ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

ゴルフのショットガンスタートって何だか知っていますか?

      2017/05/19

ゴルフのショットガンスタートって何だか知っていますか?

ゴルフで「ショットガンスタート」って聞いたことありますか?

大型コンペや組数が多い時に採用されることがあります。
きっと聞いたことが無い人は、いったい何のことやらと言う感じですよね。

知って得する情報ではないのですが、会社等での大型の幹事を任された時には役立つことになります。

もしもの時のために、コンペ等で採用されている方式についていろいろと見てみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000820-1.jpg
ゴルフコンペ徹底マニュアル。ショットガンスタートetc…

ゴルフをしていると、いづれコンペの幹事を任される日が訪れる...

glb0000010-1.jpg
オノマトペをスポーツに使おう!ゴルフ上達に悩んだらコレ!

スポーツ選手はオノマトペを使うことでパフォーマンスアップの効...

glb0000819-1.jpg
アイアンはスイングスピードより精度!女性ゴルファー必見!

クラブを持つと飛ばすことを考え、スイングスピードに意識がい...

glb0000818-1.jpg
ドライバーの練習風景を動画で撮影するといろいろ見えてくる

ドライバーを練習することは大事なことです。 ただ、練習の...

glb0000814-1.jpg
9番アイアンでも飛距離が150ヤードになる打ち方とは

ゴルファーにとって「飛距離アップ」は魅力的なキーワードです...

glb0000816-1.jpg
いろいろな楽しみ方ができる!ゴルフのハンディキャップとは

「あの人のゴルフはシングルの腕前だよ!」なんてことを聞いた...

glb0000815-1.jpg
インパクトで左肩が動く原因と知って得する止める方法!

インパクトで左肩を止めることができないのはなぜでしょうか。...

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

glb0000803-1.jpg
ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行い...

glb0000802-1.jpg
イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイン...

glb0000797-1.jpg
気になるドライバーヘッドの塗装剥がれをきれいに直そう!

ゴルフクラブを大事に使っていても、何故か気づいたら傷が付い...

スポンサーリンク


ゴルフのショットガンスタートとは

ゴルフのショットガンスタートとは、複数のグループがそれぞれ違うホールから、ほぼ同時にスタートする方式のことを言います。

例えば、その日のコンペが18組あって、それぞれが1~18番までの各ホールのティーグラウンドに立って、スタート時刻になったら一斉にティーオフするのです。

組数が6組なら、アウト、インそれぞれの1番目、4番目、7番目のホールから同時にスタートするという感じです。

大きな会社の大型コンペや、メーカーの招待イベントなどでは、表彰式を兼ねたパーティが開かれます。
一般的なスタート方式だと、トップの組が最終組のホールアウトを待たなくてはなりません。
しかしショットガンスタートであれば、全組がほぼ同時刻にスタートするので、終了時刻もほぼ同じになり、コンペがスムーズに進められると言うメリットがあります。

ショットガンスタートの呼び名の由来は、1956年5月、アメリカ・ワシントン州にあるワラワラカントリークラブで、ショットガン方式による最初のトーナメントが行われました。

その時、クラブのヘッドプロだったジム・ラッセルが、スタートを知らせる合図にショットガンを用いたので、以後この方式が「ショットガンスタート」と呼ばれるようになったそうです。

ショットガンスタートのデメリット

ゴルフコンペをするには、メリットの多いショットガンスタートです。

良いペースでラウンドできると、ゴルフへの集中力も高まります。

ラウンド途中に待ち時間等があると、身体が硬くなったり、イライラしたりしますよね。それがないのだからベストとも言えるスタート方式です。

しかし良いことばかりではなく、デメリットもあるのです。
ほぼ同時刻に終了するからこそ起きる問題。

100人近くの大型コンペを考えてください。
100人がほぼ同時刻にラウンドを終了して、まずすることは「入浴」です。

ゴルフ場のお風呂は大きめではありますが、100人の人が一斉にお風呂に入ったのをイメージするだけでため息がでますよね。

でもこれはお風呂に限ったことではないのです。
ロッカールームでも、ランチでも、受付でも、みんなが同じ時間を目安に行動するので、100人が同じところをウロウロすることになってしまいます。

ラウンドはスムーズですが、その他が詰まってしまう結果になるのがデメリットと言えるでしょう。

ゴルフのプロアマ戦ではショットガン方式が多い

プロのツアートーナメントの前にあるプロアマ戦では、フルショットガンのスタートです。

ご存知の方も多いと思いますが、プロアマ戦の後には盛大な表彰式を兼ねたパーティーがあります。
そしてスポンサーが参加しますので、主催者側としては失礼があってはいけません。

通常のスタートをしてしまうと、そんな方々を待たせてしまうことになります。
無駄な時間(他の組がスタートするのを待つ時間、後発組の上がりを待つ時間)が各組に存在することになってしまいます。

運営上も各参加者にとっても決して良いものとはありません。

ですからフルショットガンスタートをすれば、全組がほぼ同時刻にスタートするので、終了時刻もほぼ同じになり、イベントの時間管理や運営がかなりやりやすくなるのです。

参加するスポンサーもそうですが、プロゴルファーたちもツアートーナメントへ向けての練習などの時間も必要です。
プロアマ戦をフルショットガンスタートにすることで、全ての人が時間を有効に使うことができるのです。

ゴルフ競技で行われるショットガンスタート以外の方式

ショットガンスタート方式は、プロアマ戦や大型コンペで採用されているのですが、男子プロゴルファーとのプロアマ戦に次なる問題が発生しました。

ゴルフラウンドでは、ティーショットの待ち時間が、一番会話が盛り上がる時ですよね。プロとの会話を楽しめるのが、プロアマ戦の一番の醍醐味です。

しかし男子トーナメントのプロアマ戦では、プロとアマチュアのティーグラウンドが違います。

男子プロの飛距離は平均280ヤードを超えるのでアマチュアより50~100ヤード後ろのティーグラウンドを使用します。
100ヤードも後ろのティーグラウンドにいては会話のしようが無い上に、間近でスイングを見ることもできないです。

これを解消するために採用されているのが、スクランブル方式です。
スクランブル方式とは、ティーショットは全員が打ち、2打目以降は、毎ショット一番良いポジションを選んで、そこから全員がプレーするチーム戦です。

これだとみんなが同じ場所から打つので会話も増え、プロのショットも間近で見られます。

アマチュアだけでもスクランブル方式を楽しもう

ショットガンスタート方式は、組数の多いコンペなどでしか採用できません。

しかしスクランブル方式は、仲間内でのラウンドであればいつでも自分たちで採用をすることができます。

ゴルフはメンバーそれぞれに目標がありながら、ペースを合わせなければならないという気づかいの多いスポーツです。
ですからなるべく同じレベルの人を集めようとしますが、4人同じレベルと言うのはそう簡単に都合がつかないものです。

スクランブルゴルフは通常のゴルフと違い、チームプレーなので4人で1つのスコアを記録していきます。
もし1人がミスしても、仲間の1人がナイスプレーでサポートすればOKなので、誰か1人にプレッシャーや負担がかかることはありません。

まだコースに出たことのない初心者から経験豊富な上級者まで、さまざまなタイプの人が気軽に参加できるラウンドスタイルです。

初心者ゴルファーの練習ラウンドとして行うには、最適なラウンド方式と言えるでしょう。

同じところからショットするので、上級者が技術的なことから、ルール、マナーに至るまでラウンドしながら教えてあげることもできます。

しかしこれを採用する場合は、周りが変に思うかもしれないので、事前にマスター室に了承を得ておくようにしましょう。

ショットガンスタート方式を採用する時は慎重に

ショットガンスタートをコンペで採用するのは、組数の関係や時間短縮、スムーズな運営の為です。

ですが、ショットガンスタート方式に馴染みのない人は結構多いです。
ですから幹事を任された際に、ショットガンスタート方式を採用する場合は慎重に行わなければなりません。

まず最初に考えるのが「昼食」です。

レストランに全員が集中してしまうと大変なことになってしまうので、スルーにして軽食を準備するパターンです。
朝、参加者がカートで各ホールに散らばる前に、クラブハウス前でバナナやオニギリなど手軽に食べられる物を一緒に並べ、自由に持って出られるようにすると良いでしょう。

不満が出ないようにここは細心の注意を払う必要があります。

次にゴルフ場の選択です。

大浴場を完備したゴルフ場でないと全員が一斉にお風呂に行くのでパンクしてしまいます。
特に女性の参加者が多いコンペの場合は要注意です。

女性の浴場設備は小さいうえにお化粧で一人が鏡の前を占有する時間が長いために、さながら「戦場」のような騒ぎになりかねません。

功罪と開催ゴルフ場施設の制約などを勘案して、ショットガンスタートを採用するのかどうかを検討しましょう。

コンペの幹事は大変だけど一度経験してみるべき

ゴルフをしていると様々なコンペがあります。
ゴルフ場、会社、仲間内、ゴルフショップ、お店等主催。
参加して楽しかった、微妙だったなど感想があるでしょう。

しかしあなたもいつ幹事を任されるか分かりません。

幹事とは企画から賞品準備等することがたくさんあって大変ですが、今後何かと役立つ良い経験になることは間違いないでしょう!

 - 初心者 入門