CATEGORY

クラブ・パーツ・用品

  • 2018年3月22日

パッティング用の練習器具でレール形状のものは意外と難しい

プロゴルファーのパッティングの練習風景が映された時に、銀色のプレートの上でボールを転がす練習をしているのを見たことありませんか?有名どころで言うと松山英樹選手や申ジエ選手が使っています。プロは簡単にレールの上を転がしているのですが、実際に使ってみると意外と難しいものです。今回はレールのように使うパッティングの練習器具や練習方法についてお話します。

  • 2018年3月21日

アプローチに使うウェッジは48度!そんなロフト角持ってる?

最近はアプローチウェッジもたくさん出てきて、どれを使って良いのか迷うことがあります。その中で比較的ロフトの立った48度がありますが、実はこれ昔のピッチングウェッジの角度です。そこで今では珍しい48度のウェッジの特性と使い方について紹介します。

  • 2018年3月20日

気になるアイアンのソールを傷補修する方法と業者依頼の費用

アイアンのソール部分は擦れた傷が無数についているものです。それはゴルファーとしての勲章とも考えられますが、あまりに多いとさすがに傷補修をと考えることもありますよね。そこで自分で傷補修をする方法と、業者に依頼する時のポイントについて紹介します。

  • 2018年3月19日

飛距離の良く出るドライバー2017年モデル!個人的ランキング

2017年もたくさんのドライバーが発売したり、注目を浴びたりしていましたよね?今回は、ティーチングプロライセンス保持者がたくさん試打したドライバーの中で、良く飛距離が出たドライバーをランキング順に紹介します。ティーチングプロ・男・使用クラブ Titleist915D2 9.5度・シャフト Attas4u 6X・平均飛距離 270ヤード・2017年平均スコア 76.3それでは、飛距離の飛んだ順に紹介します。

  • 2018年3月18日

飛距離が出るシャフトを一挙紹介!シャフト変更で20y+!?

皆さんは、クラブを購入する際に、シャフトをどうしていますか?既製品を購入し、購入した状態のシャフトをそのまま使用していませんか。実は、シャフトを自分のスイングに合ったものに変えるだけで、ドライバーで言えば、20ヤードの飛距離を伸ばすことも夢ではありません。つまりシャフトを選ばないだけで、飛距離を損していると言っても過言ではありません。そこで今回は、2017年度の評価の高かった飛距離の出るシャフトTOP5を紹介します。

  • 2018年3月17日

ミズノのmp55は初心者にも使えるか?敢えて選択すべき理由

ミズノのクラブは基本的に玄人が良く好むクラブとして有名です。ライ角調整ができるアイアンセットとしても有名で、いかに1人1人のゴルファーに合っているクラブを提供できるかに力を入れています。平均身長よりも高いゴルファーや、低いゴルファーであってもカスタムができるので、最適なクラブを提供することができます。今回はミズノのクラブの中で、mp55は初心者に適しているのかどうか?ということを説明します。

  • 2018年3月17日

ピンのクラブを作る際のライ角を表すオレンジとは一体何?

皆さんは、ピン(PING)のクラブを購入したことがありますか?もしくは、ピンのクラブを試打したことはありますか?ピン社は、オリジナルの販売手法を取り入れており、店頭にでき合いのクラブを並べず、試打スペースを設けて、試打をしながら計測をして、データを収集し、1人1人にあったクラブスペックで販売をしています。ピン社にも基準スペックは設けているので、ウッドやドライバーなどの単体で店頭に並んでいることはありますが、アイアンのようにセットのものは基本的には置いていないのです。そのようなデータを採集し、クラブスペックを決める際にライ角を表すオレンジというものが存在します。今回はピンのフィッティングについて説明します。

  • 2018年3月14日

自宅でたっぷり練習できるダイヤアプローチ練習器具TR445

ゴルフでスコアに直結するのはショートゲームです。アプローチで確実にピンに寄せられるようになれば、シングルゴルファーも決して夢ではありません。しかし練習場へ毎日足を運ぶのは大変だと言うゴルファーも多くいるでしょう。そんな人たちのために、自宅で思う存分アプローチの練習ができる、ダイヤのアプローチ練習器具TR445があります。

  • 2018年3月14日

セカンドショットのゴルフクラブを選ぶなら飛距離がある7w

フェアウェイをキープしてのセカンドショットは絶好のチャンス!しかし短い芝からショットが苦手と言うゴルファーにとっては、ゴルフクラブの選択が悩みの種になっているようです。そこで簡単に飛距離が出て高い弾道で飛ばせる7wと、他のクラブとの違いについて紹介します。

  • 2018年3月13日

過去の逸品 テーラーメードのr11のアイアンセットのus仕様

テーラーメードのr11シリーズのアイアンをを皆さんは打ったことありますか?こちらのクラブは、テーラーメードを一躍有名にしたrシリーズの最後のものになっており、今現在では、mシリーズへと進化していて、m4がただいま絶賛大ヒット中です。そんなr11ですが、日本仕様とus仕様でスペックがかなり違うので、今から手に入れる場合には、99%中古のものになりますので注意が必要です。今回は、仕様の違いについて説明しますので、是非参考にして購入を検討してみてください。

  • 2018年3月12日

6番アイアンの飛距離に違和感がある時のチェックポイント

6番アイアンの飛距離に違和感があれば、問題点を確かめた方が良いでしょう。確かめるポイントは、スイングの仕方やクラブの性能などがあります。チェック項目と改善方法、また正しいスイングなどについて紹介します。

  • 2018年3月12日

めずらしい0番アイアンとは?飛距離はどのくらい飛ぶのか?

皆さんは、0番アイアンの存在を知っていますか?または、自分のフルセットの中に組み込んでいたりしますか?そんな0番アイアンが、どのくらいの飛距離が出るのかも気になりますよね。トッププロでもなかなか使用しない0番アイアンですが、石川遼選手が2011年に全英オープン対策に使ったことで、かなり注目されました。今回は、そんな0番アイアンについて説明します。

  • 2018年3月4日

fw5の飛距離は現在のゴルフスタイルに合っているのか?

最近のフェアウェイウッドでは、fw4を外してfw5に変えているのが、スタンダードなセットになっています。これはドライバーの飛距離が伸びたことと、代わるユーティリティーができたことによるものです。そこでフェアウェイウッドが今後も使われ続けていくのかを考えていきます。

  • 2018年2月28日

ウェッジ64度のロフト角を選ぶ場合は飛距離を重視する

世界のトッププロが使うロブショットのためのウェッジですが、フィル・ミケルソンが64度を使ったことで注目され、国内でも石川遼がキャディバッグに入れて注目されています。一般のゴルファーにとっては扱いの難しいウェッジですが、飛距離の面からみると使い勝手の良いクラブとも言えます。そこで難易度の高いロブウェッジの活用法について考えていきます。

  • 2018年2月24日

ドライバーの飛距離に影響を与えるティーは実際あるの?

ドライバーショットで気になるのが飛距離です。その飛距離に影響があるのではと、色々な形・構造のティーが市販されています。そこで今回は、ティーがボールの飛びに影響を与えているのか、またスイングとティーの関係性などを紹介します。

  • 2018年2月17日

テーラーメイドのパターラインナップのtpシリーズとは一体?

皆さんは、どんなパターを使っていますか?やはりパターで有名メーカーと言えば、オデッセイ、PING、 スコッティーキャメロンあたりでしょうか。実はテーラーメイドのパターもかなり充実していて、石川遼選手や片山晋呉選手も愛用しているほどです。最近では、松山英樹選手、ダスティンジョンソン選手なども愛用しており、世界のトッププレーヤー達も使用しています。テーラーメイドで一番知られているパターはスパイダーシリーズですね。四角いヘッドで蜘蛛のデザインがほどこされているパターで、かなり打ちやすいと評判になりました。今回は、そんなテーラーメイドのパターからtpシリーズについて説明します。

  • 2018年2月12日

複雑過ぎて悩んでしまうアプローチウェッジを選ぶポイント

アプローチウェッジは「○○°」と表現されているものもあり、どのようなクラブなのか、またどのくらい飛ぶのかなど他のクラブに比べて少し分かりづらいです。アプローチウェッジとはアプローチに特化したクラブなので使う状況も限られています。しかしピッチングウェッジとサンドウェッジの間の役目を果たす重要なクラブでもあり、必要なものをしっかりと選び、上手く使いこなしていくことで確実にスコアアップに繋がります。

  • 2018年2月9日

飛距離重視のアイアンとは?通称『ぶっ飛び系』アイアン!

アイアンは基本的に、方向性や精度を求めるという概念が多いのが主流です。しかし、年齢的に飛距離が落ちてきてしまったり、力のない女性に向けて飛距離重視のアイアンというものは存在します。近年、どのメーカーもぶっ飛び系アイアンを発売している傾向がある通り、需要が増えてきているというのが良く分かります。そこで今回は、ぶっ飛び系アイアンについての説明、メリット、デメリットについてお話します。

  • 2018年2月8日

重心距離の短いアイアンは上級者向き?それとも初心者向き?

重心距離は、ボールの「捕まり」に重大な影響を与えます。その中でも重心距離の短いアイアンを使うことで、得られるメリットと逆に気をつけなければならないデメリットがあります。今回はアイアンの重心距離の役割について紹介します。

  • 2018年2月5日

脱3パット!パッティングでの正しいグリップの握り方と選び方

プロのトーナメントやゴルフ雑誌、ネットなどでパッティングを見てみると色々なグリップの握り方を見ませんか?片山晋呉プロは大会中でも握り方を変えたりすることで有名です。また握り方だけでなくグリップの形や太さもたくさんの種類があります。パッティングには決まりはないと言われていますが、握り方が悪かったりグリップが合わないとストロークを崩す原因にもなります。そこで正しいグリップの握り方と自分に合うグリップの選び方を紹介します。