ゴルフスイングのコツ!バックスイングをコンパクトにする!

近年、世界的にプロゴルファーのゴルフスイングはバックスイングがコンパクトになってきています。

しかし多くのアマチュアゴルファーは「飛距離を出したい!」と思う気持ちから、オーバースイングの傾向が強いです。

しかしコンパクトなバックスイングでもプロゴルファーはアレだけの飛距離がでます。

実はバックスイングをコンパクトにすることは、飛距離の問題がないだけでなく、メリットがあるのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アドレスではグリップエンドがへそを指すように構えると良い

皆さんは、アドレス時のグリップエンドはどこを指しているでしょうか。グリップエンドは、身長差があ...

正しいゴルフスイング軌道であるインサイドインを作るドリル

スライスやフックを繰り返し、中々真っすぐなショットが打てずに悩んでいるゴルファーは多いでしょう。...

テークバックを真っ直ぐ引き過ぎるとアウトサイドに上がる

ゴルフレッスンでよく言われる事に、テークバックはクラブヘッドを真っ直ぐ後ろに上げるというものがあり...

コレ!パターをコントロールできる上手な左手と右手の使い方

ベストスコアを狙うなら、なるべくワンパットを増やしたいグリーン上のパターですが、思い通りにならない...

ゴルフスイングで7番ウッドの飛距離を調節しない方法とは?

ゴルフクラブで使いやすいと評判の7番ウッドは、フェアウェイだけではなくラフからでも容易く振り抜け...

ゴルフの正しいティーアップの高さや状況に応じた高さを学ぶ

ゴルファーのみなさん、ティーアップの高さに気を付けていますか?良く飛ぶと評判のドライバーを購...

女子プロのスイングがスローなのに飛距離が増す理由とは

女子プロのスイングがとてもスローに振っているように見えるのに、一般男性の飛距離以上に飛ぶのはなぜで...

スイング中右足は地面から離さない!ベタ足スイングのススメ

女子プロゴルフで大活躍中の韓国勢。その可愛らしいルックスだけではなく、実力も素晴らしいですよね。...

アプローチでウェッジを開く場面と打ち方・グリーンの攻め方

アプローチでフェースを開くショットを打ちたいゴルファーは大勢いるのではないでしょうか。ただ難...

パッティングでボールをひっかける理由とその対策を知ろう

パッティングでひっかけると癖になり、ストロークすること自体が怖くなるものです。パターでひっか...

知らなかった!ゴルフで手打ちはフックの根本を招いている!

ゴルフをやっている中で、必ず一度手打ちはダメと注意されたことはありませんか?「手打ちが良いの...

【ゴルフ上達】理想の右足の使い方と回転の仕方を考えよう

ゴルフのダウンスイング以降ですが下半身の動きはどのようになっていますか?あなたの場合はどうで...

身長155センチ体重70キロゴルファーのスムーズなスイング法

女子プロ選手の中にも身長が155センチの選手はたくさんいます。平均身長以下と言えど、飛距離は負け...

上体がブレないダウンスイングをするための左肩甲骨の使い方

肩コリの時くらいしか気にしない肩甲骨ですが、ゴルフでもっとも大切なインパクトの瞬間を確実にするには...

ゴルフのスイングで大切な一定のリズムを保つ方法はコレだけ

ゴルフのスイングは一定のリズムを刻むと、「いつも同じ」ショットができると言われています。ただこ...

スポンサーリンク

アマチュアゴルファーがオーバースイングになるのは

アマチュアゴルファーはオーバースイングの人が多いです。

中にはそれに気づいていない人もいるかもしれませんが、それを悩みとしている人もいます。

原因は様々あるのですが、最も多いのは必要以上に身体を回してしまっていることです。

アマチュアゴルファーがお手本として見るのがプロゴルファーのスイングです。

またレッスン動画や雑誌等も見るでしょう。

そこで良く言われるのが、「肩を入れる」や「腰をしっかりと回す」です。

オーバースイングになる人はそこにばかり意識がいってしまい、止めなければならないところを通り過ぎて回してしまっているのです。

またプロゴルファーにスイングを参考にするのは良いことなのですが、真似ようとするとオーバースイングになってしまいます。

プロとは体格や筋力、柔軟性が全く違います。

ですからプロゴルファーはバックスイングをコンパクトにしても十分な捻転が得られ、オーバースイングにならないのです。

オーバースイングになるとアウトサイドイン軌道になったり、クラブの振り遅れ、そして再現性が低くなります。

その結果、飛距離を出そうとオーバースイングになることが逆に飛距離を落としてしまうのです。

バックスイングをコンパクトにするメリットとは

世界的にプロゴルファーがバックスイングにコンパクトにしていると言うことは、当然それだけのメリットがあるのでしょう。

ゴルフのショットで重要なのはスイング軌道です。

しかしオーバースイングになってしまうことでアウトサイドからクラブを振り下ろし、スイングプレーンに乗りません。

それがバックスイングをコンパクトにするとスイングプレーンから外れません。

インサイドから振り下ろせるようになると、スライスしづらく力強い球を打てるようになります。

またバックスイングをコンパクトにするとクラブを動かす範囲は狭くなります。

無駄な動きが減るのでクラブを振り遅れることがありません。

オーバースイング歴が長い人にとって、最初はタイミングやリズムが少し崩れるかもしれません。

その時はトップで少しタメを作ると良いでしょう。

クラブを動かす範囲が狭くなることで再現性も高くなります。

再現性が高くなると安定したショットを打てるようになり、ミスショットが驚くほど減ります。

その結果、ミート率アップ、ボール初速アップ、飛距離アップと嬉しいことが3拍子揃ってくること間違いなしです。

バックスイングをコンパクトにしてゆっくりゴルフスイングを

それではバックスイングをコンパクトにするための練習を紹介します。

ゴルフスイングの練習の定番とも言えるクラブをゆっくり振る練習です。

まずはピッチングウェッジを使って練習します。

自分で思うフルショットの30%くらいの振り幅で、クラブをゆっくり振ってボールを打ってください。

振り幅がコンパクトな上にクラブをゆっくり振るので当然飛距離は出ません。

例えばコンパクトでゆっくりなゴルフスイングで50ヤード飛距離が出たとしましょう。

では同じ振り方で飛距離を70ヤードにするにはどうすれば良いでしょうか。

「そんなの無理!」と思った人、全く無理ではありません。

体の回転を速く力強くすることで、そのくらいの飛距離の伸びは可能です。

若干腕の振りも合わせて速くなるかもしれませんが、通常のショットよりはゆっくりなので問題ありません。

腕の振り幅を3割くらいにすると、人は無意識に全てを調整しようとし、全ての動きが3割減になります。

体の回転やヘッドスピードも3割になってしまうので当然飛距離も大幅に落ちます。

この練習で意識するのは、腕の振りは30%、それ以外は60~70%にすることです。

バックスイングをコンパクトにするゴルフスイングのコツ

先に紹介した練習でしっかりとボールを打てるようになってきたら、次は腕の振り幅を50%くらいにします。

腕を振る速さをゆっくりと言うのは変わりませんが、30%の振り幅のときよりは少し速めにします。

速さが少し変わるだけで体の回転への意識が薄れてしまうことがあるので、体の回転をしっかりと意識してボールを打つようにしてください。

コンパクトなバックスイングで十分な飛距離を出すためには十分な体の回転は必須です。

そのために下半身の動きにしっかりと注意を払ってください。

腕の振りと肩の回転が50~60%くらいになったら腕の振りは止めます。

そして肩の回転だけを90~100%までアップしてゴルフスイングをしてみましょう。

腕の動きを止めたとしても肩が回転し続ければ、当然手の位置は更に高い位置まであがります。

これがどういったことを意味するかと言うと、自分ではハーフスイングのつもりでも肩が回転することで60~70%くらいには到達するということです。

ゴルフスイングで、手を使わずに体を使うというのは、正にこのことなのです。

オーバースイング矯正法

バックスイングをコンパクトにした方が良いのは分かっていても、なかなか直らないと言う人もいるでしょう。

そこでオーバースイングを矯正する方法を紹介します。

自宅にある等身大の鏡を使用します。

もしそのサイズがないようであれば、顔が映るくらいのものでも大丈夫です。

まずは鏡を自分の正面に設置します。

そしてご自分のゴルフバックを右腰あたりの横に設置します。

この際に腰とゴルフバックの間に隙間ができないようにしてください。

クラブを持たずにバックスイングをするのですが、体重移動のため頭の位置は右膝あたりまでは動いても問題ありません。

ただし右腰は絶対に動かさないでください。

右腰が動けばゴルフバックに触れるのでゴルフバックに触れないように意識します。

こうするといつものゴルフスイングのように手元が上がらないでしょう。

その状態が自分の最大限のトップの位置となります。

もっと上げるには柔軟性を要しますし、無理に上げるとオーバースイングになります。

上手くできるようになったらクラブを持って挑戦してみましょう。

素振りシングルにならないように体に染み込ませる

「素振りシングル」と言う言葉を聞いたことありますか?

素振りシングルとは、素振りが美しく完璧なのに実際にボールを打つとなるとクラブがスムーズに振れず、バランスやタイミングが崩れてしまい、素振りとは全く違うゴルフスイングになってしまう人です。

実際にボールを打つとなるとミスショットをしないようにとか、できるだけ飛距離を出したいとか、曲げないようにと色々なことに意識が働いてしまうものです。

特にバックスイングをコンパクトにする場合は気をつけなければなりません。

力が入りすぎたり、スイングのテンポが速くなったり、スイングリズムが崩れたり、そして肩の回転が不十分になってしまうとどうすれば良いのか分からなくなってしまいます。

素振りとボールを打つ際のゴルフスイングのフォームやリズムに差があると、その解決は非常に難しくなります。

裏を返すとその問題さえ解決できれば、素振りシングルからシングルプレーヤーに成長できると言えます。

そのためには先に紹介した練習や矯正法をしっかりと行い、コンパクトなバックスイングを体で覚えるようにしましょう。

ゴルフは欲を捨てなければ上手くならない

ゴルフスイングではバックスイングをコンパクトにすることでのメリットが多く、ゴルフ上達に確実に繋がります。

オーバースイングをしてしまう理由として、飛距離への欲やミスショットへの恐怖等があります。

ゴルフでは、ミスを無くすのではなくミスを減らすことが大切です。

そしてゴルフは飛距離を争うスポーツではないと言うことを忘れないようにしましょう。