【ゴルフ教えて!】ウッドの種類・名称・使い方を教えます!

ゴルフクラブは大きく分けてウッドとアイアン、パターがあります。

そのうちウッドは番手ごとに通称があるのはご存知ですか?

番手の数字を読んで○番ウッドと呼ぶと普通ですが、通称で呼べるようになると、ちょっとゴルフ通になった気分になれます。

そこで今回はウッドの種類と名称と使い方までご説明いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフグリップにあるバックラインのメリットとデメリット

ゴルフグリップにあるバックラインって知っていますか?ゴルフショップのグリップ売り場に行くと、...

ミズノは日本大手スポーツメーカー。ゴルフのイメージある?

ゴルフクラブを製造しているメーカーは国内外問わずたくさんあります。日本ではダンロップやブリヂ...

飛距離重視のアイアンとは?通称『ぶっ飛び系』アイアン!

アイアンは基本的に、方向性や精度を求めるという概念が多いのが主流です。しかし、年齢的に飛距離...

タイトリストのアイアンは使える?実際の評価・評判はどう?

玄人評価が高いタイトリストのアイアンですが、特別何が良いのでしょうか。アベレージゴルファーに...

ゴルフクラブセットで初心者やレディースにおすすめなのは?

数え切れないほどの種類があるゴルフクラブのセット。これから始める人やレディースはどれを選んだらい...

タイトリストap2は初代、710、712、714。そして716へ進化!

タイトリストは昔からアスリートをターゲットにしたメーカーで、シニアや女性は全くターゲットにしていませ...

靴紐でサイズを微調整することで正しいスイングと疲れ軽減を

ゴルフクラブにこだわりを見せる人はたくさんいますが、ゴルフシューズ選びは無頓着という人が意外と多いで...

飛ぶドライバーは適正なロフト角を調べて選び方の参考に!

飛ぶドライバーが欲しいと願っているゴルファーは多いのではないでしょうか。ドライバーを選ぶ基準はた...

ゴルフシューズのスパイクレスとスニーカーに違いはあるの?

現在ゴルフシューズには、ソフトスパイクとスパイクレスの2種類があります。このうちスパイクレスは...

ゴルフボールを選ぶ条件はヘッドスピードが50のゴルファー!

飛距離をとるかピタっと止まる球をとるか、ゴルフボールのマッチングは重要です。ヘッドスピードが5...

指先から手首までがグローブサイズ?サイズに悩む男性必見!

ゴルフグローブのサイズと聞いて、指先から手首の付け根までの大きさがゴルフグローブのサイズだと思ってい...

知りたい!ヘッドスピードを上げるための練習方法や練習器具

飛距離アップのためヘッドスピードを少しでも上げたいゴルファーは多いです。不思議なことに力いっぱ...

ヤマハのドライバーと言えばRMX。口コミ良いが果たして。

ヤマハゴルフと言えばインプレス。インプレスと言えばRMX(リミックス)。2012年に...

ナイキのゴルフクラブの評判はどうなのだろう?性能・歴史

ナイキはゴルフクラブの製造販売から撤退することを決めました。スポーツブランドとして世界的なナ...

ゼクシオ7アイアンの特長はなんと言ってもシャフトへの拘り

2000年の発売以降、不動の人気を誇るゼクシオアイアン。その中でもゼクシオ7アイアンは、「も...

スポンサーリンク

ゴルフクラブ1番ウッドと2番ウッドの名称と使い方

ゴルフクラブの1番ウッドは知っている方は多いと思いますが、名称は「ドライバー」です。

一番飛距離の出るクラブなのでティーショットで使用することがほとんどです。

まれにゴルフツアーなどでツーオンさせたいような攻めの時に、プロがセカンドショットで使用するのを見ます。

しかしほとんどがロングやミドルホールのティーショットで使います。

2番ウッドは最近では使用してる人をほとんど見ませんが、名称は「ブラッシー」と言います。

これはFWウッドなのでフェアウェイで使用します。

特徴としては、3番ウッドよりは飛ぶし1番ウッドよりは曲がらないというところです。

1番ウッドが苦手なゴルファーはそこそこ飛距離も出るのでティーショットでブラッシーを使うという手もあります。

しかし現在ではブラッシーをカバーできるクラブがたくさん出ているのが現実で使用してる人はほとんどいません。

シニアゴルファーでこだわりや馴染みもあってブラッシーをセットに入れているという方々もいます。

ゴルフクラブ3番ウッドと4番ウッドの名称と使い方

ゴルフクラブの3番ウッドは馴染みのある方が多いのではないでしょうか。

名称は「スプーン」です。

覚えやすい名称でもあります。

パー5でツーオンやアルバトロスを狙う時や長めのパー4などで活躍します。

ドライバーよりは飛距離が劣りますが十分な距離を出してくれます。

攻めるゴルフの際に活躍するクラブです。

女性ゴルファーがレギュラーティーから回るときは頻繁に使うことになるでしょう。

しかしロフト角が難しいのでヘッドスピードが十分でないとミスショットに繋がるなかなか使用するには高度なクラブです。

スプーンを得意クラブにできたらスコアアップは間違いありません。

ゴルフクラブの4番ウッドの名称は「バフィー」と言います。

これはあまり馴染みがないかもしれません。

フェアウェイでグリーンに寄せるために使用するためのクラブです。

主にセカンド、サードショットで使います。

しかし最近ではユーティリティーなど使いやすいクラブがたくさん出ているためバフィーを使用する人は減っています。

ゴルフクラブ5番ウッドと7番ウッド以下の名称と使い方

ゴルフクラブの5番ウッドは一番使う方が多いFWです。

名称は「クリーク」です。

アイアンが苦手な方が使用することが多いです。

ロフト角が18度くらいで一番打ちやすいロフト角になっています。

ヘッドスピードもスプーンのように必要ないので万人受けするFWと言ってもいいでしょう。

使いこなせばスプーンよりも飛距離を出せる場合もあります。

ゴルフクラブの7番ウッド以下の名称は「ショートウッド」です。

これもまたアイアンが苦手な方が使用することが多いです。

ショートウッドはしっかりとスピンが入り、上げやすく止めやすい!なんとも活躍しそうなクラブです。

しかしやはりこれも最近はより使い勝手の良いユーティリティーに押されぎみで使用する人が減っています。

しかしミスショットに強く高くボールを上げられるのは圧倒的にショートウッドです。

ヘッドが大きいので重心の位置が深いからです。

ヘッドスピードがあまりない方はユーティリティーでボールを高く上げるのは難しいのでショートウッドを使うことをオススメします。

ウッドと似ているユーティリティーというクラブもある。

ゴルフクラブでウッドとアイアンの良いとこ取りをしたものが「ユーティリティー」です。

名称は「ハイブリッド」とも言います。

打ちやすくて飛距離が出るクラブをというたくさんの声に応えて作られたようです。

ウッドよりランが出て、アイアンより高くボールを上げることができます。

前述したように打ちやすいクラブとして開発されたクラブなので、最近はこのハイブリッドを使う人が増えています。

ですのでショートウッドなどの役目が近いFWを使わない人が増えています。

またアイアンが苦手な方もハイブリッドを使用する人が多いです。

ヘッドスピードがあまりない初心者やシニアの方にはとても打ちやすく飛距離がでます。

女性ゴルファーは数本入れておくと活躍すること間違いなしです。

ハイブリッドにもウッドタイプとアイアンタイプがあります。

ソールが大きいものがウッドタイプで、ソールが小さなものがアイアンタイプです。

自分が得意な方のタイプで選ぶことをオススメします。

ユーティリティーはウッドより使いやすい?

ユーティリティーはヘッドスピードがなくても上手く打てる分、ウッドよりも使いやすいです。

名称が「ハイブリッド」や「レスキュー」と言われるだけあっていろいろな場面で活躍します。

ゴルフクラブの中で一番使いやすいクラブです。

ボールがラフにありFWでは打づらいライでもユーティリティーは打ち易い形になっています。

FWなら打ち負けてしまいそうな長めのラフでも、ソールが小さめでシャフトも短いので打ち負けません。

またユーティリティーはウッドより構えやすいです。

ロングアイアンの感覚で構えられます。

風が強い日に使えるのもユーティリティーです。

ボールに当てやすいので直線的な中弾道で風に負けずランがでます。

ウッドは弾道が高い分キャリーでは飛びますが、アゲインストなら風に負けてしまうでしょう。

フォローなら風に乗ってかなりの飛距離を期待できます。

しかしながら、もちろんウッドにも利点があります。

ソールが大きな分滑るのでダブリにつよいです。

ダブリが多い人にはウッドの方が使いやすいかもしれません。

マニアックですが、アイアンにも番手ごとに名称があります。

ゴルフクラブのアイアンにもウッドのように名称があります。

1番アイアンは「ドライビングアイアン」、2番アイアンは「ミッドアイアン」、3番アイアンは「ミッドマッシー」、4番アイアンは「マッシーアイアン」、5番アイアンは「マッシー 」。

ここまでがロングアイアンになります。

1・2番アイアンを持っている人は少ないです。

名前の通りにドライバーと同じ機能を持つほど飛距離の出るアイアンです。

レディースはハーフセットのことが多いのでロングアイアンは入っていません。

6番アイアンは「スペードマッシー」 、7番アイアンは「マッシーニブリック」、8番アイアンは「ロフター」。

ここまでがミドルアイアンになります。

9番アイアンは「ニブリック」 これにウェッジが加わり、ショートアイアンになります。

アイアンを名称で呼ぶことはほとんどありませんが、記憶の片隅に置いておくとちょっとした話題作りになるかもしれませんね。

しかしこれを全て知っている人の方が少ないでしょう。

自分の持っているクラブだけでも名称で!

ウッドやアイアンと全部のクラブに名称があって覚えるのが大変で単語テストみたいな気分になりますよね。

安心してください、全部を覚える必要はありません。

ましてやアイアンを名称で呼ぶ人なんてキャディーさんでも見たことありません。

自分の持っているウッドの名称を言えるようになるだけで、ゴルフ通な感じは十分に出ます。

ウッドは持って2-3本だと思います。

だいたいの人が、ドライバー・スプーン・クリークでしょう。

ほら、簡単に覚えられましたね。

次のラウンドでキャディーさんにクラブを取ってもらうときに是非挑戦して名称を言ってみてください!