ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

プロ御用達、ディアマナアヒナスペック70sの機能について

   

プロ御用達、ディアマナアヒナスペック70sの機能について

三菱レイヨン社製、ディアマナシリーズであるアヒナシャフトは、プロの要望を取り入れたシャフトです。

では、このシャフトはプロや上級者でないと使いこなせないのでしょうか。

ディアマナアヒナ70sシャフトのスペックから読み取れる事、実際に使ってみないと感じられない事を見ていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

glb0000803-1.jpg
ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行い...

glb0000802-1.jpg
イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイン...

glb0000797-1.jpg
気になるドライバーヘッドの塗装剥がれをきれいに直そう!

ゴルフクラブを大事に使っていても、何故か気づいたら傷が付い...

glb0000799-1.jpg
膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はあ...

glb0000798-1.jpg
ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標に...

glb0000796-1.jpg
ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージで...

glb0000793-1.jpg
クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは...

glb0000795-1.jpg
シャフトバリエーションが増えたので好きなのを選びやすい!

最近のゴルフクラブには、メーカー純正のクラブよりもシャフト...

glb0000794-1.jpg
ゴルフの肝!ドライバーのシャフト交換で理想のショットを!

ゴルフは絶対飛距離にこだわりたい! 同伴者に20ヤードも置...

glb0000791-1.jpg
ゴルフのプレーでショットガン方式は洋式だが効率的である!

日本国内のゴルフ場ではほとんどないプレー形式であるショット...

スポンサーリンク


ディアマナアヒナ70sが使えるヘッドスピードはどの位からか

ディアマナアヒナシャフトは一般的に60から80グラム台の物が発売されていましたが、このシャフトのちょうど中間スペックに位置する70sシャフトを使いこなせるゴルファーのヘッドスピードはどの位なのでしょうか。

元々、ディアマナシリーズのシャフトは、プロの要求を満たすために作られているシャフトの為、ヘッドスピードが遅めの年配者向けではありません。

このディアマナアヒナもプロの要求を満たすべく開発されたシャフトの為、シャフトの中心から先にかけて硬めとなっています。

そしてディアマナアヒナ70sはシャフト重量が70グラム台のシャフトである為、ヘッドスピードが45m/sを超えるゴルファーでないと、シャフトの良さを生かしたスイングをする事は難しいと言えます。

重めのシャフトと硬めのスペックから、50m/sある様なゴルファーでも十分耐えられるスペックと言えます。

また、70sだけでなく70xも設定されていますので、しっかり振ってヘッドが暴れる方であれば、一段上に上げてもよいですね。
70xなら、さらにしっかりとしたシャフトの為、ヘッドが暴れる様な事はなくなるはずです。

ディアマナアヒナ70sシャフトのデザインはかっこいい!

以前からデザインに定評のあるディアマナシリーズシャフトですが、アヒナ70sのデザインもかっこいいですね。

ベースの黒に白の文字やロゴをあしらったデザインは、クールさを感じさせる素晴らしいデザインと言えます。
また、黒がベースの為、クラブヘッドの色が何色であっても比較的相性がよいと言えるでしょう。
最近流行った白ヘッドや紫系のヘッドにも合うのではないでしょうか。

そして、ディアマナアヒナのシャフトを装着しているだけで、他のゴルファーとは違う目で見られる可能性が高いと言えます。

メーカーオリジナルのシャフトに比べてリシャフトされたディアマナアヒナ70sを装着していれば、それだけでゴルフを知っている経験者とみられると思います。
ディアマナアヒナを使えるゴルファーというだけで、他人よりもゴルフが上手いと思われる傾向があるのではないでしょうか。

もちろん、ディアマナアヒナシャフトを装着したドライバーでチョロなんていう事は避けなければなりません。
期待が高い分、ミスの落胆も大きい物になる可能性があります。

ディアマナアヒナ70sは手元調子の為、強く叩いてもふけ上がらない

ディアマナアヒナ70sシャフトは、手元調子でありしっかりと剛性をもっている為、ヘッドスピードが50m/sもある様なゴルファーが思い切り叩いてもふけ上がらないシャフトです。

軽くもなく、柔らかくもないディアマナアヒナのシャフトは、トップからの急激な切り返しでもインパクト時にヘッドが十分に戻り、正確なインパクトを迎える特性があるので、安心して振る事が出来るのではないでしょうか。

ディアマナアヒナシャフト、この辺はさすがプロの意見や要望を取り入れて作られているといった感がありますよね。
世に硬くてもしならないシャフト、しなるのだけれどもインパクト時のヘッドの戻りがいまいちのシャフトは結構ある為、そういった点ディアマナアヒナ70sは全く心配ないと言えます。

ディアマナアヒナ70sに限らず、よいシャフトに交換するにはそれなりのお金が必要となりますが、いままでオリジナルシャフトしか使った事のないゴルファーなら、ディアマナアヒナ70sはきっと気に入ると思います。

スイングスピードが45m/sまで無いというゴルファーでも、ディアマナアヒナ60でフレックスrモデルが設定されているので、こちらをお試しで使ってみてはいかがでしょうか。
きっと、ディアマナシャフトの良さを感じられるはずです。
ただし希少スペックのため、どこかに在庫が残っていればうれしいところです。

ディアマナアヒナ70sはヘッドのターンが少なめのシャフト

ディアマナアヒナ70sはシャフトの先端部分が特に硬めになっており、インパクトゾーンでヘッドがターンしにくい仕様と言えます。

比較的先端部分が柔らかく、ヘッドのターンが起きやすいシャフトと比べると、ボールを捕まえる為に意識しなければならない分、上級者向けのシャフトと言えます。

そういった点から、ディアマナアヒナ70sはドロー系のボールよりもフェード系のボールを打つ方が合うと言えます。

これは、ヘッドが返りにくい分インパクトゾーンでヘッドの先が根本部分を追い越すイメージで打つドロー系のボールだと、ヘッドが返りにくい事がマイナスに働いてしまうからです。
逆にフェード系なら、特に意識しなくてもそのまま打てばフェード系のボールになると言う事ですよね。
パワーフェードを打てる、又は目指すゴルファーには相性のよいディアマナアヒナ70sシャフトと言えます。

もちろん、ドロー系でも左への引っ掛けが少なくなる特性をもったシャフトの為、左が怖いドローヒッターには合うと言えます。
ただ、純粋にドロー系のボールを志すゴルファーには、もっと相性の違うシャフトがありますので、そちらをオススメします。

ディアマナアヒナ70sでのティーショットはスピン量が少ない

ディアマナアヒナ70sは全体的に硬いシャフトの為、弾道は低くスピン量が少なめの弾道となります。
弾道が低い分、飛距離を出しにくいと言えますが、適正なヘッドスピードを持つゴルファーならその心配はないと思われます。

逆に弾道が低い分、風に負けない強い球を打つ事ができます。
スピン量の多い高弾道のボールは一見するとすごく飛距離が出る様に思われがちですが、アゲンストの風だとかなり飛距離をロスします。
しかし、フォローだと風に乗って飛ぶ為、日本のゴルファーはこちらのボールの方がお好みの様な気がします。

でもアゲンストの風に弱いという事は、自然の風によってスコアの変動が激しくなる要因にもなる為、平均スコアを上げたいゴルファーには向いていないと言えますね。

プロでも風の強い環境で練習を重ねた方の弾道は比較的低いです。
ブレンダン・ジョーンズ選手の球筋は低いが300ヤードを軽々超える、というのは別格として、日本人プロでも沖縄育ちの宮里優作プロの球筋は低めです。
それでも宮里プロのドライバーショットは300ヤードを超えてきます。

こうして見ると、弾道の高い低いはあまり関係ない様な気がしますが、低くてもしっかり飛ばせるスイングスピードがあれば、ディアマナアヒナ70sはオススメと言えるでしょう。

プロ仕様なディアマナシリーズシャフトだが、アマチュアでも使える

ディアマナアヒナ70sに限らず、三菱ケミカル社(発売当時は三菱レイヨン)のディアマナシリーズは比較的プロや上級者好みのシャフトと言えます。

グラファイトデザインのツアーADシャフトがアマチュアから好まれる傾向からすると、逆のイメージがあります。
しかし、ディアマナシリーズシャフトはアベレージゴルファーでも十分に使いこなせるスペックの物も用意されており、使ってみる価値はありそうです。

ディアマナアヒナ70sも60グラム台のアヒナ60sであれば、非力でない限り使えるシャフトですし、他のディアマナシリーズでアベレージゴルファー向けのシャフトもライアンナップとして存在していますので、そちらから試してみるというのもありだと言えます。

ディアマナシリーズのシャフトを使うと、一般的なシャフトとの違いを感じる事ができる様になる為、一度使い始めると同じシリーズを使い続けたいと思うかもしれません。

しかし、ディアマナシャフトはプロ向けと言われる為、アベレージゴルファーにはどうしてもハードルが高い印象があるかもしれませんね。

それを裏付けるデータがありますが、2017年のマスターズのにてトップ10の選手が使用するドライバーのシャフト、実に76選手が三菱ケミカル、すべてがディアマナではないですが、同じメーカーのシャフトとなっています。

ここからも世界のトッププロが認めたシャフトなんだと言えますね。

ディアマナアヒナシャフトは比較的上級者向け

アベレージゴルファーでも使えなくはないディアマナアヒナ70sですが、使いこなすにはそれなりのパワーとテクニックを必要としそうです。

ボールがつかまりにくいシャフトと言える為、単純に左に引っ掛けたくないゴルファーに合うのかと言えばそうでもなく、先が硬めで中心が柔らかめのシャフトの方が合うゴルファーも多いと思われます。

しっかり叩く事ができるディアマナアヒナ70sですので、ヘッドスピードは45m/s以上はほしいと言えるシャフトでしょう。

 - クラブ 用品