ゴルフスコアの80切りを達成するために必要な戦略と練習

ゴルファーにとっての第一の壁は100切りです。

それを達成すると90切り、80切り、70切りと次なる目標が出てきます。

スコアが縮まれば縮まるほど次なる目標達成は難しくなります。

今回は80切りをするための戦略と練習方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オノマトペをスポーツに使おう!ゴルフ上達に悩んだらコレ!

スポーツ選手はオノマトペを使うことでパフォーマンスアップの効果が得られるそうです。オノマトペ...

パッティングの悩み解消!ハンドファーストの構え方と練習法

パッティングのスタイルは自由です。もちろん基本スタイルはありますが、「入ればOK」なので、構...

ゴルフクラブのグリップは太い方が良いのか細い方が良いのか

ゴルファーの皆さんはグリップの太さについて考えてみた事はあるでしょうか。外径はルール上統一さ...

ゴルフマネジメントを知れば誰でも100打を切ることができる

ゴルフのスコアが思うように上がらないようであれば、スコアを作るマネジメントを取り入れてみてはいか...

60ヤード以内のアプローチの打ち方とクラブの選択方法

60ヤード以内のアプローチが上手ければ、かなりスコアを縮めることができます。上手くなるために...

雨の日のゴルフプレーを想定した練習は必ず役立つ時が来る!

雨の日にゴルフをするのは、苦痛と感じる人もいるのではないでしょうか。しかし雨が降っているから...

ドライバーの飛距離はクラブの違いで手に入る?選び方とは?

ドライバーの飛距離をアップしたいと望むゴルファーは多いと思います。もちろん技量によるアップはだ...

ゴルフの目標に100切りを掲げても意味はない?

ゴルフを始めると「100切り」を目標に置いて練習に励むゴルファーが大勢います。ゴルファーにと...

まむしと呼ばれた杉原輝雄のパターへの想いから人生を学ぶ

杉原輝雄のパターといえばマレット型、グリップは逆オーバーラッピングで握り、アドレスに入ると「入る」...

ゴルフでシングルはひとつの到達点。どれほどの割合がいる?

ゴルファーの目標で良く耳にするシングルを目指すということ。シングルにはそう簡単になれないとゴ...

グリーン周りを攻略してゴルフスコアの作り方を知ろう!

ゴルフスコアが「100」の人と「80」の人のこの20打の差は一体何なのでしょうか。実はこの差、...

ゴルフのスコアアップに欠かせないと言われるメンタルを考察

ゴルフのスコアアップを目指すとき技術アップはもちろんですが、緊張を跳ね返すメンタルの強さも重要だと...

ゴルフラウンドで重要!カップの大きさはメンタルで変わる!

大事な大事なバーディーパットやパーパット。入れたい!入れなきゃ!入るかな…入らなかったらど...

世界で活躍している松山英樹選手のスイングを全て解析しよう

キャディが見ていて辛くなると言うほど自分に厳しい松山英樹選手。そんな彼だからこそ、世界を舞台に活...

アプローチは52度や58度などロフト角で使い分けるべきなの?

スコアメイクのポイントとなるアプローチ。特にグリーン周りからのアプローチでは、パーオンし...

スポンサーリンク

ゴルフスコアで80切りするために必要な要素

ゴルフはメンタルのスポーツと言われています。

ゴルフスコアで80切りを達成するため必要なのは、まずメンタル力です。

特に80切りともなると、プレー中のメンタルからくる影響力は大きいからです。

まずは「心に余裕を持ってプレーに臨む」ことが大切です。

ゴルフはミスをするスポーツであって、ミスを無くすことはプロでも不可能です。

大事なのはミスを無くすことではなく、ミスを如何に減らすかになります。

「ミスをしたらどうしよう!」「ミスショットはしたくない!」のような気持ちでショットをすると、力みすぎて逆にミスを誘発してしまうものです。

ゴルフラウンドは18ホールあります。

多少のミスが出るのはしょうがないくらいと気持ちに余裕を持つようにしましょう。

次に「リカバリー力」が大切です。

ミスをした後にしっかりとリカバリーできれば、大叩きをすることは絶対にないからです。

ミスショットをした後に次の手でしっかりと挽回できる所まで確実にボールを運べるように、不測の事態に備えた練習をキチンとしておくことが最も重要です。

リカバリーできるからミスショットしても余裕を持てますし、心に余裕があるからリカバリー時に冷静な対応ができるのです。

ゴルフスコアで80切りするためのコースマネジメント

ある程度スコアをまとめられるラウンドができるようになったら、次のステップとして必須なのが「コースマネジメント」です。

そして80切りをするためにはそのためのコースマネジメントがあります。

中級者くらいのゴルファーのコースマネジメントは、大抵打ったボールの飛距離やボールが落ちた位置から次の番手や戦略を決めます。

ただそれでは絶対にスコアで80切りを達成することはできません。

何故ならその場その場で次のショットを考えており、その場しのぎのマネジメントと言っても過言でないからです。

そうではなくまずはバーディーを獲るべきホールか、パーを獲るべきホールか、そしてボギーでもOKなホールなのかを決めます。

そしてピンの位置から逆算して、セカンドやティーショットの番手や攻め方を考えるのです。

グリーンを狙う際に苦手な番手ではなく、得意な番手で確実にグリーンを狙うことを考えなければなりません。

ドライバーで打つとセカンドショットが苦手な番手になるようであれば、ティーショットをフェアウェイウッドに持ち変えるマネジメントも必要です。

このようなコースマネジメントをするためには、練習場で自分の得意な番手を把握しておくことが大切です。

ゴルフのスコアで80切りするための練習での重点

ゴルフスコアで80切りするためには、まず何に重点を置いて練習するかを決めなければなりません。

何の目標や課題も決めずにただ練習場へ行き、ストレス発散のようにバンバン打ちまくっていてもゴルフ上達には程遠いですし、80切りへの道は遠ざかるばかりです。

80切りを目標とするレベルですから、そのような人が目標を達成するために必要な技術は以下の2つです。

①狙ったところへボールを確実に運べる技術

②不測の自体に対応できる技術

になります。

そのためには安定したスイングと番手に応じてショットを振り分けられるコントロールショット、そして傾斜や障害物に対応できるようにしなければなりません。

そのためにはどのような練習をすれば良いのでしょうか。

同じ練習をひたすら繰り返す反復練習をすることです。

またそれを無心に練習するのではなく、自分のスイングで気になる点を修正することを意識しながら、そして正確にボールを運べるまで反復練習をするのです。

その中で得意な所ばかりを伸ばすのではなく、苦手な所としっかりと克服する練習を入れるようにしましょう。

ゴルフのスコアで80切りするための練習(アプローチ)

ある程度ゴルフでスコアをまとめられるようになったら、更にスコアを縮めるためにはショートゲームをより確実にすることが大切です。

ゴルフのスコアで80切りをするための練習で必要なのはまず「アプローチ」です。

セカンドショットでグリーンを外したとしても、アプローチで高い確率でピンに寄せることができればパーを獲れるからです。

100切りでも90切りでもアプローチが重要なのに変わりはありません。

しかし80切りとなるとどのような状況であっても、アプローチで確実にグリーンを捉える、もしくはピンに近づけるために様々なアプローチを極める必要があります。

そのためゴルフ練習場へ行った際は、練習の約7割はアプローチの練習に時間を掛けるようにすると良いでしょう。

30~50ヤードのアプローチを徹底すること、それが80切りのためにする練習の一つです。

低く転がすランニングアプローチ、高めのボールで少し転がるピッチエンドラン、ピタリとスピンで止めるピッチングアプローチの3種類で確実にその距離、その場所へボールを運べるように練習します。

ほぼ確実に運べるようになってきたら、ロブショットの練習も取り入れるとよりアプローチの技術は高まります。

ゴルフのスコアで80切りするための練習(パター)

先にも話したようにゴルフのスコアをより縮めるためにはショートゲームです。

80切りをするための次に紹介する必須の練習はパターです。

アプローチ同様、パターも100切りでも90切りでも重要です。

しかし80切りをするために必要なパターの練習では、1m以内のパターを確実に入れられるようにします。

これはアプローチのように入る確率を高めるのではなく「確実に」してください。

もちろんラインによっては1mのパッティングでも難易度はグッと上がるかもしれません。

それでも確実に入れられるような練習が必要です。

そうすることでゴルフで最も無駄と言われる3パットを防ぐことができます。

1mのパットを確実に入れられるようになると、最悪2パットでラウンドすることができます。

そのためには1mのパターを毎日練習するようにしましょう。

毎日練習場へ行くのが難しい人でもパターの練習は自宅でもできるので、80切りを目標としている人はがんばってください。

80切りを達成したいなら素振りしよう

ゴルフ初心者の頃は、ゴルフが上手くなりたい一心でたくさんの練習に励みます。

ボールを飛ばすことすら難しいくらいの時は練習場へ行って、ショットの間に何度も素振りをしていたはずです。

しかしゴルフ経験もでき、ミスショットはあるもののボールを飛ばすことができるようになると、素振りの回数は減り、ボールを打つ量が増えてきます。

そのような練習をしていては80切りを達成することはできません。

「ボールマジック」と言う言葉を知っていますか?

別名「素振りシングル」です。

素振りだとプロゴルファー並みに上手なのに、ボールを打つとなると全く違うスイングになり上手く打てないことを指します。

ボールを打つとなるとヘッドをボールに当てることに気持ちが行ってしまい、素振り通りのスイングができなくなってしまいます。

80切りを達成したいのであれば、ボールを打つことよりも素振りにより力を入れましょう。

1球打ったら10回素振りをするくらいが理想的です。

また練習場へ行けないときでも自宅で素振りの練習をすると良いでしょう。

練習の中で素振りが一番客観的に、そして集中的に自分のスイングを見ることができるからです。

80切りを目標にすると1打の大きさを実感する

ゴルフとは如何に少ない打数でホールアウトできるかを競うスポーツです。

競うだけでなく、自分自身の目標と戦うことにもなります。

ドライバーで300ヤード飛ばすのも1打、1cmのパットでも1打。

ゴルフが上達してくると後者の1打への悔しさは何倍も大きくなるでしょう。

それだけ達成するのは容易ではないと言うことなのです。