ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

安心してください!アプローチイップスは必ず克服できます!

2018.6.29

アプローチイップスに悩んでいませんか?

アプローチイップスとはプロゴルファーを引退にまで追いやるほど重いメンタルの病気と言われています。

しかし大丈夫です。

アプローチイップスは必ず克服できます。

ただし克服するためには陥った原因を知り、しっかりと対策していかなければなりません。

逃げずに、まずは向かい合うことが大切です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

中年の趣味=ゴルフを払拭!若者も楽しめる魅力満載のゴルフ

なかなか抜けない中年の趣味=ゴルフというイメージ。 お金が掛かるというイメージが理由なのかもしれま...

No Image

一世を風靡したハニカミ王子とハンカチ王子のその後の真実

高校生プロゴルファーとしてデビューしたハニカミ王子こと石川遼選手。 甲子園を沸かせ東京六大学では「...

参加者から喜ばれるゴルフコンペの段取りと注意点

初めてゴルフコンペの幹事をする時、何から手をつけて良いのか多くの方は分からないものです。 何年...

ゴルフのラウンド中に疲れを取りたい時にオススメの飲み物

ゴルフのラウンド中の飲み物で「ビールが最高!」なんて思っていませんか? ゴルフは長時間歩いたり...

タイ・バンコクではゴルフ場までタクシーの移動が安い

海外でゴルフをプレーするのはゴルファーの夢。 その中でタイ・バンコクへ行く人が結構います。 ...

ゴルフを始める社会人の中で女性が増えているのはなぜ?

最近のゴルフコースを見渡すと、シニア世代と女性が圧倒的に多くなり、現役の社会人男性は少なくなって...

ゴルフ場が気温5度でも楽しめる寒さを感じない服装とは

冬のゴルフ場は想像以上に寒いものです。 気温5度のコース内では体寒温度がマイナス5度になること...

関西にあるゴルフ場で名門と言われる歴史あるコースを紹介

日本には歴史があり名門と言われるゴルフ場が各地にあります。 名門と言われる理由はやはり長い歴史...

坂田塾の坂田信弘とジュニア出身の石川遼を結びつけたもの

坂田塾で名を馳せた坂田信弘プロと、その坂田式ジュニア育成法を間接的に学んだ石川遼プロ。 この2人を...

ゴルフのキャディは若いほうがいいに決まっている?いない?

ゴルフの競技人口の減少に歯止めがかからず、「カジュアルなスポーツとしてのゴルフ」を浸透させたいゴルフ...

ゴルフの日が雨でも靴の中に入る雨が気にならないための準備

ゴルフの日が雨になることが事前に分かっていたら、濡れた靴でプレーしなくて済むように準備をしておき...

賞金女王にも輝いた森田理香子の不調は2014年以降続いている

2013年日本女子ゴルフツアーの賞金女王に輝いた森田理香子選手は強かったです。 しかしその翌年...

基本中の基本。子供にゴルフを教えるには、まずグリップから

これからゴルフを始める子供には、基本からしっかり教えたいですね。 ゴルフクラブと唯一の接点はグ...

フルスイング女子で話題の稲村亜美さんはゴルフも飛ぶはず!

最近、プロ野球の始球式でひっぱりだこの稲村亜美さん。 元々中学まで野球をしていた経験を活かし、フル...

キャディ不足って本当!?あの仕事はそんなに大変なの?

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていますが、それと同じくらいキャディ不足も問題になっています。 ...

スポンサーリンク

アプローチイップスとは

アプローチイップスとは、アプローチをする際に急に腕が固まってしまい、上手くスイングできないようになる状態のことを言います。

練習場や素振りでは何の問題もなくスイングできるのですが、いざラウンドでアプローチとなると体が硬直してしまい、まともにクラブが振れなくなるのです。

そうなるともちろんピンに寄せるどころか、グリーンに乗せることは愚か、乗せるまでに何打もアプローチしなければならないような状態になることもあります。

分かりやすく言うと「アプローチ恐怖症」です。

これは心理的なものなのでプレッシャーのない練習場や素振りでは問題ないのですが、ラウンドで実際アプローチショットをするとなると体が思うように動かなくなるのです。

過去に繰り返したアプローチの悪いイメージが引き出されるので、どんなに練習を重ねても、まともなスイングはできません。

アプローチに限り、極度の緊張状態に陥る、それがアプローチイップスなのです。

アプローチイップスになる原因は

アプローチイップスになる主な原因は、過去のトラウマが多いと言われています。

過去にアプローチで思い切り失敗した経験があり、その時のイメージがトラウマとして強烈に残っているので、アプローチの際にその悪いイメージが出てきてしまうのです。

多少のミスであれば気にしないのですが、とんでもないことがあったり、大事な場面でミスしたりするとそのイメージが強烈に残るものです。

そして同じような場面になるとその記憶が蘇るので、怖くて緊張してしまうのです。

しかし中には原因がはっきりしない場合もあります。

過去に大きなミスをしたわけではないのに、いつもアプローチを失敗するからアプローチになると緊張してしまうと言う場合です。

これはアプローチイップスと言うよりも苦手意識と考えた方が良いでしょう。

しかしこれが何度も続いてしまうとそのうちにトラウマになることもあります。

自分自身にアプローチが下手だと言い続けてしまうと、本当に脳が下手なことを認識してしまうかもしれません。

人の脳は自分が思う以上に多くの影響を受け、すぐに洗脳されてしまいます。

アプローチイップス克服は洗脳を解け

アプローチイップスの原因がトラウマにより脳が洗脳されているのであれば、克服するにはその洗脳を解けば良いのです。

「アプローチが下手ではない!」と言う事実を脳に教えてあげるのです。

もちろんアプローチイップスの重度によって簡単に解ける場合もありますし、かなりの時間を要するに場合もあります。

ただ一つ言えるのは、プロゴルファーが引退にまで追いやられるのは、その1打に人生が掛かっているからであって、そうではないアマチュアゴルファーであれば、人によって時間はかかるかもしれませんが必ず克服することはできるはずです。

「アプローチが下手ではない!」と脳に教えるには、簡単なアプローチを繰り返していくことです。

アプローチイップスの状態で、間違ってもロブショットなど試みようとしないでください。

失敗で洗脳されたのであれば、今度は成功で洗脳して克服すれば良いのです。

繰り返し成功していくことで、脳は「アプローチが下手ではない」と洗脳されていきます。

そして少しずつアプローチのレベルを上げていき、トラウマになった時と同じシチュエーションでもアプローチイップスが出ないことを確認するまで段階的に行ってください。

アプローチイップス克服はよそ見させる

アプローチイップスを成功で洗脳して克服することができなかった場合はどうすれば良いでしょうか。

その場合は脳によそ見をさせてください。

脳によそ見をさせるには、全く別のシチュエーションにするのです。

少し強引にするのであれば、アプローチだけ右打ちではなく左打ちにしてみてください。

そうすると緊張や恐怖よりもどう打つのかと言うことに脳の動きが働きます。

過去のトラウマを考えている余裕などなくなってしまいます。

そこまではちょっとと言う人や左打ちでは逆に全く打てないと言う人ももちろんいるでしょう。

そのような人は、ウェッジを変えるのも1つの手です。

ゴルフでクラブを変えることは大きな変化になります。

クラブを攻略することに脳の動きが働きます。

こうして脳を忙しく働かすことでトラウマを思い出すことができなくする克服法です。

悩みをすり替え、脳によそ見をさせることで、気づいたらトラウマはもはやトラウマではなくなっているでしょう。

克服できたら初心に戻ろう

アプローチイップスが克服できたからと、「はい!いつも通り!」とはいきません。

いつ、また何かのタイミングでパッとトラウマが戻ってくるやもしれません。

せっかく克服したのですから、それだけは絶対に避けたいですよね。

アプローチイップスに陥る人のほとんどは、わざわざ難しいアプローチの打ち方をしているものです。

初心者ゴルファーだった時を思い出してください。

アプローチと言えば、「コンパクトなスイングで、低く転がして打つ!」ではありませんでしたか?

ある程度ゴルフが上達し、それなりのスコアを出すようになると、貪欲に技術を高めようとします。

その欲が高まるにつれ、プロのスイングを真似、より難しい打ち方になっていきます。

アプローチでスピンを効かせ、ピタリと止めたいからサンドウェッジを使い、ボールを高く上げようとしたり柔らかなスイングをしようとしたりします。

もちろんそう言った向上心は決して悪いことではありません。

しかし難しいことをするから失敗するのです。

そしてその失敗を繰り返すことでアプローチイップスに陥ってしまうのです。

ですから、不必要に難しいアプローチをしないことが大切です。

アプローチイップスを予防するには

アプローチやパッティングのように繊細なショットでは、狙い通りに打とうとするから失敗するのです。

あなたは毎回狙い通りにベタピンのアプローチをしていますか?

きっと偶然ベタピンだったと言うことがほとんどなのではないでしょう。

それなのに何故寄せられないのだと無駄に悩んでいるのではないでしょうか。

アプローチは、少しでもピンに近づけば良いのです。

30ヤード残っているなら10ヤードずつ進めても問題ありません。

最後にパターで寄せるという手もあります。

アプローチイップスを予防するには、一気にピンに近づけようとしないことです。

これだけで精神的な面でかなりプレッシャーから解放されます。

ゴルフは「ミスをしない!」と考えてしまうとミスを恐れるようになります。

「ミスを減らす」と考えるだけでミスへの恐怖感は半減するのです。

寄せられればラッキーくらいの気持ちでアプローチに挑めば、多少ミスしてもグリーンに乗せられればガッツポーズをするくらい心に余裕ができます。

ゴルフを目一杯楽しむようにしよう!

アプローチイップスにならないために、そしてゴルフを上達するために重要なことは、ゴルフをプレーすることを楽しむことです。

ここのところ不調続きだった元世界ナンバーワンのリディア・コは言いました。

「私はゴルフを楽しむことを忘れていました。」

プロゴルファーでさえ、ゴルフを楽しまなければ不調になってしまうのです。

せっかくゴルフと言うスポーツに出会えたのです。

悩みすぎずゴルフを思い切り楽しみましょう!

 - その他