...

知らないと損をしてしまう社会人のためのゴルフのマナー

社会人になってゴルフを始めたと言う人は多いでしょう。 大抵の人はルールに関して厳しくても、マナ...

スポンサーリンク

レディースビギナーの服装『ゴルフ練習場にて』

レディースゴルファー人口はまだまだ少ないのでレディースビギナーは知りたいことがいっぱいですよね。

ゴルフ練習場デビューであっても服装に悩む方も多いのではないでしょうか。

練習場での服装は基本的な決まりごとはありません。

靴はゴルフシューズがベストではありますが、スニーカーなどの運動に適したものであればOKです。

スリッパやハイヒール、ブーツなどは適さない上に怪我にも繋がるので避けてください。

別に持っていって履き替えても大丈夫です。

パンツは季節に合わせ、動きやすいものや汗をかいてもピチピチしない素材のものが良いです。

夏は短パンでもOKです。

動きづらいピタットしたミニスカートなどはやめましょう。

上着はシャツやポロシャツ、長袖Tシャツ+季節に合わせたアウターでOKです。

あまりごわごわして動きづらいものはスイングできないので避けましょう。

女性だからこそ気をつけて欲しいのが、露出の多い服装や運動に適さない服装で練習場へ行かないようにしましょう!

レディースビギナーの服装『ゴルフコースにて』

女性だからこそゴルフウェアもお洒落にしたいですよね。

ゴルフコースデビューでの服装に悩むレディースビギナーの方も多いでしょう。

最近はゴルフウェアのデザインもだいぶ緩くなってきていますが、やはりどんなゴルフ場へ行っても大丈夫なように最低限の決まりを守った服を選ぶのが良いです。

襟付きのシャツと言うのは基本中の基本です。

ナイキ等のスポーツブランドが新しいデザインとして襟のないものを販売していますが、メンバーが多いところでは注意されるか退場させられるので気をつけてください。

冬はセーターやトレーナーなどを着用してもOKです。

ゴルフ用にデザインされたクルーネックのシャツもOKです。

スカートやスラックス、キュロットも大丈夫です。

夏は短いパンツもOKです。

これは女性に限ると言ってもよいでしょう。

またラウンドの際は必ず帽子を着用してください。

ルールではないのですが、打球事故に気をつけるためにも必要です。

キャップがイヤな方はサンバイザーでも大丈夫です!

デビューするなら服装だけでなく最低限のゴルフ技術を身に付けて!

ゴルフウェアの準備も出来て「練習場だけのゴルフはつまらない!早くコースに出たい!」と逸る気持ちはわかります。

しかし服装の準備がばっちりでも、コースデビューできるだけの技術がなければあなた自身がゴルフを楽しめないだけでなく、後ろの組にも迷惑をかけてしまいます。

女性の方はもちろん最初はレディースティーからラウンドすることになるのでコースデビューの目安として飛距離はあまり気にしなくても良いでしょう。

ドライバーは、10球打って5球以上が前に飛ぶことです。

アイアンは、10球打って7~8球が前に飛ぶことです。

ウェッジでは、20ヤード刻みで打ち分けるコントロールショットの練習をしていることです。

パターは、パターマットで3回連続カップインできるくらい練習をしていることです。

ビギナーゴルファーで最も重要なことは、飛距離よりも前にボールが行くことです。

もちろん上級者でもボールが曲がることはよくあります。

打った球がほとんど左右に大きく曲がってしまってはゴルフになりません。

ボール探しに時間をたくさん費やしてしまうくらいの技術では、コースデビューはまだ早いかもしれません。

真冬のゴルフでもオシャレを楽しむオススメアイテム

レディースウェアはどんな季節でも楽しめるアイテムがたくさんあります。

服装だけでなくそんなアイテムでもお洒落を楽しめるのがゴル女を魅了しているのかもしれません。

ゴルフ場で必須アイテムの帽子、夏はサンバイザーを使っている人が多いですが、真冬だと頭も寒さに耐えられるものが良いです。

定番なのはニット帽です。

しかしニット帽ではマーカーが付けられないので、バイザーの上から被るニット帽があります。

また寒くても女子力高いスカートスタイルをしたい!という人には、レッグウォーマーがオススメです。

ニットや中綿入りなどファッションや寒さに応じて選べます。

ボリュームがあるので、足を細く見せてくれるところも女子には嬉しいです。

またゴルフ用の小物にも冬モデルがたくさん登場します。

カートバックも中綿入りのもこもこバックやニットバックなど冬ならではのデザインがあります。

冬用にボールポーチもニット素材やポンポン風のものが販売されます。

寒いからとただもこもこ厚着するのではなく、温かくて可愛いゴルフスタイルでお洒落に気を使うのもレディースゴルファーの楽しみの1つです!

ゴルフ場への行き帰りにも心得があります。

現在はだいぶ減ってきましたが、格式高いゴルフ場では未だに入場時の服装が決まっているところがあります。

プレーする服装のままで行くことは認められていません。

襟付きシャツが基本です。

スーツやジャケット等上着の着用はマストです。

(夏季期間は除かれるところもあります)

スラックス着用ですが、女性はスカートでもOKです。

靴は革靴に近いものです。

サンダルやミュール、ゴルフシューズでの入場はタブーです。

格式高いゴルフ場以外でも気をつけて欲しいのが、ゴルフシューズを行き帰りとコースで履き替えることです。

外の雑菌を繊細なグリーンに持ち込まないためです。

実はレディースゴルファーに対してクラブハウスでの服装のマナーというのが細かく決まっていないため、服装の指摘というのは難しいです。

ゴルフは行き帰りの服装にこそゴルファーの品位が問われると言われています。

特に女性の方は、誰も注意しないからと油断をして自分の好きなファッションをせずに、男性ゴルファーと並んでも違和感のない服装にするよう努めましょう!

どうせならプロから学びたい!レディースオススメスクールはある?

最近はゴルフスクールにもレディース専用がたくさん出てきています。

スクールには屋外の練習場の打球場に併設されているのと、スクール専用になっている屋内のものと大きくわけて2種類あります。

それ以外にもゴルフ場が会員専用の練習場をスクールにしているところもあります。

どこでも必ずレッスンプロが常駐しています。

レッスン時間が区分されているところやいつでも自由に好きな時間に受けられるところとあるので、自分のライフスタイルに合った方を選ぶといいでしょう。

また1ヶ月の会費でフリーレッスンのところもあります。

慣れるまではガンガン通いたい!と言う方にはフリーレッスンのところが経済的にも良いでしょう。

スクールにはシャワーやロッカーがあるので、服装を気にせず、着替えてレッスンを受けられます。

「e-Golfイーゴルフスクールナビ」や「楽天・ゴルフレッスン・練習場検索」で自分のライフスタイルや目標などに合ったゴルフスクールを見つけることをオススメします!

お洒落なゴル女スタイルで気分もスコアもUP!

タイガー・ウッズは最終日に必ず赤のウェアを着ます。

そしてパク・インビ選手も最終日には必ず白いウェアを着ます。

たかがウェア、されどウェアです!

自分の好きなゴルフウェアを着るだけで気持ち的な面で大きく変わります。

ゴルフウェアも最近はファッションブランドが参入してきて選択肢も増えています。

デザインだけでなく機能性も備えたものもたくさんあります。

お洒落かつゴルフをしやすい…そして何よりも気分が上がるという最高のゴルフアイテムです。

ツアートーナメントで女子プロゴルファーのウェアを参考にしつつ、ゴルフも学ぶなんて一石二鳥な効果もあります。

ウェアを通してゴルフの楽しみを何倍も増やしましょう!

 - ルール・マナー