ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

タイトリストはカッコイイけど初心者には難しいアイアン?

2017.2.15

キャディバッグにさりげなく入っているだけでもカッコイイのがタイトリストのアイアンです。

昔からできるゴルファーの代名詞のようなタイトリストのアイアンですが、やはりかなり難しいイメージがあり初心者にはとっつきにくいようです。

では初心者には遠い存在なのでしょうか?
タイトリストのアイアンにもいろいろな種類がありますので、一概に上級者用と決め付けてしまわないで、自身のゴルフスタイルに合ったタイトリストアイアンを探してみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフのマメ知識。練習場のボールは全然違うことが多い!

ゴルフをやっている方は一度は練習場に行ったことがあるでしょう。 練習場で何ヤード飛ぶようになっ...

ヤマハのリミックスを試打してみた。凄く評判が良いらしい。

ヤマハのリミックスシリーズは初代から好評ですよね。 最新モデルはさらに進化を続けています。 ...

シャフトに好き嫌いって出るもの?重量や硬さ、調子の違い。

ゴルフクラブにとって重要な部分となるシャフト。 現在では様々なシャフトが販売しており、ゴルファーか...

ウェッジのライ角がアップライトだと都合が悪いの?

9番アイアン以下を「ウェッジ」と呼びますが、近年はこのウェッジの活用法がスコアに影響を与えています。...

キャロウェイマックダディ2ウェッジの評価ってどうなの?

フィル・ミケルソンプロや石川遼プロ等が契約しているキャロウェイ。 人気のゴルフメーカーのひとつでも...

プロ御用達、ディアマナアヒナスペック70sの機能について

三菱レイヨン社製、ディアマナシリーズであるアヒナシャフトは、プロの要望を取り入れたシャフトです。 ...

要注意!人気のパター、スコッティキャメロンの偽物多発!

「スコッティキャメロン」と言えば、人気のパターブランドです。 そんな人気のパターになんと偽物被...

エポン【遠藤製作所】のゴルフクラブの評価を検証してみた

世界的に良質な工業製品の代名詞ともなった『Made in Japan』。 日本人としては誇らしい限...

実績年数が少ないまま製造終了したナイキのゴルフクラブ評価

ナイキと言えば、タイガー・ウッズやローリー・マキロイ選手を思い出します。 スポーツブランドとし...

飛距離が凄くて非公認ボールになったbigyardは本当に飛ぶ?

『bigyard(飛魂!)』のネーミングから飛距離が出そうな感じしますよね。 売り場でも『ぶっ飛び...

xxio7のアイアンのカーボンシャフトの手ごたえやいかに

プロゴルファーや男性ゴルファーは、アイアンのシャフトはスチールを使用する人が多いです。 カーボ...

エポンのドライバーと言えば飛距離が売りですが実際はどう?

エポンのドライバーと言えば飛距離に定評があります。 様々なモデルのエポンドライバーでのコメント...

タイトリストが造る優しいアスリートモデルAP2の710

以前は上級者限定のアスリートブランドとして孤高の存在であったタイトリスト。 しかし時代の要請か20...

現在市場に出ているのが最後!ナイキのクラブは評価が高い?

ナイキというとマイケル・ジョーダンを思い浮かべる人も多いでしょう。 ですが、ゴルフ部門でもタイ...

インパクトの音と打感。各メーカーを試打比較してみましょう。

クラブを選ぶ基準として振りやすさと計測データが大切ですが、ボールが当たった瞬間の音や打感も非常に大切...

スポンサーリンク

初心者には難しいピュアマッスルバックタイトリストアイアン

まさに”これぞタイトリスト”というようなアイアンがMBです。
タイトリストと言えばマッスルバックというイメージがあります。

世界のトッププロも多くが使っています。
ブレードアイアンと呼ばれる鋭さと操作性が特徴で、顔も小さくスィートスポットも狭いので初心者向きではありませんが、その伝統的なデザインの美しさに多くのファンがいます。

とくにタイトリストは旧モデルでも古さを感じないものが多いので、マイナーチェンジが激しい人気ブランドクラブからすると愛着度が高く、以前のモデルでも長く愛用している人も多いのです。

構えた時のシャープな感覚とボールの捕らえにくさは上級者でも好き嫌いが分かれるところですが、真芯でボールを捕らえたときの軟鉄鍛造独特の打感や打音は、他のアイアンでは味わうことができないと言われます。

このアイアンは左右にボールをコントロールする操作性のよさが人気なので、少なくとも球筋を打ち分けコントロールする技術がなければ、ただの難しいアイアンで終わってしまうでしょう。

アイアンで球筋を自由にコントロールできるようになればゴルフが数倍楽しくエキサイティングなものになります。
このあたりがピュアマッスルバックの良いところであり、初心者には難しいと言われる所以です。

 

マッスルバックだけがタイトリストのアイアンじゃない!

タイトリストの顔とまで言われるピュアマッスルバックアイアンの紹介をしてきましたが、初心者の人はやっぱりタイトリストは敷居が高いと感じたのではないでしょうか?

たしかにタイトリスト=マッスルバックと言う感じは否めませんが、上級者がタイトリストのマッスルバックを愛用していることが多いのでイメージ的にそうなってしまったのでしょう。

現在ではタイトリストには初級者にも使えるやさしいモデルから、操作性は抜群によいけれどミスはミスとして結果に顕著にあらわれる上級者モデルまで、幅広いタイプのアイアンがあります。
ですから初心者だからと言って敬遠せずに自身の体力やパワー、スイングタイプ、プレースタイルなどを踏まえてどのモデルが合うのか、もしくはどのタイプのプレーヤーを目指すのかによって同じタイトリストでも選ぶクラブを絞りましょう。

タイトリストのアイアンは歴史もありプロゴルファーから一般アベレージゴルファーまで世界中でも愛用者が多くいます。

ゴルフクラブのメーカーやブランドはマイナーな物も含めると本当に星の数ほどあります。
ただカッコイイからというだけではそれだけ多くのゴルファーに支持されませんよね。

 

初心者から上級者までタイトリストのアイアンを詳しく見てみよう

ここではタイトリストのアイアンを詳しく紹介しますので、アイアンをタイトリストにしようかどうかと迷っている人も参考にしてみてください。

【AP1】
タイトリストのアイアンの中では一番やさしいと言われていて、言わばタイトリストアイアンの入門モデルです。

ヒール側とクラウン部両方がキャビティ構造になったデュアルキャビティ構造で、スイートスポットが広く打球が上がりやすいので、ミスショットに強く方向性や飛距離に自信のない初心者にも向いています。

番手ごとに重心を調整しているので5Iと7Iの飛距離があまり変わらないということが気になる人には頼りになるモデルです。

またタイトリストのアイアンの中では比較的軽いのでパワーの無い人にも扱いやすくなっています。
ただし、球筋を打ち分けるなどのテクニックを磨きたい方には不向きなアイアンです。

【AP2】
AP1の打ち易さを受け継ぎながらも操作性を向上させていますので、AP1では物足りなさを感じた人にはこちらがオススメです。

デュアルキャビティではありますが、ロングアイアンではしっかりと高弾道になり、ショートアイアンでは方向性を出しやすい程度の弾道になりますので、アイアンショットを安定させ、よりアグレッシブにグリーンを攻めて行きたい競技志向の本格派ゴルファーの方にも満足できるモデルです。

 

初心者から上級者まで幅広いタイトリスト

引き続きタイトリストのアイアンを詳しく見てみましょう。

【CB】
CBはマッスルキャビティと位置づけされマッスルバックとキャビティバックの良いところを合わせたアイアンです。

操作性の良さと打ち易さを兼ね備え、マッスルバックの操作性を損なうことなくミスショットにも対応してくれます。

トップブレードもシャープさがありマッスルバック愛用者にも違和感なく使えるでしょう。
マッスルバックにこだわって長年愛用してきたけれど厳しく感じてきた人にもスムーズに移行できるのではないでしょうか。

多くの世界の一流プロも使用する信頼と実績のあるモデルです。
初心者向けではありませんが、軟鉄鍛造でデザインもカッコ良くこだわりのある人にも好みのアイアンとなるでしょう。

【VG3】
VG3はその飛距離に定評があり軟鉄鍛造キャビティアイアンで最も飛びミスにも許容性があるということで人気があります。

バックフェースを限りなく薄くして反発性能を高め飛距離を追求しながらも、軟鉄鍛造独特の打感や打音に魅せられこだわりのある人にも十分に満足のいくアイアンです。

シャープな顔立ちでアドレス時にかまえやすく方向性の出しやすいヘッド形状です。
このモデルは日本人が最も使いやすいように作られていますので、日本人の体力や好みにピッタリです。

この他にもT-MBがあります。
ハイブリッドマッスルバックと呼ばれる複合素材に伝統的なマッスルバック形状を採用し、中空構造でボール初速がアップします。
ブレードタイプでありながらボールが上がりやすくビッグなキャリーを生み出します。

 

タイトリストは格好から入ったっていいじゃない!

初心者から上級者まで幅広いタイプを揃えたタイトリストのアイアンですが、たとえ初心者だとしてもマッスルバックを使うのはマイナス面ばかりなのでしょうか?

ゴルフを始める前からタイトリストのマッスルバックに惚れ込んでいて他のクラブには目もくれず購入し、いざ気合を入れて練習場へ行ったらまともにボールが前に飛ばず隣の打席のおじさんに失笑されながらも、練習に明け暮れ比較的短期間で打ちこなせる様になり、当然ゴルフの上達も早くなったという話もあります。

道具のせいにしないでひたすら練習に励んだ結果だそうですが、確かに自分が気に入ったクラブならいつかは使いこなすのを目標にモチベーションもあがり、やりがいが出ますね。

こんな風にまずは格好から入っても、その結果上達の早道になるのならいいのではないでしょうか。

「ちょっと君にはそのクラブは早いんじゃない?」
なんて周りの目も気にせず頑張ってみるのも1つの道です。

一度その技術を掴んでしまえば、他のクラブを使っても楽にゴルフが出来るようになるのは間違いないですし、ただひたすらマッスルバックを極めてみるのも良いでしょう。

反対に言えるのは最初からやさしいクラブを使って楽にゴルフを覚えるとミスショットの原因が分かりにくいので、なかなか上達しなかったり、難しいクラブを使えるようになるにも長い年月がかかってしまったりする事も多いのです。

 

どうせならとことんタイトリストで!!

こだわり抜いた選択でアイアンを選んだならば、頭の先から足元までタイトリストで決めてみるのも悪くないですね。

タイトリストのドライバーはどうですか?
460ccでありながら操作性も抜群でオフセンターにも強いD2はビッグキャリーを生み出します。

高い許容性と操作性を併せ持ち、風にも負けない中弾道のボールでイメージ通りの球打てるD3

シリーズ最大の飛距離を実現し、つかまる460ccヘッド、構えやすさと安心感のVG3

フェアウェイウッドはライを選ばない高弾道の飛びを実現するF2

操作性が良くスピンを抑えたF3

抜群の飛距離でつかまりのよいVG3

ユーティリティ派のあなたにはアイアンのように構えて高弾道で正確なキャリーで攻めるH1

さらにコンパクトなフェイスで中弾道で狙いを定めるH2

飛距離と打ちやすさのVG3

忘れてはいけないのがプロも絶賛で愛用者の多いボーケイウェッジです。

パターはもちろんスコッティキャメロンでこだわりましょう。

アパレルもタイトリストならキャップ、バイザー、シャツ、ズボン全て揃います。

グローブとボールももちろんタイトリストは技術と実績で高い評価です。

タイトリストのロゴがカッコイイキャディバックも外せませんね。
足元はフットジョイで完璧のコーディネートの完成です。

このように初心者でも格好から入るのもいいと思いますよ。

 

使ってみたいタイトリストのアイアンは決まりましたか?

初心者には難しいと思われているタイトリストのアイアンですが、そんなイメージはこれまでで払拭できたのではないでしょうか。

スタートから難しいマッスルバックに挑みアスリートゴルファーを目指して黙々と練習で技術を磨きたい人、デザインのカッコ良さから打ちやすいタイトリストを選ぶ人、操作性と打ち易さを併せ持ったタイトリストでさらなる高みを目指す人、様々なゴルファーにピッタリのタイトリストを見つけて下さい。

何ていったってタイトリストはカッコイイのですから。

 - クラブ 用品