ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

スリクソンのマッスルバックアイアンは誰でも使いやすい?

2017.1.31

松山英樹プロが契約しているダンロップ。
そこのモデル、スリクソンはプロはもちろんアマチュアの間でも人気のクラブです。

とくにアイアンの人気が高く、バリエーションも豊富です。

使うからにはかっこいいモデル、見た目のかっこよさで選ぶならマッスルバックと考えるゴルファーも多いはずです。

そこで今回はスリクソンのマッスルバックアイアンを取り上げてみます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフラウンドで必需品といえるゴルフナビのおすすめを紹介

現在GPSゴルフナビも様々な機種があります。 腕時計型や音声ナビなどプレーに負担のかからないも...

三浦技研のアイアン、MB-5005の凄み!一体どんなクラブか?

三浦技研のアイアンはその打感や美しさに定評があり、高額なものが多いです。 鍛造アイアンのヘッド...

キャスコドルフィンクラブ、見た目と性能が口コミで評判上々

キャスコと聞くとボールやグローブのイメージが強いですが、かつてはパワートルネードを発売してユーティリ...

ゴルフのグローブに表示されている大きさの基準はなに?

ゴルフ用のグローブには大きさが分かるように、「24」とか「25」とか表示されています。 区分と...

雨のゴルフでも心配いらない雨専用のグローブってあるの?

雨の日のゴルフでグリップが滑ると感じたら、雨の日用のグローブを使ってみてはいかがでしょうか。 ...

タイトリストのアイアン。ap1・ap2・cb・mb・t-mbの違いって

ドライバーの評価も高いですが、アイアンの評価がかなり高いタイトリスト。 アイアンに関しては「タ...

コブラで飛ばし屋ゴルファーを目指せ!まずは試打して実感!

コブラのドライバーは日本では認知度は高くありませんが、デザインも凝っていて、ヘッドの性能もパフォーマ...

ヘッドスピードが遅い人が硬いシャフトを使うとどうなる?

ゴルフのクラブにおいて、シャフトの硬さが自分に合っているというのはとても大切なことです。 なぜなら...

脱3パット!パッティングでの正しいグリップの握り方と選び方

プロのトーナメントやゴルフ雑誌、ネットなどでパッティングを見てみると色々なグリップの握り方を見ません...

ヘッドスピード42のときに適合するアイアンのシャフトは?

一般プレイヤーのヘッドスピードは38~42の間と言われています。 ドライバーと違いアイアンはスイ...

セカンドショットのゴルフクラブを選ぶなら飛距離がある7w

フェアウェイをキープしてのセカンドショットは絶好のチャンス! しかし短い芝からショットが苦手と...

技術の進化!ユピテルのヘッドスピード測定器の原理について

技術の進化によってヘッドスピード測定器が小さく安価になり、個人でもヘッドスピードを容易に計測できる...

ゴルフクラブはブランドイメージで選んでも大丈夫ですか?

ゴルフクラブは種類が沢山あって初心者の方にとって選ぶのは大変ですよね。 先輩や上司から使ってい...

ゴルフはファッション!格好いい女性からモテ術を学べ!

最近のゴルフウェアは昔と比べてすごくオシャレですよね! ゴルフはスポーツですが、ユニフォームが...

ロフトが寝ているユーティリティはスライスしない確率が高い

今や多くのゴルファーのお助けクラブとして、ユーティリティは当たり前になりました。 難しいロング...

スポンサーリンク

そもそもマッスルバックアイアンってどんなの?

スリクソンだけに限らず、様々なメーカーが製作しているマッスルバック、名前は聞いたことがあるけれど、そもそもマッスルバックってどのようなものをいうのでしょうか。

アイアンはマッスルバック、キャビティ、中空の3種類にほとんどが分類されます。

その中でマッスルバックは1番ヘッドの大きさが小さいモデルです。
その分操作性が良く、ボールを意図的に曲げたい、高さをコントロールしたいといった場合に効果を発揮します。

また、3種類の構造の中で、打感は1番です。
ナイスショットした時の感触は最高ですよ。

一方で、ヘッドが小さい分、芯も狭いため、ミスショットに正直な部分があります。
多少芯がずれても他の構造のアイアンは、ある程度のショットとなってくれますが、
マッスルバックの場合、ミスしたらミスしたなりのショットとなるのです。

また、キャビティ等に比べ、ロフト角が多いモデルがほとんどです。
マッスルバックに買い換えた場合、飛距離に違いが出てくる可能性があります。

 

マッスルバックはどのようなタイプのゴルファー向き?

ではどのようなタイプのゴルファーにマッスルバックアイアンはオススメなのでしょうか。

スリクソンというと上級者ゴルファーが使用しているイメージがあるかもしれません。

ですが、マッスルバックは上級者でなければ使いこなせないということでもありません。
まず、見た目重視のゴルファーにはオススメでしょう。
マッスルバックのデザインは非常にシンプルなものが多く、かっこいい印象があります。それを打ちこなせるように練習に励めば問題ありません。

次に、弾道が高すぎるゴルファーです。
マッスルバックアイアンは重心が高めに設計されているモデルが多く、その分低いボールがでやすい傾向になります。
このように高さをコントロールしたい場合にはオススメのモデルです。

また、スイングがダウンブロー(打ち込みタイプ)のゴルファーにもオススメできます。
キャビティアイアンなどの場合、重心が低いので打ち込みすぎると芯の上でインパクトしてしまいます。
逆にマッスルバックアイアンは重心が高めなので、ダウンブローのほうが芯でインパクトできるのです。

 

スリクソンのマッスルバックアイアンの初登場はいつ?

スリクソンのマッスルバックアイアンはいつから登場したのでしょうか。

まず、ダンロップからスリクソンというモデルが発表されたのが2003年です。
初めはキャビティタイプ(I-201)のみでした。

そして2004年に限定発売されたPRO-100が、スリクソンマッスルバックの初登場です。
ダンロップの歴史的な名器であるDPシリーズの後継のようなモデルでした。

その後は、Iシリーズ、ZRシリーズ、Z-TXシリーズ等とスリクソンアイアンが発売されましたが、マッスルバックアイアンはPRO-100以降発売されませんでした。

次のマッスルバックアイアンは2012年のZ925です。

ここからスリクソンアイアンは3タイプのアイアンを販売するようになりました。
ゴルファーのニーズが多様になってきた証拠ですね。

その後モデルチェンジごとにZ945、そして最新のZ965といったようにマッスルバックアイアンが製作されています。

こう見るとスリクソンのマッスルバックは現在では数種類しかないのです。

 

スリクソンマッスルバックアイアンの特徴

ここではスリクソンマッスルバックアイアンの特徴を説明します。

キャビティタイプと共通する部分もありますが、S20Cという軟鉄構造で、マイルド熱処理仕様という軟鉄製造でボールが吸い付くような打感となっています。

打感重視のゴルファーにはオススメですね。

また、Z945からは角度を変えてミーリングを2回行うダブルレーザーミーリング加工をフェースに施し、雨天時のショット、ラフからのショットでも安定したスピン性能を発揮します。
飛びすぎたり、ドロップしてしまったりといったミスに強くなっています。

ソール部分にも特徴があります。

ソールをV字形状にしたツアーV.T.ソールを採用し、フェアウェイはもちろん、ラフなど様々なライからでも振りぬきやすく、飛距離を安定させてくれます。

最新モデルではフェースの大きさも注目し、前モデルに比べ拡大しています。

ミスショットにも強く、操作性もしっかり残したマッスルバックアイアンといえるでしょう。

 

スリクソンマッスルバックアイアンの中古相場は?

中古でのスリクソンマッスルバックアイアンの相場はどれくらいでしょうか。

まずは初めのモデルであるPRO-100は3万円以下の相場となっています。

次モデルのZ925は4~6万円、Z945は5~8万、Z945にはブラックモデルもあり、こちらは6~10万円、そして最新モデルのZ965は7~10万円といった相場です。

スリクソンのマッスルバックは数量限定モデルもあるため、比較的相場は高く、販売されている数も少ないと考えたほうが良いでしょう。

相場価格や販売数でもスリクソンのマッスルバックが人気の理由が分かりますね。
数が少ないことは、多くのゴルファーに支持されている証拠でもあると思います。

打感の良さや、振りぬきやすさ等といった点で、マッスルバックを使用したいと思っているゴルファーがスリクソンのモデルに手を出している可能性も高いといえます。

価格の高さも、需要があるため、中古ショップでも強気の価格帯で勝負しているのでしょう。

 

コンボアイアンを試してみては?

このように人気も魅力もたくさんあるスリクソンのマッスルバックアイアン、使ってみたいけれどやっぱり難しそう、とくにロングアイアンは使いこなせないのではといった気持ちもあると思います。

そんなゴルファーにはコンボアイアンといった考えがオススメです。

コンボアイアンとは、1つのセットに違うモデルのアイアンを組み合わせてセットにする形です。
実際プロゴルファーの間でも、このコンボアイアンは浸透しており、活用しているプロもいます。

ショートアイアンは操作性を重視したいけれど、ロングアイアンやミドルアイアンは楽に飛ばしたいといったことであれば、最新モデルでいうとロング、ミドルはZ765でショートはZ965といった組み合わせがオススメです。

こういったように、アイアンは1つの組み合わせではなく、様々な組み合わせが可能です。
スリクソンにはバリエーションに富んだモデルが発売されています。

自分の理想に合った組み合わせにするためにも、このコンボアイアンという考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

やさしくなったスリクソンマッスルバック、様々な組み合わせを!

最新モデルでさらにやさしくなったスリクソンのマッスルバックアイアン。
ミスにも強くなっていることがゴルファーに人気の理由の1つにもなっています。

かといってすべてマッスルバックで揃えるのも、かっこいいけれど難しいといった思いもあるはず。

そこで紹介したコンボアイアンといった組み合わせで、マッスルバックを取り入れることも可能です。

デザインや操作性、様々な点で魅力もたくさんのマッスルバック、ぜひ使ってみてください。

 - クラブ・パーツ・用品