ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフ上達のため打ちっぱなしは雨の日に積極的に利用すべし

2018.8.15

屋外のゴルフ練習場での打ちっぱなしは、晴れの日に利用するものですが、敢えて雨の日に利用すると特有の難しさが実感できます。

その学習を屋根付き練習場や室内練習場で活かせば、さらに上達が見込めるはずです。

そこで今回は、雨の日の様々なタイプの練習場の利用方法について紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アプローチの上達が実感できるロブショットの練習方法

アプローチが難しいのは、スイングの幅を変えて距離を調整するためです。 ウェッジでフルショットで...

一流プロゴルファーのアプローチで極意をつかめ!

アプローチに極意があれば、知りたいと思うのは当然のことではないでしょうか。 しかしゴルフは個々...

アイアンやウッドでのフェード系とドロー系っていったい何?

ゴルフ雑誌やレッスン番組、ツアートーナメントを見ていると、「フェード系」や「ドロー系」と言う言葉がよ...

ゴルフの片手打ち練習ドリルのコツと効果を知って挑戦しよう

知っての通りゴルフは両手を使ってスイングします。 しかしゴルフの練習ドリルの中には片手打ちがあ...

子供から年配者まで人気の坂田信弘のショートスイングとは

坂田信弘プロが提唱するショートスイングとは、もともとプロゴルファーを目指すジュニアゴルファーが、単...

アプローチを敢えて残すやり方もゴルフマネジメントの1つ

アプローチをすると言うことは、パーオンできていない状態であることを意味しています。 パーオンし...

パッティングの軌道について覚え、ベストなパター選択を!

皆さんはパターをどのように選んでいますか? デザイン、値段、ブランド、打ちやすさなど色々な判断で...

アプローチのミスはチップショットをマスターし最小限にする

安全なアプローチと言えばチップショットです。 初心者からプロまで、ゴルファーなら身につけなけれ...

まむしと呼ばれた杉原輝雄のパターへの想いから人生を学ぶ

杉原輝雄のパターといえばマレット型、グリップは逆オーバーラッピングで握り、アドレスに入ると「入る」...

ヘッドスピード重視のアイアンの選び方は果たして正解か?

飛距離のバロメーターとなるヘッドスピードですが、アイアンの場合には飛距離よりも距離感が大事という声...

ゴルフスイングを変えなくてもスコアアップできるコツがある

ゴルフスイングを修正するにはかなりの時間を要します。 しかし100切りを目指すのに、実はスイング...

ゴルフの目標に100切りを掲げても意味はない?

ゴルフを始めると「100切り」を目標に置いて練習に励むゴルファーが大勢います。 ゴルファーにと...

アプローチが簡単に上手くなる練習法とコースマネジメント

アプローチを上達するためには練習するしかありません。 しかし間違った練習法では、いつまでたって...

ゴルフスイングの不安はアドレスに入る順番を決めて解消

ゴルフクラブを構えてから不安に思うようなら、それを払しょくするルーティンを取り入れてみると良いか...

夢のゴルフスコア、コースマネジメントで80切りを目指すには

ゴルフのスコアで80切り。 サラリーマンゴルファーにとっては夢の様なスコアではないでしょうか。...

スポンサーリンク

雨の打ちっぱなしでゴルフスイングができないことを体験する

雨の日に屋根のない屋外のゴルフ練習場を利用してみませんか。

ゴルフは屋外スポーツなので、雨の日でもラウンドする機会はあるはずです。

そんな意味では雨の振る中の屋外の打ちっぱなしは、上達するための絶好の機会になります。

普段とは違う条件でのスイングとなるので、プレー中は気がつかない欠点を見つけることができるかもしれません。

あのゴルフ界のレジェンド中嶋常幸プロが、雨の中での練習をしたいために、シャワーを使って体現したという逸話があるくらいです。

もしも練習予定の日が雨であれば、なるべく屋外の打ちっぱなしを利用しましょう。

季節にもよりますが、レインウェアを着用した時の窮屈なスイングや、帽子のツバからしたたり落ちて気になる雨、それを体感することでコースでの自信に変わるはずです。

またメガネを使用しているゴルファーの場合、水滴や曇りなども体験できることから、ラウンドではコンタクトを使用するかを選択する絶好の機会となるはずです。

雨の中では「いつも通りのスイングができない」その原因を確かめましょう。

ゴルフの打ちっぱなしで雨で滑るグリップを体現する

雨の中の打ちっぱなしで、もう1つ体験したいのがグローブの濡れ具合です。

グローブが濡れ始めた時は、グリップに吸いつくようにしっかり握ることができます。

ところがズブ濡れになる頃には、すっかりグリップが滑るような感覚になるはずです。

なぜならグローブに吸収された雨水は、グリップを握るたびに表面に浮き出て水の膜を作るからです。

日ごろのグリップの汚れと相まって、グリップ自体がヌメルように感じるわけです。

また実際にスッポ抜けることもあるので、スイングの時には厳重注意が必要です。

この濡れたグリップの滑りは、実際に雨が降っている時にしか体験できません。

滑らないようにグリップを握ると、手首に力が入り硬くなってしまいます。

そうして手首の自由が制限されると、インパクトの直前で行いたいヘッドの返しが遅れて、フェースが開いたままスライスカットすることになります。

それを予防するためグリップが雨で滑る場合は、まず短く握り、次にコンパクトなゴルフスイングに徹することです。

そのためには1クラブから2クラブ大きな番手を使って、距離感を覚える必要があります。

絶好の機会なので、雨の日は屋外の打ちっぱなしを利用しましょう。

雨のゴルフ場を想定した打ちっぱなしの練習方法

雨に濡れながらの打ちっぱなしの練習は、ゴルフ場での本番に則したショットを体験できるので、日ごろの練習よりも吸収できることは多いです。

ただし、毎回その雨に打たれる修行僧のような練習は必要ありません。

なぜなら濡れたレインウェアが原因の可動域の制限や、グリップの滑り対策が分かれば、あとは屋根付きの打ちっぱなしでも同じ練習ができるからです。

時季にもよりますが、雨の日の練習場は、半分屋外の屋根付きの打ちっぱなしでも蒸すことがあります。

特に梅雨や台風時期は、ジメジメした湿度や熱気で、運動をしなくても汗が吹き出てくることがありまますよね。

「練習場だから大丈夫」などと思わず、ゴルフ場でラウンドしている時と同じように、吸汗用タオルや吸水用ドリンクを用意しておきましょう。

もちろん適度な休憩も必要です。

20級程度ずつスマホで動画撮影しておくと、そのチェック時間を兼ねて休憩をとることができます。

また清涼感のあるウェットティッシュなどでクールダウンしたり、練習場に規定がなければ半ズボンなども使用したいものです。

雨の日は屋外の打ちっぱなしより室内ゴルフ練習場を利用する

屋根き付とは言え屋外と直結している打ちっぱなしは、外気と同じかもしくは風が抜けない分だけ暑く感じます。

しかも雨の日は蚊などの虫が寄ってくるので、軽装で練習ができない人も多いようです。

そんな時は、エアコン調整のある快適な室内練習場を利用しましょう。

ただ距離が短いので「ドライバー使用禁止」など、室内用の決まりがあるのでその点は注意が必要です。

それでもスイングチェックやグリップの握りや構えなど、日ごろから気になっている箇所を修正する良い機会です。

まず雨の日は、室内のゴルフ練習場は混むこと必至ですので、行く前に空き時間を確認しましょう。

室内練習の場合、ドンドン球数が上がるので、1球単位のカウント精算よりも、時間精算の打ち放題コースのほうが経済的です。

日ごろ打ちっぱなしでは、本番を意識して1球ずつ大切に打っていると思いますが、室内練習場は時間制限内にできるだけ多く打って、スイングを身体に覚えさせることを目的とすべきです。

また室内練習場にはスイングチェック用の専用機器などが設置されていることがあります。

ヘッドスピードや打ち出し角などを計測して、数値で自分のスイングを確認するのも良いですね。

雨の日の打ちっぱなし1日でゴルフスイングが修正できる?

雨の日に利用するゴルフ練習場では、日ごろ取り組めないスイングの修正をしましょう。

スイングチェックは、屋根付きの打ちっぱなしであれば自撮して、室内練習場であれば施設の機器を使って確認することができます。

しかし自分のゴルフスイングを見ても、どこに欠点があり、どこを修正すれば良いのかは意外に見つけられないものです。

また安易にスイングをいじることで、さらに悪化してしまうことも良くあります。

そこに陥らないためにも、自分のゴルフの知識を上回る、レッスンプロにみてもらうのが確実です。

通常のレッスンは1クール4回~8回で、段階的に教えていくものです。

しかしワンポイントレッスンであれば、わずか20~30分程度で劇的に修正することができます。

基礎から行うレッスンではなく対処法なので、知りたい部分を明確に伝えることが大切です。

例えば「スライスを修正したい」と伝えると、スイングをみて練習のポイントを教えてくれます。

教えたことが理解できたらレッスンは終了しますが、そのまま練習を重ねるとすぐに効果は現れてくるはずです。

雨だからこそ打ちっぱなしで思いっきりゴルフスイング!

雨の日のゴルフ練習場でワンポイントレッスンを受ける場合、しっかり打ち込んでからプロの指導を受けるようにしましょう。

受付で申し込んですぐにプロが現われたら、規定の時間内にまともなスイングができずにレッスンが終わってしまう可能性があります。

ある程度のウォーミングアップと打感を確認してから受けないと、本当のスイングをプロに見せることができません。

またプロは何回かボールを打たせてから欠点を見つけて指導しますので、いわゆる欠点だらけのスイングであれば、ワンポイントでは難しい場合もあります。

そんな時は、プロの方からレッスンの誘いがあるかもしれません。

営業トークと思わず、日程が取れるようであれば、まずは1クールだけでも指導を受けると基礎を身につけることができるはずです。

雨の日のゴルフ練習場の利用目的は、ゴルファーによって違いますが、上達するだけが利用目的ではありません。

雨降る中の打ちっぱなしや、蒸風呂のような打席でも、身体を動かす爽快感も日常の喧騒を忘れさせてくれる時間になるはずです。

何よりも楽しみながら続けていくことが、ゴルフが上達する最大のポイントなのかもしれません。

雨を理由にゴルフ上達を目指すか打ちっぱなしでウサを晴らすか

雨の日のゴルフ練習場で、打ちっぱなしで思いっきりボールを引っ叩くのも、室内練習場でコツコツとショットの練習を繰り返すのも、どちらも少しずつ上達に向かっています。

ただ効率良くレベルアップしようと思うのであれば、ワンポイントでも指導を受けて正しいスイングを身につけることが必要です。

 - シングルへの近道