エポンゴルフという玄人に評判の良いクラブはご存知ですか

TVや雑誌などでよく宣伝しているクラブは、量販店などでもよく目にする機会がありますよね。

エポンゴルフのクラブは宣伝していないのであまりご存知ない方も多いのではないかと思いますが、実はゴルフ関係者などにはとても有名なところが製造しています。

評判を耳にしたことありますか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウェッジ性能はヘッドだけでなくシャフトの選び方も重要!

初心者ゴルファーはウェッジにどこまでこだわっているのでしょうか。ヘッドは見た目だけでも選ぶ判...

UNIQLOをあなどるな!?快適にゴルフができるズボンが満載!

ゴルフウェアは高額なイメージが強いですよね。実際に高いブランドのものもたくさんあります。...

ゴルフクラブの素材で、チタンとステンレスの違いって何?

現在のゴルフクラブでは、昔では考えられないくらい、ドライバーのヘッドからパターまで色々な素材を使って...

日本で絶大な人気を誇るゼクシオアイアンを比較してみよう!

今日本で一番知名度のあるゴルフブランドといっても過言ではないゼクシオシリーズ。本当に凄いブラ...

ぶっ飛び!?ロケットボールズのユーティリティを徹底試打!

2012年にぶっ飛びとして話題になったテーラーメイドのロケットボールズフェアウェイウッド。その同...

ナイキゴルフのブランドイメージとは。やさしい?派手?

ナイキがゴルフ事業に参入したのはおよそ20年前。ナイキロゴを入れたゴルフボールからでした。...

ビッグバーサドライバーの重心距離を調整して飛距離アップ!

復活したキャロウェイの名器、グレートビッグバーサですが、ドライバーにはスライド式のウエイトコント...

ヤマハのドライバーと言えばRMX。口コミ良いが果たして。

ヤマハゴルフと言えばインプレス。インプレスと言えばRMX(リミックス)。2012年に...

ウェッジ64度のロフト角を選ぶ場合は飛距離を重視する

世界のトッププロが使うロブショットのためのウェッジですが、フィル・ミケルソンが64度を使ったこと...

ドライバーを購入するゴルフ初心者におすすめの選び方10選

はじめてドライバーを購入するゴルフ初心者の場合、ショップでおすすめしてくれる品物が本当に合っているの...

ゴルフのマメ知識。練習場のボールは全然違うことが多い!

ゴルフをやっている方は一度は練習場に行ったことがあるでしょう。練習場で何ヤード飛ぶようになっ...

単品ウェッジを買う時に悩むロフト角の選び方のポイント

「ミスが無くなれば絶対スコアが良くなるのに!」と伸び悩み時期に必ず考えるのがウェッジです。フ...

ヤマハのリミックスを試打してみた。凄く評判が良いらしい。

ヤマハのリミックスシリーズは初代から好評ですよね。最新モデルはさらに進化を続けています。...

ゴルフボールに書くために生まれたラインマーカー用のペン

プロのツアートーナメントでパッティングシーンは良く流れますが、多くの選手のボールに様々なラインが入っ...

最新ゴルフ便利グッズにマーカーによる傾斜測定機能がある

微妙なアンジュレーションのゴルフ場のグリーンは、ゴルファーにとって楽しみでもあり苦しみでもあるもの...

スポンサーリンク

宣伝をあまり見たことの無いエポンゴルフとは?

エポンゴルフ(EPON)という文字を見たことはありますか。

もちろん知っている、という人もいると思いますが、メジャーなメーカーでもありませんし、宣伝もしていないようなのでご存知ない方も多いのではないでしょうか。

なぜ、このメーカーについての質問をしているかいうと、実は日本のクラブヘッド製造ではトップクラスの技術を持った会社だからです。

会社名は遠藤製作所。

この遠藤製作所の自社ブランドがエポンなのです。

遠藤製作所とは、ゴルフ業界に携わる人であれば評判良く誰でも知っているような企業です。

なぜ、それほど有名かというと、大手ゴルフメーカーの評判の良いクラブの一部は遠藤製作所がOEMとして作っているからです。

(OEM=他社ブランド製品を製造すること)

一説によると、鍛造ウッドの50%前後のシェアを持っていて、鍛造アイアンは更に多くのシェアがあるようです。

ゴルフクラブのヘッドは海外でつくられているものも多いですが、プロ・上級者用のヘッドはここで多く作られているようです。

その遠藤製作所の自社ブランドのエポンはどんなクラブか興味が出てきませんか。

評判の良いゴルフクラブもここで作られていた?

今から10数年前に東証JASDAQに上場した遠藤製作所。

当時のことが書かれた記事によると供給先は国内7社、海外3社のクラブを扱っていたようです。

それから年数も経っているのでクラブの製造状況は変わってきているとは思いますが、国内外10社となると評判高い有名ゴルフブランドのかなりの数が遠藤製作所で作成してきたことになるのではないでしょうか。

では最近はどうかというと、少し前にはなりますが2015年の秋ごろの新潟日報にはゴルフ事業不振でタイ子会社を合理化。

安価な海外製品との競争激化で受注が減少。

との記事が出ていたようです。

エポンゴルフのような鍛造のウッドヘッドは打感や形状などユーザーに好まれる要素が多い反面、どうしても高額になりがちです。

それに代わって鋳造クラブの方が金額的に抑えられると言われているので、鋳造クラブの製造技術が向上してくれば、有名ブランドのクラブヘッドも高価なオール鍛造性ヘッドの制作割合を減らしてきているのかもしれません。

今使っているクラブは安価な海外製品なのか、遠藤製作所で作られたものか、それともそのブランドが自社で作ったものか、どうですかね。

エポンゴルフはどんなクラブがあるの?

先ほどの新聞記事ですが、自社ブランドで堅調なエポンゴルフに徐々に比重を移す。とも書かれていました。

OEMの割合が減少する分、エポンゴルフの種類や生産数を増やすということなのでしょう。

そのエポンゴルフはどんなクラブを発売しているのか評判はどうなのか興味がありますね。

それではエポンゴルフのホームページに掲載されている商品を見てみましょう。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアン、ウェッジ、パターとクラブ一式が作られています。

参考価格はいくらぐらいでしょうか。

ドライバーだと12万円前後、アイアン6本セットだと15万円~の金額のようです。

装着するシャフトによって値段も変わってくると思いますが、使用率の高い他のメーカーに比べるとやや高額ですね。

普段使っているいるアイアンが軟鉄鍛造かステンレスかわからないというレベルの人にとっては、ただ単に高いという印象かもしれませんが、軟鉄鍛造を好むアマチュアにとってはこの価格帯はどうでしょうか。

どれぐらい打感がよいのか、何が違うのかを試してみたいと思いませんか。

エポンゴルフの評判は良いのか?

評判とは、その人の主観によって変わってくるので、そのままストレートに捉えてよいかどうかわかりません。

あくまでも参考程度としてですが、いくつかのサイトで口コミコメントを見てみると、打感が良い。というコメントが多く書かれています。

例えば、”ボールがフェースに乗ったような感じ”だとか、”吸い付くような感じ”などとコメントされています。

また、”構えた時の見た目(顔)も良い”という人のコメントも目に付きます。

コメントを書いている人の平均スコアを見てみると、70台・80台でラウンドする人が多いようです。

打感が良く、構えた感じも良く、それでいて飛距離も伸びている、となれば本当に良いクラブです。

もちろん使用感をコメントしている人は、実際に使用している人のほんの数パーセントかもしれません。

もしかしたら、ネガティブな意見を持っている人もいるかもしれませんが、他メーカーのクラブに対するコメントとエポンゴルフに対するコメントを比べてみると、やはりエポンのクラブは評判がよいように思います。

クラブの購入は評判をどれぐらい気にしていますか

クラブを購入する時、何を基準に購入されていますか?

エポンゴルフのようにクラブの価格は重要なところだと思います。

では、それ以外のクラブの決め手はどういったものでしょうか。

プロゴルファーの使用率が高いかどうか、お気に入りのプロが使用しているかどうかで決めている人もいると思います。

また、雑誌などでクラブの比較をしている記事などを参考にしている方もいるのではないでしょうか。

時々行くゴルフショップの店員さんのオススメやそのショップで試打して決めている人もいるでしょう。

また、屋外の練習場で不定期に行われているクラブメーカーの試打会などでクラブを試している人もいると思います。

ゴルフ仲間が使っているクラブを試して購入に至っている人もいるでしょう。

ゴルフクラブは多くのメーカーから複数の種類が販売されているので、新しくクラブを購入する際は、どのクラブにするかかなり迷ってしまうと思います。

ネット上には、クラブに対するコメントも多く見ることが出来ますよね。

宣伝や売りたいクラブなど関係のないクラブを使用したアマチュアの評判も参考にしながら、あなたにとって良いクラブに出会えるといいですね。

ドライバーにいくらまで投資できますか?

ドライバーの購入基準にしている価格はいくらぐらいで考えていますか。

”良いのであれば金額は関係ない”という方もいらっしゃると思いますが、安くで購入できるのであればそれに越したことはないですよね。

さて、エポンゴルフのドライバーの参考価格を先ほど紹介しましたが、ドライバー1本の値段としてみれば、やや高めの設定ではないでしょうか。

ですが、ただ高いだけでなくそれに見合うものを備えているように思います。

もちろんこれよりも高額で数十万するドライバーはいくつもありますし、シャフトだけでもかなり値の張るものもあります。

良いものはどうしても高額になりますよね。

とはいえ、高額だからと言って必ずしもあなたに適しているとは限りません。

評判だけでクラブの購入をするのはオススメしません。

あなたのスイングに合うかどうか試打したり、データを取ったりしながらマッチするクラブを探していきましょう。

その結果、良いクラブにたどり着けたら、予算と相談しながら購入を検討してみましょう。

安価だから、評判が良いから、と購入したところで、しばらくして別のクラブをまた購入なんてことになると結果的に費用がかさんでしまいます。

あなたのスイングとマッチングするのがエポンゴルフのドライバーだったとしたら、値段以上の満足度が得られるかもしれませんね。

ゴルフクラブは奥が深い

ドライバー1本とってみても、安価なものから高価なものまでかなり幅広く選択肢があります。

そのヘッドにどのシャフトを装着するか、硬さはどうか、あなたに合うクラブを探そうとするとなかなか簡単ではないかもしれません。

ゴルフはあなたの好きな道具を使うことのできるスポーツですので、マッチングの良いクラブを探し続けるのもゴルフの楽しさの1つかもしれませんね。