ドライバーでフックが出る原因を今一度追究してみよう!

ドライバーでフックが出て、飛距離を稼げなかったり、OBが出てしまうとメンタル的にやられてしまいませんか?

ちょっと調子が悪くても、ドライバーが当たっていると気持ち良くラウンドできたりするものです。

今回は、フックの原因を徹底的に追究していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インパクトのときに左肩を開くのには4つの理由がある!

インパクトで左肩を開くのはなぜか、そしてなぜ悪いのか。知っているようで知らない「左肩を開く」ことの...

ロフト角が1度違うだけで飛距離のコントロールが難しくなる

ゴルフクラブのロフト角が1度違うだけでも、距離感は合わないものです。打ち出し角やバックスイピン...

【ゴルフ上達】ダウンスイングは落下を待つと再現性が高い

ゴルフ上達には様々な理論を理解する必要があります。必要なことはスイングの再現性。再現性が高け...

ゴルフの捻転とスライスの関係性

ゴルフでスライスに悩んでる人は沢山います。スライスするのには体の捻転が大きく関係しています。...

アプローチショットで多いダフりのミスを防止する方法と練習

アプローチのダフりやトップのミスは悔しいですよね。グリーンが目の前にあるのに、ボールはグリー...

アイアンはスイングスピードより精度!女性ゴルファー必見!

クラブを持つと飛ばすことを考え、スイングスピードに意識がいきがちです。しかしアイアンは、番手通...

ゴルフにおいての正しいラフからの打ち方とはこんなにあった

ゴルフをプレーする上でラフに入ってしまうことは必ずありますし、いかにラフから綺麗に打てるかどうかが...

ゴルフの1つの到達点。シングルは個性的スイングでもなれる

ゴルフで言えばシングルとはほんの一握りの方しか到達できない称号です。そんなシングルの方のスイ...

ゴルフスイングのコツ!バックスイングをコンパクトにする!

近年、世界的にプロゴルファーのゴルフスイングはバックスイングがコンパクトになってきています。...

アプローチでは右手主導のスイングが良い理由と練習方法

スイングはどちらの手を主導にすべきかといった論争は定期的に起こります。スイング自体は両手で行...

ドライバーのバックスピンが飛距離減の原因というのは間違い

最近はドライバーの球筋を安定させるために、バックスピンを活用すると良いと言われています。以前...

ゴルフスイングのミスはバンカーショットの体重移動が原因?

ゴルフ場でミスショットを誘発するところと言えばバンカーです。日ごろから砂の上で練習する機会も...

ドライバーがフックフェイスのときの合わせ方と対処法

ドライバーがフックフェイスであるとき、そのまま構えるとターゲットよりも左側を向いています。そこ...

インパクトで左手を止めるだけ!飛距離アップが期待できる?

インパクトのときに左手を止める練習をすると結果的に飛距離アップにつながります。インパクトはゴル...

身長155センチ体重70キロゴルファーのスムーズなスイング法

女子プロ選手の中にも身長が155センチの選手はたくさんいます。平均身長以下と言えど、飛距離は負け...

スポンサーリンク

ドライバーでのフックの原因その1

まず、ドライバーでのフックの原因の一番の要因は、「手打ち」ということです。

体を上手く使えておらず、手ばかりを動かしてしまい、インパクト時にフェースがかぶってしまうのです。

それはローテーションが強かったり、そのタイミングが早すぎてハンドレイトの形になりすぎてインパクトをすると、フェースが閉じた状態でボールに当たるので、左にボールが飛びます。

そして、左回転もボールにかけてしまうので、フックボールが出てしまうのです。

フックの中でも、この出だしから左に飛び出し、更に左に曲がるボールをプルフックと言います。

そんなフックには3種類あり、他にも出球が右に出るプッシュフックと、真っ直ぐの出球から左に曲がるフックボールというのがありますので、覚えておいてください。

手打ちの場合には、このプルフックが出やすいので、出たら最初に手打ちを疑ってみてください。

手打ちになると、中々インパクトのタイミングを合わせるのが難しいので、直す際にはゆっくり小さいスイングから、体との同調や切り返しでの腰先行を意識してスイングできるようにしましょう。

ドライバーでのフックの原因その2

続いてのドライバーでのフックの原因は、体が浮いてしまうことです。

ドライバーが一番長いクラブということもあり、体がぶれやすくなります。

大きく振ろうとしたり、飛距離を出したいがあまり速く振ろうとして、前傾姿勢が崩れてしまい、インパクト時に体が起きてしまうことがあります。

そうなることにより、インパクトで、ボールが面の下の方に当たりやすくなります。

芯より下に当たることにより、ボールに更なるトップスピンを与え、しかもフェースがローテーションすることにより、野球でいうカーブボールのようなボールの飛球を描きます。

飛んだと思っても、一気に斜め左下にボールがドロップしていくので、全然距離を稼げません。

また、体が浮くことにより、アドレス時よりもクラブが手前を通りやすくなり、フェースの先端側にも当たりやすくなります。

先端側に当たることにより、フェース面のギア効果でさらなる左回転を作り出すために、こちらはスライダーのように横に曲がっていきます。

いずれにしても体が起きるとフックボールが出やすいので注意しましょう。

ドライバーでのフックの原因その3

次に考えることは、軌道とフェースローテーションのバランスです。

例えば、軌道はオンプレーンスイングでも、インパクト時にフェースが既にかぶっていればプルフックになりますし、インパクトではスクエアフェースでもフォローで返しすぎてしまえば、フックになってしまいます。

逆に軌道がインサイドアウトで、右にボールが飛んでも、軌道分しっかりとフェースがローテーションできていると、右から左に戻ってくる素晴らしいドローボールとなります。

しかし比率が合っていないと、プッシュアウトになったり、プッシュフックになったりもします。

そして、アウトサイドイン軌道の場合では、軌道は左に振っているので、そのままフェースがかぶって当たれば、左にストレートボール、さらにローテーションも入れば、プルフックやチーピン、フェースが返らなければスライスの原因にもなるという形です。

ドライバーは特に一番クラブの中では長いので、ローテーション比と軌道のバランスが一番ずれやすいクラブです。

トッププロの一番フェアウェイキープ率が高い選手でも7割程度なのが、それを物語っています。

ドライバーを交換するだけで直る場合もある?

上記3つに当てはまらずに、それでもフックが出てしまう場合には、クラブを交換しなければいけないかもしれません。

ドライバーには、元々フックフェースのものも多く販売されています。

スクエアにアドレスをした際に、2度ほどフェースが意図的にかぶせて作られているものもあるほどです。

そうすると、真っ直ぐ振っても勝手にフックします。

また、シャフトが柔らかすぎてもシャフトが良くしなることで、インパクト時のフェースをかぶせてしまうことがあります。

特にドライバーのシャフトには先調子となっているものもあるため、ヘッドが走りすぎてしまい、フック回転をかけてしまうのです。

しっかり自分に合ったクラブを選ぶこともフックの原因を1つ潰すことになるので、かなり大切になるでしょう。

ドライバーのフックを根本から直すには?

ドライバーのフックを根本から直すには、正しい順序があります。

まず、確実に軌道がアウトサイドインになっていないこと、もしくはドローボールさえも出ないようにし、逆にフェードにしたい場合には、絶対にインサイドアウトの軌道にしないことが大切なのです。

フックの回転量を減らすのか、そもそも回転自体を左にならないようにするのかをまず決めます。

目指すボールに合わせて軌道修正から入ります。

軌道の修正ができたら、今度はローテーション量です。

ドローボールにこだわるなら、軌道に合わせしっかりとローテーションをするようにしましょう。

ストレートボールを目指すなら、手元を意識せず、自然な流れでヘッドが返るように体との一体感を作るようにします。

これは胸の向きに合わせてヘッドが動くようにし、手元でヘッドを返さないようにすることです。

そして、フェードボールを目指すなら、フェースを返さないようにする練習をしてください。

自分がどのようにフックを直したいのかを考え、しっかりとそれに合わせたローテーション比率に振れるようにすることが大事になるのです。

原因の根本を直すことは、ゴルファー人生を長い目で見て必要ですから、頭に入れておきましょう。

ラウンド中、フックが止まらなかったら?

ラウンド中、ティーショットのドライバーに関して,即席でフック量を減らす方法があります。

それは、オープンスタンスに構えるということです。

オープンスタンスにすることにより、体が開きやすくなることで、フック回転がかかりにくくなります。

もちろん開きすぎると、スライスが出てしまうかもしれません。

過度なオープンスタンスをいきなり試すのではなく、足半歩分くらいにしたりしながら、微調整をしてみてください。

アドレスの形をいじることに違和感を覚える人は、ボールの置く位置を1個分中に入れて構えて打ってください。

そうすることで、ローテーションしすぎる前でインパクトを迎えるために、フック量が必ず軽減します。

普段のインパクトでフックがかかるということは、逆にローテーションが強すぎていることが原因、もしくは体が起きていることが原因なので、ボールの位置を中に置くことで、そのどちらも改善できます。

あくまでも即席に直すためだけですから、フックが止まったからと言って安心せず、練習できる時は、根本の原因から直すようにしましょう。

ドライバーでフックを撲滅し、パーオン率アップ!

フックを直すと、ボールの回転が真っ直ぐに近づくので、平均飛距離が伸びます。

そうしてドライバーの飛距離が伸びれば、パーオン率が上がります。

しっかりとフックの原因を直していきましょう。