ゴルフのスコアを管理するスコアカードのおすすめアプリ

ゴルフラウンドの際のスコアはどのように管理していますか?

ゴルフ場でスコアカードを渡されるのでそれを使っている人がほとんどでしょうが、現在はゴルフスコアを管理する便利なアプリがたくさん出ています。

そこで今回はその中のおすすめアプリをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タイ・バンコクではゴルフ場までタクシーの移動が安い

海外でゴルフをプレーするのはゴルファーの夢。その中でタイ・バンコクへ行く人が結構います。...

関西にあるゴルフ場で名門と言われる歴史あるコースを紹介

日本には歴史があり名門と言われるゴルフ場が各地にあります。名門と言われる理由はやはり長い歴史...

ゴルフ好きにはたまらない札幌のゴルフ練習場は24時間営業

世の中には様々なライフスタイルがあります。そんな中、深夜や朝方早朝しかフリーな時間がないと言う人...

気になるゴルフのレッスンプロの人気ランキングを紹介!

ゴルフが上手くなりたい!と思っても誰に習えば良いのか考えますよね。そこで気になるのがレッスンプ...

ジョン(米国)とゴルフで一緒になり、英語のお先にを覚える

ある日友人(B)をゴルフに誘うと米国人が一緒について来て、Aは驚いてしまいました。ジョンとい...

ゴルフ場入場時の服装マナーでジャケットは必要なの?

ゴルフ場によっては服装の規定に厳しいところがあります。入場や受付でジャケットを着用しなければ...

目黒に行けば会えるかも!?ゴルフ練習場で会える芸能人たち

皆さんもテレビで多くの芸能人たちがゴルフを楽しむ姿はよくお見掛けしているかと思いますが、彼らがどこで...

有村智恵が長年続くウェアーを契約解除、そして新たに契約を

有村智恵選手が、プロになってからずっとウェアー契約していたのが、ビバハート(VIVA HEART)で...

バンコクで初海外ゴルフ!2サムのプレーは可能か?方法は?

日本で長年ゴルフをしていると、いつか海外でプレーしてみたいと思うようになる人は少なくありません。...

ゴルフのコンペで発行する領収書に意味はあるの?

ゴルフコンペの幹事役が回ってきたら、もしかするとコンペの領収書の発行人になるかもしれません。...

個人事業でも仕事に生かせるゴルフ。経費も損金算入可能です

ゴルフを仕事に生かす社長さんって多いですよね。ゴルフは基本1組4人で行うスポーツであり、取引...

大人顔負けのジュニアゴルファーたちの未来に繋がるブログ

幼い頃からゴルフを始めるのが当たり前になった現代。現在活躍しているプロゴルファーたちもジュニ...

【ゴルフ教えて!】ワクワクドキドキのゴルフ競技に初参加!

ゴルフを長年やっていても、ゴルフ競技と言うと少し敷居が高いと思っている人や、ゴルフを始めたばかりでゴ...

本場のPGAゴルフツアーで聞く英語の掛け声は日本と違う!?

ゴルフでは掛け声からゴルフ用語まで結構英語を使用します。しかし、自分たちが使っている英語と実...

ゴルフ場の評価の対象となるコース管理はきつい上に責任重大

ラウンド中にゴルフ場コース内で作業をしている人たちを見かけることは良くありませんか。その人た...

スポンサーリンク

おすすめゴルフのスコアカード管理アプリ(ゴルフネットワーク)

最初に紹介するおすすめゴルフのスコアカード管理アプリは「ゴルフネットワーク」です。

ゴルフ好きの方なら耳にしたことがあるのではないでしょうか。

あのCS放送のゴルフ専門番組です。

それもあってアプリではスコアカードの管理だけでなく、ゴルフ番組やレッスン、トーナメントの速報を見たりもできます。

スコアカードの管理機能としては、国内の全てのゴルフコースを網羅しているのがポイント。

ゴルフ旅行をされる方には嬉しい、海外コースも約30,000箇所対応しています。

圏外でも使用できるのでネットが繋がらない海外でも問題なく使えます。

ただこのアプリを使用するにはまずアカウントを作成しなければなりません。

スマホでアプリを良く使っている人は慣れているので問題ないですが、使い慣れていない人にとっては少々面倒に感じるかもしれません。

スコア入力は非常に簡単で、プレー途中にスコアカードを確認することもできます。

GPSを使ってショットの位置まで記録できるので、ラウンドを見直すこともできます。

またコンペ機能もあるので、トーナメントのようにリアルタイムでリーダーボードを見ることもできるのは、おすすめポイントでしょう。

おすすめゴルフのスコアカード管理アプリ(GDO)

次に紹介するおすすめゴルフのスコアカード管理アプリは「GDO」です。

ゴルフダイジェストオンライン社が提供しているアプリです。

GDOと言えばゴルフ場予約やゴルフ用品のネット販売のイメージがありますが、スコアカード管理アプリにも力を入れています。

入力方法も分かりやすく、簡単にスコアカードを管理できるアプリです。

魅力的なのが、スコアカードを3回登録すると、GDOオリジナルハンディキャップが取得できる点です。

それを使った全国でGDOスコアカード管理アプリを使用している人たちのランキングを見ることができます。

自分の現在のゴルフレベルが把握できるので、目標を持ってゴルフを頑張ることができるようになるでしょう。

またフェアウェイキープ率やパーオン率、リカバリー率など細かなデータ分析もできます。

ホーム画面で、全ラウンドの平均値も確認できるので、自分がどれだけ伸びたか、伸び悩んでいるのかを数値ではっきりと確認することができます。

ゴルフの伸び悩みしている人やモチベーションを上げたい人におすすめのアプリです。

おすすめゴルフのスコアカード管理アプリ(スマートゴルフナビ)

次に紹介するおすすめゴルフのスコアカード管理アプリは「スマートゴルフナビ」です。

スコアカードの管理は他社と引けを取らない機能です。

全てではないのですが、国内のゴルフコース約2,300コースが登録されています。

入力も簡単で、データ分析も細かくしてくれます。

このアプリがそれ以上に魅力なのは、GPSでピンまでの距離を計測してくれることです。

このスコアカード管理アプリを持っていれば、高額な距離測定器を購入する必要がないのです。

またピンまでの距離だけでなく、グリーンの位置やハザードの位置まで示してくれます。

セカンドショット以降もその都度画面をタップすれば次にどこに打てば良いのかも教えてくれます。

このアプリを持っていればキャディなしのセルフプレーでも迷わずクラブを選ぶことができるでしょう。

またゴルフ場は山奥にあるので圏外になるところが意外と多いのですが、あらかじめゴルフ場データをダウンロードしておけば、圏外でも問題なく使うことができます。

おすすめゴルフのスコアカード管理アプリ(最強ゴルフアプリ)

次に紹介するおすすめゴルフのスコアカード管理アプリは「最強ゴルフアプリ」です。

使いやすさ重視のシンプル操作のアプリです。

先に紹介してきたアプリは便利な機能がたくさん付いている分、多少複雑な操作が必要になります。

しかしこのアプリは余計な機能をある程度省き、スコア入力だけすることでゴルフに集中することができます。

つまり、スマホ操作にあまり慣れていない人におすすめのアプリです。

シンプル操作ではありますが、データの集計など必要最低限の機能をきちんとあります。

そのためデータ集計、データ分析で自分の得意不得意を確認することは可能です。

細かく分析したい人や1つのアプリで様々な機能を使いたいと言う人には少々物足りないかもしれません。

画面もシンプルで動きも早く、ホール内移動でササッと素早く入力できるところが最大の魅力でしょう。

このアプリが紙ベースのスコアカードと一番近い使い方ができるでしょう。

スマホの操作にあまり慣れていない人でも簡単に操作できる設計になっています。

おすすめゴルフのスコアカード管理アプリ(楽天GORA)

次に紹介するおすすめゴルフのスコアカード管理アプリは「楽天GORA」です。

最強ゴルフアプリと正反対で、バリバリの最新機能満載です。

スマホ世代には嬉しい機能がたくさんあります。

代表的なのが、スマホだけでなくAppleWatchやAndroidWearにも対応していることです。

入力はスマホで行わなくてはなりませんが、スコアカードを確認したい時は、わざわざスマホを取り出さず、機能を備えた腕時計でサクッと確認できます。

つまりカートに戻らずフェアウェイで簡単にスコア確認できるのです。

入力もタップとスワイプだけで簡単に行えます。

それから楽天GORAはゴルフ場の予約もできます。

全国のゴルフ場の細かい情報も事前に写真付きでチェックすることができます。

またスコアカード提出ができ、JGA/USGAハンディキャップを取得することができます。

毎月1日にハンディキャップが更新されるので、大きなモチベーションとなるでしょう。

またこのサイトを使って予約をすると楽天ポイントが貯まるので、ポイントをたくさn貯めてフリーラウンドを楽しみましょう。

上手く活用しないと意味がない

おすすめのスコアカード管理のアプリをぜひダウンロードして使ってみてください。

しかしアプリを使ってスコアカードを管理するだけでは意味がありません。

せっかく細かなデータを分析してくれるので、ラウンド終了後、自分のラウンド内容を見直して、どこが良くてどこが悪かったかチェックしましょう。

その内容から、今後の練習課題を決め、練習に育み、次のラウンドに生かすことが大事です。

入力して終わるだけなら紙ベースのスコアカードでスコア管理するのと何ら変わりはありません。

フェアウェイキープ率が悪いのであれば、もっとドライバーの練習を必要とします。

またドライバーが左右のどちらに曲がることが多いのかを確認することもできるので、原因追及もできます。

リカバリー率が悪いのであれば、ハザードやライの悪いところからのショットの練習が必要となります。

平均パット数が2を超えているようであれば、よりパッティングの練習をする必要があります。

以上のように、データ分析をさらに自分で詳細分析し、今の自分にどの練習が必要なのかを見つけ出すようにしてください。

スコアカード管理ではなくゴルフ管理アプリ

スコアカード管理アプリも日々進化しており、今やスコアカードの代替品と言うだけではなくなっています。

蓄積されたデータを元に自分のスコアを分析したり、スコア管理以外にもゴルフ上達をサポートしてくれる機能や情報が充実しています。

使い勝手や機能など自分に合うものを見つけ是非スマホに取り入れてください。