ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

ドライバーでゴロを打つにはそれなりの理由と直し方がある

      2017/07/04

ドライバーでゴロを打つにはそれなりの理由と直し方がある

ドライバーでゴロを打つのは恥ずかしいことですが、それよりもなぜ大事なドライバーショットがゴロになったのかを知ることは大切です。

ゴロを打ったいくつかの原因を探って、その直し方について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000910-1.jpg
★ゴルフ上達★ヘッドを加速させるにはインパクトで止める

ゴルフスイングは極論すると振り子の動きになります。 糸の先...

glb0000909-1.jpg
コンパクトカーでゴルフバッグの積み方のコツ!教えます!

車を買うときに、ゴルフを始めるなんて夢にも思ってなかった。...

glb0000908
ロングセラー品、キャロウェイビックバーサの気になる評価は

キャロウェイクラブの代名詞とも言えるビックバーサですが、長年...

glb0000907-1.jpg
アイアンでダウンブローが出来ている良いスイングは音が違う

ゴルファーの皆さん、アイアンショットでボールを打った際の音...

glb0000906-1.jpg
タイトリストap2 714アイアンは見た目もギア的に難しいか?

タイトリストアイアンの中でも、比較的幅広いゴルファーに対応...

glb0000905-1.jpg
芸能人ゴルフ大会、18回を数える叙々苑カップは人気恒例行事

テレビで芸能人がゴルフの腕前を披露する場面はよくありますよ...

glb0000904-1.jpg
ゴルフに必要な筋肉腹筋、背筋、大胸筋を鍛えて飛距離アップ

全てのゴルファーが望む事、それは飛距離アップですよね。 ...

glb0000903-1.jpg
片山晋呉のスイング!正確無比なアイアンショットを生む秘訣

日本ツアーで永久シードホルダーの片山晋呉プロですが、彼のア...

glb0000902-1.jpg
女子プロのヘッドスピードは振るリズムが一番遅いと有利!?

女子プロゴルファーの中には、ゆったりとしたリズムでスイング...

glb0000901-1.jpg
ゴルフは体が硬いと腰痛になる確率が上がってしまうので注意

ゴルフに限らずですが、スポーツ全般体が硬いと故障しやすくな...

glb0000900-1.jpg
ホールインワン達成後の記念品の相場とは。保険は必須か!?

一生に一度あるかないかのホールインワン。 喜びも束の間、そ...

glb0000899-1.jpg
ゴルフで一番大事なパターの練習方法をイボミから学ぼう!

ゴルフでスコアを左右する一番大事なのはパターです。 そん...

glb0000898-1.jpg
ドライバーがフックフェイスのときの合わせ方と対処法

ドライバーがフックフェイスであるとき、そのまま構えるとター...

glb0000897-1.jpg
ゴルフのホールカップの大きさを知ること。それは興味深い!

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていて、その理由の1つにパ...

glb0000896-1.jpg
ショートアイアンはトップブレードで合せるとスクエアになる

アイアンを構えるとき、ボールにフェースを合わせると思います...

glb0000895-1.jpg
プロのスイングを真似る、ゴルフを上達する為に必要な事とは

ゴルフを上手くなりたい! 全てのアマチュアゴルファーがそう...

glb0000894-1.jpg
パターグリップは人それぞれ。右手の人差し指の感覚について

パターのグリップの仕方は千差万別、その人の持つ感覚でグリッ...

glb0000893-1.jpg
ドライバーの飛距離アップには動画を撮って自己分析しよう

ゴルファーであれば老若男女を問わずドライバーをもっと飛ばし...

glb0000892-1.jpg
ゴルフスイングの定石、終始左手リードの方が球が曲がらない

ゴルフスイング、左右どちらの意識で振れば良いのか、アマチュ...

glb0000891-1.jpg
良くなるからとクラブをシャフトカット。あれ調子悪いぞ!?

クラブのシャフトをカットするとミート率が上がり、ミスショッ...

スポンサーリンク


ドライバーのゴロ は恥ずかしい!原因と直し方とは

ドライバーで最初のショットを打つのはプロでもアマチュアでも緊張するものです。
特に大会に出場するプロゴルファーの場合には、ティーグラウンド周辺はギャラリーが大勢いる中、自分の名前と戦績を紹介されてからティーアップすることになるので、極度の緊張状態になっています。

そんな状況でファーストショットがゴロだったら、穴でもあったら入りたい気分になるものです。
技量の優れたプロゴルファーでさえゴロが出るのですから、一般のアマチュアゴルファーは普段のドライバーショットでもゴロを打っても何も不思議ではありません。

それではなぜドライバーショットがゴロになるのでしょうか?

その原因はインパクトでボールの上を叩いていることです。
かなり重症なので、直し方はスイング改造、もしくは意識を変える必要があります。

この後、そのポイントを説明します。

ドライバーでゴロを打つときの2つの原因から直し方を考える

まずは1つ目の「インパクトでボールの上を叩いている」の直し方について考えてみます。

基本的にドライバーがボールの上部を叩くのは、セットアップのときに比べてダウンスイングがブレたからです。
このとき原因として2つのことが考えられます。

1つ目は身体がターゲットの方向に移動してしまい、スイングの最下点がボールよりも前方に移動したためです。

2つ目はダウンスイングで後方に移動してしまい、スイングの最下点がボールよりも後方に移動したためです。

つまりドライバーでゴロを打つ共通の原因は、スイングプレーンが前後に移動していることです。
どちらのケースも基本的なスイングを修正しないと、またゴロを打つかもしれません。

ドライバーでゴロになるのは遙か上をスイングしているから

再度、ドライバーショットでボールの上を叩くケースを確認します。
ボールの上を叩くということは、あと数センチずれると空振りしているかもしれません。
本来、ボールの後ろにクラブヘッドを置いてからスイングが始まり、正常にスイングできればヘッドを置いた位置に戻ってくるはずです。

一般的なティーの高さは、クラブフェースからボールが半分出ているところがベストです。
ボールの直径は42.67mm、クラブヘッドの高さはおよそ55mm前後ですから、ボールは地面よりも約35mm上でティアップされているのがベストなわけです。

35mm上のボール、しかもボールの直径を考えるとボール上部は約75mmのところにあります。 
つまりこの高さの位置をヘッド下部が通ることによって、ゴロが起きていることになります。

数字を並べると難しいような気がしますが、最初にボールの後ろに置いたクラブヘッドの上部(55mm前後)よりも、さらに上でスイングしている感じです。
ヘッド1個分以上通り道が違っているのです。

この原因は上体が右側にスウェーしていることによるもので、理由が分かれば直し方は簡単です。

ドライバーのゴロ打ちの簡単な直し方とは

ドライバーショットでゴロを打つ原因の1つとして説明した、上体が右に傾いてボールの上を叩いてしまうことがあります。

この直し方について考えてみましょう。

どうして上体が右に傾くか、それはテークバックで左肩を回すつもりが、身体が硬くて回らず、左肩が右サイドのほうに寄ったというのが原因です。
右サイドに寄ると言うことは、トップの位置では身体の左サイドは伸びきった状態になっているはずです。
もしかすると、頭が右肩の上にあるかもしれません。

この状態になったのは右サイドに壁がなくなったからです。
右サイドの壁を意識するのであれば、練習場でアイアンショットをする人工芝やゴムマットの部分を右足裏の縦半分外側にかかるように踏むだけで壁を意識することができます。
これは人工芝やゴムマットが動かせればの話ですが、難しければ何か1cmくらい厚みのあるもので代用してください。

また上体が傾くもともとの原因は右肩の引きができていないからです。
左肩を回しているのに右肩は後ろに引いていないために、上体が右側に傾いているわけです。
テークバックで右肩を意識して、後ろに引くことで身体の中心軸を基点に捻転することができます。

ボールの位置を変えただけでドライバーのゴロは直る

なぜボールの上を叩くのかと言うと、上体が右に傾きダウンスイングで元に戻る前にインパクトゾーンを迎えたことが原因だと説明してきました。

ただ原因はこれだけではありません。
単純にティーアップしたボールの位置が左側に寄っているため、最下点はボールのかなり手前で、空振り寸前でボールの下、もしくは側面をかすっている状態です。

基本的にドライバーショットは、ティーアップしたボールを左に置いているため、最下点から少し上がったところでインパクトすることになりますが、左に置きすぎたためになんと空振り寸前になったというパターンもあります。

ちなみに、この直し方は簡単です。

まずティーアップしたボールを両足を揃えて身体の中心に置きます。
次に左足を1足分左側に、そのあと右足を肩幅になるよう広げます。
こうすることでボールは、左足内側のくるぶしの垂直線上にあるはずです。

あとは上体を揺らすことなくスイングできれば、ドライバーショットでゴロを打つことはなくなるはずです。

あくまで基本的なドライバーのボール位置の合わせ方です。
でもこの合わせ方を行わずに感覚だけを頼りに設定すると、思った以上に外にあるということもあり得るのです。

人によっては、左足を1足分ではなく1.5~2足分でぴったりという場合もあります。

ドライバーのゴロを直すにはシャフトを変える

プロゴルファーがゴロを打つのは、ちょっと違った原因によるものです。

それはドライバーが他のクラブよりも性能を最大限に生かすクラブなので、シャフトのしなりとスイングのバランスが合わなかった時に起こったものです。

テークバックでクラブを引くとき、若干ですがシャフトの中心部分は上になり、ヘッドは下側からついてくる形になります。
トップからダウンスイングになると、今度はシャフトの中心部は下側にしなり、ヘッドが遅れてきます。

このしなりの反発が飛距離を生むわけですが、それにはキックポイントを意識することが必要です。

シャフトがしなったままでインパクトすると、フェースは外を向くためスライスになります。
そこでしなって遅れてくるヘッドを前に出すために、ダウンスイングで右脚辺りにきたとき、キックポイントを設けるわけです。

でも、このタイミングが早くなりすぎると想定以上にヘッドが反ってしまって、結果ボールの上を叩くことに繋がるわけです。

これは上級者ではもっとも多いパターンですが、直し方は「ゆったりしたスイング」を心がけるだけです。
ちなみに常にこのしなったままでフェースが外を向く症状が起こるようでしたら、先調子のシャフトに変えると解決できます。

気負わず普段のスイングができればゴロは打たない

ドライバーでゴロを打つと言うのは精神的なショックが大きく、もしもファーストティーであれば、その日のラウンドは苦しい思いをすることになります。

この症状が出たときの直し方はたくさんありますが、結局は気負わずにゆったりとしたスイングができれば、大きな失敗はなくなると思います。

 - 初心者 入門