ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフ初心者に絶対知って欲しい打ちっぱなし練習場のいろは

2017.2.23

ゴルフ初心者は、ゴルフについて知りたいことが山ほどあると思います。

もちろん一番知りたいのは「ゴルフを上達するには」でしょう。

ゴルフを上達するには1に練習、2に練習…3も4も5だって練習です。

そんなゴルフの練習と言えば打ちっぱなし練習場です。

打ちっぱなし練習場デビューに向けて知って欲しい全てを教えます!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

簡単アプローチの打ち方のコツ!悩める初心者ゴルファー必見

初心者ゴルファーが初のラウンドでゴルフの難しさを実感する一番の瞬間がアプローチです。 ダフったり、...

ゴルフでは、ドライバーのロフト角を自分の適性にしよう!

ドライバーのロフト角はゴルファーの皆さんは気にしているでしょうが、きちんとした基準で選んでいますか...

OBを沢山打つ人は打ち直しの打数を間違えやすいので注意

OBをよく打つ人はラウンド中の打数について間違えやすいのではないでしょうか。 一緒に回っている同...

スライスする原因はインパクトでゴルフボールを擦るから?

まともにスイングしたはずなのに、なぜかスライスになってしまうことがあります。 自分では正しいス...

フックグリップにしたら飛距離が出た!デメリットはあるの?

最近、飛距離に悩んでいて、ある本に書いてあった飛距離アップ法の1つにフックグリップにすると良いと...

ゴルフ初心者向けのスコアカードの付け方とチェックの仕方

仲間内のゴルフであっても、スコアカードは書かなければいけません。 始めたばかりの頃は、プレーを...

ゴルフコースを攻略!打ち上げと打ち下ろしの距離の見方とは

ほとんどのゴルフ場は平坦ではなく高低差があるので、打ち上げや打ち下ろしのホールが存在します。 ...

社会人になってゴルフを始める時の初心者としての心得

社会人になってからのゴルフ初心者とは、社内では不利なのでしょうか? 最近はゴルフをしない人...

ゴルフを理解!ドライバーでスライス、それは振り遅れだ!

ゴルフドライバーで思い切りスイングすると気持ちが良いですよね。 しかし、ボールにきちんと当たった...

ゴルフ場のどんなバンカーでも克服できるアドレスの取り方

ゴルフ練習場では、なかなか上手くなれないバンカーの打ち方です。 まずは基本と言われる砂と一...

ゴルフの打ちっ放しにはどんな服装で行っても大丈夫です!

ゴルフを始めていきなりコースに行くことはありません。 打ちっ放し(練習場)で練習を積んでから自...

ゴルフ場デビューはここ!初心者にオススメのコース関東編

ゴルフを始めたばかりの初心者のみなさん! 練習を積み重ねて、念願のコースデビューの日はワクワク...

アプローチの意味を理解できればゴルフが上手くなれる

アプローチが上手くなればピンに寄せることができるので、誰でもスコアアップが期待できます。 ただ...

ドライバーがスライスしてしまう初心者のチェックポイント

ゴルフ初心者がドライバーに挑戦した時に洗礼を受けるのが、スライスです。 解決できない高い、高い...

ゴルフで大切なラフからのアプローチ。ミス繰り返してない?

18ホールのゴルフコースの中で、アプローチをすることはかなりの回数ありますよね。 そんなアプロー...

スポンサーリンク

【ゴルフ初心者の皆さんへ】打ちっぱなし練習場のシステムとは

初心者の方が初めて打ちっぱなし練習場へ行くとなると知らないことばかりでドキドキしますよね。

そんな緊張を少しでもほぐすために、あらかじめ練習場のシステムを知っておくと良いでしょう。

打ちっぱなし練習場へ行ったら、まずは受付をします。
混雑するような人気の練習場であれば、受付用紙に名前等を記入して予約して待つことになります。
クラブを持参していない場合は、ここでレンタルクラブの受付も済ませてください。

受付が終了したら、貸しボールのプリペイドカードを購入します。
プリペイドカードが一般的ですが、違う場合もありますのでその打ちっぱなし練習場に従ってください。

貸しボールの料金は1球単位と数十球の単位では1球単価が変わってくるので、まとめて買うことをオススメします。

料金も時間帯や曜日、打席によって変わるので受付等で今後のために確認しておくと良いかもしれません。
時間制限ありの打ち放題という格安プランもあるかもしれません。

大概の練習場では、昼間よりも早朝、土日祝日よりも平日、1階打席よりも2,3階の打席が比較的安くなるように料金設定されていることが多いです。

1球あたりの平均は10円前後、都内では土日は38円なんてところもあります。

練習と言えども1球38円ともなると1打も無駄にしたくないですよね。

しかし初心者ゴルファーの方がそれを気にしていたら練習にならないので、なるべく安く練習できる日をしっかりとリサーチして、思い切り練習できる環境にしてください。

 

【ゴルフ初心者の皆さんへ】打ちっぱなし練習場へ持参するものは

初心者の方へはクラブレンタルがあるとお話しましたが、ラウンドデビューを控えているくらいの初心者ゴルファーになると話は変わってきます。

クラブは無理に高いのを買わずに、中古や譲り受けた物、初心者用クラブセットなどで良いので自分のクラブを準備してください。

次にグローブです。
そこまで高いものではないので、自分の手のサイズにピッタリ合うものを購入して使うべきです。
グローブは自分の手に合わないものだと、マメの原因になったり、グリップが滑ったりとゴルフにとって良いことは1つもありません。

初心者の方は最初1,000円から1,500円程度の物で良いので、それを使ってみて、ラウンドに向けて自分に合うグローブを買い揃えると良いでしょう。

大事なのがゴルフシューズです。

打ちっぱなし練習場だからと運動靴等で練習している人をたまに見かけますが、滑るなどの怪我の原因なので絶対にやめましょう。

またラウンドに本番と同じ条件で練習することはとても大事なので、グローブと一緒にゴルフシューズも購入し、練習場にこれらとクラブを持参して行きましょう。

 

【ゴルフ初心者の皆さんへ】打ちっぱなし練習場での服装とは

ゴルフでの服装のイメージと言えば、厳しいマナーの元決められたドレスコードですよね。

初心者ゴルファーの方。

安心してください!

打ちっぱなし練習場での服装は、「自由」です。

動きやすい服装であれば、ジャージでもジーンズでも何でもOKです。

「動きやすい」というのが、打ちっぱなし練習場でのドレスコードです。
と言ってももちろん場にそぐわない服装はもちろんNGです。

女性の方にとくに注意して欲しいのですが、ミニスカートであったり、周りが目のやり場に困るような露出高めの服装は、動きやすいと自分で思っていたとしてもやめましょう。
またヒラヒラしたスカートもスイングしたときに捲れてしまうので避けた方が良いでしょう。

男性の方で仕事帰りにスーツで…というのは、自分が練習するのに不都合がなければ全く問題ありません。

また、ラウンドに行くのと同じようにゴルフウェアを着て行ってもおかしくはありません。

ゴルフ研修生などは、ラウンドと同じ状態で練習するために、あえてラウンドで着用するゴルフウェアを着て練習をします。

 

【ゴルフ初心者の皆さんへ】打ちっぱなし練習場でのマナーとは

初めて打ちっぱなし練習場へ行く初心者ゴルファーの方は、ラウンドのマナーだけでなく、練習場でのマナーもしっかり学んでおきましょう。

まず念頭に置いていて欲しいことは、

「打ちっぱなし練習場は、ゴルフが上手くなりたい人達が集まる場所」

と言うこと。

練習場でする大声での会話や笑い声は絶対厳禁です。
気づかないうちに、一緒に行った人と話が盛り上がり声が大きくなってしまうことがあります。

真剣にスイングチェックしている人や練習に励んでいる人にとっては大変迷惑な行為になるので気を付けてください。

大声に対してイライラしてしまうだけでもその人の練習は無駄な時間になってしまいます。

なぜなら練習場では1球1球にお金を払っているからです。
練習時間だけでなく、お金まで無駄にさせてしまうことになります。

携帯電話も同じです。
必ずマナーモードにし、緊急の電話等であれば、他の人の迷惑にならない場所へ移動して会話しましょう。

また、危険な行為をしないことです。
たまに見かけるのが、あと1球打ちたいからと近くにある球を拾おうとする人です。

練習場ではミスショットが上から降ってくることもあります。
周りの不安を煽ることにもなるので、打席以外には絶対行かないでください。

 

【ゴルフ初心者の皆さんへ】打ちっぱなし練習場での練習方法とは

初心者でも上級者でも、ゴルフで一番打った感じがするのは、「ドライバー」です。

しかし初めて打ちっぱなし練習場へ行き、打席に立ったらいきなりドライバーでフルショット!は絶対NGです。

まずは、短いクラブで小さなスイングの練習をしましょう。
最初の練習でオススメなのは、ピッチングウェッジなどで小さくスイングすることです。
まずはクラブを腰の高さまでしか上げないで、ボールに当たる感覚をつかむ練習をしてください。

初めての方がいきなりフルショットでボールに当てるのは非常に難しいでしょう。
運良く当たることもあるかもしれませんが、それはほぼまぐれと言っても良いです。
ですから焦らずに、短いクラブを使った小さなスイングでボールをクラブに当てる練習から始めてください。

この練習で空振りすることを防ぐことができます。

それが出来るようになったら、次は打ったボールを狙ったところに落とす練習をします。
30から50ヤードを狙う練習がいいところです。

とても地味な練習に感じるかもしれませんが、これが完璧にできるようになったら、どんなにクラブを長くしてもしっかり打てるようになっているでしょう。

 

【ゴルフ初心者の皆さんへ】打ちっぱなし練習場で何球打つべきか

「よーし、がんばるぞ!」
と言う気合が入るのはよく分かります。

初心者の方はとくにラウンドに向けて早く上達したいと言う気持ちが大きいですよね。
そのために打ちっぱなし練習場へ行くのですから、その気持ちも当然です。

しかし最初はまず100球程度のボールを購入して、それでもまだ力が余っていれば挑戦してみましょう。

ゴルフには激しいスポーツと言うイメージがあまりないので、何百球も打てると勘違いしている人が多いのですが、ゴルフは同じ姿勢を維持しなければならないので結構きついです。
また最初のうちはグリップを握るのにも力が入ってしまうので、指にマメができてしまうことがあります。

個人差はあると思いますが、最初は100球程度で疲れを感じるでしょう。

また体力がついてきたし、だいぶ打てるようになってきたからと、200球、300球とただただ打つボールの数をこなしていくというのも間違いです。

1打1打集中して練習した100球と、ただ無心にそしてがむしゃらに打った300球。
どちらがゴルフ上達の近道だと思いますか?

もちろんそれは「1打1打集中して練習した100球」です。

初心者のうちから1打の練習を大切にするように心がけましょう。

 

打ちっぱなし練習場の準備okになりましたか?

打ちっぱなし練習場でのいろはについてお話しました。

これだけのことを知っておけば、練習場へ行ってドキドキすることも、恥ずかしい思いをすることも絶対にありません。

たくさんお話しましたが、無理に意識する必要はありません。
マナーに関しては、自分が嫌なことをしなれば済む話です。

何事も最初が肝心です。
がんばって打ちっぱなし練習場で練習して華やかなラウンドデビューを飾ってください。

 - 初心者 入門