ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

紫外線対策のゴルフキャップ、おしゃれな物をオススメします

      2017/04/06

紫外線対策のゴルフキャップ、おしゃれな物をオススメします

ゴルフで着用するゴルフキャップ。
安全性や紫外線対策を目的に着用します。

でもせっかく被るのであれば、ゴルフウェア同様おしゃれにキメたいですよね。

そんなおしゃれゴルファーになるべく、オススメキャップを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

glb0000803-1.jpg
ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行い...

glb0000802-1.jpg
イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイン...

glb0000797-1.jpg
気になるドライバーヘッドの塗装剥がれをきれいに直そう!

ゴルフクラブを大事に使っていても、何故か気づいたら傷が付い...

glb0000799-1.jpg
膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はあ...

glb0000798-1.jpg
ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標に...

glb0000796-1.jpg
ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージで...

glb0000793-1.jpg
クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは...

glb0000795-1.jpg
シャフトバリエーションが増えたので好きなのを選びやすい!

最近のゴルフクラブには、メーカー純正のクラブよりもシャフト...

glb0000794-1.jpg
ゴルフの肝!ドライバーのシャフト交換で理想のショットを!

ゴルフは絶対飛距離にこだわりたい! 同伴者に20ヤードも置...

glb0000791-1.jpg
ゴルフのプレーでショットガン方式は洋式だが効率的である!

日本国内のゴルフ場ではほとんどないプレー形式であるショット...

スポンサーリンク


ゴルフ場でキャップなどを被らないとマナー違反?

まず知っておきたいのが、ゴルフ場でのキャップなどの帽子着用はルールではありません。
しかし、ボールから頭部を守る安全性や熱中症、日焼けなどの紫外線対策のために帽子の着用を義務化しているゴルフ場もあります。

義務ではないのですが、おしゃれ関係なく自分の身体を守るためや相手へのエチケットのために帽子は被った方が良いのです。

メンバー等が厳しいゴルフ場であれば、帽子を被るように注意されるところもあります。
また被ることもマナーですが、脱帽もマナーの1つです。
クラブハウス内では帽子を被ってはいけません。

特に注意してほしいのが、お昼休憩の時です。
レストランなどで帽子を被っているのはマナー違反になるので注意してください。
レストランの出入り口に、帽子を掛けておくところがあるので、入る前に脱帽して、そこに帽子を掛けて置くと良いでしょう。

また、隣のホールへボールを打ち込んでしまって、隣のホールに入る場合は、脱帽をして一礼するのもマナーの1つです。

最近はセルフプレーが主流になってきて、このマナーを守れてない人を多く見かけるので注意するようにしてください。

ゴルフの定番はおしゃれキャップやサンバイザー

ゴルフでの定番は、やはりキャップやサンバイザーです。

プロゴルファーもツアートーナメントで着用しているのはこれがほとんどです。
各メーカー色やデザインに凝っていておしゃれな物がたくさん出ています。

そのキャップの中でも最近おしゃれキャップとして流行っているのが、キャップのツバが真っすぐになっているものです。
リッキー・ファウラー選手が最初にプーマのキャップで被っていたのが印象的です。

最近はプーマだけでなく、HONMAやSRIXONなどもこのようなタイプのキャップを発売しています。

女子プロゴルファーにはまだ需要は少ないですが、男子では国内外で被っている選手が多いですね。
ゴルフに限らず、プロ野球でも最近は良く目にします。

ストリート系ファッションが発祥ですが、ゴルフウェアがだんだんおしゃれになってきた証拠とも言えます。

昔はゴルフのドレスコードが非常に厳しかったので、このようなストリート系のファッションから取り入れることなどあり得なかったでしょう。

ゴルフキャップ以外のおしゃれな帽子は数ある

ゴルフキャップ以外にもおしゃれなゴルフの帽子はたくさんあります。

帽子でおしゃれを楽しんでいるのが、片山晋呉選手です。
彼の帽子おしゃれテクニックを真似ると良いでしょう。
猫耳のニットキャップは、ちょっと抵抗のある男子は多いかもしれませんが…。

彼はテンガロンハットやチロリアンハットなどのハット系を被ることが多いです。

その中でも中折れハットは、シックなイメージでおしゃれ大人ゴルファーにはオススメです。
マフィアな感じのするハットですが、シックなゴルフウェアと合わせると非常におしゃれになります。
ツバの長いものはクラシカルな印象ですが、短いものはとても現代風でスタイリッシュな印象になりますね。

プーマやキャロウェイ、ボルサリーノなど、実は数多くのメーカーがこのタイプの帽子を販売しています。

ゴルフメーカーだけでなく、アパレルメーカーがゴルフ業界に参入してきたおかげで、帽子1つにおいてもおしゃれ感が増しているように思えます。

使い回しやすいゴルフキャップ以外のおしゃれ帽子

ゴルフキャップもゴルフウェアでの定番ですが、実はそれ以外にも絶対外さないおしゃれの定番があります。
それは、「ハンチング」と「ポークパイハット」と「ストローハット」です。
ストローハットは夏限定になりますが、それ以外はオールシーズンOKです。

この3つは上品で外しにくく、どんな服装にも合う帽子です。
そしてこの3つの帽子がおしゃれと感じられるのは、素材をニット、コットン、ウール、メッシュなど数多く選ぶことで、全く違った印象を与えることができるからです。

そういったこともあって、とても万能な帽子なので、その日の服装を決めてから選びやすいでしょう。

これだけ選択肢があるのに、ゴルフの帽子をただ安全性や紫外線対策や防寒などで選ぶのは非常にもったいないです。
ウェアの種類も増えているのですから、みなさんにもっと細かくおしゃれを楽しんでほしいです。

今日はこの帽子を被るから、服装はこれにしよう!といったように、服装やファッションに対して考えるきっかけとしてぜひ帽子を利用してみてください。

2017年の人気おしゃれゴルフキャップはこのブランドのもの

1番人気なのは、ボルサリーノのイタリア製パナマハットです。
このボルサリーノは帽子の代名詞とも言える名門のブランドです。

人気ではあるものの、おしゃれ上級者向けのハットではあります。
しかし一度被ってみたら、気に入ること間違いなしです。

それからプーマゴルフのメッシュハットも人気があります。
上品でシンプル、そしてクラシックなゴルフファッションブランドのハットで、プーマのウェアとコーディネートできるカモ柄が特徴的です。

またビームスのキャップも、ゴルファー定番のおしゃれブランドとして人気です。
その中で一番人気なのは、手書き風ロゴのスクリプトキャップです。
派手すぎず、地味過ぎないところがおしゃれゴルファーの心を掴んでいるのでしょう。

そしてキャロウェイの鹿の子バイザーも人気です。
世界的ゴルフブランドのキャロウェイは、デザインもおしゃれですが、機能性にも大変優れています。
ゴルフウェア同様、シンプルなデザインが好きな人へオススメします。

ちょっとマニアックですが、tovhoの麻100%のハット帽子です。
元々はゴルフ用品としてではなかったのですが、職人さんへ直接アプローチして実現したものです。
ゴルフ以外でもおしゃれに被れるハットですね。

2017年の人気おしゃれゴルフキャップ②

まだまだありますオススメの人気おしゃれゴルフキャップ!

スポーツライフスタイルブランドとしての位置を確立したプーマは、ゴルフ用ハンチング帽も出しています。
ワンポイントにロゴマークが入っているところが非常におしゃれです。
ハンチングは高額な物が多いのですが、プーマは安定して価格を抑えてあるのも人気の1つでしょう。

次にグレースの定番デザインのゴルフ用帽子は、スウェットリブキャップベーシックです。
スウェット素材とニット素材の切り替えラインがアクセントとなっていて非常におしゃれです。
年齢や性別を問わずに長く使用できる飽きの来ないシンプルなデザインな点がオススメです。

それからゴルフだけでなくスキーなど、たくさんのコレクションを世界30か国以上に広げているスウェーデンのブランド、J.KINDBERGです。
カラーバリエーションが豊富で、シンプルなデザインのバイザーは、ゴルフウェアをあまり持っていない初心者でも、ウェアに合わせやすいのでオススメです。

最後に紫外線対策ばっちりなのが、スウェットアスレチックリブのサンバイザーです。
通常のバイザーに比べ柄のツバの部分が長く、日焼け防止効果がかなり高いのが特徴です。
シンプルですが、10種類以上のカラーから選べるのが人気の理由でしょう。

ゴルフキャップでワンポイント

ゴルフとはスコアアップを目指すスポーツなのですが、同時におしゃれを楽しんで欲しいです。

おしゃれにするために、ゴルフウェアを変えるのも良いですが、高額なのでなかなか難しいですよね。

そこでたった1つ変えるだけで印象が大きく変わるのが、帽子。
ゴルフウェアほど高額ではないので、いろいろと楽しみながら変えることができます。

いつもよりちょっと違うファッションをするだけで、気持ちも上向きになって良いスコアが出るかもしれませんよ!

 - ルール・マナー