ゴルフクラブをトップまで引き上げた時のコックって何?

ゴルフクラブをテークバックして、トップの位置まで引き上げた際、「コックを固める」と聞いたことありませんか。

そこでここでは、スイングにとって大変重要なコックの使い方や、コックを使う打ち方について、またコックの意味や役割りについて紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

抜群の安定感を誇るキムキョンテプロのスイングを分析すると

歴代の賞金王である韓国人ゴルファー、キムキョンテプロのスイングを分析すると、安定したショットを放つた...

ドライバーで飛距離を出すために理想のスピン量に減らす方法

ドライバーの飛距離を決めるのは、「ボール初速」「打ち出し角」「バックスピン量」です。前2つを意...

ゴルフスイングで右膝が前に出るとシャンク病になってしまう

ゴルフラウンド中にシャンクが出てしまうと、OBになってしまうこともあり本当に落ち込みますよね。...

女子プロのヘッドスピードは振るリズムが一番遅いと有利!?

女子プロゴルファーの中には、ゆったりとしたリズムでスイングしているのに、十分すぎるほどの飛距離をも...

横峯さくらがオーバースイングを修正したアイアンの打ち方

「さくら」の愛称で日本女子ゴルフ界を牽引してきた横峯さくら選手ですが、その独特なスイングは誰にでも...

ゴルフスイングでは右手首を甲側に折るヒンジが重要!

ゴルフスイングのセオリーは「左手主導」と言われていますが、現在は両手で打つのが主流となっています...

プロゴルファーの様に左腕の肘を曲げずにクラブを振るには

プロゴルファーのスイングを見ていると、バックスイングからトップにかけて、右利きであればその左腕の肘...

ドライバーを引っ掛けてフックする最たる原因は右肩が出る事

14本のクラブの中で一番長いドライバーですが、ショットで振り遅れてスライスするのではなく、引っ掛...

飛距離の出るドライバーの打ち方とは?悩んでる人必読!

皆さんはドライバーの飛距離で悩んでいませんか?アマチュア男性は平均230ヤード、アマチュア女性...

クラブのフェイスを開く事、閉じる事でボールをコントロール

ゴルフスイングでフェイスを開く事や閉じる事でボールがコントロール出来ますよね。インパクトゾー...

ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標方向よりも左を向いた状態になります。...

ティーアップの高さはフェース厚によって常に一定が良いのか

ドライバーショットを打つ時、ティーアップの高さは悩みますよね。飛ばしたいのなら、もちろん高めにテ...

横峯さくらのオーバースイングの良し悪しを画像を見て考える

横峯さくら選手のスイングはダイナミックながら、オーバースイングである事が画像から分かります。し...

風の強い日のゴルフがなぜか楽しいと思える!打ち方を伝授!

風の強い日のゴルフは大変ですか?それとも楽しいですか? 風の影響を受けたボールはなぜか思いが...

正しいゴルフスイング軌道であるインサイドインを作るドリル

スライスやフックを繰り返し、中々真っすぐなショットが打てずに悩んでいるゴルファーは多いでしょう。...

スポンサーリンク

トップで作られるゴルフ用語のコックの意味

ティーグラウンドか、もしくはスルー・ザ・グリーンでスタンスをとり、ゴルフクラブをボールの後ろにセットしたらアドレスです。

ここからスイングが始まるわけですが、一般的にスイングは、3つに分割してチェックします。

アドレスの構え方、テークバックからトップまで、トップからインパクトまでのダウンスイングの3つです。

この3分割はヘッドの軌道やスイングプレーン、もしくはスイングフォームそのものを知るためと言う考え方もあるでしょう。

しかしゴルフスイングで3分割する本当の理由は、コックの使い方をチェックするのに便利だからです。

いかにコックを固めて、そのコックをどのタイミングほどくかが、スムーズなゴルフスイングへと繋がります。

そのためにはコックの役割をしっかり認識しておく必要があるかもしれません。

そもそもコックとは、左手親指の角度で測るものです。

腕を真っ直ぐに突き出して、真上に親指を立てた時、直角を作る手首の角度をコックと言います。

トップでコックが固まるとゴルフスイングはどうなる?

テークバックでグリップをトップの位置まで引き上げると、ゴルフクラブは左手親指で支えられています。

この時、左手親指は90度の角度を作っていて、これを一般的には「コックが固まる」と言います。

コックは、アドレスからテークバックの間で徐々に形成され、トップで固まるのが通常の流れです。

しかし複数の動作を同時にしようとすると、迷いが生じたりミスをしたりで、トップでのコックが上手く固まらないことがあります。

トップなのにシャフトが地面に垂直に立っていたり、それよりも右側(飛球線の後方)に傾いていたりと、トップの形としては不完全な場合があるものです。

この状態でダウンスイングに入ると、ヘッドスピードが上がらないことから飛距離ダウンの可能性が出てきます。

しかもフェース面がスクエアにならずに開いてスライスカットする場合もあるでしょう。

トップの位置でコックが完全でないとインパクトでの飛距離や球筋に影響を与えるため、スイングにとっては大事なポイントになるわけです。

トップでのコック形がゴルフスイングでもっとも重要?

トップからダウンスイングに入っても、コックはそのままの状態です。

コックは徐々に形成しましたが、コックをほどく時はインパクトゾーンに近い位置にするのが理想です。

これはゆったりとしたテークバックと、速いダウンスイングのスピードの違いが関係します。

コックを固めたままでゴルフクラブを振り下ろすと、シャフトは立った状態になっています。

グリップが右腿の少し手前に来たタイミングで、立っているシャフトを下に向けるためにコックをほどきます。

同時に飛球線と平行だったシャフトを垂直にすることで、フェースはインパクトで正しい面を向けることができます。

このように文字で表すと時間があるように思えますが、実際にはトップからインパクトまでの1秒にも満たない動作の中の、さらに後半の極わずかな時間で行います。

コックをほどき、左手甲をターゲットに向ける一瞬のタイミングが合えば、ヘッドスピードは一気に加速するはずです。

スイングの中でもっとも大切なインパクトの直前の動作のために、トップでコックを固める必要があったわけです。

ゴルフスイングで大事なコックがトップで固まらないなら

トップにおけるコックは、ゴルフスイングにとって大事なものですが、中にはしっかり固めることができずにグラつくことがあります。

よほど親指の関節が柔らかくなければ、直角までしか角度をつけることはできませんが、中には左手の握りを緩めてしまって、必要以上にコックの角度をつけてしまうことがあります。

またトップでグリップが左手甲側に折れる現象も同じで、どちらもオーバースイングの原因とされているものです。

一般的にトップでのグリップの高さは、右耳の少し上が良いとされています。

この時、シャフトは斜めの状態で、コックの角度からして地面と平行にはなっていません。

ところがオーバースイングになると、ヘッドが地面を指すようにシャフトは斜め下を向きます。

その原因は、トップでグリップが緩んで左の手のひらが開いているか、左手が甲側に折れているかのどちらかです。

このオーバースイングの状態で、ダウンスイングを始動するとヘッドが遅れて、インパクトゾーンでコックをほどいてもヘッドを返すことができません。

このような症状があるなら、グリップを短めに握って、コンパクトなスイングに徹するようにしましょう。

トップでコックを固めるのがシンプルなゴルフ

トップでコックを固めてもオーバースイングになれば、コックをほどく時にヘッドが遅れてしまいます。

オーバースイングに限らず複雑なゴルフスイングをすればするほど、インパクトのタイミングが合わなくなるので、「シンプルなゴルフ」を目標にしてスイングフォームを作るようにしましょう。

また方向性が安定しないことが原因で、ノーコックのスイングをする場合があります。

あえてコックを作らずに、アドレスの時の手首の角度をそのままに、トップまで引き上げるスイング方法です。

身体の回転を重視し、左腕と親指の角度を崩さずに、注意深くテークバックしてトップの位置まで引き上げます。

見た目にはゆっくりしたスピードですが、コックができないように慎重に引き上げていきます。

まったく手首の形が変わらなければ、あとはアドレスと同じフォームでインパクトをすれば方向性は安定するはずです。

球筋が荒れる時、プロゴルファーでも使う打法ですが、飛距離が落ちるデメリットがあります。

あくまでも対処療法なので、いずれは元のスイングに戻すことになるので、毎週試合のないアマチュアであるからこそ正しい修正をしたほうが良いと考えられます。

トップでコックが固まるとゆったりしたゴルフスイングになる

毎週試合はないとしても、毎日ゴルフの練習ができないのもアマチュアです。

ノーコックはコツさえつかめばプレー中でもすぐに打てますし、バンカーショットやチップショットなどで極力コックを使わないスイングはすでに経験があるはずので、微調整だけで使えるはずです。

一方でコックを使うスイングでは、タイミングが合わないと方向性が定まりません。

コックをほどくタイミングのズレは、トップでのコックの形やほどくポイントが原因となります。

コックの形がブレる場合は、アドレスでコックを固めるアーリーコックでテークバックをすれば大丈夫です。

それからほどくポイントがずれる場合は、右腿よりも少し早めにコックをほどき、グリップエンドが自分の身体を指していることを確認しながらインパクトを迎えることで修正できます。

練習時間は必要ですが、1日もあれば十分に修正できるはずです。

正しいコックの使い方を覚えれば、ゆったりしたスイングでビッグドライブが可能になるでしょう。

効率の良いゴルフはトップでコックをほどくタイミングを測る

効率の良いゴルフスイングをする上で、コックの使い方は重要です。

トップの位置で固めて、ヘッドを切り返すタイミングでほどくことができれば、スイングスピードをはるかに超えるヘッドスピードが生まれるからです。

タイミングを合わせるコツは、グリップエンドで自分を指すことです。