ゴルフの打ちっ放しにはどんな服装で行っても大丈夫です!

ゴルフを始めていきなりコースに行くことはありません。

打ちっ放し(練習場)で練習を積んでから自信をつけてからコースデビューするものです。

本格的に始める場合は道具を揃える必要がありますが、とりあえずゴルフをやってみたいという方は打ちっ放しに行きましょう。

レンタルクラブがあれば手ぶらでもOKですから。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

気になるゴルフの平均スコアや初心者ならではの悩みについて

初心者ゴルファーにとって、周りのことって結構気になりますよね。周りが上級者ばかりであると、な...

ゴルフでスコア120を切れない人が簡単にクリアできる練習法

ゴルフ始めてから結構経っているのに、120の壁が切れないと悩んでいるのなら、練習方法を変えてみて...

ミスショットを減らすためにスイングプレーンを矯正しよう

ゴルフでミスショットは色々とありますが、代表的なのはフックやスライスです。ゴルフでそのような...

ゴルフで大切なラフからのアプローチ。ミス繰り返してない?

18ホールのゴルフコースの中で、アプローチをすることはかなりの回数ありますよね。そんなアプロー...

ゴルフ初心者はスコア130を目標にすると良いみたいです

ゴルフ初心者はコースに初めて出る時どれくらいのスコアを目標設定するのでしょうか?単純に考える...

フックの打ち方を防ぐには「手首をこねる」を理解すること

ゴルフが上達してくるとフックボールが出始めます。打ち方にも問題は多々ありますが、グリップの握...

シャフトのフレックスのLって何?AやRと比べてどう違うの?

ゴルフを始めたばかりの頃は、シャフトの事なんて意識したことがないでしょう。と言うより、意識する余...

【ゴルフ教えて!】スループレーは短時間でお得なの?

日本のゴルフコースは通常はお昼休憩を挟んで1ラウンド回るスタイルが主流となっています。しかし...

社会人一年目でゴルフを始めたらプラス?それともマイナス?

社会人一年目でゴルフを始めるというのは非常識なのでしょうか?仕事を覚えること、人間関係を...

アプローチで失敗!グリーン手前のダフリの原因と改善策

グリーン手前まで来て、「ピンそばに……」とアプローチをしたら、ザックリでグリーンオンできずにガッカ...

ゴルフグリップの正しい握り方はゆるく?強く?どっちだ!?

あなたは正しいグリップの握り方をしていますか?ゴルフ雑誌等で、「グリップはしっかりと」や「グ...

ゴルフクラブを『9本にして』ラウンドするメリットとは?

ゴルフのラウンドで、ミスが続いて大叩きした経験はありませんか?そんな方には、ゴルフクラブの本...

左手薬指の指輪をゴルフのとき外しますか?外しませんか?

左手の薬指に付けている指輪と言えば結婚指輪でしょう。それをゴルフのためとはいえ外すことに躊躇す...

ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行いが良いと天気にも恵まれますね~」とかなん...

アプローチを楽しくゴルフ場で習得!初心者が練習すべき方法

練習場ではフルショットの練習ばかりになっているゴルファーは是非、アプローチも同じくらい練習しまし...

スポンサーリンク

ゴルフの打ちっ放しとはどんなところ?

名前から分かる通り、打ちっ放しとは打てる場所!思いのままに色んなクラブを使って練習が出来ます。

ゴルフは練習なしにプレーすることが難しいスポーツであり、また球を使っての練習など到底自宅では出来ません。

街から少し外れた場所で高く張られたネットを見たことはないでしょうか?

あれが練習場なのです。

そしてそのネットのおかげで思う存分に打てるわけです。

ナイター営業をやっている場所も多いため、仕事帰りでも十分に練習が出来ます。

一人で行っても友達と行ってもよし、自分なりにルールを決めながら打ってもよし。

ゴルフは堅苦しいイメージがありますが、練習場は極めて自由なのです。

ゴルフをやってみたいけれど道具も服装も揃えるお金もないし…と悩んでいる方や、友達をゴルフに誘いたいけど未経験者を連れていくわけには…と悩んでいる方。

ぜひ打ちっ放しを利用してみてください。

打ち損じても恥ずかしがることはありませんよ。

もし、本当に上手になりたいのであればプロの先生に教えていただくことも可能です。

ゴルフの打ちっ放しにはどんな服装がオススメ?

打ちっ放しでの服装はズバリ、動きやすいもの!

ゴルフ場のように特別な決まりはなく、自分にとって動きやすい服装であればよいと思います。

特に冬の場合外にある練習場は寒いので、ウィンドブレーカーなどを着て身体が温まってきたら脱ぐということも出来ます。

練習だとしても服装から入りたい!という方は勿論ゴルフウェアを着ても問題ありません。

靴は普通のスニーカーが一番打ちやすいのでわざわざゴルフシューズを用意することはありません。

このようにラフな格好でも大丈夫ですが、あくまで常識に則った服装でお願いします。

夏場でいくら暑いからと言って、タンクトップのような下着同然の格好では周りの方も驚いてしまいます。

また、練習場はゴルフ場と比べて敷居は低いですが場所によってはピンキリです。

都内のいかにも高級そうな場所であれば事前にHPなどを見ておくのが無難かもしれません。

あまり難しく考えず「スポーツをする格好」と意識して服を選びましょう!

ゴルフには服装のマナーがあることはご存知?

さて打ちっ放しの次はゴルフ場での服装についてです。

最近はそこまでマナーにうるさくない、とは言えジーンズや襟なしのシャツ、サンダルやヒールは駄目!と言われてしまったら一体何を着ればいいんだと悩んでしまう人もいるはず。

靴なんて行き帰りにしか履かないのに…と思ってもルールだから仕方ないですよね。

それも含めゴルフの楽しみにしましょう。

まず基本的にプレー中帽子は着用です。

男性で髪の毛のことを気にしてか被らない方もいますが、ボールが飛んできたことなどを考えても被るべきだと思います。

またこれも男性ですが、シャツはズボンに入れるのがマナーです。

特に目上の方とラウンドするときは細かいことに注意した方がベストかもしれません。

女性の場合、見た目重視の可愛いスカートやショートパンツが売られていますが生足はあまりオススメしません。

虫に刺されたり、茂みに入ることおあるのでハイソックスやタイツを履いた方がいいです。

きちんとマナーを守りゴルフを楽しみましょう。

打ちっ放しには何を持っていくべき?

打ちっ放しではクラブの貸し出しもしているのでクラブを持っていなくても安心です。

しかしずっと借りていたのでは意味がないので、中古でクラブを揃えるのもありです。

中古である必要はありませんが、何も分からないまま新品を買うよりかは自分に合ったものを知ることから始める方が良いでしょう。

練習するだけなら服装もシンプルで運動靴でもいいですが、ラウンド前にゴルフシューズに慣れておくために履いても良いと思います。

そして、自分で用意すべきなのはグローブでしょう。

試着用のグローブが店に置いてあるので、そこで自分のサイズを知ることができます。

初心者の場合は手に力を入れすぎて、まめができてしまうことが多いので着用をオススメします。

男性は片手につける人が多く、女性は両手の方が多いようです。

練習場も屋根があるとはいえ外なので、日焼けを避けたい人は両方つけた方がいいと思います。

このように練習場に持っていくべきなのは、最低でもグローブ…とお財布!とてもシンプルなので是非気軽に通ってみてください。

どうしたら上手になれるの?

打ちっ放しに通って上手くなったと思っても、そこから先に進まない…とゴルフをやっていればそんな悩みが付きまとうのではないでしょうか。

身近にゴルフ経験者がいれば、その人から教えてもらうのが一番手っ取り早いかもしれません。

プロに習うのもよくある手ですが、十人十色とはよく言ったものでゴルフも人によってやり方が異なります。

プロによって教え方が異なるのも当然。

自分に合った先生を見つけるというのは案外難しいことかもしれませんが、まずはゴルフを楽しむのが一番だと思います。

球に当たらなければなにも面白くありませんよね。

ラウンド出来るようになってもスコアを気にしすぎず、「空振りをなくす」と言うような小さな目標から始めてみましょう。

そして打ちっ放しで練習して、ラウンドして、また練習すれば自然とうまくなるのではないでしょうか…。

なんてそれが出来ればみんな上手になりますよね。

また、競い合う相手がいるといないとでは全く変わってきます。

競い合わずとも、目標となる相手がいることで自身の向上へと繋がっていきますよ。

そういった方の服装も参考にしてみるといいですよ。

女性は服装選びもゴルフの醍醐味!

服装選びと言うのはゴルフにおいても楽しさの一つでもあります。

普段は履かないニーハイソックスもゴルフウェアとしてなら大丈夫!

年齢には合わない派手な色の服を着ても違和感がないのはゴルフウェアのいいところだと思います。

新品をセットアップで買ってもよし、アウトレットで安くスカートだけを買ってお気に入りの服と合わせるのも楽しいですよね。

ただどんな可愛い服を買ってもヒールは履けません。

ゴルフシューズってどうしても足が短く、太く見えてしまいますよね。

黒のハイソックスを履いて細く見えるようになんとかごまかして見たり…と、こうやって色々と考えるのも醍醐味ですね!

一つ、注意したいのは雨の日の白いズボン!

女性で見たことはありませんが、雨や汗でパンツが透けて見えてしまっている人がたまにいるんです。

一緒にラウンドしている人は言えるわけもなく、自分自身のためにも気を付けましょう!

服装だけでなく、ゴルフバッグやクラブカバーもキャラクター物など可愛いものがたくさんあります。

一品もののカバンなど、買えば打ちっ放しよりもラウンドに行きたくなること間違いなしです!

楽しくゴルフをしよう!

ゴルフを始めたい方、初心者の方は是非打ちっ放しに行ってみましょう。

ゴルフを学び、ゴルフを知ればきっとコースに出ても存分に楽しめるはずです。

自分に合ったクラブを集めるだけでなく、お気に入りのゴルフウェアやバッグを集めるのも楽しみ方の1つです。

自分なりの楽しみ方を見つけて、ゴルフを上達させましょう!