ゴルフで120切りができない女性の原因

ゴルフを始めたけれども、なかなか120切りができないと悩んでいる女性は沢山います。

今回は120切りができなく悩んでいる女性に向けて、練習方法や何に注意しながらラウンドをしたらスコアにつながるのかなど、スコアが縮まるアドバイスをまとめました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【ゴルフ教えて!】ティーグラウンドの色はどうやって決める?

ゴルフ場で各ホール最初に打つ場所のことをティーインググラウンド、またはティーグラウンドと呼びます。...

ボール1ダース必須?初ラウンドで何個無くすかはコース次第

ゴルフを経験している人なら当たり前のようなことでも、ゴルフ初心者で右も左も分からない人は、何におい...

ゴルフスイングで重要なレベルスイングのコツを習得

ゴルフスイングが安定しないとしたら、スイングの最下点をチェックしてみましょう。そこにはレベル...

ゴルフラウンドで打数を忘れることがないように覚えるコツ

ゴルフラウンドで初心者に多いのがホールアウトの際に打数を忘れることです。右へ左へとクラブを持...

ゴルフの悩みを共有!アイアンのスライスの直し方を考える

ゴルフで初心者が必ず通る道、それはアイアンに限らずスライスするという事ですよね。では、どうし...

パッティングラインを読んでもカップインできない理由とは

パッティングでグリーンのラインを読み切ったと思ったのに、カップの手前で止まってカップインならず!...

【ゴルフ教えて!】スコアアップにつながる手打ちの直し方!

「手打ちだから飛ばない」「手打ちだから曲がる」などゴルフスイングにおける手打ちの弊害は一度は耳にした...

ゴルフ初心者がまず最初に練習すべきクラブは七番アイアン!

ゴルフではゴルフ練習場(打ちっぱなし)で練習するのが一般的です。そこである程度打てるようにな...

アプローチ用クラブになるのはウェッジだけとは限らない?!

皆さんはアプローチをする際、必ずウェッジを使用しなければいけないと思っていませんか?実はそんな...

ゴルフの打ちっぱなし練習場にもファッションの決まりがある

ゴルフの打ちっぱなし練習場へ行くと、ジャージや会社帰りのスーツ、Tシャツと実に様々なファッション...

ゴルフのバックスイング。右腰にポイントおいてみよう!

ゴルフのバックスイングではどこにポイントを置きますか?人それぞれ持っている感覚が違います。...

ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行いが良いと天気にも恵まれますね~」とかなん...

パッティングで目線をカップに向けたらダメって本当なの?

パッティングの時には「ヘッドアップ厳禁」と言われていますが、止まっているボールに目線を合わせていて...

グリップの握り方でインターロッキングでの左人差し指の役目

グリップは、プレーヤーとクラブを繋ぐただ1つの接点です。ですからグリップの握り方とは、スイングを...

ゴルフで悔しい『アプローチのだふり』たった一つの解決策!

ゴルフにおいて『だふり』のミスは最も多いことでしょう。フルショットならまだしもアプローチ場面...

スポンサーリンク

ゴルフで女性が120切りする楽しみ

ゴルフを始めてコースにも出てゴルフがとても楽しいと感じているけれど、なかなか120切りができないと悩んでる女性は本当に多くいるので、今現在120が切れなくて悩んでいる方は何も悩む必要はありません。

誰でも通る道ですし、きちんと必要な練習をしていけば120を切れるようになります。

この120の壁を越えれば、スコアがどんどん良くなってきますので、今まで以上にゴルフを楽しめるようになるでしょう。

では、なにをしたら良いのでしょうか。

もちろんただいつも同じようにラウンドを回っているだけではスコアは良くなっていきません。

スコアを出すためには、それに合わせた練習をしていかなくてはいけません。

打ちっぱなしでの練習の仕方だったり、コースに出たときに気を付ける事などさまざまな事があります。

改善していきスコアに目を向けラウンドをしたら新たな楽しみ方が見えてきます。

どうやったらスコアが縮まるのかなどの戦略だったり、打ちっぱなしでやった練習がコースでできたなど、沢山の角度からゴルフを楽しめるようになります。

ゴルフで女性が120切りするために必要な事

女性が120切りをできない原因としてまず一つ目に上がってくるのが、飛距離が出ないことです。

ゴルフにおいて飛距離はスコアを縮めるのにどうしても必要になってきます。

ゴルフはショートゲームでスコアが変わってくると言われているほど、パターやアプローチは大事ですが、それは飛距離が一般的な距離が出てる人にあてはまる事です。

120切りができない女性の多くは、飛距離が一般の人よりも飛んでない可能性が高いです。

飛距離がでなくては、どんなにショートゲームを練習して、上手になってもグリーンにたどり着くまでに無駄な打数をを沢山叩いてしまっていることが多いです。

ですから、まず一番最初の改善点としては飛距離を伸ばす事を意識した練習をしてください。

女性が120切りをするために必要な飛距離を伸ばす練習方法

飛距離を伸ばす練習方法は沢山ありますが、120切りができない女性の飛距離が出ない原因の多くは、しっかりクラブを振り切れていないことにあります。

つまりはヘッドスピードが遅いという事です。

振り方が分かっていないのと、思いっきり振った時にボールが曲がってしまうのを恐れて、曲がらないようにと振り切れていない人がほとんどです。

ですから飛距離は出ないけれども、ボールはほとんど曲がらない人が多いことでしょう。

曲がらないのはもちろんゴルフでは良いことですし、必要なことです。

しかし、曲げないことばかり考えてしまっているとどんどんクラブが振れなくなってしまいます。

まず最初の練習は曲がっても良いから、とにかくクラブを振り切る練習がオススメです。

教えてもらった事を思い出しながら振ったり、色んな事を考えながら振ったりするとヘッドスピードが上がりませんから、なにも考えず何球か連続で打つ練習をしてください。

そうする事で、だんだんとクラブを振るという事が体に染み込んできます。

この体に染み込ませるのが大切なのです。

体に染み込ませる事によって、コースでもあれこれ考えずしっかりとクラブを振り抜く事ができて飛距離も伸びてくるようになります。

ゴルフで女性が120切りする為のバンカーの攻略

女性がゴルフで120切りができない原因として、バンカーが苦手というのも多く挙げられています。

まず第一に、バンカーを1回で出すことができない方がとても多いです。

これだけでスコアは大きく崩れてしまいます。

女性は力が弱いのでどうしても男性に比べてバンカーが苦手な人が多いのですが、ここを克服しなくては、なかなかスコアを縮める事はできません。

どのコースにもバンカーは必ずあります。

入らないようにするのがベストではありますが、入らないようにしているのに入ってしまうのがバンカーです。

バンカーに入ってしまったら、とにかく1回で出す事を考えましょう。

出ないことによってスコアがどんどん増えてしまうので、寄らなくても良いので、まずは1回で出す事だけに集中してみてください。

1回で出すという事は必ずしもグリーンを狙わなくても良いという事です。

練習で自分が今出せるアゴの高さを把握しておき、グリーン方向がその高さであればもちろんグリーンを狙いますが、それ以上高いアゴの場合はいったん横に出すという方法もあるということです。

横に出してから、その後アプローチをする選択。

この方法の方がカップに近づけられますし、大叩きする心配がありません。

横に出すかグリーンを狙うのか、これを1回目でしっかりと判断することが大切です。

1回目に最善の判断をする事によってスコアを大叩きすることもなくなり、スコアも縮まってきますので、とても重要になってきます。

ゴルフで120切りをするために必要なパター技術

そして飛距離、バンカーと並んで女性が120切りをするのに重要なのがパッティングです。

ゴルフで一番スコアに関係してくると言われているのがパターです。

やはりここをおろそかにしてしまうとスコアを縮める事は難しいと言わざるを得ません。

120切りができていない人に多く見られるのが、グリーンの上であちこちに行ってしまい、グリーン上だけで沢山叩いてしまうということです。

それを良くする方法としては、グリーンに乗ったら方向もある程度意識しますが、とにかく距離を合わせることに集中して練習することです。

大叩きを防ぎたいので、行ったり来たりを無くせれば、だいぶスコアがまとまってきますので、そのためには距離感が大切になります。

練習の時にこの振り幅だったらこのぐらい転がる、という風に自分の中での距離をつかめるようになると、コースでも距離を合わせる事ができるようになっていき大叩きが少なくなってくるでしょう。

ゴルフで大切なコースマネージメント

飛距離、バンカー、パター、もちろんゴルフはこれだけではないので、他の技術も上げていかなくてはいけませんが、まずはこの3つが上達したら120切りで悩んでいる女性も120を切れるようになってくるはずです。

しかし、いくら技術が上がってもコースでそれを発揮できなくてはスコアには繋がりません。

そこで必要になってくるのがコースマネージメントです。

ゴルフのコースマネージメントはとても難しいですが、これができるようになるとスコアもどんどん良くなってきます。

まずはどのコースでもできるだけトラブルを避けるように考えながら回る事が大切です。

トラブルになってしまうだけでそのホールは大叩きする可能性が高くなってしまうからです。

ゴルフに慣れている人ならば、トラブルになってもそこからいかに少ない数で上がるかを考え実行することができるのですが、慣れていない人の場合トラブルから少ない打数で上がる事はとても難しくなってきます。

ですから、いかにトラブルにならないようにするかを考えてラウンドする事が120切りへの近道です。

1ホールごとにティーショットを打つ前にコースの特徴を考えて、どこが一番トラブルが少なく済むのか、どこに絶対に打ったらダメなのかを考え回ることで、スコアを縮める事ができるようになります。

最初は難しいかもしれませんが、これは慣れるしか得る事ができない技術です。

1回1回思い出して根気強く続ける事がスコアアップに繋がっていきます。

120切りを達成するのに大切な事

女性が120切りするのに必要な事は飛距離アップ、バンカーを1回で出せるようになる、パターでは距離感に集中する、コースマネージメントをしっかりとしトラブルを極力避ける事。

ゴルフで大切な事はまだまだ沢山ありますが、まずはこの4点だけ意識してみてください。

きっと120を切る事ができるようになり、ゴルフが今以上に楽しくなってくることでしょう。