ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

公平なゴルフを楽しむためにハンディーの種類や方式を知ろう

      2017/03/24

公平なゴルフを楽しむためにハンディーの種類や方式を知ろう

ゴルフの最大の魅力とは、ゴルフ経験を問わず、老若男女とあらゆる世代や性別の人と一緒に楽しめるスポーツであることです。

それを可能にしているのがゴルフだけに存在するハンディーなのです。

公平なゴルフをより楽しむために、このハンディーについてしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000823-1.jpg
ドライバーの練習方法。打球が上がらない5つの理由と改善点

ドライバーショットの球が上がらないという悩みを持っているゴ...

glb0000822-1.jpg
意外と多いスイングでのコックの方向。では正しい方向とは?

スイングのコックの仕方や方向で、「左手親指」について書いて...

glb0000821-1.jpg
飛ばすゴルフスイングとはドライバーショットをスローで確認

多くのゴルファーが、ドライバーショットを今よりも飛ばしたい...

glb0000820-1.jpg
ゴルフコンペ徹底マニュアル。ショットガンスタートetc…

ゴルフをしていると、いづれコンペの幹事を任される日が訪れる...

glb0000010-1.jpg
オノマトペをスポーツに使おう!ゴルフ上達に悩んだらコレ!

スポーツ選手はオノマトペを使うことでパフォーマンスアップの効...

glb0000819-1.jpg
アイアンはスイングスピードより精度!女性ゴルファー必見!

クラブを持つと飛ばすことを考え、スイングスピードに意識がい...

glb0000818-1.jpg
ドライバーの練習風景を動画で撮影するといろいろ見えてくる

ドライバーを練習することは大事なことです。 ただ、練習の...

glb0000814-1.jpg
9番アイアンでも飛距離が150ヤードになる打ち方とは

ゴルファーにとって「飛距離アップ」は魅力的なキーワードです...

glb0000816-1.jpg
いろいろな楽しみ方ができる!ゴルフのハンディキャップとは

「あの人のゴルフはシングルの腕前だよ!」なんてことを聞いた...

glb0000815-1.jpg
インパクトで左肩が動く原因と知って得する止める方法!

インパクトで左肩を止めることができないのはなぜでしょうか。...

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

スポンサーリンク


ゴルフのハンディーとは

シングルゴルファーやプロゴルファーのように、本来の実力でパープレーやアンダーパーでラウンドできることが全てのゴルファーの理想です。

しかしアマチュアゴルファーにとって、時間やお金の面を考えるとなかなかそう上手くいきません。

ゴルフのハンディーとは、それぞれの実力合わせて、ハンデの数値を与えることです。
そして競技終了後、自分のスコアからその数値を引いたネットスコアを出します。

初心者であったり、なかなかゴルフ上達ができなくてスコアに悩むゴルファーにとって、グロススコアで勝負して、毎回勝つ見込みがないと、面白味も欠けるし、モチベーションもダダ下がりしてしまいます。

仲間内のラウンドであれば、勝敗を競うこともないので、そこまで気にならないかもしれません。
しかしコンペのような競技になると順位やそれに合わせた賞品があったりするので、とても重要なことです。

そこでハンディーを採用することで、どんなレベルのゴルファーであっても勝利のチャンスがあり、互角に闘えるのです。

これがゴルフというスポーツが公平に楽しめる理由なのです。

ハンディーで分かるゴルフレベルとは

プロゴルファーのトーナメントやアマチュアゴルファーの公式戦で、ハンディーをつけて競い合うことはありません。

しかしそれ以外のゴルフ競技では、それぞれのゴルファーのレベルに応じたハンディーをつけて競い合うことがほとんどです。

アマチュアゴルファーにとってハンディーとは、ゴルフの実力の評価やゴルフの腕前を示す物なのです。

そんなハンディーが一桁の人をシングルプレーヤーと言います。
この中でもハンディー5以下の人たちを片手シングルと呼び、ゴルファーにとって憧れで、尊敬する存在です。
さらにハンディーゼロの人をスクラッチプレーヤーと呼び、プロ並みの腕前のゴルファーで、神レベルの存在になります。

スクラッチを上回るような人は、完全プロレベルになります。

トッププロになるとプラスハンディーになり、ツアープロであれば、ハンディーはプラス4からプラス6と言われています。

ゴルフのハンディーの種類【公式ハンディキャップ】

ゴルフのハンディーとは、大きく分けて、2つあります。

1つは、「オフィシャルハンディー」です。

オフィシャルハンディーとは、JGAの規定に基づいて査定されます。
これが日本で唯一のオフィシャルハンディーになります。
公式に発行されるハンディーなので、他のゴルファーと公正に比較することができます。
このオフィシャルハンディーの取得の仕方を教えます。
まず規定の組織もしくは団体に所属しなければなりません。
JGA/USGAコースレーティング及びスロープレーティングがあるコースでラウンドしたスコアカードを提出します。
それ以外でのスコアは提出できません。

ハンディーを出すには、常に新しいスコアカード10枚を提出します。
最低2年間で10枚以上のスコアカードの提出が必要です。
故に、あまりラウンドに行かない人はオフィシャルハンディーを取得することができません。

このオフィシャルハンディーを持っていると、公式戦等で参加基準として利用することができます。

ゴルフのハンディーの種類【略式ハンデキャップ】

もう1つは、「プライベートハンディー」です。

これは略式ハンディーであり、オフィシャルハンディーを持たない人が、ゴルフコンペ等に参加する時に使えるハンディーです。

この略式ハンディーには、算出方法がいくつかあるので紹介します。

それは『ぺリア方式』、『ダブルぺリア方式(新ペリア方式)』、『新新ぺリア方式』の3つです。

ラウンドする18ホールの中に、ハンディー算出用に選ばれた「隠しホール」があります。
それぞれの違いは、隠しホールの数と掛け率になります。

ペリア方式:隠しホール6ホール、パー24を設定し、スコアの合計を3倍

ダブルペリア方式:隠しホール12ホール、パー48、スコアの合計を1.5倍

新新ペリア方式:隠しホール9ホール、パー36、スコアの合計を2倍

です。

ゴルフコンペで最も使われているのがダブルぺリア方式です。
隠しホールで大叩きしても、隠しホール以外で少ないスコアを出せば、ネットスコアがあがります。

略式ハンディーは、どちらかと言うと、実力よりも運と言った方が良いかもしれません。

ネットで簡単に取得できるオフィシャルハンディー

オフィシャルハンディーとは、規定の組織もしくは団体に所属しなければならないと説明したので、敷居の高いイメージがあると思います。

しかし最近は、ネットで簡単にオフィシャルハンディーを取得することができるようになりました。
便利になったものです。

今でも紙主体でスコア記入するのを好む人もいますが、スコア登録アプリを使ってスコア記入する人が最近は増えてきています。

楽天GORAやGDO、ゴルフネットワークを使ってスコア記入をすると、そのスコアカードをネット上で提出することができます。
そして毎月1日にあなたのハンディーが更新されるのです。

もちろんこんなに簡単であっても、オフィシャルハンディーです。
こちらも同様に常に新しいスコアカードの提出が必要です。

昔は、ゴルフクラブの会員でないと取れなかったハンディーもいまや簡単になりました。
ゴルフ人口の減少が問題視されている近年、様々な対応の変化で、ゴルフというスポーツの敷居を低くしていく傾向が見られます。

あの東京オリンピックで話題の霞ヶ関カンツリークラブもとうとう女性正会員を認めることを発表しましたよね。

こういったたくさんの努力が、ゴルフ人口増加に繋がることを切に願います。

ゴルフのハンディー取得によるモチベーション

先にも話したように、ゴルフのハンディーとはゴルファーが公平にゴルフを楽しむためにできたシステムです。
と同時にゴルフの実力の評価や腕前を示す数値にもなります。

常に新しいスコアカードを提出するので、平均的な自分のゴルフレベルが数字となって現れます。

100切りや80切りなどとその日のスコアを目指すことも大きなモチベーションにはなりますが、平均的な自分の実力を示されることは更なるモチベーションに繋がるでしょう。

ゴルフとは調子の波が大きく現れます。
常に良いスコアを出すことはプロゴルファーであっても難しいことです。

高く目標を持つことはモチベーションだけでなく、ゴルフ上達にも大きく関係してくるので、是非ゴルフハンディーを取得してみてください!

最初は自分の実力を目の当たりにして、ちょっとがっかりするかもしれませんが、ハンディーが少しずつ減ってくると大きな喜びを感じられるでしょう。

ゴルフを心から楽しむために

スコアやハンディーばかりにこだわり過ぎてしまうと、ゴルフの面白味は減ってしまいます。

何に関しても心の持ち方が非常に大事です。

スコアが良い日もあれば、悪い日もあります。
悪い日は、何がどう悪かったのかをしっかりと考えて、次の練習やラウンドに活かせるようにしましょう!

その繰り返しでスコアも良くなっていくでしょうし、ハンディーも減っていくのです。

数字にこだわりすぎず、自身の努力がどのような結果に繋がっていくかという過程をも楽しむようにしましょう!

 - ルール・マナー