ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

キャロウェイマックダディ2を試打してみよう!これは買い?

   

キャロウェイマックダディ2を試打してみよう!これは買い?

高いスピン性能で好評のキャロウェイのウェッジ。

キャロウェイの中でもマックダディはシリーズ化している人気のブランドです。

マックダディの性能を掘り下げて人気の秘密を探ってみましょう。

そしてその中でも評価の高いマックダディ2を試打してみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000982-1.jpg
気になるゴルフのレッスンプロの人気ランキングを紹介!

ゴルフが上手くなりたい!と思っても誰に習えば良いのか考えま...

glb0000981-1.jpg
ゴルフコンペで耳にする「ベストグロス」とは一体何のこと?

ゴルフコンペに参加すると、優勝者と別に「ベストグロス」が表...

glb0000980-1.jpg
安全にゴルフをするためにすぐに叫ぼう「ファー!」

ゴルフ場にいるとたまに…よく聞こえるのが「ファー!」です。...

glb0000979-1.jpg
ゴルフスコアを大きく左右する正しいパターの打ち方を学ぼう

アマチュアゴルファーのゴルフの練習で一番足りないと言われて...

glb0000978-1.jpg
グリーンコンディションによる速さの単位とその計測方法とは

ゴルフ場へ行くと、スタート室前などにグリーンの速さを表記し...

glb0000977-1.jpg
インパクトで左手を止めるだけ!飛距離アップが期待できる?

インパクトのときに左手を止める練習をすると結果的に飛距離ア...

glb0000976-1.jpg
アイアンスイング、できるだけ右手を使わないための練習方法

ゴルフのスイングでのミスといえばチーピン、フック、スライス...

glb0000975-1.jpg
谷将貴のスイングレッスンはドライバーショットもシンプル!

レッスンプロ谷将貴のスイングは一言でシンプルと言えます。 ...

glb0000974-1.jpg
賞金王、片山晋呉プロの素晴らしいスイングを後方から見る

狙った所へボールを運ぶ、ショットメーカー片山晋呉プロのスイ...

glb0000973-1.jpg
ゴルフ中継に欠かせない存在、戸張捷と丸山茂樹のアナウンス

戸張捷。 ゴルフ中継を見ると、その人の事は知らなくても声は...

glb0000972-1.jpg
独特!長身ミシェルウィーのパタースタイルを画像で見てみる

ミシェルウィーのパタースタイルは独特な事が画像で分かります...

glb0000966-1.jpg
フェースを開くとシャンクが出やすい。その仕組みを理解する

『シャンク』。 ゴルフスイングでこれ程恐ろしい病はパター...

glb0000965-1.jpg
あまり見かけないシャフトのフレックスmは誰が使うのか?

ゴルファーなら誰もが知っているシャフトの硬さ、フレックスを...

glb0000964-1.jpg
クラブのグリップ交換で使うパーツクリーナーはどんな役目?

ゴルフクラブのグリップ交換をゴルフショップに頼むと結構お金...

glb0000145-1.jpg
gdoは面白い!松山英樹の過去のスイングをスローで再生!

gdo(ゴルフダイジェスト・オンライン)ではプロゴルファーの...

glb0000652-1.jpg
世界で活躍している松山英樹選手のスイングを全て解析しよう

キャディが見ていて辛くなると言うほど自分に厳しい松山英樹選手...

glb0000792-1.jpg
メジャーで活躍!松山英樹のパワースイングをスローで見る

今や世界ランク4位にまで上り詰めた松山英樹プロですが、彼のバ...

glb0000963-1.jpg
凝視は駄目!?ではアイアンはボールのどこを見るのが正解?

ゴルフ初心者にとってボールのどこを見ると良いスイングができ...

glb0000962-1.jpg
プロが絶賛!ns950軽量スチールシャフトの重さ。日本製は◎

今やメジャーな存在となった日本シャフトですが、唯一の日本国...

glb0000961-1.jpg
キャディ不足って本当!?あの仕事はそんなに大変なの?

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていますが、それと同じくら...

スポンサーリンク


キャロウェイのマックダディの名前の由来は初めての試打

このウェッジは当初2006年にX-Tour wedgesとして、ロジャー・クリーブランド氏がキャロウェイに移籍して開発され、初めて試打したのがフィル・ミケルソン選手でした。

初めてこのウェッジを試打したミケルソン選手は、約40ヤードのロブショットを放ちました。

メジャー大会で4勝を挙げていて、数々のアプローチの神業を持つと言われている名手が、ボールをピタッと約40ヤードで止まるのを見て、

「Mack Daddy!(すごい!)」

と唸ったことから始まったウェッジが、キャロウェイの「マックダディ」なのです。

ミケルソン選手の言葉がそのまま名前になったということなのです。

このように自分の放った一言がクラブの名前になるって感動ですよね。

 

マックダディが2006年にキャロウェイのウェッジラインで商品化されてから、全米ゴルフ協会は数年に渡り多くのルール改定を行いました。

2010年のR&Aのルール規定(溝規制)では、ウェッジのサイズと形、そして溝の間隔が著しく制限されました。

開発を担当しているクリーブランド氏は、そういったルール改定にも随時対応してきたのです。

そしてキャロウェイは、全米ゴルフ協会やR&Aのルール改定に合わせて打ち出した新作を「マックダディ2」と名づけて発表したのです。

 

キャロウェイのマックダディ2の特徴は

キャロウェイのマックダディ2を試打するにあたって、まずは特性を知っておきましょう!

オリジナルタイプのマックダディと実寸は同じ幅ですが、サイドウォールが2度から5度になっています。
幅広なモデルになったことで、ボールのエッジをつかまえた時も、どんなに難しいライからでも、十分にスピンを与えることができるのです。

シャフトは、定番のダイナミックゴールドとNS.PRO 950GH、そしてM10DB(メンフィス10)です。

何よりもマックダディ2の最大の特徴は、3種類のソールがあること。

S-Grindは標準タイプで、バウンス10度、ヒール部分を軽減しながら、直線的で最先端にボールを運ぶクラブです。

C-Grindは、バウンス14度、ヒール部分と先端部分の負担を更に軽減し、カーブがかかったり、リーディングエッジは地面により長く接触します。
オープンフェイスで打つときのバウンスがプレーに反映されるのを防ぎます。
ソフトなコンディションでより良いパフォーマンスを発揮できるクラブです。

U-Grindは、バウンス10度、広く窪んだソールで、タイトなヒールです。
独特なソール形状と丸みを帯びたリーディングエッジは、ボールの下を叩き高く柔らかいショットを打つのに適したクラブです。

 

キャロウェイのマックダディ2を試打した感想①

キャロウェイのマックダディ2のC-Grindの試打の感想を見てみましょう。

シャフトはダイナミックゴールドのフレックスS200、シャフト重量が121g、ロフト58度、クラブの長さ35.125インチ、バランスはD5、クラブ総重量473gです。

見た目は「いかにも軟鉄」といった風合です。

フェース面にはミーリングがしっかりと刻まれています。

凄く細かく目立たない物もありますが、マックダディ2ではとてもよく目立ちます。

ミーリングが目立っているので、打感にギザギザ感があるだろうと予測していたのですが、実際はかなりソフトです。
それと同時に球の重さを感じられる「ズッシリ感」があります。

球も上がりやすく、とても優しいウェッジです。

安定性では標準的です。

構えやすくてラインを出しやすいので、大きくブレることがありません。

適度に重量のあるシャフトが挿してあるので、ウェッジで味方にしたい「重さ」が一定で、リズムが整いやすいです。

やはりスピン性能は期待通りです。
トンッと言う感じで止まってくれます。

ウェッジで最も大切な飛距離性能では、縦の距離感も合いやすいオーソドックス感があります。

全体的に「正統派ウェッジ」と言ったイメージです。

 

キャロウェイのマックダディ2を試打した方々の評価は

キャロウェイのマックダディ2を試打した方や実際使用されている方々の評価を見てみましょう。

評価している方が25名いて、平均満足度が4.5と高く評価されています。

まずは、低く評価している方の意見を見てみましょう。

最も低い評価で、平均スコア73~82の男性が満足度3点で評価しています。

52度と58度を購入。
ロフト角とライ角をショップで調整したのですが、カタログ値より、前後1度ほどバラバラだったようです。
シングルさんだけあってなかなか厳しい評価をされています。

後はほとんどが満足度4点以上の高い評価なのですが、1つヘッドとダイナミックゴールドのバランスの悪さを指摘されている方がいました。

やはり評価の高いもののほとんどが、スピンの性能の高さを評価しています。

PGAの高速グリーンでもピタリと止めることができるほどなので、アマチュアゴルファーでもボールを止めるアプローチができるようです。

そして性能の良さに加えてコストパフォーマンスの良さにもみなさん満足されているようでした。

ゴルフクラブには高額なイメージがありますが、高性能のウェッジがお手頃価格で買えるのは、かなり喜ばしいことですよね。

 

キャロウェイのウェッジはマックダディ2だけじゃない

キャロウェイのウェッジはマックダディ2だけではありません。

マックダディ2のU-Grindが高い人気ですが、同じくらい人気なのが、最初にマックダディを試打したフィル・ミケルソン選手使用のマックダディ フォージドです。

高いスピン性能とソフトフィーリングを融合した、クリーブランド氏監修の軟鉄鍛造ウェッジです。

適合ルール内で、最大限のエッジを効かせ、フェース面に施したレーザーミルド・マイクログルーブとの相乗効果でかなりスピンの性能が高くなっています。

ヘッドの製法をフォージド(鍛造)とすることで、心地よくて、より柔らかい打感になっています。
これで、より繊細なタッチのアプローチが出来るようになっているのです。

ヘッドの形状が一番特徴的で、ストレートなリーディングエッジ。
目標方向に真っ直ぐ構えやすく、方向性も出しやすくなっています。

全番手に採用されているR・グラインドソールは、クリーブランド氏が自身の経験に基づいて新たに生み出したもので、あらゆるライに対応できるようになっています。

 

ウェッジの選び方と組み合わせ方とは

キャロウェイのマックダディ2は高性能のスピンを売りにしています。

ウェッジはアイアンと違う目的で使用しますよね。
とくにショートゲームで使用するので、パターのように長く使い続ける人が多いです。

自分が現在持っているPWを基準にウェッジを選ぶことをオススメします。

最初に考える重要なポイントは、好ましいロフトの流れ。
どんなロフトのウェッジを何本入れるか、そして4度刻みや6度刻みといったように考えていかなければなりません。

その基準になるのがPWなのです。

最近の傾向で行くと、PWのロフトは44度が主流になっています。
そうなると49~51度が次に必要なウェッジになってくるのです。

また自分がウェッジに何を求めるかで、溝やソールの形状などメーカーが工夫している様々なポイントに注目します。

スピンであれば溝を、方向性であればリーディングエッジを、ヘッドの抜けであればミッドソールやトレーリングエッジに注目します。

もちろん、選んだ後にその性能を上手く使いこなせるかしっかりと試打することも大切です。

 

激スピンで寄せワンの達人になろう!

スコアを上手くまとめていくにはアプローチやパターがかなり重要になってきます。

スピンを効かせ狙った距離に落とせるマックダディはかなり魅力的です。

現在はマックダディの3代目で、さらに進化したMD3が発売しています。

練習で距離感をしっかりとつかめるようになれば、確実に寄せワンできるようになります。

しかしマックダディは上級者向けとも言われています。

しっかり試打をして自分が使いこなせるかを判断しましょう!

 - クラブ 用品