ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ユーティリティの魁、キャスコパワートルネードその評価は?

2017.1.26

やさしいクラブを使うのはプロとしては恥ずかしい、そんな風潮が色濃く残っていた頃プロのこだわりを変えたのがユーティリティクラブです。

そのパイオニアとも言うべきユーティリティがキャスコパワートルネードです。
まさに元祖ユーティリティクラブといえるキャスコのパワートルネード。
1999年のデビュー以来、ユーティリティの歴史を切り開き今尚初代のクラブでさえも人気を誇るユーティリティです。

そんな歴代のパワートルネードの人気の秘密と評価をみてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

あまり違いはない?ヘッドスピード測定器の各社比較について

最近、ヘッドスピードを測定できる機器が数社より発売されていますね。 練習場でも測定器を使っているゴ...

重心距離の短いドライバー2016年モデルでスライスを直す!

「スライスが止まらない!」なんて時は、スイング修正が常套です。 しかしそんな時に重心距離の短い...

ゴルフ用の練習マットでラフからの練習になるものはあるの?

打ちっぱなし練習場で日々練習を積んでいる人。 練習場に限りシングルゴルファーのようにナイスショット...

ナイキゴルフのブランドイメージとは。やさしい?派手?

ナイキがゴルフ事業に参入したのはおよそ20年前。 ナイキロゴを入れたゴルフボールからでした。 ...

6番アイアンの飛距離に違和感がある時のチェックポイント

6番アイアンの飛距離に違和感があれば、問題点を確かめた方が良いでしょう。 確かめるポイント...

ヤマハのリミックスを試打してみた。凄く評判が良いらしい。

ヤマハのリミックスシリーズは初代から好評ですよね。 最新モデルはさらに進化を続けています。 ...

ロフトが寝ているユーティリティはスライスしない確率が高い

今や多くのゴルファーのお助けクラブとして、ユーティリティは当たり前になりました。 難しいロング...

【ゴルフ教えて!】3wと5w、一本入れるならどっち?

ゴルフのセッティングは14本までということはご存知ですよね。 ドライバーとアイアンセットとパタ...

ダイナミックゴールドx100シャフトの振動数から性能を知る!

ツアープロからの絶大な支持を得ているトゥルーテンパー社のダイナミックゴールドシャフトですが、その中...

飛距離の出るドライバーを選ぶために必要なこととは

飛距離の出るドライバーが欲しいと思うゴルファーはとても多いのではないでしょうか。 新商品のセー...

複雑過ぎて悩んでしまうアプローチウェッジを選ぶポイント

アプローチウェッジは「○○°」と表現されているものもあり、どのようなクラブなのか、またどのくらい飛...

重量級シャフトモーダスツアー125に最適なヘッドスピード

日本ツアーに限らずUSGAツアーでも使用者の多いモーダスツアー125シャフトですが、重量級シャフ...

ドライバーの飛距離に影響を与えるティーは実際あるの?

ドライバーショットで気になるのが飛距離です。 その飛距離に影響があるのではと、色々な形・構造の...

プロ御用達、ディアマナアヒナスペック70sの機能について

三菱レイヨン社製、ディアマナシリーズであるアヒナシャフトは、プロの要望を取り入れたシャフトです。 ...

5番ウッドはラフからでも飛距離を稼げるマルチなクラブ!

ユーティリティが登場して以来、影が薄くなりつつあるフェアウェイウッドですが、5番ウッドは飛距離の観点...

スポンサーリンク

好評価のパワートルネード、そのこだわりとは

ユーティリティの分野では評判も良く根強い人気のキャスコパワートルネードですが、好評価を呼ぶそのこだわりとはどんなところでしょう。

素材はキャスコ独自の超高抗張力鋼、スーパーハイテン。

これはチタンより硬く強いけれど適度な粘りがあるので打感が非常に良いのです。
弾き感があるのでユーティリティのような小さいフェースでもボールの初速がアップし、球離れが良く余計なスピンを抑え距離がでます。

シャフトがソールまで貫通したスルーボア構造で球が上がりやすい、いわゆる「出っ刃」型のシャローなフェースは安心感があり構えやすい形です。

マルチラウンドソールは抜けが良くライを選びません。

ラダーウエイトはヘッド後方にウエイトを置き低く深い重心位置にすることで、楽に高弾道のボールが打てます。

スタビライザーをフェース寄りに装着することで、ミスショットのブレを軽減し方向性が良くなり、高弾道でありながらもふけ上がりを抑えた弾道を実現するのです。

シャフトはキャスコ独自のスピードラバーをシャフトに採用し、しなりの戻りスピードをアップしています。

キャスコならではのこだわりで、打ちやすさを追求したパワートルネードのテクノロジーは最新モデルにも受け継がれています。

 

歴代のキャスコ パワートルネードの評価

次々とユーティリティの歴史を切り開いてきたキャスコのパワートルネードですが、歴代個々の評価はどうでしょう。

パワートルネードU(初代)
低スピンで距離を稼ぐクラブでグリーンを狙うクラブではないという評価もあります。

パワートルネードU Eスペック(2代目)
ボールが右に出難く、初心者でも楽に高弾道が打て、一世を風靡した超人気モデルです。

パワートルネードU 2004(3代目)
フェアウェイウッドに近くなりユーティリティの良さが薄れた、という辛口の評価もあります。

パワートルネードU FG(4代目)
原点に戻りまた打ちやすくなった、全体のバランスが非常に良い。

パワートルネード斬(5代目)
斬は真ん中のブレードがかなり抜けの良さを発揮します。
前のモデルと比較してもダフリが非常に少なくなりました。

パワートルネードU-06(6代目)
初代から受け継いだ優しさはそのままに新機能を追加した6代目。
球の拾いが良くミスショットのカバーが抜群で、アベレージゴルファーにとっては使いやすくなっています。

パワートルネード7(7代目)
フェースがシャープになり、超高弾道ながらスピン量少なめなので、風もモノともせずにグングン直進して飛んでいく感じです。

パワートルネード8 マッハサヌキ(8代目)
左右のバラツキを抑えた高弾道シャフトとラインが出しやすいクラウンデザインで飛びと方向性が良い感じです。
大きな変更点は、スルーボア構造をやめ、ブラインドボアにすることでシャフト先端のしなりを活かすようにした点です。

最初のころは、少しフェアウェイウッドのようなスペックで長さもありましたが、最近のモデルは少しずつ短くなり、今では普通の長さになってきたのもポイントです。

このように歴代のパワートルネードはどの評価も打ちやすさと高弾道の飛びが絶賛されています。

 

キャスコパワートルネードのライバルとその評価

今ではプロでさえ愛用者が多いユーティリティ、その草分けとなったキャスコのパワートルネードですが後発組にもライバルが多く、各メーカーこぞってユーティリティを発売しています。

そのライバルたちの気になる評価も見てみましょう。

ロイヤルコレクションBBD 506V
やはりロイヤルコレクションは慣れるのに少し時間がかかりそうです。
それほど高弾道ではないようですがアイアンに近い感覚で打てるので、アイアンが好きな人には向いていると思います。

ダンロップ ゼクシオ 9 ユーティリティ
楽に振れるのでシニアに人気です。
スライスが出難く出ても曲がりが少ないので安心して打てます。
ヘッドの重みが効いているので今までのユーティリティでは物足りなく感じていた人にも非常にマッチしやすく、弾道が高いのでピンをデッドに狙っていけます。

テーラーメイドM2 レスキューユーティリティ
打感は硬いですが楽に真っ直ぐ打てます。
ミスの許容範囲、スイングスピードの許容範囲が広く、大変使いやすいユーティリティです。
ショートウッドで引っ掛けが出やすい人には向いていると思います。

全体的な評価では打ちやすいがやはり打音が気になると言う意見が多いですね。

ヤマハRMXユーティリティ
コントロ-ルはしやすいですが、油断するとどうしてもフック系の打球になります。
力まずにリラックスして打つと、思ったより良く飛びます。
ロングホールでの強い武器になる手ごたえがあります。
他のRMXクラブ同様叩きに行く人にはあまり向いていないようです。

 

パワートルネードだけではないキャスコ

キャスコといえばパワートルネード、ユーティリティといえばキャスコのイメージがその評価からも強いですが、キャスコのクラブの素晴らしいのはパワートルネードユーティリティだけではありません。

キャスコドルフィンウェッジは普通に構えて打つだけで、あごの高いバンカーからも簡単に脱出でき、上がって止まるのでハザード越えなどの厳しいグリーン周りからピンを狙って行くにも自信を持って打てます。

フェースを開いたりオープンに構えたりと難しいことを考えなくても、スコアメイクの要でここ一番というときに強い味方になってくれるお助けウェッジです。

ここにもキャスコこだわりのデザインと技術が盛り込まれています。
とくにバンカーショットにおいては好評価続出です。

そしてその流れをくむドルフィンアイアンはダフリのミスショットに強く距離のロスをカバーしてくれます。

グリーンを狙うショットで大事な場面、ダフリの恐怖を軽減してくれる頼りになるアイアンなのです。

グローブやボールでは以前から評価の高いキャスコですが、クラブでもその高い技術とこだわりが現れています。

パワートルネードでキャスコの魅力を実感した人も、アイアンやウェッジでもさらにキャスコの良さを試してみてはどうでしょうか。

 

口コミの評価を見るとレディースこそパワートルネード

プロゴルファーから一般アベレージゴルファーまで人気のユーティリティですが、女子プロも数本キャディバッグに入れている選手もいるように、力が弱くミドルアイアンを苦手とするレディースにこそキャスコのパワートルネードをオススメします。

ラフやライの悪いところではミドルアイアンでも振り切れないことが多いレディースゴルファーですが、パワートルネードの抜けの良さはライを選びません。

そしてミドルアイアンではボールが上がらず距離が出難いと感じているレディースも、高弾道のパワートルネードで気持ちよくゴルフをしましょう。

アイアンがとくに苦手なレディースなら、思い切って5番6番アイアンを抜いて、その代わりに使ってもいいのではないでしょうか。

パワーがありアイアンが得意なレディースもフェアウェイウッドの代わりに、方向性の良いユーティリティはセカンドの落下地点が狭いホールや、距離のあるショートホールでボールを止めたい時、グリーンまで上りでアイアンではきつい時など非常に使い勝手が良いので、マルチに活躍する1本になるでしょう。

評価でも語られている高弾道、ライを選ばない抜けの良さ、この性能を十分に発揮してくれるはずです。

 

フェアウエーだけじゃない!パワートルネードの評価

打ちやすく高弾道でグリーンも狙えるキャスコパワートルネードの魅力を紹介してきましたが、評価をみて見るとロングホールや距離のあるミドルホールのセカンドショットだけではなく、クロスバンカーでも高い弾道がでるので少々のアゴは気にならずに打てるということ。

抜けが良いので少しくらい厚く入ってもカバーしてくれるので、無理をして5番や6番アイアンで打つよりは脱出も確率が良くなります。

そして距離のあるショートホールでもボールが止まりやすいので思い切って振っていけます。
またラフはもちろんの事少しライの悪いところでもトップ気味に入っても距離は稼げるでしょう。
それから左右OBのホールのティーショットにもそこそこ距離が稼げるので、方向性重視で活躍してくれるのです。

何が何でもドライバーでティーショットを打ってOBは痛いですよね。
多くの場面に対応できるこんな便利なクラブを使わない手はないですよね。

ロフトバリエーションもたくさんありますので、自身のゴルフスタイルやクラブのセッティングに合わせて飛距離の隙間を埋めるような選択をすると、ぐっと使用頻度もあがるのではないでしょうか。

「ユーティリティ買ったけどあまり使わないんだよね」・・・という人は今一度セッティングを見直してみてはどうでしょう。

ロングアイアンやミドルアイアンの代わりに、スプーンやバフィーでフェアウェイからうまく打つのが苦手な人に、ショートウッドで方向性が出すのが難しい人に、色々な場面で上手く使ってください。

 

ユーティリティ、迷っているならパワートルネードは買いです!

ユーティリティの良さは解っているけど「まだどうしようかなぁ」と迷っているなら、キャスコのパワートルネードは歴代のモデルが中古市場でも数多く出ていますし、モデルによってはコストパフォーマンスが抜群なものもあります。

旧モデルでもその機能性はキャスコのこだわりの技術で十分に活躍します。

評価や口コミをみて見ると旧モデルの方がお気に入りで、わざわざ探して購入している人もいるほどです。

迷っている人にこそキャスコパワートルネードユーティリティはオススメのクラブです。

 - クラブ・パーツ・用品