アプローチの練習をするなら練習場?それともコースの芝生?

アプローチの練習をする場所には、練習場の人工芝マットの上とゴルフ場の天然の芝生の上があります。

マットでは正しいスイングを覚えて、芝生ではミスのないショットを練習するといった使い分けができると良いですよね。

そこで今回は、上達できるアプローチの練習方法を練習場とコースに分けて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アプローチが得意な女性ゴルファーは強い!男性にも勝てる!

飛距離がなかなかでない女性ゴルファーの方でも、アプローチとなれば男性と同じ条件です。パワーは要り...

東京都内でスコアを伸ばせるゴルフの打ちっ放しはあるのか?

東京都内でゴルフする環境って、場所的にもコスト的にもハードルが高かったりしますよね。また、都...

毎日練習をがんばってるのにゴルフが突然下手になるのは何故

ゴルフは好調と不調の波がつきものです。突然の大スランプに陥ることもあります。それはアマチュアゴ...

ゴルフ場の距離表示の正しい見方と使い方を知り情報活用を!

ラウンドをする際に、ゴルフ場にはプレーをする上で必要な様々な情報があります。その中でも大事なの...

アプローチの基本的な種類と打ち方を押さえてスコアアップ!

アプローチの重要性を知っていても、ただ何となく感覚だけでアプローチをしている人もかなり多いのでは...

自己流が許されるパッティングこそが上達法のカギになる?

グリーンで2パットは基準内ですが、3パットになるとガッカリです。ロングパットであっても3パッ...

ヘッドスピード重視のアイアンの選び方は果たして正解か?

飛距離のバロメーターとなるヘッドスピードですが、アイアンの場合には飛距離よりも距離感が大事という声...

フックの原因を究明してショートアイアンを確実にしよう!

ロングアイアンやミドルアイアンは問題なく打てるのに、なぜかショートアイアンやウェッジだとフックが...

ゴルフで90切りを無理をせず楽に達成すための考え方とは

一般的なゴルファーにとってスコア100を切ることは最初に目指す目標になります。そうして第...

ゴルフ練習場で身についたダフリ癖の原因と対策法

ゴルフをとにかく上達したいと練習場で繰り返し練習したことが、ダフリの原因になってしまうことがあり...

アプローチの重要性と効果的な練習方法を知りゴルフ上達へ!

ティーショットで豪快にドライバーを振り抜きナイスショット!そして良い感じにグリーン周りまでボ...

アプローチが上手くなるにはどんな練習方法が最短ルートか

アプローチの失敗はスコアに直結します。そのためグリーン周りの処理が上手くなると、一気に5打、...

ゴルフスイング修正だけだとフック対策にはならない?

グリップの握り方や構え方、またゴルフスイングが間違っていることで、フックすると考えがちです。...

ゴルフのスコアが伸びない方は一度自分のプレーを分析して

ゴルフのスコアが伸びない方の共通点。自分のプレーのミスを下手くそで片づけてしまうこと。...

ゴルフで夢の70台を簡単に達成できる練習方法ってあるの?

ゴルフで70台を目標にするのであれば、それ相応の特別な練習方法が必要と考えるかもしれません。...

スポンサーリンク

アプローチの練習をするなら仮想のライをイメージすること

アプローチを練習する時は、練習場の人工芝マットの上と芝の上の2通りの方法があります。

ここでは、自宅での練習も練習場人工芝に含みます。

練習場ではリーディングエッジの入りを中心に、ボールを芯でとらえるように打ちこみます。

グリップ・肩の回転・中心軸・トップの位置…。

身体の各部位が正しい動きになっているのかをチェックしながら、フェースの入りを練習するのが目的となります。

そのためには正しいスイングを知らなければなりません。

クラブの適正に合わせたスイング方法、例えばバンカーからのアプローチであれば、オープンスタンスでバンスを信頼して、ソールを砂に打ち込むスイングが必要です。

しかし練習場のマットには砂がないので、あるものと仮定してソールを打ち付けるわけです。

当然ボールだけを見るとミスショットですが、ボールの手前でバンスを打ち込めているかの練習ですから、トップしたボールが飛び出してもナイスショットなのです。

また深いラフからのアプローチであれば、邪魔する芝のためにヘッドを鋭角的に入れなければなりません。

練習場のマットに深い芝がなくても、あると仮定してダウンブローで打ち込むのです。

こうした地道な練習が、芝の上での練習に繋がっていきます。

アプローチ用グリーンを使った練習方法とは

芝の上でのアプローチの練習は、いつでも好きなタイミングでできるものではありません。

確実なところでは、ゴルフのラウンドが終わってから、コースに付帯されているアプローチ練習場を使用するタイミングです。

ラウンド後であれば時間的にも限られるので、ポイントを絞って要領良く練習をしたいものです。

まず誰もいなければマイボールを10個程度持参し、アプローチの場所につきます。

別にも練習している人がいれば、マナーとしては3個程度のボールで練習するほうが良いでしょう。

なお、練習場とは言えゴルフ場の芝生ですから、ターフを削りっぱなしのような練習は慎みましょう。

まずはアプローチ用のグリーンに向けたアプローチです。

アプローチ用のグリーンはフェアウェイの芝が貼られている場合と、本物のグリーン芝を貼っている場合があります。

どちらもパッティングをするためではないので、刈高は高めでランを期待することはできません。

最初にグリーン上の目標を決めます。

もしも練習用ピンが置かれていればそれを利用して、なければボールの紙箱などを置いて目標としてください。

イメージしたアプローチの軌跡を打つ練習が大切

グリーン周りのアプローチは、高く上げるロブショットは使いません。

余程の急斜面で、ピンポイントで落とさなければグリーンからこぼれてしまうような状況でない限り、ロブショットを打つことはありません。

グリーン周りのアプローチはカップを狙うことが基本なので、ランを想定したアプローチショットを打ちます。

グリーン上に置いてある練習用ピンがターゲットポイントです。

芝の転がりは期待できないので、ボールを落とす場所をピンのところに決めるわけです。

まずアドレスに入る前に球筋を想定します。

高さと長さや飛球の速さを想像して、自分のアプローチショットをイメージします。

ココがとても大事なところですから忘れないでください。

次に右手でゴルフボールを持ち、イメージ通りの高さと長さ、飛球の速さでターゲットポイントに向けて下手投げで放ります。

最初はショートすると思いますが、2~3個投げると距離感がつかめてくるはずです。

あとはその通りに打つだけです。

高さが合わなければ、アプローチウェッジから9番アイアンに持ち替えてでも、イメージ通りのアプローチを練習してください。

何よりも自分のイメージ通りの放物線のショットが打てるようになることが大切です。

プレッシャーを受けないアプローチの練習方法

現在のウェッジは綺麗にヘッドを入れると、勝手にバックスピンがかかり、転がりを止めてくれるようになっています。

ですから高い球筋を打たなくても、フェースさえ合わすことができれば、ピンポイントにボールを運ぶことができます。

そこでアプローチの練習では、なるべく低い球筋でターゲットを狙うようにします。

例えバンカー越えでもアゴの淵ギリギリを狙うくらいの低さで、ポンっと打ち出せれば、ボールの下をくぐったりトップしたりするミスショットはなくなるはずです。

バンカーのような障害越えは、内に落ちなければなんの問題もありません。

しかし「バンカー」という視界に掛かるプレッシャーが、手元を狂わしミスショットを誘うわけです。

ミスを誘うレイアウトであれば、通常のショットで切り抜けたほうが確実性は高くなります。

花道からのアプローチのつもりで、バンカー越えができるようにしたいものです。

グリーンエッジから最強のアプローチ方法を練習する

芝面の練習では、もうひとつ習得したい打ち方があります。

プロトーナメント仕様のコンディションであれば、ロブショットが必要な場面もあるかもしれませんが、プライベートゴルフではグリーンのコンプレッションを高くしていることはないので、通常のアプローチで十分にカップを狙えるはずです。

そこでグリーンエッジに止まったボールを、ミスなくアプローチする最強のピッチエンドランを習得します。

アプローチに使うクラブは、6番アイアンからピッチングウェッジまでを使います。

打ち方はパターと同じように転がすことが目的なので、パターと同じように構えてください。

ヘッドをスライドしてボールをヒットしますが、距離感を大事にして飛球する距離と転がる距離をイメージして打ち出すのがコツです。

本当は転がるグリーンだとランの距離感も分かりますが、一般的にパッティンググリーンはアプローチができないので、アプローチ用グリーンでは着弾点以降はイメージだけの練習になります。

6番、7番、8番、9番、ピッチングとストローク幅でボールを打ち出した時の、落下点の違いを体感することができえればOKです。

アプローチはスイートスポットに当てる練習がカギ

芝の上で練習ができるのであれば、草の抵抗を感じながらクリーンに向けて打つようにします。

しかしヘッドが受ける草の抵抗は、条件によって違うものなので、すべての状況を練習することはできません。

逆に言うと1つの練習をすることで、多くの事象を想像できますが、実際のアプローチの感触をすべて経験することはできません。

コース内でのボールの状況は唯一無二で、たった1度しかないものです。

ですからいくら練習をしても、まったく同じアプローチ場面があるわけではなく、対処方法を知るだけのことなのです。

ですから芝生の丈は考えず、難易度も考えないようにします。

わずかな時間での欲張りな練習は何も得ることはできません。

どんなライでもクリーンなショットを心がけ、スイートスポットに当てる練習を続けることが大切です。

そのためには振り幅を小さく、徐々に広くすることでミートする確率を高めていきます。

実際の練習方法は練習場にあります。

床面に籠を置いてボールを中に入れることで、無駄な高さをなくして精度を上げたショットが打てるようになります。

アプローチは低い球筋を練習すること

アプローチの練習で大事なことはピンを狙うことです。

カップインができなきなくても拾ってパーが獲れるように、ミスのないショットを練習しなければいけません。

ミスを少なくするなら飛球時間を減らし、しかも風などの影響を受けないように、なるべく低い球で攻められるように練習することが最も大切です。