ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

キャロウェイのフィッティングの料金って高いんじゃないの?

   

キャロウェイのフィッティングの料金って高いんじゃないの?

どうがんばってもゴルフの調子が悪いとき。
クラブを疑ってみるのも一つの手です。
そんなときに活用できるのが、ショップやメーカーで行っているフィッティングです。
そのフィッティングでも評判の良いキャロウェイに注目してみましょう。
ショップなら気軽に出来るけど、メーカーだと料金など身構えてしまいますよね。
そんな不安を和らげるべく、詳細をお教えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

glb0000803-1.jpg
ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行い...

glb0000802-1.jpg
イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイン...

glb0000797-1.jpg
気になるドライバーヘッドの塗装剥がれをきれいに直そう!

ゴルフクラブを大事に使っていても、何故か気づいたら傷が付い...

glb0000799-1.jpg
膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はあ...

glb0000798-1.jpg
ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標に...

glb0000796-1.jpg
ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージで...

glb0000793-1.jpg
クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは...

glb0000795-1.jpg
シャフトバリエーションが増えたので好きなのを選びやすい!

最近のゴルフクラブには、メーカー純正のクラブよりもシャフト...

glb0000794-1.jpg
ゴルフの肝!ドライバーのシャフト交換で理想のショットを!

ゴルフは絶対飛距離にこだわりたい! 同伴者に20ヤードも置...

glb0000791-1.jpg
ゴルフのプレーでショットガン方式は洋式だが効率的である!

日本国内のゴルフ場ではほとんどないプレー形式であるショット...

スポンサーリンク


クラブフィッティングはなぜ必要なのか

キャロウェイに限らず、いろいろなメーカーやショップがクラブフィッティングを行っています。

内容や料金はそれぞれ違いますが、その重要性はどこであっても変わりません。

クラブフィッティングは伸び悩む上級者に限らず、初心者ゴルファーでもするべきです。
初心者はスイングがまだ不安定ですが、体格や筋力などに合わせたフィッティングをすることが出来ます。

自分に合わないクラブを使っていると上達の妨げになってしまうので、伸びシロのある初心者こそフィッティングを受け自分に合ったクラブを使うと良いのです。

またある程度スイングが安定してきた中上級者の人は、現在の自分の実力に合ったクラブを選択する必要があります。

オーバースペックだとスイングに無理が生じてきますし、アンダーススペックだとクラブを操作する必要が増します。

中上級者の人はゴルフ上達のためというよりも、より安定したショットをするためのフィッティングと考えた方が良いでしょう。

ゴルフのレベル関係なく、フィッティングで、飛距離・方向性・再現性・スコアが安定することでゴルフの楽しさも増幅することは間違いないです。

ずばり、キャロウェイのフィッティング料金は

ゴルフをするにあたって、全てのことで一番気がかりになるのが、「料金」ですよね。

クラブでも、ラウンドでも、練習でも…。

なるべく安く良いものを!と考えるのが人間の性です。

キャロウェイでのフィッティングは、スイングやインパクトを科学的に解析するフィッティングシステムと、特殊な訓練を受けたフィッティングスペシャリストが科学と経験の両面からカスタムフィッティングしてくれます。

巨大な3面パノラマスクリーンの迫力ある映像でのフィッティング体験はここでしかできません。

実際のゴルフ場で試打している感覚で、忠実な計測が可能です。

ヘッドスピードや飛距離、ヘッド入射角やヘッド軌道、打ち出し角、スピン量、打ち出し方向、ボール初速などかなり詳細なデータを瞬時に計測することができます。

またフィッティングした結果から最適なスペックをプリントアウトしてくれます。

使用中のクラブが合っているかも見られるので、自分のクラブを持っていきましょう。

と、施設や待遇を聞いただけで料金の心配が出てきたのではないですか?

安心してください。

キャロウェイのフィッティングは、約75分で「無料」です!

料金の問題は解決!ではキャロウェイ本社フィッティングセンターへ

キャロウェイのフィッティングは本社である港区の白金で受けることができます。

もちろん要予約なので事前に予約をして行きましょう。

シューズやグローブなどあるので手ぶらでも行けますが、自分の使用クラブ・シューズ・グローブを持参して行った方が、いつも通りのあなたのスイングを見てもらうことができます。

最初に問診を受けるのですが、その際に現在の自分の悩みをしっかりと伝えましょう。

問診後に専門のフィッターがクラブを用意してくれます。

揃えてあるキャロウェイのヘッドとシャフトの種類は見るだけで圧倒されるでしょう。

そのたくさんあるヘッドとシャフトからフィッターがいくつかのスペックを用意してくれ、試打をし。データを検討していきます。

そのデータを基にヘッドとシャフトを合わせていくのです。

ここでもしっかりと自分で感じた感触とデータでフィッターとしっかり話し合ながらベストなスペックを決めていきます。

帰りに、その日に決まったベストなスペックを記したシートをもらってフィッティング終了です。

料金無料とは思えない内容の濃さに驚かされます。

キャロウェイでオデッセイのフィッティングも

キャロウェイのフィッティングセンターでは、オデッセイのパターフィッティングコーナーも併設されています。

もちろんこの料金も無料です。

クラブフィッティングで、ベストなドライバーやアイアンが見つかったら、やっぱりきっちり入れられるパターも欲しくなりますよね。

もちろんパターのフィッティングも要予約なので、クラブフィッティングを合わせて予約をしておくと良いでしょう。

まずは現在使っているパターでのパッティング傾向を分析してもらいます。

ここで使われるのがパッティング計測器「SAM」です。

①アドレス時のフェースの向き

②インパクト時のフェースの向き

③上から見たスイング軌道

④インパクト時の打点の位置

⑤横から見たスイング軌道

⑥クラブフェースの開店

⑦リズムとタイミング

の7つのデータを計測してくれます。

専任のフィッターが、距離感・方向性を求めるために豊富な種類が揃うオデッセイパターの中から最適なパターを選んでくれます。

クラブ同様、データと最適スペックを記したシートを最後にくれるので、今後の参考にするも良し、買い替えを考えるも良しです!

元祖・料金無料のフィッティング

キャロウェイのフィッティングに関してお話してきましたが、実はフィッティングの元祖と言えばPING(ピン)です。

PINGのフィッティングの概念は1969年に発売した「カーステン1」の発売時から既に始まっていたと言われています。

ゴルファーによって異なる体系や筋力、スイングの癖に合わせて、最適なゴルフクラブが選べるように、カラーコード表示によるライ角の種類を設けるなど、「カスタム・フィッティング」をいち早く取り入れて、商品として約40年間提供しています。

PINGもキャロウェイ同様、メーカー直営店のみのフィッティングで、料金も無料です。

専属のスペシャリストのフィッターがいるので、しっかりと問診をし、データを基にベストなクラブを選んでもらえます。

またPINGでもクラブだけだなく、パターのフィッティングも行っています。

キャロウェイは、全国でも数箇所しかフィッティングセンターはないのですが、PINGは直営店でフィッティングができるので、全国でかなりの数あります。

自信へ繋がるフィッティング

キャロウェイとPINGのフィッティングの紹介をしましたが、他のメーカーも料金無料や有料とそれぞれ独自の方法でのフィッティングを行っています。

現在自分が使っているメーカーでも良いですし、近くにあるフィッティングスタジオでも良いので、一度フィッティングをトライしてみましょう。

ゴルフショップで行うフィッティングが悪いわけではないのですが、やはりショップ等のフィッティングはデータに頼った簡易的なものが多いので、専門にフィッターがいるメーカーのフィッティングをしてもらうのが良いです。

フィッティングをすると、飛距離アップやスイングの安定、スコアアップからその安定など成果が積み重なっていくので、ゴルフへの自信が付いてきます。

ゴルフはメンタルが重要視されるスポーツです。

極度に緊張したりすると、スイングが影響を受け、大外しをしてしまう可能性もあります。

それを防ぐためにも、実績を積み上げて自信を高めることが大切です。

またフィッティングは、ただゴルフのパフォーマンスを高めるだけではなくて、自信が付き、スコアがまとまることでよりゴルフが楽しくなると言う良い相乗効果が出ます。

フィッティングの敷居は全然高くない!

「フィッティング」と聞くと、プロであったり、上級者が行うものと言うイメージを持っている方は多いです。
しかし、クラブフィッティングは初心者から上級者、プロまで全ゴルファーにとって効果のある、ゴルフ上達のためのものと言えます。
もっと言うと、ゴルフ上達がより必要な初心者から中級者にとって一番フィッティングは必要なのです。
ぜひ一度フィッティングを受けてみましょう!

 - 修理 調整