ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

試してみる価値あり!jgrハイブリッドフォージドアイアン

2017.2.27

長くゴルフをしている人でもアイアンに苦手意識がある人は結構いるのではないでしょうか。

スコアメイクにはアイアンのミスを減らすことは絶対条件です。

そんな人にはjgrハイブリッドフォージドアイアンを是非一度試すことをオススメします。

ゴルフの上達のためには練習することはもちろん大切ですが、昨今のゴルフクラブの進化には目をみはるものがあります。

クラブの特徴を理解せずその性能を最大限に活かさないこと、そんなもったいないことはありませんね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ビッグバーサドライバーの重心距離を調整して飛距離アップ!

復活したキャロウェイの名器、グレートビッグバーサですが、ドライバーにはスライド式のウエイトコント...

国産クラブのライ角は身長180cmのプレイヤーに合わない!

ゴルフクラブのライ角が合わないとナイススイングでも方向性の悪いショットになってしまいます。 身長...

ゴルフコンペの参加賞の予算が500円なら何を揃える?

ゴルフコンペの参加賞の予算が500円であれば、大したものは用意できないと思うか、小予算だからこそ...

切れるショットを打つ、DGS200に必要なヘッドスピード

DGS200シャフトはダイナミックゴールドの中でも、一番使用率の高いシャフトと言えます。 一般...

お助けウェッジと言われるのリンクスssの評判ってどうなの?

人間試打マシーンと言われているクラブアナリストのマーク金井さん。 そんな彼が設計したMSウェッジを...

判別するにはどうする?s200とs300シャフトの決定的な違い

ダイナミックゴールドのs200とs300シャフト。 表面の数字だけ見ると何か違いがある様に思います...

【ゴルフ知識】ドライバーのスライス防止のためのクラブ選択

ドライバーのスライスはゴルフクラブを変えることで改善することができます。 クラブによってスライ...

miyazakiシャフトは面白い!種類を氷・霙・水・霧で細分化!

皆さんはmiyazakiシャフトをご存じですか? ダンロップのゼクシオやスリクソンのカスタムシ...

ヤフオクのゴルフグッズの偽物販売を撲滅させましょう!

インターネットで、「ヤフオク ゴルフ」と入れるとサジェストで、「偽物」と出ます。それだけヤフオクでは...

9wの飛距離ってUTやアイアンとかぶるけど果たして必要なの?

フェアウェイウッドの定番と言えば3wと5wです。 しかしフェアウェイウッドは全部で2w~9w(...

インパクトの音と打感。各メーカーを試打比較してみましょう。

クラブを選ぶ基準として振りやすさと計測データが大切ですが、ボールが当たった瞬間の音や打感も非常に大切...

【ゴルフ教えて!】ゴルフボールのサイズは決まっているの?

ゴルフボールは小さくて硬いですよね。 ボールの種類はたくさんあって素材やディンプルの数、硬さな...

スチールシャフトの定番NS950GHの適正ヘッドスピードは?

日本シャフトから発売されているNS950GHは、軽量スチールシャフトとして最も有名な商品と言って良...

ゼクシオ7アイアンの特長はなんと言ってもシャフトへの拘り

2000年の発売以降、不動の人気を誇るゼクシオアイアン。 その中でもゼクシオ7アイアンは、「も...

ロフトが寝ているユーティリティはスライスしない確率が高い

今や多くのゴルファーのお助けクラブとして、ユーティリティは当たり前になりました。 難しいロング...

スポンサーリンク

そもそもハイブリッドアイアンってどんなアイアン?

ブリヂストンゴルフから発売され好評のjgrハイブリッドフォージドアイアンですが、そもそもハイブリッドアイアンってどんなアイアンなの?って思っている人もいるのではないでしょうか。

一般にユーティリティと呼ばれるクラブをプロやアマでも使っている人が多いのはみなさんご存知ですよね。

ユーティリティがフェアウェイウッドの代用に使われることが多いのですが、簡単に言うとユーティリティのアイアン版がハイブリッドアイアンです。

事細かに見ていくと色々と意見はあると思いますが、今回はざっくりとこの位置づけと考えてください。

フェアウェイウッドが苦手な人がユーティリティを選んで使うように、アイアンが苦手という人向けに打ちやすく作られています。

キャビティバックより更に極端に打ちやすく作られています。
ヘッドの形状がウッドに近いハイブリッドアイアンもありますが、jgrハイブリッドフォージドアイアンはヘッドの形状がアイアンとほぼ変わらないので違和感無く使用できるでしょう。

 

苦手克服の味方jgrハイブリッドフォージドアイアン

ティーショットやセカンドショットを絶好のポジションまで運びいざグリーンを狙うべくアイアンを手にした時、ザックリやトップを連発して上がってみればダボやトリプルボギーで、「こんなはずじゃなかった」とがっくりした経験をされた人は多いと思います。

ハザードなどでレイアップする時は力が抜けて素晴らしいアイアンショットが打てるのになぁと思う人もまた多いはずです。

グリーンを狙うとどうしても力んでしまって必要以上に力が入ったり、打ち急いでリズムが崩れヘッドアップしたりして上手く当たらなくなります。
そうなるとアイアンに対しての苦手意識が強くなり、ゴルフは1打1打にメンタルな部分が大きく作用するので悪循環に陥ります。

jgrのハイブリッドフォージドアイアンはボールが高く上がり飛距離もでるので、そんな場面での心強い味方になります。

実際に7番の番手でもショートアイアン並みに球が上がるので無理に上げにいきすくい打ちをしたり、ザックリしたりするミスを減らしてくれます。

飛びにも特化しているので、力まなくても楽にグリーンに届く距離が出せるでしょう。

 

アイアンは苦手意識の脱却が難しいクラブ

アイアンは苦手意識の脱却が難しいクラブです。
使用頻度が高いのでどうしてもミスショットの割合も増えてきます。

練習場ではマットの上から打つので少々ダフってもボールは飛んで行きます。

それでは上達しないので、打ちっ放しでもティーアップしてボールだけをクリーンに打ったり、ボールとマットの置く位置を考えてきちんと当たらないと飛ばないようにしたり、腰から腰までのショットを繰り返しきちんと芯に当たっている感触を体で覚えるなどの工夫が必要です。

十分に練習する時間がないけれどゴルフはそこそこのスコアを出して楽しみたいとか、やさしく打てるアイアンがとにかく欲しいと思う人には、ソールが広く少々のダフリでも抜群の抜けの良さを発揮してくれるので、jgrのハイブリッドフォージドアイアンはマッチすると思います。

フォージドなので打感も良い感じです。
ただし、スイングタイプやアドレス時のフィーリングなど人それぞれなので、必ず試打をすることをオススメします。

セットで揃える場合には、そんなに度々買い換える事は難しいので納得いく買い物をしましょう。
いつまでも悪循環の繰り返しではゴルフ自体も楽しくなくなって来たりするので、一度はクラブを見直してみることは大切です。

 

ハイブリッドアイアンと他のアイアンの比較

高い弾道で上がって飛ぶjgrハイブリッドフォージドアイアンですが、一般的なアイアンと比べるとどんな点が違うのでしょう。

構えた時にまず思うのはバックフェースの出っ張りです。
アドレスではかなり目に付くので気になる人は結構いますが、慣れてしまうとさほど気にするほどではなくなると言う感想がほとんどです。

慣性モーメントが高いのでほとんど曲がらずに真っ直ぐ飛びます。
逆にボールを曲げて操作したい人にはあまり向いていないかもしれません。

もともとボールを曲げて操作したい人はアイアンが得意な人なので、ハイブリッドフォージドアイアンは選択肢から外れているでしょう。

フェース素材は高強度な新素材『Ultimate Strong Metal 2.0』を採用していますので、打感は軟鉄とステンレスの中間くらいの感覚です。
球離れは早く他のアイアンより弾きが強く感じます。
このあたりはこのアイアンの売りである、初速アップで距離を出す技術が存分に出ています。

カーボンシャフト『Air Speeder「J」16-12I』とスチールシャフト『N.S.PRO Zelos 8』がありますが、スチールシャフトもかなりしなる感覚があります。

 

jgrハイブリッドフォージドアイアンの試打評価

ハイブリッドアイアンの打ち方には意見が分かれるところです。

ウッドのように払って打つほうが良いという意見や、普通のアイアンのように打ち込んで打つべきと正反対の意見があります。

一口にハイブリッドアイアンといってもメーカーによりそのヘッドの形状も大きく違ってきますので、今回はjgrハイブリッドフォージドアイアンの試打感想からこのアイアンに向いている打ち方を見ていきましょう。

驚きなのは弾道の高さで7番で26度と他のアイアンよりかなりロフトが立っていますが、ショートアイアンを打っているのかと思うような高弾道です。

しっかりと打ちにいけばいくほど球が上がります。
曲りはほとんどなく、きっちり狙ったところに落ちてくれます。
軽いドロー気味の球筋が出やすいですが、つかまりすぎることはなく安心して振り抜けます。

やや広すぎの感もある超ワイドソールなので、上から潰しにいくイメージよりも滑らせながら拾っていく打ち方のイメージが強い、このタイプのアイアンが好きな人は結構いるのではないでしょうか。

 

こんな人にこそ使って欲しいjgrハイブリッドフォージドアイアン

高い弾道で上がって飛ぶjgrハイブリッドフォージドアイアンはどのようなタイプのゴルファーに向いているのでしょう。

なんといってもアイアン、とくにロングからミドルアイアンが苦手なゴルファーには強い味方になるでしょう。

他のクラブとのセッティングの兼ね合いもありますが、3番~5番アイアンあたりを抜いてハイブリッドフォージドにするのも1つの方法です。

近頃はプロでもロングアイアンの使用者は全体の1/4くらいで、3番アイアンを使用するプロはかなり少なくなってきています。

距離のあるショートホールやフェアウェイの狭いロングホール、ハザードのレイアップにまたライの悪いところやラフからも抜群の抜けのよさが役立ちます。

jgrハイブリッドフォージドアイアンはヘッドスピードが40m/sあたりまでのシニアゴルファーや、ヘッドスピードの速いレディースゴルファー、そしてハードな練習無しにゴルフをエンジョイしたいゴルファー、アイアンを払い打ちするタイプのゴルファーに向いています。

ミスショットを減らすには苦手を減らすこと。
jgrハイブリッドフォージドアイアンで苦手を好きに変えてみませんか。

 

jgrハイブリッドフォージドでクラブの進化についていこう!

jgrハイブリッドフォージドアイアンは新しいタイプのクラブと言えます。

ほんの数十年前はドライバーのヘッドはパーシモンでした。

顔の小さいメタルヘッドが出た時はそれまでのパーシモンとの打感に大きな違いがありました。

最初は振り切れるのかなと感じた大型ヘッドも今ではごく普通です。
シャフトもスチール、ボロン、カーボンと変わって行きゴルフクラブの進化は駆け足になってきました。

それに合わせてスイングの主流や理論にも変化がでてくるのも当然ですよね。

そんな進化にしっかりついていき、クラブの恩恵を最大限に活かしたゴルフを楽しみましょう。

 - クラブ・パーツ・用品