おじさんクサイと言われないゴルフ場でのファッションは?

「おじさんクサイ」服装の1つにシャツインがあります。

ゴルフ場の服装マナーではそれが正しいことなのですが、ファッション的に見るとダサイと感じる人もいるようです。

そこでシャツインしていても尊敬されるような服装についてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフボールに寿命はあるの?新品未使用なら問題ない?

コンペの賞品で高級ゴルフボールをゲット!しかし無くすと勿体無いからなかなか使う勇気が出ない、とい...

ゴルフボールポーチのレディースウェアブランドがかわいい!

ラウンド中は予備のゴルフボールも持ち歩かなければならないのですが、ポケットに入れているとボコボコし...

rシャフトでヘッドスピードが速ければ300ヤード飛ばせる

ゴルファーのヘッドスピードからシャフトの硬さ(フレックス)を選びますが、rシャフトで300ヤード飛ば...

キャロウェイのx2hotドライバーを試打した感想を教えたい!

キャロウェイのxhotシリーズと言えば、300ヤード飛ぶスプーンとして注目を浴びました。同じ...

【ゴルフ教えて!】ゴルフボールのサイズは決まっているの?

ゴルフボールは小さくて硬いですよね。ボールの種類はたくさんあって素材やディンプルの数、硬さな...

ゴルフコンペの景品選びで一番悩むのが500円くらいのもの

ゴルフコンペの幹事を任された時に一番悩むのが景品選び。その中でも500円くらいのものが最も選...

単品ウェッジを買う時に悩むロフト角の選び方のポイント

「ミスが無くなれば絶対スコアが良くなるのに!」と伸び悩み時期に必ず考えるのがウェッジです。フ...

女性に大人気!多くの人が虜になった6ブランドを厳選紹介!

ゴルフにはたくさんのメーカーが参入しており、ブランドは多岐に渡ります。クラブ専門であったりア...

気になるアイアンのソールを傷補修する方法と業者依頼の費用

アイアンのソール部分は擦れた傷が無数についているものです。それはゴルファーとしての勲章とも考...

スライス防止のためには自分に合ったシャフト選びが鍵になる

柔らかいシャフトを使うとダウンスイングでシャフトは大きくしなります。当然この時、シャフトは元...

心強い4番アイアンの打ち方と適正な飛距離の考え方について

4番アイアンの飛距離が安定しない、もしくは飛距離が足りないような気がするといったことはあるもので...

ウェッジのライ角はアップライトとフラットのどちらが正解?

アイアンセットとは別売のウェッジですが、セットと同じ間隔でライ角を揃えると失敗することがあります。...

いろいろあるゴルフバッグで練習用とは一体何なのでしょう?

ゴルフショップやネットでゴルフバッグを検索すると、いろいろなタイプのゴルフバッグが出てきます。大...

キャスコドルフィンクラブ、見た目と性能が口コミで評判上々

キャスコと聞くとボールやグローブのイメージが強いですが、かつてはパワートルネードを発売してユーティリ...

ドライバーのロフト角をスプーンと同じにしたら飛距離UP?

ドライバーの飛ぶ要素にロフト角があります。フェースが立っているほうが飛ぶような気はしますが、場...

スポンサーリンク

ゴルフ場におけるファッションでおじさんクサイ服装とは?

一般的におじさん、おばさんを定義するのは難しいものですが、ファッション感覚で「おじさん」というと、そのあとに「クサイ」がついて「おじさんクサイ」ファッションセンスというのが多いようです。

決して褒め言葉ではありませんが、中には年齢の割にはイケてるなんて、思いがけない評価を受けることもあります。

逆に若いのにおじさんクサイと言われれば、それはファッションセンスがないことを指しています。

つまりはおじさんという年齢が悪いのではなく、「時代からズレてますよ」という比喩としておじさんという名詞を使っているわけです。

ゴルフでも同伴者のショットやパッティングで、毎回「ナイスショット!」「ナイスイン!」なんて声をかけたりすると、おじさんクサイと思われてしまいます。

同じように、服装でもシャツインはおじさんクサイ象徴のようなものになっているようです。

ゴルフの場合は、シャツをインすることが服装のマナーとされていますが、それでもファッション感覚では時代からズレていると思われてしまうようです。

おじさんクサイファッションがゴルフ場の服装マナー?

世の中的にはおじさんクサイ服装でも、ゴルフ場の服装マナーにおいては正しいファッションである場合は、後者を優先するのが正しい判断です。

ちなみにイケてないファッションであるかの評価基準は、シャツをインしているかではありません。

シャツをインしている人のファッションセンスがイマイチなので、おじさんクサイと揶揄しているだけなのです。

そこでシャツインしてもおじさんの臭気が感じられないファンションで、ゴルフをしてみてはいかがでしょう。

視線は上から下に向かうものなので、まずは頭に乗せるキャップから見てみましょう。

いわゆるベースボールキャップは、小顔の人に合うものなので、顔が大きめだったりアゴ下の肉が気になるようなら、ハットやハンチングなどの方がお洒落です。

季節にもよりますが、ストローハットや、パンツやシューズの色に合わせたハンチングなどは、無難にまとまるので失敗がないはずです。

おじさんが着ても素敵なゴルフシャツとファッションセンス

次はシャツインで懸案のゴルフシャツですが、ここはファッションセンスの本気度を見せたいところです。

おじさん的なファッションの代名詞と言えば「トラディショナル・スタイル」です。

その代表が、18世紀のスコットランドで発祥したダイヤと交差するラインの模様で、一般的には「アーガイル」と呼ばれています。

近代ゴルフ発祥の地の模様に、トラディショナル(伝統的)な服装は、おじさんには打ってつけのファッションです。

さらに英国から米国に渡ったトラディショナル・スタイルは、東海岸でアイビー・ルックとなって、紺ブレにボタンダウンやポロシャツが一世を風靡することとなった原点でもあります。

上流階級の子息が好んだファッションがアイビー・スタイルであれば、シャツインは当たり前のことですし、ファッションを知っているものにとって不自然さはありません。

逆にアイビー・スタイルで「シャツインが…」といったら、その人のファッションセンスが問われることになるはずです。

おじさんが格好良く見えるゴルフファッションとは?

ラグビー選手のように清潔感のあるアイビー・ルックのおじさんが、ゴルフ場に現われたら目を惹くことは間違いなしです。

アイビーファッションでは、上はボタンダウンかポロシャツで、下はチノパンが定番になります。

ここは定石通りのファッションにして、上がホワイト系ならダーク系パンツ、上がダーク系ならライト系のパンツを穿きます。

ここで気になるは汚れです。

ライトカラーのパンツは、汚れが目立つので注意が必要です。

特にティーやマーカーを出し入れするポケット口の汚れは要注意です。

お洒落をしているからこそ、汚れた服装は気になるものなので、できればダーク系のパンツに合わせられるように、シャツはライト系の物を選ぶと良いでしょう。

またワンポイントとなるベルトは必須です。

最近はベルトなしでパンツを穿いていることが多くなっていますが、シャツインしているときには、黒・紺・茶などのベルトでしっかりと主張したほうがスッキリと見えるはずです。

おじさんファッションでおすすめの重ね着ゴルフウェア

すでにおじさんクサさを利用したファッションとしては完成していますが、できればベストを用意したいものです。

男性的なボディラインを表すのもファッションの1つではありますが、トラディショナルな服装であればジャケットを着るかベストを着て、ラインを消したほうがスマートです。

つまり主張しすぎないシンプルな服装こそが、伝統的なファッションと言えるわけです。

デザインはシンプルなものを選びますが、できるだけブランド物にしたいところです。

もちろん機能性も重視しなければなりませんが、ここでお金をかけることでおじさんとしての真骨頂を見せつけることができます。

高級感のある服装をしていて、シャツインについて揶揄するわけはないはずです。

なおゴルフ用のベストとして使いますので、ニット製だけではなくナイロン素材のもので発汗によっても蒸れない裏地などもあります。

柄や色だけではなく機能性や時季などを考えながら、選ぶと良いでしょう。

おじさんに似合わないゴルフファッションとは?

ゴルフコースでは、トラディショナルなファッションで身を固めれば、例えシャツインしていてもおじさんクサイと笑われることはないはずです。

しかしプレー中のファッションがアイビー・ルックで、入場時はB系の服装ではガッカリ感は否めません。

当然ですがB系すなわちヒップホップ系の服装は、イケてると感じてもゴルフ場のドレスコードがそれを認めていません。

最低限はTPOを考えて、ゴルフ場に合った服装をすることが必要です。

その上でプレーのときの服装に合わせて、アイビー・ルックのブレザーを着用したいものです。

もちろん足元はコインローファーで、シャツはプレー用のポロシャツではなく ボタンダウンあたりが、トラディッショナルで素敵なファッションとして見えはるはずです。

ちなみに、「おじさん」に安物は似合いません。

流行に追われることはないので高級な1着を用意しておいて、あとはそれを使い続けていくほうが、結果的に安い買い物になるはずです。

これだけ準備をしておけば、「おじさんクサイ」なんて失礼なことを言われることはないでしょう。

おじさんによるゴルフの服装マナーとファッションの融合

ゴルフ場でシャツインをしていて、「おじさんクサイ」なんて言われないようにしたいものです。

まったく問題ないと思わせるお洒落なファッションで身を固めていれば、服装のマナーにあったシャツインであっても尊敬されること間違いなし…のはずです。