ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフクラブが雨で濡れてグリップが滑る原因と対策法

2018.5.16

楽しみにしていたゴルフの当日が雨!

スタートするとグリップが滑って、思いっきりスイングができないことは良くあることです。

そこで雨の日にグリップが滑る原因とその対策、また常備しておきたい滑り止めグッズについて紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ドライバーのグリップを太くしたら飛距離が簡単に伸びる!?

皆さん、今使っているドライバーのグリップは最初から付いていたものですか? それとも付け替えて使って...

ゴルフシャフトに付いているシール、あなたはどうしてる?

ゴルフシャフトには、購入時にスペックを示すシールやバーコード、値段などのシールが貼ってあります。 ...

アイアンがフックするときの直し方として鉛がある!

アイアンショットでどうしてもフックの球筋になるとき、スイングで修正するのが最良の方法です。 でも...

アイアンのロフト角を調整したら望みのショットが手に入る?

アイアンのロフト角を調整して、自分に合った球筋を求めたいと願うゴルファーは意外に多いようです。 ...

ゴルフクラブのグリップを標準より太くすることの効果とは?

ゴルフの練習をしても、一向にスライスが直らない人は、1度グリップをチェックしてみてはいかがでしょ...

ゴルフの雨対策で忘れがちなゴルフシューズの防水対策の仕方

ゴルフの雨対策と言ったら、傘やレインウェア等を思い浮かべる人が多いでしょう。 そのため意外と見...

プロもこだわるパターのグリップサイズ!その違いを見てみる

まだまだパターのグリップサイズにこだわる人は少ないかもしれません。 純正グリップをそのまま使用して...

汚くなったゴルフ用グローブは洗うことでメンテナンスしよう

ゴルフで使用したグローブをキャディバッグにしまっておくと、次に使うときには悪臭がしたり、カチコチ...

赤錆だらけのウェッジ眠ってない?ガンブルー染めで大変身!

ウェッジを使おうと思ったら赤錆が浮いて大変なことに! そんな時はガンブルー染めで、黒色のヘッド...

ライ角が未調整でフラットなアイアンはミスショットが出る!

スイングフォームに大切なライ角をご存知でしょうか。 ライ角がフラットなアイアンは、ライ角調整を行...

交換したばかりのゴルフのグリップを再利用できる外し方

ゴルフクラブのグリップが劣化したので、自分で交換をすることにしたら、なんと失敗! 一度装着した...

【ゴルフ教えて!】シャフトフレックスでs200とは何?定番?

シャフトメーカーは沢山ありますが、スチールシャフトと言えば男子プロの使用率NO.1のトゥルーテンパー...

ドライバーのシャフトカットで1インチ!果たして吉か凶か?

ちょっと長めのドライバーをシャフトカットして、1インチほど短くしようかなという話をよく聞きますが、...

ドライバーのシャフト交換したら何時間後なら使って大丈夫?

ゴルフが上達してくると、クラブをカスタマイズしたくなるのがゴルファーの性です。 特にグリップやシャ...

良くなるからとクラブをシャフトカット。あれ調子悪いぞ!?

クラブのシャフトをカットするとミート率が上がり、ミスショットが減ると考えている人が多いようです。 ...

スポンサーリンク

雨の日のゴルフは専用グローブがあればグリップは滑らない

予約していたゴルフの日が雨の予報だった時、雨対策くらいはしておきたいものです。

雨の準備として、レインウェアやレインキャップなどの防水対策、またソックスや予備のシューズを用意しておけば、ハーフで休憩した後でも、スッキリした気持ちでスタートができます。

他にも雨を拭き取るタオルやスマホが濡れないようなビニール袋、また虫刺され防止のスプレーなども用意しておくとなお便利です。

さらにスイングでグリップが滑りそうになるので、スペアのグローブも用意しておくと安心できます。

晴天のプレーとは違って、濡れない工夫や濡れても困らないようにするためには、事前の準備が大切です。

特に濡れたグリップが滑ると感じるようなら、グローブは雨用のものを使ってみてはいかがでしょう。

近年のグローブの進化は目覚しく、単に滑りにくいだけではなく、雨で濡れたほうが吸いつくように握れるものが発売されています。

しっかり握れると感じるだけで、雨の中でも思い切ったスイングができるのではないでしょうか。

雨の日のゴルフでグリップが滑るのは汚れているから?

雨中のゴルフでグリップが濡れると滑りやすくなるのは、グローブだけに原因があるわけではありません。

濡れたことでグリップの汚れが、いわゆる「ヌル」っとした状態になっています。

このヌルの正体は、コース内のホコリや草ツユ、練習場などで練習した時の手汗などです。

また手脂なども自然に付着していくので、本来は定期的にクリーニングしなければいけません。

洗剤をつけて擦り洗いをして汚れを流し落とすべきですが、グリップだけではなくキャディバッグの中も、カビなどの菌類が繁殖しているので、水拭きしたあとにアルコールで除菌すると良いでしょう。

キャディバッグの口には、セパレートバーが大抵2本以上付いています。

外部のネジを外してそのバーを取り、バッグをひっくり返すと枯れ草や土ボコリなどが落ちてくるでしょう。

後は濡れた雑巾を底に落として、長い棒で拭き取れば綺麗になります。

最後に除菌アルコールを吹きかければ、カビなどの菌類もなくなり、グリップの劣化を抑えることができます。

自分でグリップ交換すれば雨のゴルフも気にならない?

グリップをクリーニングしても、雨で濡れると滑るようなら、それはもしかしたらグリップ交換の時期なのかもしれません。

グリップはゴムなどの天然素材をベースにしたものと、目的に合わせて調合した合成素材のものがあります。

ゴム製のグリップは、使用しなくても経年劣化で硬くなっていきます。

また手汗などで表面がツルツルになり、まさに滑るグリップとなるものもあります。

このような状態になると、クリーニングしても滑りを止めることはできません。

新しいグリップに交換したほうが、安心してスイングができるはずです。

ゴルフクラブのグリップ交換は、工房のあるショップでグリップを購入すれば、安価な手間賃で交換してくれます。

また交換本数が多いようなら、自分で交換すると、さらに安くあげることができます。

ネットでグリップを注文し、あとは100円ショップで、カッター・両面テープ・白灯油(ジッポライターオイル)を購入すれば、だれでも簡単に作業することができるからです。

雨の日のゴルフでもグリップを交換すれば滑らない

雨のゴルフでグリップが濡れたことで滑る時には、自分でグリップ交換をしましょう。

手順としては、まず古いグリップをカッターで剥がし、ゴルフクラブについている両面テープの残りを白灯油で拭き取ります。

その後、グリップ部分に両面テープを巻いてから、グリップの内側に白灯油を入れて抜き、グリップを挿すと両面テープが溶けて、スルっと入っていきます。

すぐにセンターを合わせて、1日~2日放置しておけば乾燥して吸着します。

この時、滑らないグリップを選んでみてはいかがでしょう。

滑りにくいグリップの代表格は、コード入りグリップです。

昔はプロゴルファーやアマチュアの上級者が好んでいたタイプで、使い続けてゴムが痩せてもコードが浮いてくる滑りにくいタイプです。

また近年は合成樹脂のソフトタイプを使う人が多くなってきています。

柔らかく握った時のホールド感に優れていますが、一方でたくさんのタイプがあるので、自分にあったものを探す必要があるでしょう。

雨のゴルフ対策でグリップ交換するならバックライン入り!

雨対策でゴルフクラブのグリップを交換するのであれば、バックラインの入ったタイプがオススメです。

雨の日はレインウェアなどを重ね着するため、身体の捻転が小さくなりがちです。

そうして捻転が不足すると、ダウンスイングでフェースが開いてしまう傾向が強くなります。

そんな時に役に立つのが、バックライン入りのグリップです。

グリップは円柱と定められていますが、グリップの最下部が盛り上がったタイプでも、ルールに適合しているものがあります。

雨の日対策だけではなく、スライス防止にも役に立ち、フェースコントロールがしやすいグリップです。

またバックラインがあるので、手のひらの中で雨に濡れたグリップの回転も防ぐことができます。

普段からスライス気味のゴルファーであれば、バックラインの入ったグリップを使ったほうが、正しいスイングに矯正しやすくなるはずです。

雨のゴルフに便利なグリップの滑り止めグッズ

雨の日であっても事前に準備をしていれば、ある程度グリップの滑りを防ぐことはできます。

しかしゴルフに行く当日に雨が降ることや、ゴルフ場に着いたら雨が降っていたなんてこともあるものです。

そうした急な雨であれば準備や対策もなく、グリップの滑りを防ぐことはできません。

ただグリップのクリーニングや交換ができなくても、応急のすべ止め対策はできます。

そのため常時キャディバッグの中に、滑り止め用のグッズを2つ入れておきましょう。

もちろん、どちらもルール上は適合なので心配は要りません。

1つは滑り止めのためのロージンバッグです。

成分には、水分をなくすための炭酸マグネシウムと、吸着力が増す松脂などが入っています。

手のひらの上で軽くポンポンと浮かせるだけで、袋から粉が出てきます。

もう1つはハンカチです。

今どき、雨に日にハンカチをポケットに忍ばせておくゴルファーはいないかもしれません。

しかしグリップと同じサイズのハンドタオルがあれば、グリップに巻いてスイングしてもルール違反にはなりません。

いつものようなスイングはできないかもしれませんが、滑りを止められる応急処置としては便利な方法です。

どちらにしても急に雨が降っても困らないように、普段からグリップのメンテナンスをしておけば心配はないでしょう。

急な雨のゴルフでもグリップが滑らないよう準備をしておく

予約したゴルフの日が雨の予報であれば、雨対策として最初にグリップを洗ってヌメリを取り除きましょう。

グローブやソックスなどはスペアを用意し、タオルなども余分にあると便利です。

また急な雨に対応できる滑り止めグッズを常備していると安心できるのは間違いありません。

 - メンテナンス・修理調整