ゴルフで上達するには自作の傾斜ショットマットが効果的

ゴルフの練習場では基本的に、ゴルフ場のようなアンジュレーションを練習することはできません。

でも実際のコースは、ティーグラウンド以外すべて傾斜しています。

そこで傾斜ショットマットを使った練習でレベルアップする方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パッティングで目線をカップに向けたらダメって本当なの?

パッティングの時には「ヘッドアップ厳禁」と言われていますが、止まっているボールに目線を合わせていて...

ドライバーがスライスしてしまう初心者のチェックポイント

ゴルフ初心者がドライバーに挑戦した時に洗礼を受けるのが、スライスです。解決できない高い、高い...

ゴルフの練習量は上手に工夫していいスコアで上がろう

ゴルフに拘わらずスポーツ全般に言える事ですが、練習は辛いですよね。ゴルフをしていて多くの人が...

基本クラブ「7番アイアン」の役割と飛距離やランについて

誰もが使うであろう7番アイアンですが、気になるのは平均飛距離と自分の飛距離の差です。この飛距離...

ゴルフ練習場だけ打てない場合はすぐに修正することができる

ゴルフ場では普通通りに打つことができるのに、練習場では打てないことがあります。ただ本来のスイ...

ミスショットを減らすためにスイングプレーンを矯正しよう

ゴルフでミスショットは色々とありますが、代表的なのはフックやスライスです。ゴルフでそのような...

苦手なゴルファー必読!誰でも簡単にできるバンカー練習方法

バンカーが苦手なゴルファーは多いです。そんな人はショットがバンカーに入った瞬間、すぐに肩を落...

ゴルフのバンカーショットを攻略するにはスタンスが基本

ゴルフのバンカーショットが苦手な人は非常に多いです。入れなければ良い話なのですが、ゴルフコー...

【ゴルフグリップ知識】フィンガーとパームの違いと影響

フィンガーグリップとパームグリップを知っていますか?自分がどちらの握り方をするかで、ゴルフス...

ゴルフ上達!左肩が開くとなぜだめなのか?原因と対処法!

たまに真っすぐ飛んでも、それがどんな打ち方だったか思い出せない。同じ打ち方ができない。そ...

【ゴルフの悩み】アイアンのスライスを改善して真っすぐ打つ

ドライバーでのスライスを悩むゴルファーが多いですが、実は同じくらいアイアンでのスライスに悩むゴル...

要事前チェック!ゴルフ初心者がラウンドする際にいるもの

ゴルフ初心者の中には、いざラウンドに行く時に何が必要なのか分からないという方も多いのではないでし...

ゴルフ雑誌はたくさんあるが、初心者にオススメのものは何?

ゴルフ雑誌はコンビニにも並んでいますし、本屋さんに行ったら沢山種類がありすぎてどれが良いのかよく分か...

必見!ゴルフスイングでボールに当たらない時の原因と対処法

ゴルフを始めたばかりの頃、クラブに当たらないと言うことはありますが、慣れてくると空振りすることは少...

ゴルフのルールブックは初心者でも理解しておくべきもの

ゴルフを始めるにあたって大事なことは、技量が上達するように練習に励むこと、それと同時にマナーやル...

スポンサーリンク

ゴルフの練習は傾斜ショットマットがなければ上達しない?

ゴルフコースの中は練習場とは違って、大小様々なアンジュレーションがあるものです。

練習場では平らなマットの上なので、基本の姿勢でスイングすることができます。

また平らな人工芝の上にボールがあるので、コースでは滅多にない素晴らしいライからショットすることができます。

そのためスイング作りには最高のコンディションですが、実際のコースを想定して練習するのであれば、傾斜ショットマットのようなものがないと上達はできないかもしれません。

ティーグラウンド以外は、わずかでも傾斜はありますし、足場がフラットでもボールの位置に高低差があるものです。

ところが実践的な練習をできる練習場はありません。

もちろん、レッスン場を兼ねている練習場では、限られた打席ですが傾斜ショットマットのようなものを置いているところはあります。

上達したいと練習場に通うのであれば、ドライバーショット以外のショットは傾斜のあるところで練習することが上達の早道です。

ゴルフ場に良くある傾斜を傾斜ショットマットで体験する

そもそもゴルフの練習場では、マットなのでダフってもヘッドがすべってボールが飛んでいきます。

それは練習マットの下にヘッドが入ることはないので、ボールの少し手前でソールが落ちても、リーディングウェッジはそのままボールの下に入っていくからです。

そもそも練習場のマットの下は硬いフロアなのでダフることがありません。

そこである程度ボールを捉えることができるようになったとしても、ラウンドするとダフったり、それを恐れてトップしたりと、スイングのリズムが狂っていくようです。

このように練習したことが裏目に出ている結果は、ゴルファーが悪いのではなく練習環境が悪いと言うことになります。

そこで練習する上で、実践に近い形の環境を整えることが、上達する上で必要なこととなります。

まず、実践用に練習する上で必要なことは足場の傾きです。

フラットな状態で練習できるのは、ティーアップするドライバーショットや、ショートホールを想定したアイアンショットなどです。

それ以外は、わずかでもアンジュレーションがある傾斜ショットマットを活用したほうが、実際のラウンドでスコアメイクはできるはずです。

ゴルフを上手くなるなら大型の傾斜ショットマットが必要

市販の練習用グッズの中には傾斜ショットマットはありますが、サイズが大きめなので、練習場に持ち込めない場合があります。

そんな時は、片足分のサイズの傾斜板を2枚用意して、足を乗せて傾斜打ちの練習をしてみませんか。

サイズが小さいのでゴルフの練習場にも持ち込めますし、何よりも他のプレイヤーの邪魔をすることはありません。

ただし気を付けなければならないのは、傾斜ショットマットを前上がりに設定した時です。

ボールの位置がつま先よりもかなり低くなるので、上半身が極端な前屈みになってしまうことです。

実際のコースでは、前上がりのスタンスでボールだけが低い場面はまず少ないはずです。

そのため傾斜ショットマットを前上がりに設定した時は、ティーアップしたボールを打つようにしたほうが実践的な練習ができます。

もうひとつ、左下がりや左上がりの左右の傾斜には対応できません。

仮に左足を上げてボールだけがフラットなライにあるということはあり得ないからです。

そのため実際のラウンドで多い左右の傾斜は、大型の傾斜ショットマットが必要になります。

ゴルフを練習する傾斜ショットマットは高級品?

大型の傾斜ショットマットは、使用できるゴルフの練習場を探すことが必須です。

1番良いのは、傾斜ショットマットの置いている練習場を探すことです。

ただし、フリーの練習で使わせてくれる練習場を見つけるほうが難しいかもしれません。

そこで購入するのであれば「傾斜ショットマット」または「傾斜マット」で検索して、まずは品物を確認してみてください。

車のトランクに入る大きさなのか、また練習場の打席まで運べるのかなども、事前にチェックしておくことが大切です。

傾斜ショットマットはスタンスをとって、同じ傾斜ショットマット内にボールを置き、ショットができることが条件です。

大きなサイズになると1.5メートル角なので、小型のトランクだと入らない場合があります。

それと、もうひとつ。

価格は安くても10万円以上、一般的な価格帯は20万円くらいです。

もちろんゴルフの練習効果は絶大ですが、フルセットのクラブを購入できる価格ですから、現実的ではないかもしれません。

傾斜ショットマットはゴルフクラブをソールできるサイズ

お財布の厚さにもよりますが、多くのゴルファーにとって1万円を超える練習グッズは痛い出費です。

まして10万円を超えるとなると、一般ゴルファーの練習アイテムの領域を超えているかもしれません。

そこで傾斜ショットマットで練習するなら、自宅練習が一番確実です。

自宅でゴルフの練習する時の条件は、スイングできる天井の高さです。

基本的に傾斜でのスイングはクォータースイングやハーフスイングなので、フルショットをしなくても練習はできます。

ただ、間違って振り切ると天井に穴が開くようでは困りますが。

とりあえずスイングしても支障のないスペースがあれば、傾斜ショットマットを自作して練習することができるでしょう。

傾斜練習ショットマットは、スタンスをとってクラブをソールできる間隔が必要です。

つま先下がりでは、ボールがフラットな人工芝の上でも練習はできますが、つま先上がりでは斜面に置かないとスイング練習になりません。

つまりソールできるスペースが必要になります。

ゴルフクラブのヘッドを合わせるための傾斜ショットマット

自宅で傾斜ショットマットを使ったゴルフの練習をするのであれば、収納を考えて簡素な材料で十分です。

ボールは20個で数百円のもの、足場はコンパネなどの建築材を使えば、全部で2000円程度もあれば練習をする傾斜ショットマットを作ることはできます。

斜面の傾斜は雑誌や新聞紙などを下敷きにして作ります。

ボールは打ち込むためのものではなく、フェースを合わせる感覚を養うためのものあので、なくても問題はありません。

基本スイングはハーフスイング、時計の針で表すと3時から9時の振り幅で、コンパクトにヘッドを走らせることがポイントです。

さらにアドレスの時の姿勢は、つま先傾斜は重力に対して垂直に、左右の傾斜は斜面に対して垂直に立ちます。

この時のフェースの合せ方を習得するのが、傾斜ショットマットを使った練習のポイントになります。

左足上がりと左足下がりは斜面に合わせて立つこと、つま先上がりとつま先下がりは真っ直ぐ立ちますが、グリップ位置を合わせるためにスタンスの幅を変えてスイングすることを身体で覚えることができるでしょう。

ゴルフを上手くなるなら傾斜ショットマットを作ろう!

ゴルフの練習で厄介なのは、傾斜の練習ができないこと、バンカーショットや深いラフからのショットができないことです。

バンカーの砂や芝草の丈また傾斜での練習も、近所の公園や河川敷で練習することはできるかもしれませんが、公の場所でクラブを振るのは危険が伴うので止めておくべきです。

自宅で傾斜ショットマットを作れば、とりあえずコース内のアンジュレーション対策はできることでしょう。