ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフスイングのコツ!バックスイングをコンパクトにする!

2018.9.7

近年、世界的にプロゴルファーのゴルフスイングはバックスイングがコンパクトになってきています。

しかし多くのアマチュアゴルファーは「飛距離を出したい!」と思う気持ちから、オーバースイングの傾向が強いです。

しかしコンパクトなバックスイングでもプロゴルファーはアレだけの飛距離がでます。

実はバックスイングをコンパクトにすることは、飛距離の問題がないだけでなく、メリットがあるのです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフスイングはしっかり左腕を伸ばすのが基本なのはなぜ?

ゴルフスイングの基本として、「左腕を伸ばす」というのがあります。 左腕を伸ばすように意識してい...

ゴルフクラブをテークバックする時に右肘をたたむタイミング

ゴルフスイングで気になることが増えてくると、スイングフォームに悪影響を及ぼすことがあります。 ...

アプローチでは右手主導のスイングが良い理由と練習方法

スイングはどちらの手を主導にすべきかといった論争は定期的に起こります。 スイング自体は両手で行...

横峯さくらがオーバースイングを修正したアイアンの打ち方

「さくら」の愛称で日本女子ゴルフ界を牽引してきた横峯さくら選手ですが、その独特なスイングは誰にでも...

千差万別!もっとも良いパッティングの握り方を比較して選ぶ

悩み多きパッティングですが、グリップの握り方を変えたら調子が良くなったという声を良く聞きます。 ...

飛距離UPと方向性を定めるインパクトのコック維持の重要性

ゴルフでインパクトの時のコック維持は飛距離を伸ばすため、そしてまっすぐ飛ばすためにとても重要です。...

ゴルフの要!ドライバーのミート率を上げる練習方法を紹介

女子プロゴルファーのヘッドスピードは平均で40m/sくらいです。 しかし彼女たちのドライバーの飛距...

ゴルフクラブをグリップの上から握る理由と効果について

球筋が安定しない時はゴルフスイングに問題があると考えがちですが、実はグリップの握り方に原因のある...

ゴルフコースで上手いラフショットが打てるための練習法とは

ゴルフスイングで難易度が高いのがラフショットです。 丈の長い芝草に邪魔されて打ち損ねたり、方向性や...

谷将貴が推奨するストロンググリップは本当に打ちやすい?

グリップとは、クラブと手を繋ぐ唯一の接点です。 ですからゴルフスイングにとって非常に大切な部分と言...

インサイドインを覚えればドライバーが得意クラブになる

スライスやフックで悩んでいる場合は、思い切って理想のスイング「インサイドイン」にしてみてはいかが...

ゴルフスイングで左腕のたたみが出来る人と出来ない人の違い

プロのフィニッシュは綺麗に左腕のたたみが出来ていてかっこいいですね。 どのようにしたらあのよう...

多くのゴルファー憧れ、ドライバーで300ヤード飛ばすには

多くのゴルファーが憧れるのが、ドライバーでの飛距離は300ヤードと言われています。 そのく...

【ゴルフ上達】右足の使い方をマスターしてスコアアップ!

ゴルフスイングは下半身だけ上半身だけでは完成しませんよね。 捻転によって生まれたパワーを最大限...

アプローチでトップする原因は姿勢とスイングとクラブにあり

アプローチでトップすると次のショットが怖くなり、手が縮んでミスショットを繰り返してしまうことがあ...

スポンサーリンク

アマチュアゴルファーがオーバースイングになるのは

アマチュアゴルファーはオーバースイングの人が多いです。

中にはそれに気づいていない人もいるかもしれませんが、それを悩みとしている人もいます。

原因は様々あるのですが、最も多いのは必要以上に身体を回してしまっていることです。

アマチュアゴルファーがお手本として見るのがプロゴルファーのスイングです。

またレッスン動画や雑誌等も見るでしょう。

そこで良く言われるのが、「肩を入れる」や「腰をしっかりと回す」です。

オーバースイングになる人はそこにばかり意識がいってしまい、止めなければならないところを通り過ぎて回してしまっているのです。

またプロゴルファーにスイングを参考にするのは良いことなのですが、真似ようとするとオーバースイングになってしまいます。

プロとは体格や筋力、柔軟性が全く違います。

ですからプロゴルファーはバックスイングをコンパクトにしても十分な捻転が得られ、オーバースイングにならないのです。

オーバースイングになるとアウトサイドイン軌道になったり、クラブの振り遅れ、そして再現性が低くなります。

その結果、飛距離を出そうとオーバースイングになることが逆に飛距離を落としてしまうのです。

バックスイングをコンパクトにするメリットとは

世界的にプロゴルファーがバックスイングにコンパクトにしていると言うことは、当然それだけのメリットがあるのでしょう。

ゴルフのショットで重要なのはスイング軌道です。

しかしオーバースイングになってしまうことでアウトサイドからクラブを振り下ろし、スイングプレーンに乗りません。

それがバックスイングをコンパクトにするとスイングプレーンから外れません。

インサイドから振り下ろせるようになると、スライスしづらく力強い球を打てるようになります。

またバックスイングをコンパクトにするとクラブを動かす範囲は狭くなります。

無駄な動きが減るのでクラブを振り遅れることがありません。

オーバースイング歴が長い人にとって、最初はタイミングやリズムが少し崩れるかもしれません。

その時はトップで少しタメを作ると良いでしょう。

クラブを動かす範囲が狭くなることで再現性も高くなります。

再現性が高くなると安定したショットを打てるようになり、ミスショットが驚くほど減ります。

その結果、ミート率アップ、ボール初速アップ、飛距離アップと嬉しいことが3拍子揃ってくること間違いなしです。

バックスイングをコンパクトにしてゆっくりゴルフスイングを

それではバックスイングをコンパクトにするための練習を紹介します。

ゴルフスイングの練習の定番とも言えるクラブをゆっくり振る練習です。

まずはピッチングウェッジを使って練習します。

自分で思うフルショットの30%くらいの振り幅で、クラブをゆっくり振ってボールを打ってください。

振り幅がコンパクトな上にクラブをゆっくり振るので当然飛距離は出ません。

例えばコンパクトでゆっくりなゴルフスイングで50ヤード飛距離が出たとしましょう。

では同じ振り方で飛距離を70ヤードにするにはどうすれば良いでしょうか。

「そんなの無理!」と思った人、全く無理ではありません。

体の回転を速く力強くすることで、そのくらいの飛距離の伸びは可能です。

若干腕の振りも合わせて速くなるかもしれませんが、通常のショットよりはゆっくりなので問題ありません。

腕の振り幅を3割くらいにすると、人は無意識に全てを調整しようとし、全ての動きが3割減になります。

体の回転やヘッドスピードも3割になってしまうので当然飛距離も大幅に落ちます。

この練習で意識するのは、腕の振りは30%、それ以外は60~70%にすることです。

バックスイングをコンパクトにするゴルフスイングのコツ

先に紹介した練習でしっかりとボールを打てるようになってきたら、次は腕の振り幅を50%くらいにします。

腕を振る速さをゆっくりと言うのは変わりませんが、30%の振り幅のときよりは少し速めにします。

速さが少し変わるだけで体の回転への意識が薄れてしまうことがあるので、体の回転をしっかりと意識してボールを打つようにしてください。

コンパクトなバックスイングで十分な飛距離を出すためには十分な体の回転は必須です。

そのために下半身の動きにしっかりと注意を払ってください。

腕の振りと肩の回転が50~60%くらいになったら腕の振りは止めます。

そして肩の回転だけを90~100%までアップしてゴルフスイングをしてみましょう。

腕の動きを止めたとしても肩が回転し続ければ、当然手の位置は更に高い位置まであがります。

これがどういったことを意味するかと言うと、自分ではハーフスイングのつもりでも肩が回転することで60~70%くらいには到達するということです。

ゴルフスイングで、手を使わずに体を使うというのは、正にこのことなのです。

オーバースイング矯正法

バックスイングをコンパクトにした方が良いのは分かっていても、なかなか直らないと言う人もいるでしょう。

そこでオーバースイングを矯正する方法を紹介します。

自宅にある等身大の鏡を使用します。

もしそのサイズがないようであれば、顔が映るくらいのものでも大丈夫です。

まずは鏡を自分の正面に設置します。

そしてご自分のゴルフバックを右腰あたりの横に設置します。

この際に腰とゴルフバックの間に隙間ができないようにしてください。

クラブを持たずにバックスイングをするのですが、体重移動のため頭の位置は右膝あたりまでは動いても問題ありません。

ただし右腰は絶対に動かさないでください。

右腰が動けばゴルフバックに触れるのでゴルフバックに触れないように意識します。

こうするといつものゴルフスイングのように手元が上がらないでしょう。

その状態が自分の最大限のトップの位置となります。

もっと上げるには柔軟性を要しますし、無理に上げるとオーバースイングになります。

上手くできるようになったらクラブを持って挑戦してみましょう。

素振りシングルにならないように体に染み込ませる

「素振りシングル」と言う言葉を聞いたことありますか?

素振りシングルとは、素振りが美しく完璧なのに実際にボールを打つとなるとクラブがスムーズに振れず、バランスやタイミングが崩れてしまい、素振りとは全く違うゴルフスイングになってしまう人です。

実際にボールを打つとなるとミスショットをしないようにとか、できるだけ飛距離を出したいとか、曲げないようにと色々なことに意識が働いてしまうものです。

特にバックスイングをコンパクトにする場合は気をつけなければなりません。

力が入りすぎたり、スイングのテンポが速くなったり、スイングリズムが崩れたり、そして肩の回転が不十分になってしまうとどうすれば良いのか分からなくなってしまいます。

素振りとボールを打つ際のゴルフスイングのフォームやリズムに差があると、その解決は非常に難しくなります。

裏を返すとその問題さえ解決できれば、素振りシングルからシングルプレーヤーに成長できると言えます。

そのためには先に紹介した練習や矯正法をしっかりと行い、コンパクトなバックスイングを体で覚えるようにしましょう。

ゴルフは欲を捨てなければ上手くならない

ゴルフスイングではバックスイングをコンパクトにすることでのメリットが多く、ゴルフ上達に確実に繋がります。

オーバースイングをしてしまう理由として、飛距離への欲やミスショットへの恐怖等があります。

ゴルフでは、ミスを無くすのではなくミスを減らすことが大切です。

そしてゴルフは飛距離を争うスポーツではないと言うことを忘れないようにしましょう。

 - スイング ポイント