ゴルフスイングで右膝が前に出るとシャンク病になってしまう

ゴルフラウンド中にシャンクが出てしまうと、OBになってしまうこともあり本当に落ち込みますよね。

1度出るだけでも嫌なのに、1度出ると止まらなくなってしまいその日のラウンドはめちゃくちゃになるし、下手するとそれが練習場へ行っても続く場合まであります。

その原因の一つは右膝が前に出ることがあります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パッティングを変更するならオープンスタンスがオススメ!

パッティングで迷いが生じたら、少しずつ修正するよりも、1度リセットしたほうが早く良い結果を得られ...

アイアンのスイング始動でヘッドを後ろに引くとミスに繋がる

ピンポイントを狙うアイアンの場合、ムラのないスイングが大切です。1回ごとに違うスイングをすると...

ゴルフスイングで右肘が脇腹につくとインパクトが不安定になる

ゴルフスイングで右肘が右の脇腹にくっついているようなら、フォームの修正が必要です。この状態で...

体全体を使ったゴルフスイングをするための腰を切るコツとは

クラブをしっかりと振っているつもりだけれど飛距離は出ないし、ボールが右へ切れてしまう。そんな...

アイアンの精度が変わる!トップブレードで向きを決めること

アイアンを構えるときトップブレードで合わせると、フェースの向きがフックフェースに見えます。アマ...

フックより厄介なチーピンになる原因と克服するための練習法

ラウンド中に出てしまうとフックよりも厄介なのがチーピン。打ち出したボールが急に左に曲がり、予...

ドライバーのスライスはスイング矯正よりグリップをチェック

ドライバーだけ球筋が安定せず、スライスボールが頻発するようなら、矯正するポイントはスイングではな...

やはり得!アイアンで飛距離アップするのに効果的な方法とは

皆さん、ゴルフをするときに一番注目することは何でしょうか?練習場に行って、早いペースで何球も...

ゴルフではスタンスが広いと飛距離アップするって本当? 

ゴルフクラブを構えて迷いや不安があるときは、スタンスの広いアドレスにすると、下半身が安定してそれ...

上田桃子のスイングをスローで見るとクラブの引きつけが凄い

日本女子プロ界のトッププロであり、賞金女王にもなった事のある上田桃子選手ですが、そのスイングはクラ...

千差万別!もっとも良いパッティングの握り方を比較して選ぶ

悩み多きパッティングですが、グリップの握り方を変えたら調子が良くなったという声を良く聞きます。...

ビジェイシンのスイングからいろいろなことを学んでいこう

ビジェイシンと言えば、追放処分を受けた経歴と世界ランキング1位や賞金王と言った経歴の、光と影を経験...

フックグリップでプッシュアウトするのは手元が浮くからだ!

本来ならボールをつかまえやすいはずのフックグリップ。しかしなぜかボールは右に真っ直ぐ飛ぶ...

だからゴルフは難しい!ラフとフェアウェイでは打ち方が違う

あんなに上手なプロゴルファーでさえ、「ゴルフ上達に近道はない!」と言うほどゴルフは難しいスポーツで...

正しいゴルフのスイング、フックグリップの右手の形を考える

ゴルフのグリップの形は大きく分けて3つあります。クラブフェースの向きを起点として、ウィークグ...

スポンサーリンク

なぜ右膝が前に出るとシャンク病になる

シャンクに悩んでいるゴルファーは少なくありません。

突如出てしまうシャンク病。

その主な原因はインパクトの瞬間に右膝が前に出ることにあります。

そうなるとスイング軌道がいつもよりも外側になってしまい、ボールがネックに当たってしまうことでシャンクが出てしまうのです。

ボールがネックに当たってしまうと打感も悪く、真横に勢い良く飛んで行ってしまい、最悪の場合OBになってしまうこともあります。

なぜ右膝が前に出ることでそうなると思いますか?

膝の動きは上半身の動きに大きく連動します。

ですから右膝が前に出ると上半身も同じように前に出てしまうのです。

上半身が前に出てしまうことで腕はいつもよりも外側を通る結果になってしまい、ネックに当たるようなシャンクが出てしまうのです。

そして右膝が前に出るのは、
・バックスイングで左膝が動いてしまっている
・横振りをしている
・アドレスが正しくない
・上体がボールを打ちに行っていることが原因と考えられます。

ゴルフで重要なアドレスはシャンクをも防止できる

右膝が前に出るのを防止するにはアドレスを見直す必要があります。

ゴルフではアドレスが重要だと言われていますが、当然シャンク病にも同じことが言えます。

まず右膝が前に出る人はアドレスで異常に膝を曲げている可能性があります。

その曲げ具合が大きければ大きいほどシャンクが出やすいアドレスとなっています。

そのような人は膝をあまり曲げないように意識し、腰を後ろに引き、前傾姿勢をいつもより若干深くしてみてください。

そうすることによって膝が踵よりも前に出ない体勢になります。

膝を曲げることで体重移動を大きできるように感じるかもしれませんが、膝が前に出やすくなってしまいます。

膝が前に出ると、出ている膝が邪魔をしてしまいクラブの通り道が無くなってしまいます。

そうすると人は無意識にクラブを外寄りに振ってしまうのです。

結果ネックに当たりシャンクが出てしまいます。

アドレスで膝を異常に曲げてしまっている人は、膝を曲げるのではなく、腰を引いて前傾姿勢を深くするようにしてみましょう。

右膝が前に出るのを防止するゴルフのシャンク撃退練習法①

ゴルフスイングでシャンクの原因となる右膝が前に出るのを防ぐには、ハーフスイングの練習法が効果的です。

ハーフスイングは一般的にゴルフの「ビジネスゾーン」と言われており、シャンクを撃退するだけでなく、正しいゴルフスイングを身につける練習にもなります。

この練習で右膝が前に出るのを防ぐのが第一の目的なので、まずは膝の角度を意識するようにしましょう。

アドレスで両ひざにしっかりと力を入れます。

どっしりと地面に根を張ったイメージです。

これを意識するだけでも膝の動きをセーブすることができます。

中途半端に力を入れていても効果はありません。

練習後に内腿が筋肉痛になるくらい力を入れて練習するようにしてください。

そしてバックスイングの際に左膝の動きを止めると、右膝が前に出るのを阻止することができます。

トップでは左膝を少し前に出し、左足を踏ん張る準備をします。

そしてダウンスイングでは右膝を左膝に寄せます。

この一連の動作を一つずつ確認しながらゆっくりのハーフスイングで行ってください。

一連の動作の確認がしっかりとできたら、いつも通りのスピードでスイングしてみましょう。

右膝が前に出るのを防止するゴルフのシャンク撃退練習法②

次に紹介する右膝が前に出るのを防止するシャンク撃退練習法では、練習用のボール籠を使用します。

大きさはどのくらいでも構いませんが、買い物籠くらいの大きさまでが良いでしょう。

それ以上大きなものはスタンス幅を変えてしまうのでオススメしません。

その籠を地面に置き、両足で挟むようにアドレスをします。

アドレスの形はいつも取っているのと同じようにしてください。

先に紹介した練習方法と似ているのですが、この練習では籠を使うことで「意識」ではなく「強制的」に膝の動きを阻止します。

先ほど紹介した練習で意識をしても、どうしても右膝が前に出る人はこちらの練習方法を取り入れると良いでしょう。

籠を両足で挟んだら普段通りにゴルフスイングをするだけです。

特に意識しなくても、籠を挟むことで自然と内腿に力が入り膝が無駄に動いてしまうのを防ぐことができるでしょう。

この状態でゆっくしゴルフスイングをしてみると、足にどう力を入れれば右膝が前に出ないかを体感することができます。

飛距離への欲がシャンクを生み出している

根本的なところに話を戻してみましょう。

ゴルフでシャンクが出る原因となったのは右膝が前に出るようになったからです。

ではなぜ右膝が前に出るようになったのでしょうか。

もちろん技術的な原因もそこにはありますが、それだけではなく気持ち的な原因も一つ考えられます。

多くのゴルファーは飛距離に貪欲です。

特にドライバーとなると、より飛ばすことに全神経を集中させているような人もいるくらいです。

その飛距離への欲が右膝が前に出る原因となっている可能性があります。

飛距離を出したい欲がオーバースイングにしてしまい、自身の柔軟性を超えた動きをするため、無意識に膝の角度を変えてしまっているのです。

つまり飛距離への欲が逆に飛距離を下げてしまうのです。

韓国女子プロを見ると良く分かりますが、コンパクトなスイングでも基本通りに振り、ミート率が高ければ飛距離は思った以上に出すことができます。

飛距離への欲は捨て、まずは基本に戻り正しいスイングを身につけるようにしましょう。

膝の動きを防ぐことで飛距離と方向性を手に入れられる

右膝が前に出ることはシャンクの原因となりますが、それだけでなくアウトサイドンのスイングになり、ヘッドスピードを落とすことにもなります。

さらにスイング軌道が安定しないことで方向性も定まりません。

シャンク撃退のために右膝が前に出るのを防ぐのではなく、ゴルフ上達のためにも右膝が前に出るのは防がなければなりません。

ゴルフ上級者とラウンドする機会があったら、彼らのショットに注目したくなるかもしれませんが、まずは膝の動きに注目してみてください。

絶対に右足や右膝は前に出ていないでしょう。

そしてそんな人たちはパーオンさせる時には、ダイレクトにピンにボールが向かっていくようなショットを打つことができます。

それだけゴルフスイング自体に右膝の角度を変えないことが大切なのです。

もちろんゴルフ経験が長く、良いスコアを出している人の中でも右膝が前に出るようなショットをしている人はいます。

そのような人は経験からその癖を上手く修正したボールを打てるようになっているのです。

しかし方向性は良くてもきっと飛距離には悩んでいるでしょう。

どんなに癖をカバーしても間違ったスイングで飛距離を伸ばすことはとても難しいからです。

ゴルフの悩み解消には原因を追究すること

シャンクに限らずダフリやトップなどゴルフのショットに悩んでいる人は多いでしょう。

どこが悪いんだろうとあれこれ考えて練習しても問題解決にはなりません。

まずは「何故こんなショットが出るのだろう」と考えるようにしてください。

原因が分かれば解決法を見つけることは簡単にできます。