ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

基本クラブ「7番アイアン」の役割と飛距離やランについて

   

基本クラブ「7番アイアン」の役割と飛距離やランについて

誰もが使うであろう7番アイアンですが、気になるのは平均飛距離と自分の飛距離の差です。

この飛距離は、キャリーなのかそれともランを含めるのかといった基本の部分と、少し違った角度から利用できる7番アイアンの用法について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000910-1.jpg
★ゴルフ上達★ヘッドを加速させるにはインパクトで止める

ゴルフスイングは極論すると振り子の動きになります。 糸の先...

glb0000909-1.jpg
コンパクトカーでゴルフバッグの積み方のコツ!教えます!

車を買うときに、ゴルフを始めるなんて夢にも思ってなかった。...

glb0000908
ロングセラー品、キャロウェイビックバーサの気になる評価は

キャロウェイクラブの代名詞とも言えるビックバーサですが、長年...

glb0000907-1.jpg
アイアンでダウンブローが出来ている良いスイングは音が違う

ゴルファーの皆さん、アイアンショットでボールを打った際の音...

glb0000906-1.jpg
タイトリストap2 714アイアンは見た目もギア的に難しいか?

タイトリストアイアンの中でも、比較的幅広いゴルファーに対応...

glb0000905-1.jpg
芸能人ゴルフ大会、18回を数える叙々苑カップは人気恒例行事

テレビで芸能人がゴルフの腕前を披露する場面はよくありますよ...

glb0000904-1.jpg
ゴルフに必要な筋肉腹筋、背筋、大胸筋を鍛えて飛距離アップ

全てのゴルファーが望む事、それは飛距離アップですよね。 ...

glb0000903-1.jpg
片山晋呉のスイング!正確無比なアイアンショットを生む秘訣

日本ツアーで永久シードホルダーの片山晋呉プロですが、彼のア...

glb0000902-1.jpg
女子プロのヘッドスピードは振るリズムが一番遅いと有利!?

女子プロゴルファーの中には、ゆったりとしたリズムでスイング...

glb0000901-1.jpg
ゴルフは体が硬いと腰痛になる確率が上がってしまうので注意

ゴルフに限らずですが、スポーツ全般体が硬いと故障しやすくな...

glb0000900-1.jpg
ホールインワン達成後の記念品の相場とは。保険は必須か!?

一生に一度あるかないかのホールインワン。 喜びも束の間、そ...

glb0000899-1.jpg
ゴルフで一番大事なパターの練習方法をイボミから学ぼう!

ゴルフでスコアを左右する一番大事なのはパターです。 そん...

glb0000898-1.jpg
ドライバーがフックフェイスのときの合わせ方と対処法

ドライバーがフックフェイスであるとき、そのまま構えるとター...

glb0000897-1.jpg
ゴルフのホールカップの大きさを知ること。それは興味深い!

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていて、その理由の1つにパ...

glb0000896-1.jpg
ショートアイアンはトップブレードで合せるとスクエアになる

アイアンを構えるとき、ボールにフェースを合わせると思います...

glb0000895-1.jpg
プロのスイングを真似る、ゴルフを上達する為に必要な事とは

ゴルフを上手くなりたい! 全てのアマチュアゴルファーがそう...

glb0000894-1.jpg
パターグリップは人それぞれ。右手の人差し指の感覚について

パターのグリップの仕方は千差万別、その人の持つ感覚でグリッ...

glb0000893-1.jpg
ドライバーの飛距離アップには動画を撮って自己分析しよう

ゴルファーであれば老若男女を問わずドライバーをもっと飛ばし...

glb0000892-1.jpg
ゴルフスイングの定石、終始左手リードの方が球が曲がらない

ゴルフスイング、左右どちらの意識で振れば良いのか、アマチュ...

glb0000891-1.jpg
良くなるからとクラブをシャフトカット。あれ調子悪いぞ!?

クラブのシャフトをカットするとミート率が上がり、ミスショッ...

スポンサーリンク


7番アイアンの飛距離を表すときはランを含めるの?

ラウンド中に1度は握るであろう7番アイアンですが、自分の飛距離はご存じですか。

感覚的に7番アイアンの飛距離は、女性なら90ヤード、男性は140ヤードになっていると思いますが、それはキャリーなのでしょうか、それともランも含まれた距離なのでしょうか。

ターゲットをピンポイントに狙うための道具がアイアンだとしたら、アプローチウェッジのように「弾着点=ターゲット」という場合もあります。
一方でドライビングアイアンのように、ランを含んでの飛距離を重視する場合もあります。

では7番アイアンはどっち?

ビギナーゴルファーが7番アイアンで打ったボールをピタっと止めることは難しいので、7番アイアンはランを含んだ飛距離であることを認識することが大切です。

そこで7番アイアンで打ったボールが140ヤードの地点まで飛び、そこから転がり止まるとしたら、全体の飛距離はどのくらいになるか把握しておくことが必要になります。

7番アイアンは真ん中でボールを捉えるクラブ

ゴルフを7番アイアンから始めた人は、プロのレッスンに通った経験があるのではないかと思います。

プロゴルファーを目指す研修生の卵たちも7番アイアンでスイングを造ります。
昔は7番アイアンでブレなくインパクトができるようになるまで、毎日300~400球を何か月も打ち続けてスイング造りをしていたものです。

なぜ7番アイアンで練習していたのか、それはシャフトの長さとボールの位置に理由があります。
7番アイアンのシャフトの長さはクラブを構えたとき、良い前傾姿勢をとれること、そして7番アイアンのボールの位置が身体の真ん中にあることです。

身体の中心でボールを捉えることができるので、スイング造りによいクラブと言われていたのでした。

正確にフェースで捉えることができるようになると、いつも同じところにボールが落ちます。
この場所が飛距離であり、しかもフェースの入射角が正しく入ることでバックスピンが効いて、ランを考慮しなくても飛距離を掴むことができるようになります。

7番アイアンで超特大の飛距離は必要なの?

正確な飛距離を必要とするアイアンですが、そもそもアイアンに飛距離アップは必要なのかという問題があります。

成人男性であっても7番アイアンの飛距離は140~160ヤード、平均は150ヤードと言われています。
メジャーで活躍している松山英樹選手の7番アイアンはランを含めず185ヤードです。

なんとなく140ヤードよりも185ヤードのほうが良いような気がすると思います。
確かに飛距離を求めるドライバーのティーショットは、よりグリーンに近づくようにリスクを背負って叩いているわけですから、遠くに飛ばすことができればより有利にゲームを組み立てることができます。

ただし一般ゴルファーに7番アイアンで185ヤードの飛距離が必要なのかといえば「NO」です。

一般ゴルファーが通常ラウンドするコースの全長は6000ヤード程度です。
18ホール中に4つあるショートホールでおよそ600ヤード使うと、残り14ホールの長さは5400ヤードです。
ロングホールが4つ、1ホールが500ヤードであれば2000ヤードで、残り10ホールのミドルホールは3400ヤードと言うことになります。

つまり1ホール当たりに換算すると340ヤードです。
ドライバーショットが230ヤードであれば、セカンドショットの残り距離は110ヤード、結果としてピッチングか9番アイアンを選択することになります。

距離に長短があってもセカンドショットで185ヤードを打つことはないので、一般ゴルファーには7番アイアンに特大の飛距離は必要ないことになります。

必要なくても欲しい!7番アイアンの飛距離を生む打法

「必要はない」と言われても飛距離は欲しいと思うゴルファーが多いようです。

いつも同じ距離を刻むことが大切な役割であることは理解できても、アイアンに飛距離が欲しいと思うのは、やはり「飛ぶ方が有利」というゴルフ特有の憧れによるものでしょう。

185ヤードとは言わずとも、なぜ平均飛距離を超えることができるのでしょう。

1つ目はヘッドスピードです。
インパクトゾーンのヘッドスピードが速いことでボールに与える衝撃力も強くなり、結果として反発したボールは通常の距離よりも飛ぶことになります。

2つ目はフェースの角度です。
メーカーが発表している7番アイアンの一般的なロフト角は30度です。
ところが真正のロフト角(リアルロフト角)は28度程度で、飛ぶクラブとはフェースの傾斜角度が「立っている」ことになります。
つまりフェースの傾斜角(ロフト角)を意識的に立ててインパクトすれば、同じように飛距離を得ることができます。
もちろんロフトの立ったアイアンではランも出やすくなる点

クラブを選び直すか、もしくは意識的にクラブフェースを立てるのかで、ヘッドスピードがなくても飛距離を稼ぐことができるようになります。

7番アイアンのランショットでシャンクを切り抜ける

7番アイアンには適正距離があり、いつも同じ飛距離で打てることが理想です。
ピンポイントにボールを運ぶことはスコアメイクでは必要なことですが、運悪くグリーン周りにこぼれたり乗らなかったりすることも普通なことです。

一般的な7番アイアンのロフト角は28度から32度までですが、実はこの角度はピッチエンドランのアプローチに最適です。

グリップラバーの先端部分を握ってパッティングのような姿勢を取ります。
ヘッドをスライドするように打つと、ボールはキャリー1:ラン2でターゲット(カップ)に向かいます。

今ではほとんど使われることがなくなりましたが、「チッパー」と言うクラブがありました。
まさにランを目的にしたパターのようなクラブで、ロフト角はおよそ35度です。
特にシャンクなどで悩みがある場合には、簡単にカップを狙えるクラブとして7番アイアンは頼りになるはずです。

キャリーやランの飛距離よりも重要な7番アイアンの特性とは

ゴルフ用語で良く聞く言葉に「スクエア」という単語があります。

スクエアの直訳は四角形ですが、ゴルフでは飛球線に対してフェースが直角当たっている状態を差します。
また地面に対してスクエアとか、つま先と膝と肩がスクエアといったように、平行した形にも使います。

7番アイアンはまさにスクエアなクラブなので、練習場で打つ時には最初に使ってほしいクラブです。

身体の中心軸の延長線上にボール置いて打つのですから、もしスライスすれば身体が開いている、またはアウトサイドインのダウンスイングになっていることが分かります。
またフックをしていれば右手が被っている、もしくはインサイドアウトの軌道でダウンスイングをしているかもしれません。

つまり「本日の自分のスイング」を客観的に診断できるクラブ、それが7番アイアンなのです。

キャリーやランを含めた飛距離も大切なことですが、自己診断に使える貴重なクラブですので、まずは7番アイアンを確実に打てるようにすることが上達の近道になるはずです。

7番1本だけでゴルフ練習場に行ってみよう!

スイングの基本のクラブでもある7番アイアン。
実践ではランを止める打ち方やキャリーの飛距離も重要ですが、当日の調子を自己診断できるクラブですので、常日頃から打ち込んで慣れておくことが大切です。

スランプが来たら最初に握るクラブ、それが7番アイアンです。

 - 初心者 入門