一流プロゴルファーのアプローチで極意をつかめ!

アプローチに極意があれば、知りたいと思うのは当然のことではないでしょうか。

しかしゴルフは個々のスタイルによって、技術的に求めるものが違うので、一概に「コレがコツ!」とは言えません。

そこで一流プロのショットを参考にして、アプローチの極意について考えていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフはラフからのアプローチができれば必ず上手くなる!

ゴルフのスコアを作る時、グリーン周りでラフからのアプローチは大切です。通常のラフでも難しい時も...

ドライバーで飛距離アップが狙える効果的なフックの打ち方

ドライバーショットが意に反して左側にフックしては困りますが、意図してドロー系のフックボールを打て...

ゴルフのスコアアップはレベルに合わせた効果的な練習で!

いつもプレーしているゴルフよりも、スコアアップしたいと思うのはゴルファーであれば皆同じでしょう。...

パッティングの軌道について覚え、ベストなパター選択を!

皆さんはパターをどのように選んでいますか?デザイン、値段、ブランド、打ちやすさなど色々な判断で...

アイアンの精度を高めて90切りを決める!おすすめの練習方法

ゴルフのラウンドで最も多用するのはアイアンです。90切りを目指すレベルのゴルファーにとって重...

パッティングが簡単に上達できる自宅レッスン法がココにある

1ラウンドパー72の規定パター数は36打です。スコアの半分がパッティングなのに、「これが絶対...

正確無比なアイアンの打ち方をスロースイングでチェック!

アイアンは正確性が求められるクラブです。そのため方向性と飛距離がぴったり合ったところにターゲット...

ゴルフのスコアアップができるドライバーの打ち方と選び方

ゴルフでスコアアップを狙うときには、ドライバーが真っ直ぐに飛ぶこと、遠くに飛ぶことは必須条件のよう...

石川遼プロのアイアンのライ角は標準角度なのでしょうか

アイアンセットを選ぶときは、ライ角がアップライト仕様なのか標準仕様なのかフラット仕様なのかを確認して...

適正な飛距離が打てるよう5wを使いこなせれば強い味方になる

ドライバーとスプーンを飛距離で比較すると、ドライバーの方が飛ばないと感じることがあるものです。...

短い距離のアプローチの練習方法は自宅でいつでも行える

短い距離のアプローチの練習は、練習場で行うのはちょっともったいない気がする距離ですよね。とは...

自己流が許されるパッティングこそが上達法のカギになる?

グリーンで2パットは基準内ですが、3パットになるとガッカリです。ロングパットであっても3パッ...

アプローチでロブショットが使えるための打ち方と練習方法

アプローチで難易度の高いといわれるロブショットですが、ポンと上げてピタッと止めることができたら、...

【ゴルフ上達】レッスンプロに習うとどれだけ効果ある?

ゴルフをやっているからには上達したいですよね。自己流で上達するには時間がかかりますし、何より...

雨の日こそゴルフの打ちっぱなし練習場へ行って練習しよう!

雨の日が続くとゴルフラウンドも減り、練習をしたくても雨だから気が乗らないなどゴルフから離れつつあ...

スポンサーリンク

ローリー・マキロイのアプローチの極意を探す

アプローチの上手い人は、自分だけのスイングやタイミングを持っています。

それを「極意」と表すこともありますし、「コツ」と呼ぶこともあります。

もしも極意を身につけたければ、上手な人の技を盗んでしまったほうが早いかもしれません。

現在のゴルフ界で、アプローチが上手いと言われるプロゴルファーでは「3R」が有名です。

名前に「R」が付くローリー・マキロイ、リッキー・ファウラー、石川遼の3人は、若い時に3Rと呼ばれ、それぞれに将来が期待された選手でした。

彼らの武器は曲がらずに飛ぶドライバーとパーオン率です。

そしてグリーンを外しても、そこからのアプローチの精度は、まさに神業と領域といっても良いかもしれません。

そこで3Rの中から、まずはローリー・マキロイのアプローチの極意について探ってみましょう。

マキロイのアプローチの特徴は、アドレスの形をインパクトの形にしていることです。

逆に言うとインパクトありきのフォームなので、インパクトの形が正確であれば、アドレスを再現するだけで正しいインパクトができるわけです。

マキロイの場合には、飛球線に対してスクエアなスタンスをとり、ノーコックで右手の角度を変えずにボディーターンでスイングし、インパクト後は左肘を抜いて身体をターゲットに向けます。

リッキー・ファウラーのアプローチの極意は基本にあり

3Rのリッキー・ファウラーは、左腕に祖父の名前「田中豊」と入れている日系ゴルファーです。

ファウラーの場合、曲がらないドライバーショットと精度の高いアプローチが持ち味です。

ただし一般ゴルファーでは想像もできないアプローチの距離で、175ヤードから200ヤードと言われています。

ちなみに125ヤード以内のパーオン率は脅威の87%です。

リッキーの場合には、残り13%がリカバリーアプローチということになります。

そんなファウラーのリカバリーアプローチは、飛球線に対してスクエアなスタンスを取ります。

ボールは左足寄りに置き、ボールよりも右側でグリップを構えるハンドレイトグリップにします。

あとはフェースを開き、ヘッドを走らせて柔らかい球筋でピンポイントに落とすイメージです。

ただしファウラーにとってアプローチの極意は、スタンダードなスタイルにあります。

グリーンのセンターにピンが立っている時、ボールはスタンスの中央に置きます。

軽いハンドファーストで構えて、コックを使ったテークバックでヘッドを上げるのです。

この一般的なテークバックができることが正しいインパクト、そして理想的なアプローチの基礎となるそうです。

石川遼のアプローチの極意は右ポケットにあり!

3人目の「3R」、石川遼といえばハニカミ王子で注目された人気のプロゴルファーです。

アプローチからのチップインやドライバーを使ったセカンドショットなど、桁外れなプレースタイルは人気を後押ししています。

また人気だけではなく、グリーンジャケットにもっとも近い日本人として活躍していましたが、故障から戦線離脱。

そんな石川遼は、300ヤードの飛距離よりも、アプローチの上手い選手として認識されています。

石川遼のアプローチの極意は「右ポケット」にあります。

テークバックで右腰を後ろに引くと、腰の回転によって身体が捻転します。

この時、右側のポケットにシワができるようにすると、しっかり腰を回転させることができます。

インパクト後には身体の正面はターゲットに向けて、右ポケットは飛球線と平行になるようにします。

右ポケットが正しく動かない時は、手打ちになっている可能性が高くなっている証拠です。

アプローチのような小さなスイングでも、しっかり身体を捻転させることが大切なわけです。

なお練習では、素振りでは捻転したスイングできても、ボールを打つとできないことがあります。

アプローチの場合には、なるべくボールを打ちながら、身体を使ったスイングを身につけるようにしましょう。

松山英樹のアプローチの極意はトップの位置で距離を出す!

若手の代表格のプロゴルファー石川遼といえば、常に比較されるのは世界ツアーで活躍している松山英樹がいます。

強靭な肉体から放たれるボールの勢いは、まさに世界の一流選手と比較しても遜色のないところです。

そんな松山英樹のアプローチに対する考え方はとてもシンプルです。

世界ツアーでもアイアンショットの精度については高く評価されていますが、アプローチについては、もう少し進化させたいと考えているようです。

つまり発展途上のアプローチ法ですから、本人にとっては極意と呼べるのか微妙なところはあります。

ただ、国内ツアーでは圧倒的な強さを誇っていましたので、「進化させたい」というレベルは常人のものとは違うところなのかもしれません。

そんな松山英樹のアプローチは、フルショットのコンパクトサイズと言う考え方です。

振り幅(テークバックの位置)によって距離感を出しますが、その打ち分ける距離は5ヤード単位です。

使用するクラブの距離感をすべて確認して、あとはトップの高さを変えることで距離を調節するという、シンプルなアプローチ法にしています。

藤田寛之の7つアプローチと3つの極意

海外のマキロイやファウラー、国内の石川遼や松山英樹などのゴルファーは、まさにアスリートの身体を持ち、体型や身体能力の高さから見ても、一般ゴルファーがそのまま極意として参考にできる部分は少ないかもしれません。

その点では体型的にアマチュアゴルファーと変わらない、藤田寛之のアプローチは参考になるのではないでしょうか。

藤田は7つのアプローチを持っていて、バリエーションを入れるとさらに多くの打ち方をしているそうです。

その中で「上げる」「転がす」「ピッチ&ラン」の3つを使いこなすことが、彼にとっての極意となります。

トーナメント会場のコースセッティングは、非常に厳しいレベルに設定されているので、得意なアプローチを持つのではなく、不得意なアプローチのないように練習を重ねることが大切だという考えです。

その中で藤田独特の打ち方が、フェースを開いてのインサイドアウトのスイングです。

身体をターゲットに向けて構え、ダフることなく安全にボールを運ぶことができるアプローチ法と考えているようです。

宮里優作が気付いたアプローチ極意とは

小柄なゴルファーらしく、アプローチに関する引き出しの多い藤田寛之ですが、実はプロゴルファーの大半が、多くのアプローチ法を持っています。

ただプロが「勉強になる」と思えるアプローチショットとなると、そう多くいるわけではありません。

一時は「藍ちゃんのお兄さん」と呼ばれていた宮里優作ですが、苦労の末つかんだ勝利以降は、常に優勝争いに絡む好位置をキープし続けています。

そんな彼がベースにしているのは、お父さんが主宰する宮里道場です。

しかし彼が強くなったのは、拾うゴルフが上手くなったからだと言われています。

その先生となったのが藤田寛之です。

先生と言っても、別に手をとって教えたわけではなく、藤田自身が気付かないうちに、宮里が「盗んだ」そうです。

トーナメント会場の練習場で藤田のアプローチを見て、早めにコックする手首の使い方を習得したことが極意と感じたらしく、それからは拾うゴルフというよりもバーディーを狙った攻めのゴルフが身上になっているようです。

多くのプレイヤーの中から、もっとも自分に合っている打ち方を参考にするのであれば、それはワンポイントにあるのかもしれません。

もっと大事なアプローチの極意とは?

アプローチの打ち方は人によって異なります。

オープンに構えるか構えないか、ハンドファーストかハンドレイトか、ボールポジションも右と左が正反対の場合もあります。

自分に合ったアプローチ法を探すこと、実はそれがもっと大事な「極意」なのかもしれません。