MONTH

2017年7月

  • 2017年7月31日

アマチュアでも本当にゴルフが上手いのは片手シングル以下

ほとんど全てのゴルファーの憧れ、それはシングルハンデキャップですよね。シングルプレーヤーなんて聞くと、憧れの的なのではないでしょうか。しかし、しかしです。実は、シングルになるのはそう壁が高い訳ではありません。特にハンデキャップ9から6くらいまでは、そこそこのゴルフでもなれるのです。これは本当です。アプローチもバンカーもパターもそこそこ上手ならなれます。ただ、片手シングルとなると話は別。片手シングルのゴルフというのは、同じシングルプレーヤーが見ていても上手いと感じるレベルです。では、片手シングルのゴルフとはどういうものか、また片手シングルになるにはどんなゴルフをすれば良いか見ていきましょう。

  • 2017年7月31日

クラブを守るこだわりのオリジナルヘッドカバーの作り方!

ゴルフクラブで一番大事な部分と言えばヘッド部分です。移動中はもちろんのこと、ゴルフカートの揺れで隣のバックに入っているクラブと接触、傷がついては嫌な思いをするものです。もちろん大半のクラブは既製のヘッドカバーを付けていますが、オリジナルカバーだとお洒落感が違うものです。そこでオリジナルヘッドカバーの簡単な作り方について紹介します。

  • 2017年7月30日

ゴルフ正しい知識を生かすルール、アンプレアブルについて

2017年の全英オープン、優勝したジョーダンスピースが13番ホールで頭を抱える程右に曲げたショットが深いブッシュに入り次打が打てずアンプレアブルし、そのホールをボギーでしのいで、その後猛烈なプレーで優勝しました。この様に、ゴルフのルールでは次打が打てない場合、1打を払って救済措置を受ける事ができます。結果から見ると、この時のジョーダンスピースの判断は正しかったと言えるのですが、とかくアマチュアゴルファーは無理をして更に傷口を広げてしまいがちです。では、ゴルフルールの1つであるアンプレアブルについて見ていきましょう。

  • 2017年7月30日

ゴルフが上手くても下手でもバックティーを使っていいの?

バックティーからティーショットをしているのを見ると、「わぁ、きっと上手なんだろうな。どのくらい飛ばすんだろう?」と期待いっぱいの眼差しで注目しませんか?たまにそんな期待を見事に裏切る人を見かけてがっかりすることもありますが。。。ではゴルフの上手い下手関係なく、誰でも好きにバックティーを使って良いのでしょうか?

  • 2017年7月29日

ボール1ダース必須?初ラウンドで何個無くすかはコース次第

ゴルフを経験している人なら当たり前のようなことでも、ゴルフ初心者で右も左も分からない人は、何においてもハテナばかりです。ゴルフボールは1ダースも必要なの?何個もあってどう使い分けるの?そもそもゴルフボールは自分で準備しなければならないの?今からゴルフを始める人、ゴルフを始めたばかりの人の疑問に答えます!

  • 2017年7月29日

オンプレーンゴルフスイングでの正しいコックは縦方向に行う

ゴルフスイングで手のコックは不可欠な動作です。コックをすることによってクラブを正しいプレーンに乗せる事ができ、かつ飛距離アップも図れます。しかし、コックを行う方向を間違うとたちまち打つボールが曲がります。ですからコックを入れるタイミング、方向は毎回同じタイミングと方向へ行いたいですよね。では、ボールを真っ直ぐ飛ばす為のコックについて見ていきましょう。

  • 2017年7月28日

★ゴルフ上達★ヘッドを加速させるにはインパクトで止める

ゴルフスイングは極論すると振り子の動きになります。糸の先に重りを付けてこの重りを速く動かすイメージです。糸がシャフトで重りがヘッドのイメージになります。しかし、持つところを動かさずに糸の先の重りを速く振ろうとしても、1回転目からは速く振れないですよね。何回転かさせた後重りのスピードは最大化されます。そこで1回転目から重りのスピードを最大化させようとするには、振り子運動の途中に動かない棒などを当てると重りは瞬間的に速くなります。これで重りのスピードを最大化させられますよね。ゴルフスイングでインパクトを止める動きはこのイメージになります。では、ヘッドスピードを最大化させるインパクトで手を止める動きについて見ていきましょう。

  • 2017年7月28日

コンパクトカーでゴルフバッグの積み方のコツ!教えます!

車を買うときに、ゴルフを始めるなんて夢にも思ってなかった。だから燃費が良くて、運転しやすいコンパクトカーを買ったのに!?ゴルフバッグ乗せられるのかとっても心配なんですけど…。コンパクトカーに乗っているゴルファーなんて五万といます。そこで今回は上手にゴルフバッグを乗せる方法を教えます!

  • 2017年7月27日

アイアンでダウンブローが出来ている良いスイングは音が違う

ゴルファーの皆さん、アイアンショットでボールを打った際の音、どんな感じでしょうか。アイアンショットは正しくダウンブローでボールを捉えれば、スパッと切れるような音がします。決してドスンなんて音はしません。この音はボールを手前からヒットした時に出る音で、そうです、ダフリの音ですね。こうした音のショットでは、手から伝わるインパクトも嫌な感じなのではないでしょうか。では、アイアンショットでの正しい音について見ていきましょう。

  • 2017年7月27日

タイトリストap2 714アイアンは見た目もギア的に難しいか?

タイトリストアイアンの中でも、比較的幅広いゴルファーに対応しているap2 714アイアンですが、フェースの見た目は普通でも、裏面を見ると格好良さを感じる黒である為、幾分難しいと感じてしまう様なデザインですね。しかし、ap2 714アイアンは機能的にはやさしく打てる仕様になっており、特にトゥ&ヒールウェイト構造はアベレージゴルファーでも十分打ててボールが上がる仕様になっています。では、難しいイメージのあるap2 714アイアンの特徴と打ちやすさについて見ていきましょう。

  • 2017年7月27日

芸能人ゴルフ大会、18回を数える叙々苑カップは人気恒例行事

テレビで芸能人がゴルフの腕前を披露する場面はよくありますよね。特に年末年始はプロもシーズンオフになる為、芸能人とゴルフ番組に出演する機会も多いです。しかし、叙々苑カップは毎年シーズン中に行われているにも関わらず多くのプロも参加し、今や2017年で18回を数える歴史あるゴルフ大会となっています。叙々苑カップは活躍中の芸能人やゴルフに腕のある芸能人が参加し、毎年盛大に行われています。では、ゴルフ好きの視聴者を楽しませてくれる叙々苑カップについて見ていきましょう。

  • 2017年7月25日

ゴルフは体が硬いと腰痛になる確率が上がってしまうので注意

ゴルフに限らずですが、スポーツ全般体が硬いと故障しやすくなります。ゴルフでは体が硬いと腰痛になりやすく、飛ばそうとスイングを頑張りすぎると腰痛や関節痛になる確率が上がります。特にドライバーショットで飛距離を追い求めすぎると、体が硬い分腰に負担が掛かり腰痛になる危険性があります。では、体が硬い人でも腰痛を避けながらスイングする方法を見ていきましょう。

  • 2017年7月25日

ホールインワン達成後の記念品の相場とは。保険は必須か!?

一生に一度あるかないかのホールインワン。喜びも束の間、その後のお祝いや記念品などにお金が必要になります。ゴルフ保険に入っていたとしてもそれで足りるのか不安ですよね。そこで、ホールインワンの記念品の相場はどのくらいなのか、達成した時のために知っておきましょう!

  • 2017年7月24日

ドライバーがフックフェイスのときの合わせ方と対処法

ドライバーがフックフェイスであるとき、そのまま構えるとターゲットよりも左側を向いています。そこで単純にいつも通りの合わせ方でセットしても大丈夫なのか、どんな打ち方がいいのかなどを確認します。併せてフックフェイスで思わぬ方向に飛ぶときの対処法も紹介します。

  • 2017年7月23日

パターグリップは人それぞれ。右手の人差し指の感覚について

パターのグリップの仕方は千差万別、その人の持つ感覚でグリップしますよね。要は、パッティングが入れば持ち方などこだわる必要が無いということ。また、調子が悪くなったり感覚的におかしいと感じる様になった場合、パターのグリップの仕方を変えたりするのではないでしょうか。パターは距離感を合わせる為に右手の感覚が重要で、特に人差し指が持つ感覚というのを生かすと、距離感が合いやすいと言えます。では、パターグリップの仕方について、人差し指の持つ感覚を踏まえながら見ていく事にしましょう。

  • 2017年7月23日

ドライバーの飛距離アップには動画を撮って自己分析しよう

ゴルファーであれば老若男女を問わずドライバーをもっと飛ばしたいと思うのではないでしょうか。飛距離アップを狙う方法は2つあります。ただ自己分析は必要なので、自分のスイングを動画に撮って、なにが必要なのかを知ってから対策を打ったほうが結果的に早道だと思います。

  • 2017年7月22日

ゴルフスイングの定石、終始左手リードの方が球が曲がらない

ゴルフスイング、左右どちらの意識で振れば良いのか、アマチュアゴルファーは悩みますよね。左手だと頼りない感じがするし、右手だとパワーはあるけどクラブコントロールが難しい、などスイングの悩みは尽きないのではないでしょうか。しかし、ゴルフボールを真っ直ぐ飛ばしたいなら、左手リードをオススメします。ゴルフスイングは左手リードで振った方が、正しいスイングプレーンに乗せやすいからです。右手リードだとクラブフェースのコントロールが難しくなります。それでは、左手リード、右手リードそれぞれの特性について見ていきましょう。

  • 2017年7月22日

良くなるからとクラブをシャフトカット。あれ調子悪いぞ!?

クラブのシャフトをカットするとミート率が上がり、ミスショットが減ると考えている人が多いようです。でも既存の短尺シャフトじゃないのでバランスが悪く、かえってコントロールしずらいクラブになることもあるようです。そこでシャフトをカットしたときの功罪について確認してみます。

  • 2017年7月21日

非力でも飛ばせる!女子プロスイングの特徴を後方から見る

非力な女子プロでも遠くに飛ばす事ができます。クラブとボールの進化によって平均飛距離が一昔前とは大きく異なり、250ヤード以上飛ばす女子プロが大半となりました。もちろん、道具の進化だけでなく、スイングそのものも進化したと言えます。ジュニア時代からの情報量も圧倒的に異なり、今はスイング理論をインターネットで知る事ができる時代になりました。動画も手軽に撮影する事ができる様になり、正面、後方からの動画をスイング改造に生かす事ができます。では、現代の飛ぶ女子プロのスイングについて見ていきましょう。