【ゴルフ教えて!】pingのライ角は再調整できるの?

ゴルフをやっている方ならpingというメーカーをご存知ですよね。

pingはライ角フィッティングにいち早く参入し、ライ角を独自の色分けで数種類用意しています。

ライ角はユーティリティからアイアン、ウェッジ、パターまで同じようにカスタムしてライ角を合わせることができます。

ライ角が合う合わないでショットやストロークの精度が変わるのがゴルフです。

ところでライ角が合わなかったとき、スイングが変わったとき、ライ角は再調整できるものなのでしょうか?

今回はpingのライ角についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウェッジの錆が気になり出したらガンブルー加工に挑戦する

すぐに錆びてしまうノーメッキウェッジ。その錆が上級者っぽくて格好良いと思うゴルファーもいますが、...

ドライバーの調子を上げるカスタマイズ「シャフトカット」

ドライバーの調子が悪い・改善したいと考えたとき、その原因が「スイング」か「クラブ」そのものに行き当...

ゴルフの雨対策で忘れがちなゴルフシューズの防水対策の仕方

ゴルフの雨対策と言ったら、傘やレインウェア等を思い浮かべる人が多いでしょう。そのため意外と見...

ゴルフシャフトに付いているシール、あなたはどうしてる?

ゴルフシャフトには、購入時にスペックを示すシールやバーコード、値段などのシールが貼ってあります。...

キャロウェイのフィッティングの料金って高いんじゃないの?

どうがんばってもゴルフの調子が悪いとき。クラブを疑ってみるのも一つの手です。そんなときに活用で...

ライ角が未調整でフラットなアイアンはミスショットが出る!

スイングフォームに大切なライ角をご存知でしょうか。ライ角がフラットなアイアンは、ライ角調整を行...

ゴルフクラブのシャフトのフレックス「sr」について考える。

ゴルフクラブのシャフトの部分を良く見るといろいろな情報が書かれています。初心者の人はそこまで...

簡単にできる!ゴルフのグリップ交換のやり方を覚えよう

ゴルフクラブとの唯一の接点となるグリップですが、劣化すると滑りが気になってミスショットに繋がりま...

ライ角調整をして身長180センチに合ったクラブで見違える!

日本のアマチュアゴルファーの約5割以上が適正でないライ角のクラブを使っていると言われています。...

ドライバーのライ角がフラットでも気にならないのはなぜ?

ドライバーは構造上、ライ角を調整することができません。仮にフラットなシャフトであれば、その傾...

ノーメッキウェッジの赤錆を防ぐガンブルー塗装の方法とコツ

ノーメッキのウェッジは赤い錆が浮いてきて、他のクラブと比べると貧相な雰囲気が漂うものです。そん...

赤錆の浮いたウェッジをガンブルー液で黒光りさせる!

真っ赤に錆びたウェッジも魅力的ですが、やはり磨かれた鉄色のウェッジのほうが気持ちは良いものです。...

【ゴルフ教えて!】硬さを表すフレックスには意味があるの?

ゴルフクラブにはシャフトの硬さというものがあります。一般的な硬さがRフレックスです。その他に...

ノーメッキウェッジはガンブルーでサビ防止や傷のお手入れを

ノーメッキのウェッジを好んで使用するゴルファーがいます。そんな方のバッグに入っているウェッジを...

アイアンのリシャフトをDIYするのに必要な工具と手順

自分のゴルフクラブを思い通りにセッティングできたら、面白いと思いませんか。鉛を貼る、グリップ...

スポンサーリンク

再調整も必要!ゴルフでのライ角の重要性

まず、ライ角とはゴルフクラブをソール面が水平となるように地面に置いた時、その地面とシャフトの中心線との角度のことを言います。

アドレス時にソールが地面に接しているからといって、それが正しいライ角とはいえません。
正しいライ角は、インパクトでソール全体が地面に接していることです。

ライ角はゴルファーの身長や腕の長さによって変化しますし、そのゴルファーのスイング軌道によっても変化します。
フラットなスイングをするゴルファーはライ角を小さく、逆にアップライトなスイングをする場合はライ角を大きくといったように調整していきます。

「とりあえず真っ直ぐ飛べばいいし」と考え、あまり気にしないゴルファーもいるかもしれませんが、その「真っ直ぐ飛ばす」事にライ角は重要な役割を担っています。

スイングに合ったライ角でないと、インパクト時にフェースがトゥ側やヒール側に傾いた状態となってしまうので、真っ直ぐ飛ばすことが難しくなってきます。

現在pingや他のメーカーのクラブを使っていて、ライ角を合わせてみたい、その後スイングが変わったときに再調整できるのか知りたいと思いませんか?

 

pingのライ角フィッティングはどこで受けられるの?

ババ・ワトソンプロ等で有名なping、そこでのフィッティングはご存知でしょうか。

ping公認フィッターが、ゴルファーの様々な悩みからカルテを作り、身体測定を行って、その人にあったスペックのゴルフクラブを案内してくれるサービスです。
ライ角は非常に細かく分けられており、スイングテスト等から最適なライ角を選んでくれます。

このように魅力がたくさんのpingのフィッティング、どこで受けることができるのでしょうか。

このような細かなフィッティングは、行える場所が少なく感じますが、実は多くのゴルフショップやゴルフ場でもサービスを受けることができるのです。

pingでは、全国のゴルフショップやゴルフ場にこのフィッティングサービスの講習を行っています。
そこで受講したスタッフがいる場所であれば、フィッテング用の機材があるので、その場で受けることができるのです。
また、試打会やフィッティングイベントも開催していますので、ホームページで確認してみてください。

フィッティング後スイングが変わったりした場合の再調整に関しては、もう一度フィッティングを受けてからどうしたらよいかフィッターに相談しましょう。

 

pingのライ角にはどんな種類があるの?

そんなライ角調整に評判があるping、その種類はどのようなものでしょうか。

pingではライ角をカラーコードで設定しています。
これは創業者のカーステン・ソルハイム氏が多くのゴルファーのデータから構築したチャート表なのです。
カラーコードは1段階が0.75度、基準ライ角からアップライト方向に最大4.5度、フラット方向に最大3.75度の全12段階8.25度の角度が指定オーダー可能です。

コード別にヘッドが用意されていると考えると思いますが、実は元は1種類のヘッドで、それを独自の方法で曲げることができるように設計されています。

そこまで曲げると破損してしまうのではと感じますが、熱処理に特殊な加工を施しており、強度を保ったまま調整が可能に仕上げてありますので安心です。

現在のスイング傾向等から、公認フィッターがアドバイスしてくれます。
希望等も取り入れてもらい、最適なライ角となったクラブを手に入れましょう。
現在と未来のスイングを想定し最適ライ角を見つければ、再調整をする必要性もありませんので。

 

pingのライ角、再調整の条件とは?

pingに限らずフィッティングして購入したクラブ、はじめは調子がいいはずです。

ですが、技術向上やスイング改造等から、合わなくなってしまう場合もあるのです。

スイングが変化すれば、クラブの入射角度も変化します。
それによりインパクト時にズレが生じ、ミスショットの原因となってしまうのです。

その際はまた、調整を依頼しましょう。
ただ調整するにも、自分ひとりの意見で調整箇所を伝えないほうが良いです。
引っかけが多いから少しフラットにといった考えが本当に正しい方法なのか、改めてフィッティングしてもらいましょう。
案外違う方法で改善につながったりするかもしれません。

調整をするにも、ゴルフクラブには強度があります。
簡単に依頼できるからといって、何度もライ角を曲げると、しわができてしまったり、最悪割れてしまうといったこともあります。

ライ角の再調整には、スイング、クラブの強度といった面で問題が出てきます。
フィッターとしっかり相談し最適な方法を見つけてください。

 

ライ角再調整の日数と金額は?

そのライ角の再調整、どれくらいの日数で金額はどのくらいかかるのでしょうか。

pingはこのライ角調整において素晴らしいサービスを提供しています。
それは、正規販売店にて購入したpingのクラブは購入日から1年以内で、1回目のライ角調整であれば無料(送料別途)で行ってくれるのです。

ゴルファーに本当にマッチしたクラブを使って、ラウンドしてほしいといった気持ちから生まれたものだと思います。

日数においては郵送する場合は場所にもよりますが3~5日程度(スタジオの忙しさにもよるので問い合わせてみてください)、実際に持参した場合であれば即日やってくれると思います(こちらも忙しさ次第)。

画期的なこのサービス、期間が過ぎていたり、2回目の調整の場合はおよそ1本500~1,000円程の金額がかかってくると考えてください。
何度も調整してクラブの強度を下げたり、コストがかかりすぎたりすることがないように、フィッター等にアドバイスを求めた上で調整を行ってください。

 

pingには女性も同じようにライ角調整できるクラブがあるの?

pingには女性用のクラブもライ角調整できるのでしょうか。

現在発売されている女性用クラブRhapsodyはライ角調整可能です。

通常12段階ある中の10段階までに限定されますが、調整ができるように設計されています。
ですので、女性ゴルファーも安心してフィッティングを受けてください。

女性がレディースクラブを選択するのは普通のことですが、レディースモデルでは物足りない、メンズでもスイングできるものがないかと考えることもあると思います。

そこでこのフィッテングの出番です。
そういったゴルファーのために様々なシャフトを取り揃えていますので、メンズのヘッドに超軽量シャフトを装着して、スイングできるクラブにチューニングしてくれます。

実際にそちらの方が、楽に振れて飛距離が出るといった声もあるようです。
ですので、このフィッティングを通してモデルにとらわれず、自分にどのクラブが合っているのかを試すことでもpingのフィッティングを活用してください。

再調整に関しても、先ほど説明したように受け付けてもらえますので安心してください。

 

ライ角はナイスショットの重要項目!

ライ角がどれだけショットに影響してくるのか理解していただけたのではないでしょうか。

それをゴルファーに知ってもらい、最適なクラブを選択してもらう為に、pingはこのフィッティングサービスを始めたのでしょう。

まして無料サービスもあるということは、メーカーのライ角に対する本気度が伝わります。

pingの公認フィッターは多くの店舗やゴルフ場に在籍していますので、まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。